はじめに ▶︎

短期離職で絶望・人生詰んだ人の末路は?解決策はある?

短期離職で絶望している人へ

短期離職で人生終わりだと感じて、絶望しています…

どうしたらいいですか…?

本ページにたどり着いた人は、
・短期離職で人生終わりと絶望している
・短期離職が続いて絶望している
・短期離職への解決策を知りたい

という悩みをお持ちのことでしょう。

短期離職を繰り返してしまった人は、「自分は社会不適合者...」や「まともな仕事ができないかも…?」と絶望してしまいますよね…

そこで本ページでは、短期離職で「絶望・人生詰んだ」と感じている人の末路や具体例、打開策まで紹介していきます。

本記事の要点まとめ

・短期離職で人生に絶望している人は多い
・自己嫌悪やお金への不安がある人ほど絶望感が増す
・年代別で再就職のコツは沢山あるので諦めるのは早い
・人手不足で仕事(求人)は山ほどある状態
・短期離職した本当の理由に向き合い面接に臨むこと
・1人で悩むより”ポジウィル“や”マジキャリ“に相談すると未来が明るくなる

短期離職で絶望している人の経験談をまとめました

年代別で再就職のコツを解説していきますね

目次

短期離職で絶望・人生詰んだと感じている人の声

短期離職で絶望・人生詰んだと感じている人の声

まずは、短期離職で絶望していたり、人生が詰んだと思っていたりする人の声を見ていきます。

2社短期離職し、行きついた先は生活保護

短期離職を繰り返し、25歳で生活保護を受給している人もいました。

Xに投稿されている時点では、精神状態も回復していそうですが、短期離職を繰り返してしまった時の絶望感は半端なさそうですね…。

短期離職を繰り返して人生終わるのかな…。

40歳からの仕事で短期離職を繰り返してしまい、「人生終了しそう」と感じている人もいました。

コメント欄には、同じような経験や境遇の人からの励ましの声もありますが、40代以上で短期離職をしていると再就職活動は、かなり厳しくなります。

自分でも早すぎると思っているが耐えられない…

望んで短期離職をする人はいませんよね。

しかし、転職活動に失敗したり、入社する会社を間違えたと思ったりした時には、すでに遅いです…。

「短期離職はよくない」と頭では分かっていても、会社の圧力に耐えられなくなる人も多いです。

短期離職で絶望してしまう人の特徴

短期離職で絶望してしまう人の特徴

短期離職で絶望してしまう人には、特徴があります。

望んで短期離職をしたわけではないんですが….

会社選びに失敗したことを後悔しています

短期離職で絶望する人の特徴

・自己嫌悪に陥ってしまう人
・生活費やお金の不安がある人
・働くこと自体に恐怖感を感じている人
・奨学金の返済がある人

それぞれの状況まで詳しく解説します。

短期離職で絶望してしまう人の特徴
① 自己嫌悪に陥ってしまう人

自己嫌悪に陥ってしまう人は、短期離職で絶望しがちです。

例えば、すぐに辞めてしまったとき、自分自身を責めてしまったり、自分の能力や判断力に対する不安を引き起こしたりする人です。

短期離職=自分の価値は低い」と感じてしまうこともありますよね。

こんな人生になるつもりじゃなかった…。

「短期離職で絶望するような人生ではなかった」と後悔している人もいます。

また、他人と比較してしまうことも自己嫌悪の原因になります。

友人が順調にキャリアを進めているのを見ると、自分だけが遅れているように感じることがありますよね。

「他人との比較」が更なる自己嫌悪を引き起こし、絶望感を深める原因になります。

短期離職で自己嫌悪に陥る人は、その感情から抜け出すのが難しいことが多いです。

短期離職で絶望してしまう人の特徴
② 生活費やお金の不安がある人

生活費やお金への不安があり絶望してしまっている人もいます。

短期離職して貯金が少ない場合は、地獄ですよね…。

目安として「貯金額が生活費3ヶ月分を下回っている」場合は、生活費を稼ぐことが第一優先になります。

「明日の飯を買うお金もない…」という状態にならないように、アルバイトや派遣社員という選択肢もあります。

生活費をすぐに稼ぐ方法

・単発アルバイト
・契約社員
・製造派遣

などなど

「製造派遣」だと、社員寮や入社祝い金がある場合も多いので、すぐに現金を貰うことができます。

UTグループ」は、大手企業で安定性も高く、全国に求人がありますので、誰でも働くことができますよ。

短期離職で生活費やお金への不安を感じる人は、今すぐにアクションを起こして、不安から脱出しましょう。

短期離職で絶望してしまう人の特徴
③ 働くこと自体に恐怖感を感じている人

働くこと自体に恐怖感を感じている人もいます。

例えば、人間関係や仕事のストレスから逃れるために短期離職をした場合、トラウマになり次の仕事に対する恐怖感を抱くことがあります。

上司からの厳しい叱責や過重労働、職場のハラスメント経験は、予想以上に深い傷を残します。

ブラック企業で働いてしまうと、「どの会社も同じなんじゃない?」と思ってしまいます…

また同じような職場環境に戻ってしまうのではないか」という恐怖心もありますよね。

また、働くことへの恐怖感が強いと、求人情報を見ても応募する勇気が出ないことがあります。

自己嫌悪や無力感を引き起こし、ますます絶望感に苛まれることになります。恐怖感が強いために、社会から孤立してしまうこともあります。

短期離職で絶望してしまう人の特徴
④ 奨学金の返済がある人

奨学金の返済がある人は、短期離職で絶望してしまいがちです。

奨学金の返済は毎月の固定費用である人が多く、収入がないと生活費を削らなければいけないからです。

特に20代や30代は、まだ貯金が少ないこともあり、無収入が続くと返済のために借金を重ねるリスクもあります。

絶望感を深める原因ですよね…。

奨学金借りて大学に行ったことを後悔している

奨学金を借りて大学に行ったのに、働き出すと短期離職の連続…これでは、大学に行かずに働けば良かったと思う人も多いです。

短期離職、奨学金ありで人生詰んだ

また、奨学金の返済が遅れると、クレジットカードなどの信用情報にも悪影響を及ぼす可能性があります。

ローンの借入れにも影響を与えるため、将来への不安は一層強まります。

ここまで、短期離職で絶望してしまう人の特徴を確認してきました。

短期離職で絶望する人の特徴

・自己嫌悪に陥ってしまう人
・生活費やお金の不安がある人
・働くこと自体に恐怖感を感じている人
・奨学金の返済がある人

【年代別】短期離職から転職するコツは?

短期離職から転職するコツは?

続いて、年代別で短期離職から転職を成功させるコツを解説していきます。

年代に応じて、再就職の難易度やコツも変わってきますので、各年代に応じた対応策を取りましょう。

20代の若い内は転職に有利ですが、年齢を重ねると難易度が高まります…

20代の短期離職

20代で短期離職をしてしまった人は、まだまだ転職で挽回することが可能です。

何回までの短期離職ならセーフ?」や「20代で短期離職を繰り返していても…大丈夫?」と感じている人も多いはずです。

結局、20代の短期離職は何回までがセーフですか?

明確な答えはないですが、

・3回まで許容範囲
・4回以上は黄色信号
・6回以上はNG

が目安です

「20代で人生詰んだ…」や「絶望している」という人は、【20代で人生詰んだ..】底辺から這い上がる具体的な方法とメンタルを紹介、の記事を参考にしてみてください。

転職エージェントとして実際に働いている私からすれば、
20代の短期離職は2回や3回程度では、何とも思いません。

例えば、29歳で大卒から仕事を開始すれば、22歳〜29歳の7年間あるわけです。

その中で、仮に1社目2年、2社目2年、3社目5年という勤務経歴であれば全く問題にはなりません。

しかしながら、4回や5回以上になってくると、面接時に転職理由を細かく確認されることが多くなります。

20代の短期離職について

・3回目までは許容範囲
・6回以上は転職活動が難航する
・1ヶ月や3ヶ月の超短期離職は別途注意が必要

「第二新卒」での採用枠が増えていますので、20代で数回短期離職を繰り返していたとしても、まだまだ挽回可能です。

短期離職後の離職期間を短くしたり、素直に短期離職を反省する心を持つことで、企業側に納得してもらいやすいですよ。

20代短期離職で転職活動をする時のコツ

・離職期間をなるべく短くする
・素直に反省する心を持つ
・転職理由に「一貫性」を出す

20代の短期離職者が企業にどう思われているのか?
や、短期離職を繰り返して失敗する人の特徴は、【解決】20代で2回目の短期離職をした人の末路は?で詳細まで解説しています。

30代の短期離職

30代で短期離職してしまった人でも、20代同様、挽回が可能です。

「35歳転職限界説」という言葉はありますが、30代前半や中盤であれば、未経験業界・職種への挑戦も可能です。

しかし、短期離職をしている場合、転職活動で不利になってしまうことは間違いありません。

30代で短期離職している場合、不利になることは間違いないんですね…

30代で人生詰んだ。。。と感じている人は、絶望の淵に立った経験者が語る・這い上がる方法とメンタルを紹介を読んでみてください。

30代では、まだまだ人生詰まないことが分かります。

短期離職をしてしまった後の転職活動で注意するポイントを紹介します。

30代短期離職で転職活動をする時のポイント

・転職理由を言語化する
・転職回数に上回る”強み”をアピールする
・近しい業界や職種を攻める
・高年収や大手企業ばかりを狙わない
・中小企業も視野に入れる

30代短期離職者が注意するポイントは、短期離職がネガティブに映ってしまうことを認識し、それ以上に経験やスキルがアピールできる求人を見つけることです。

20代のように、大手企業や有名企業ばかり受けていても、選考通過率は悪くなります。

これまでの経験を活かせる中小企業や、親和性の高い業界・職種を選んで応募しましょう。

30代の短期離職の実態について、【解決】30代で短期離職はヤバい?で詳しくまとめています。

40代の短期離職

40代以降の短期離職は、再就職・転職活動の難易度をグッと高めてしまいます。

退職理由を他責にせず、退職を通じて学んだ事を付け加えながら、短期離職を反省し次に活かす姿勢を見せなければいけません。

40代以上を採用してくれる会社なんてあるの?
と疑問に思っている人も多くいるはずです。

40代短期離職者を雇ってくれる所はあるのだろうか…

40代以降の短期離職の場合、「一貫性」と「論理性」を持たせなければいけません。

退職理由に一貫性を持たせるには?

・事実をベースに話をする
・話を誇張表現しすぎないようにする
・「理由→事実→具体例」のセットにする

話をするときの会話の組み立て方も大事なポイントです。

「理由→事実→具体例」で話をしましょう。

例えば、こんな感じです。

・会社の方針と合わなかったので、退職しました(理由)
⬇︎
・社長と方針の違いから何度も対立してしまった(事実)
⬇︎

具体例は以下の通り。
・新事業に取り組むプランを否定された
・既存事業へのリソースを減らすプランに同意されなかった
・コンプラ的にも社長に不信感があった
・社長の独断から、周囲からも協力を得られにくくなった

など

理由→事実→具体例を述べることで、面接官に状況を分かりやすく伝えることができます。

40代の短期離職者が相談する先として、転職エージェントよりも「キャリアコーチング」が人気です。

より本質的なキャリア・仕事の悩みを解決することができるからです。

40代の利用者が多い「きづく。転職相談」では、納得の転職を成功させているアラフォーの人もいました。

きづく。転職相談の利用満足度は?という記事で、詳しい利用状況や満足度まで解説しています。

50代の短期離職

50代短期離職からの再就職は、40代以上に難しくなります。

ただでさえ年齢が高まると、企業の採用温度感は低くなってしまいます。

定年までの残り年数が短くなり、活躍できる期間が短いからです。

しかし、50代で短期離職してしまった人や、人生に絶望している人が多いのも事実です。

「つぶしがきく仕事」ばかり選んだ50代社員の末路

50代に関する東洋経済の記事

「なんとなくな仕事」を続けてきた50代前半のビジネスパーソンのリアルな末路が記載されていました。

実際、早期退職やリストラのニュースは増えており、50代社員が直面する問題は相当厳しい現実だと言えます。

50代のキャリアは、深刻な社会問題になりつつあります…

50代以降で短期離職をしてしまった人は、「退職を通じて学んだこと」まで付け加えながら、可能性のある求人に応募しなければいけません。

例えば、以下のような形です。

退職で学んだことを付け加える具体例

・短期で判断するのではなくまずはやり切る
・経営陣に相談しながら進める
・切磋琢磨し合いながら成長したい
・ポジティブに頑張り続けたい

など

50代以上の人は、アピールするポイントや経験は沢山あるはずです。

項目だけで並べると薄っぺらい表現に聞こえるかもしれませんが、「退職した理由+学んだ事」で話をすれば、面接官に伝わりやすいですよ。

50代向けの短期離職の実態については、40代・50代で短期離職を繰り返すとヤバい?転職に成功するコツを解説の記事も参考にしてみてください。

短期離職の絶望から逃れる方法・メンタルは?

短期離職の絶望から逃れる方法・メンタルは?

続いて、短期離職の絶望から脱出する方法やコツを解説していきます。

短期離職の絶望から逃れるには?

・仕事はいくらでもあると認識する
・短期離職の退職理由は履歴書に書かなくてもOK
・短期離職した本当の理由に向き合う
・転職で叶えたいことを明確にして応募する
・大手や高年収に惑わされない
・各社ごとに面接対策をする

具体的な方法やメンタルを維持する方法まで、詳しく見ていきます。

短期離職の絶望から逃れる方法
① 仕事はいくらでもあると認識する

短期離職の絶望から逃れるメンタルとして「仕事はいくらでもある」という認識を持つのが重要です。

ご存知の通り、日本は労働人口が減少して、企業は人手不足に困っています。

「求人はいくらでもある」というのが実態です。

実際、日本の有効求人倍率は「1.31倍(2024年)」でした。

全国の有効求人倍率の推移は?

有効求人倍率とは、高い方が「人手不足」であり、低ければ「失業者が増える」と理解しておきましょう。

上に示した画像では、リーマンショック時(2009年)は「0.45%」まで落ち込んでいます。

失業者が増えていた実態を現していますね。

しかし、現在は「1.31倍」です。

つまり、求人の数が多いので、仕事を見つけやすい状態が続いています。

選ばなければ求人数はたくさんありますよね

短期離職の絶望から逃れる方法
② 短期離職の退職理由は履歴書に書かなくてもOK

短期離職者向けのマル秘テクニックですが、履歴書や職務経歴書にわざわざ短期離職した理由を記載する必要はありません。

状況が複雑な場合や、文字で書き起こすと認識の齟齬を生んでしまう可能性がある場合は、不記載でも大丈夫です。

私がおすすめしている「短期離職時の退職理由の書き方」を伝授します。

短期退職理由のおすすめの書き方

・一身上の都合により退職
・面接時に詳しくお話しいたします
・完全な空欄

など

文字にすることで履歴書を見た面接官がその場で判断してしまわないように、伏せておくパターンもアリです。

短期離職した理由は、必ずしも記載する必要がある訳ではないです

面接時に深く質問されると思いますので、面接官を納得させることができるような回答を準備しておきましょう。

短期離職の絶望から逃れる方法
③ 短期離職した本当の理由に向き合う

短期離職をしてしまった人は、正直ベースの本当の理由を深く考える必要もあります。

面接時やレジュメ内容には、表面的やある程度カバーストーリーのある退職理由でも、正直何とかなります。

しかし本当に怖いのは、自分自身を騙してしまっていることです。

いわゆる「欺瞞(ぎまん)」ですね。

自分自身に暗示を掛けるように騙していると、短期離職の本当の理由が分からなくなり、結果的に意味のない短期離職を繰り返してしまう形になります。

本当の短期離職の理由ですか…

就職活動にそこまで本気ではなかったかもしれません…

本当の短期離職した理由は、人それぞれだと思いますので、自分自身に向き合うことが大切です。

1人では考えにくい人は、キャリアコーチングにサポートしてもらうのも良いでしょう。

キャリアについて本気で考える時間」を設定することで、モヤモヤが解消されますよ。

短期離職の絶望から逃れる方法
④ 転職で叶えたいことを明確にして応募する

短期離職を繰り返している人の中には、
「給料以外の判断軸がよくわからない」や
「転職で求めることが勤務地と給与だけ」という状態に陥っている人も珍しくないでしょう。

転職サイトを眺めて、とりあえず高年収の求人に応募して終わり…。

そんな人も多いでしょう。

給与以外の軸が無いです…

何を基準に選べばいいですか?

転職で叶えたいことを明確にして求人に応募しなければ、いつまでも短期離職を繰り返すハメになります。

転職とは「手段」であり、転職することが目的になってはいけません。

転職の「目的」を明確にすることが重要です。

では、転職の目的とは何でしょうか?

転職の目的とは?

・年収を50万円以上UPさせる
・キャリアアップが見込める会社を見込める
・業界や職種チェンジで市場価値を高める
・勤務地は変わるけどキャリアを諦めたくない

などなど

つまり、転職を通じて「叶えたい未来像」や「在るべき働き方」、「あなたのビジョン」を明確にします。

簡単なようで、めちゃくちゃ難しいですよね。

私も転職エージェントとして日々色々な求職者の方と話をしますが、『今回の転職の目的は何ですか?』に明確な答えを持っている人は9割以下です。

大半の人が、本当の転職目的を見失いながら、なんとなく転職活動をしています。

転職で叶えたい理想像が明確になっている人は、10%以下だと思います

とは言え、いきなり「転職の目的は?」と聞かれても答えられない人も多いはずです。

そもそも普通の転職エージェントは聞いてきません。

転職エージェントが聞くのは、希望業界、希望職種、希望年収、希望勤務地、希望の働き方だけです。

1番大事な「目的」を聞く人が少ないです。

なぜでしょうか?

転職エージェントは、求職者が応募したくなる求人を紹介するのが仕事だからです。

なので、転職で叶えたい未来を明確にしたい人は、転職エージェントではなくキャリアコーチングにサポートしてもらう方がメリットが大きいです。

「現状を変えたい」や「本気でキャリアを考え直したい」という人は、”ポジウィルキャリアマジキャリの無料カウンセリングを受けてみてください。

私も実際に受けましたが、キャリアのモヤモヤが払拭されて転職活動がスムーズに進みました。

転職の目的を明確にしたい人へ
おすすめのキャリアコーチング

ぼんやりとした転職理由をビシッと決めるなら、キャリアのプロに相談できるキャリアコーチングがオススメ

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

「どんな会話をするの?」や「勧誘や営業はない?」と思っている人は、【体験談】ポジウィルは無料相談だけでも問題ない?、や【体験談】マジキャリに強引な勧誘はない?の記事を参考にしてみてください。

短期離職の絶望から逃れる方法
⑤ 大手や高年収に惑わされない

転職活動をすれば、誰だって有名企業や高年収な求人に目が移りがちです。

しかし短期離職した人は、大手企業や高年収求人は、逆に避けるべき求人とも言えます。

理由は簡単で、単純に選考ハードルが高いからです。

3年大手企業で経験を積んできている人と6ヶ月勤務の短期離職者を比べたら、当然、前者が優先されます。

よほど経験やスキルが合致していれば話は別ですが、大手有名企業の椅子取りゲームは過酷なのです。

「短期離職」というビハインド状態では、時間を無駄にするだけの可能性すらあります。

大手有名企業の求人はそもそも選考ハードルが高いです

惑わされずに自分の転職軸に合致した求人を選びましょう

また、極端に年収が高い求人も要注意です。

平均給与から年収が極端に上振れている求人の場合、以下のような状態が想定できます。

極端に年収が高い求人の実態

・短期間で大量に人が辞める職場
・過酷な肉体労働がある職場
・みなし残業代が含まれている
・精神的負荷の高い仕事

などなど

総じて「ブラック企業」と呼ばれる求人の可能性が高いので注意しておきましょう。

短期離職の絶望から逃れる方法
⑥ 各社ごとに面接対策をする

短期離職者にとって「面接」は、挽回する絶好の機会です。

論理的・納得感の高い転職理由を企業側に直接伝えることができるからです。

総じて、短期離職の場合、書類通過率が低くなることが想定されますので、面接の前にしっかりと準備・対策をする必要があります。

面接準備の有無は、話せばすぐにバレます。

最低限、以下項目は確認しておきましょう。

面接前に必ず準備しておきたい内容

・企業のHPに目を通す
・採用背景を確認する
・転職軸を言語化する
・企業が欲しがっている人物像を想像する
・転職理由をネガティブからポジティブに変換する

短期離職した人こそ「面接対策」に力を入れるべき!

最低でも1社15分程度はリサーチしましょう!

1人でリサーチしたり面接対策したりするのが難しいと感じる人は、転職エージェントを利用しましょう。

担当エージェントに面接対策を申し込めば、各社ごとに面接対策をしてもらえます。

転職エージェントには、どんどん面接対策を依頼しましょう!

迷っている人は「リクルートエージェントならハズれません

まとめ: 短期離職で絶望している人は多い

短期離職で絶望している人へ

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、短期離職で絶望・人生詰んだと感じている人に向けて、末路や具体例、解決策までご紹介してきました。

短期離職で人生に絶望している人は予想以上に多く、年代別で再就職・転職活動のコツも幅広くあることが分かりました。

最後に、要点をまとめて終了とします。

本記事の要点まとめ

・短期離職で人生に絶望している人は多い
・自己嫌悪やお金への不安がある人ほど絶望感が増す
・年代別で再就職のコツは沢山あるので諦めるのは早い
・人手不足で仕事(求人)は山ほどある状態
・短期離職した本当の理由に向き合い面接に臨むこと
・1人で悩むより”ポジウィル“や”マジキャリ“に相談すると未来が明るくなる

短期離職で絶望している人は、意外に多いです

1人で悩み込むより、誰かに相談する方が解決策も見つかります

短期離職で絶望している人へ
おすすめのキャリアコーチング

短期離職で絶望して1人で悩むなら、キャリアのプロに相談できるキャリアコーチングがオススメ

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

合わせて読みたい

「短期離職」に関する、おすすめの記事をまとめました。

短期離職で転職が決まらない理由は?

短期離職は転職が決まらない? 短期離職で転職が決まらない理由は?転職活動のコツや狙い目の業界を解説

短期離職でもなんとかなる?

短期離職でもなんとかなる?具体的な対策とメンタルを徹底解説

50代のキャリアプランが思いつかない…

【50代必見】キャリアプランが思いつかない…定年後を見据えた4つの行動プランをご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA