はじめに ▶︎

【末路は?】3ヶ月で短期離職した新卒の退職理由の伝え方は?転職成功のコツを解説

3ヶ月で退職した人の末路は?

入社3ヶ月で辞めるか迷っています…

新卒で短期離職した人の末路は?

本ページにたどり着いた人は、
・入社後3ヶ月で退職した人は転職成功できる?
・短期離職の末路は?良い企業に転職可能?
・新卒3ヶ月で短期離職した場合は?

という疑問や悩みをお持ちのことでしょう。

結論、入社3ヶ月での短期離職でも転職は可能ですが、マイナスイメージを持たれるため推奨はできません。

しかし「新卒で短期離職した場合は…?」や「短期離職から転職を有利に進めるコツは?」という疑問を持っている人も多いはずです。

そこで本ページでは、入社3ヶ月以内の短期離職のデメリットや末路、短期離職から転職を成功させるコツまで解説していきます。

本記事の要点まとめ

・3ヶ月の短期離職でも転職は可能
・入社3ヶ月で退職を検討している人は多い
・退職理由は他責にせず一貫性を意識する
・短期離職は転職市場で不利になるのは事実
・新卒をすぐに辞めて挽回するなら”UZUZ

短期離職者の経験談も紹介しますね

新卒・中途入社のそれぞれのパターンに応じて解決策まで紹介します!

入社3ヶ月以内の短期離職
おすすめの転職エージェント

目次

中途・新卒入社3ヶ月で退職した人が転職することは可能

中途・新卒入社3ヶ月で退職した人が転職することは可能

「中途・新卒入社して3ヶ月で退職するのは大丈夫?」と、不安を抱えている人も多いはずです。

入社して3ヶ月で辞めた場合どうなる?

3ヶ月の短期離職で転職できるがおすすめはしない

入社3ヶ月でも転職は可能ですが、経歴に傷が付くことは間違いありません

中途入社や新卒入社から3ヶ月という短い期間であっても、次の転職先を見つけることは可能です。

転職市場全体として「売り手市場」であり、企業は人手不足に困っているからです。

20代・30代のビジネスパーソンであれば、入社3ヶ月の短期離職だとしても、転職先を探すことができます。

また「第二新卒」枠の採用活動も活発です。

第二新卒者の採用身通し
マイナビ転職より引用

2016年のマイナビによる調査では、
「2030年頃まで第二新卒枠の積極採用が続く」と推測されています。

約60%以上の企業で、第二新卒の採用が活発なんですね

企業側の本音は
「短期離職者はすぐ辞めそうと思ってはいるが、人手不足なので採用したい」
ということです

しかしながら、3ヶ月という短い期間で辞めてしまうことは、余程の理由がない限りおすすめはできません。

▶︎入社3ヶ月でも退職して良いケースを確認する

転職市場でネガティブなイメージを持たれる

入社3ヶ月の短期離職が、転職活動で不利に働いてしまうことは間違いありません。

短期離職がある人は「すぐ辞める人」というレッテルを貼られてしまうからです。

例えば、新卒で入社し、1ヶ月で退職した場合を考えてみましょう。

採用担当者はまず、過去の経歴を確認します。

短期間で離職していることが分かれば、面接官はまず不安を感じます。

面接官
面接官

どうせ、またすぐ辞めるんじゃない..?

すぐに辞めてしまう人を採用してしまうと、採用に掛けたお金や時間が無駄になってしまいます。

1年未満の短期離職をしていると、「仕事に対するコミットメントが足りない」という印象を持ちがちです。

面接官も人なので、経歴を見ながら判断してしまいます

「短期離職=またすぐ辞める」
という印象を持ってしまうのは、仕方ありません

私が転職エージェントとして、企業の人事担当や経営陣と話している中で、短期離職者に対する反応をまとめてみました。

短期離職者への企業側の印象

・入社から3年:全然普通、職歴は気にならない
・入社から1年:ちょっと早い転職だね。理由を知りたい
・入社から半年:早い転職だね。理由は?
・入社から3ヶ月:早いね。何があった?
・入社から1ヶ月:大丈夫?
・入社から1週間:え、本当に?

入社から3ヶ月で退職した人の場合、かなり高確率で詳しい質問をされてしまいます。

短期離職した理由を納得感を持たせながら説明できなければ、内定を獲得することはできません。

企業は”長く働いてくれる人”を採用したい

企業は、「長く働いてくれる人」を採用します。

短期間での離職は、採用に掛けた人件費や工数、広告費などを回収できないからです。

業界や仕事内容によって異なりますが、入社して戦力になるには「3ヶ月〜1年」は必要です。

製造業や特定技術が必要な仕事だと、3年以上頑張ってようやく戦力になるという仕事も存在します。

いずれにしても、企業は長く働いてくれる人でなければ、採用に投じた費用を回収できず「採用失敗」と捉えてしまいます。

人材採用支援を行う「株式会社ONE」が、企業の人事担当者に対して行ったアンケート結果もありました。

優秀な人材より長く働ける自社に合う人材を採用したい
株式会社ONEの調査結果より引用

調査結果を読み込んで考察した内容は、以下の通りです。

調査結果の要約・考察

・短期離職やミスマッチに悩む企業は多い
・入社後のギャップを感じる人事は75%
・面接では表情や目線を重視している
・優秀な人より長く働いてくれそうな人を採用する

企業の採用担当者も、短期離職が増えている状況には苦労しています。

企業側の考えや問題を認識しておくことで、転職活動を有利に進めることができますね。

企業は”長く働いてくれる人”を採用したいので、アピールすれば内定獲得率を上げれますね

入社3ヶ月以内で退職している人の割合は?

続いて、入社後3ヶ月以内に退職している人の割合を見ていきます。

Job総研が、2021年新卒入社した人に向けて行ったアンケート結果を基に解説していきます。

2021年新卒者向けのアンケート
2021年 新入社員実態調査 / Job総研より引用

4月の入社から6月までの3ヶ月間で「47.2%」の人が、転職検討を開始していることが判明しました。

実に、半分近い人が新卒入社から3ヶ月で、転職を視野に入れています。

新卒入社でも半分程度の人が、3ヶ月で転職活動を開始しているんですね…

その他にも、アンケート結果から推測できる内容をまとめました。

2021年入社へのアンケート結果

・入社3ヶ月で約半数が転職を考え始めたと回答
・職場でのストレスが原因で転職検討を開始
・最も多いストレス項目は「給与が合わない」

入社から3ヶ月で転職を視野に入れている人は多いですが、実際に退職した人数まで算出されていないので注意が必要です。

私自身も、新卒で入社した会社は、業務内容の変更や研修場所の変更などが相次ぎ、結局1年半年で転職した思い出があります。

新卒入社から3ヶ月で退職して転職活動をしている人も多いことが推測できますね。

新卒3ヶ月で辞めてから1年ニートが続いている

新卒を3ヶ月で辞めてから1年フリーターをしている人もいますので、転職活動が難航している人も多そうです…

中途・新卒入社3ヶ月で退職しても良いケースは?

中途や新卒入社3ヶ月で辞めたいと感じた時に、本当に辞めても良い?と思いますよね。

実際、ブラック企業で働き続けるよりも、3ヶ月で見切りを付けた方が良い場合もあります。

そこで、入社3ヶ月で退職しても良いケースを確認しておきます。

安易な短期離職を推奨はできないが、退職した方が良い会社があるのも事実です

3ヶ月でも退職した方がいいケース

・心身に悪影響が出始めている
・明らかな法律違反、暴力行為など
・やりたいことが明確になった

それぞれの状況を詳しく解説していきます。

入社3ヶ月で退職した方がいいケース
① 心身に悪影響が出始めている

身体的・精神的な異常が見られる状態の場合、入社3ヶ月だとしても退職するのがおすすめです。

例えば、過度なストレス、長時間労働の強要、連続した休日出勤などです。

毎日毎日、過酷なストレスを感じながらブラック企業で働き続けることは、心身を壊すことに繋がります。

メンタルヘルス不調や身体的な健康不良になってしまった場合、1年や2年働けなくなってしまうこともザラにあります。

仕事のストレスで限界を迎えている10個の前兆をまとめたらので、確認しておきましょう。

ストレスで限界を迎えている前兆

・ちょっとしたことでイライラする
・昼間に眠気を感じる
・無気力感に襲われる時がある
・± 10キロ以上の体重の変化
・まぶたがヒクヒクする
・自然に笑うことができない
・涙が勝手に出る
・眠れない、寝つきが悪い
・孤独を感じやすい
・毎日お酒を飲まないとやってられない

ストレスが限界を迎えている場合、すぐに退職して休養を取らなければいけません

上記のような過度な心身のストレスを受けていた場合、応募先に事情を説明すれば、不利に働くことは少ないです。

心身に悪影響が出始めている場合は、思い切って退職しましょう。

ストレスが限界を迎えている時の対処法も下記の記事でまとめています。

入社3ヶ月で退職した方がいいケース
② 明らかな法律違反、暴力行為など

世の中には、極悪非道なブラック企業が存在していることも事実です。

私の友人から聞いた話でも、明らかな法律違反、パワハラ、セクハラ、暴言・暴力が横行している様な会社も、まだまだ存在します。

先輩が暴言・暴力を振るわれているのを見て、退職を決心した人もいます。

例えば、以下のような傾向があれば、要注意です。

ブラック企業の傾向

・給与水準が低すぎる
・雇用契約書がない
・就業規則が存在しない
・辞めたくても辞められない
・精神論、根性論の社風がある
・求める成果が高すぎる

などなど

ブラック企業は、法律スレスレのグレーゾーンを狙って、従業員を囲い込み自分達の思いのままに操っています。

上記のようなブラック企業に入社してしまった場合は、思い切って退職を選択してOKです。

入社3ヶ月で退職した方がいいケース
③ やりたいことが明確になった

入社3ヶ月であっても、やりたいことが明確になった場合は退職しても大丈夫です。

ただ、一言で「やりたいこと」と言っても様々です。

論点は、『あなた自身で前向きな意思決定をしているか』です。

新卒入社3ヶ月の人であっても、起業して自分の事業を立ち上げる人や、海外での転職を踏み切る人などは、思い切ってチャレンジをしたら良いと思います。

意思決定が”逃げ”でなければ、入社3ヶ月であっても、行動し続けるべきです。

実際、短期離職をしても「やりたいこと」を実現して、後悔しない選択をした人も多いです。

短期離職したけどやりたいことを実現できた

投稿主のように、自分自身で道を切り拓き、キャリアを築いていこうとする中での短期離職は、躊躇するべきものではないと言えますね。

以上ここまで、入社3ヶ月でも退職した方がいいケースを紹介しました。

3ヶ月でも退職した方がいいケース

・心身に悪影響が出始めている
・明らかな法律違反、暴力行為など
・やりたいことが明確になった

中途・新卒入社3ヶ月で退職しない方がいいケースは?

反対に、入社3ヶ月で退職しない方がいいケースもあります。

安易な短期離職は、経歴に傷が付くだけでなく、今後のキャリアにも大きな影響を与えるからです。

「甘え」だと思われたくないですけど…どうしたらいいですか?

3ヶ月で退職しない方がいいケース

・仕事が楽しくない、面白くない
・人間関係が上手くいかない
・結果が出ない、給与が上がらない
・上司から怒られた

それぞれの状況を詳しく見ていきます。

入社3ヶ月で退職しない方がいいケース
① 仕事が楽しくない、面白くない

「仕事が楽しくない、思ってたよりも面白くない」という理由であれば、退職しない方がいいです。

仕事は必ずしも楽しいものでも面白いものでもないからです。

世の中のほとんどの仕事は、「誰かがやりたくない仕事をすることでお金が発生する」という仕組みです。

掃除はめんどくさいですよね?だから「清掃員」がいます。

ご飯を作るのもめんどくさいですよね?だから「レストラン」があります。

仕事が楽しい・面白いと感じれる人は、ごく一部であり、99%の人にとって「仕事は生活費を得るため」です。

仕事が楽しくない・面白くないと感じている人は、転職しても同じ感覚を覚えるだけです

私の持論ですが、仕事を楽しむためには、ある程度継続してやり続け結果を出す必要があります。

例えば、あるプロジェクトが成功した場合、他のお客様からも指名が入ることがあります。

「誰かに必要とされている」と感じられることで、仕事が楽しいと感じますよね。

仕事を本気で楽しむ・面白くするには、ある程度の時間が必要です。

入社して3ヶ月の場合、仕事が楽しい・面白いと感じることは、ほとんど無いです。

入社3ヶ月で退職しない方がいいケース
② 人間関係が上手くいかない

「人間関係が悪いから」という理由で、退職するのはもったいないです。

人間関係の問題は、どの職場でも発生するものだからです。

「人間関係が悪い・上手くいかないから」という理由だけで転職してしまうと、次の会社でも同じような悩みに直面します。

人間関係の問題は、誰しもが抱えている問題なんですね…

日本労働調査組合が行ったアンケートでは、「約3割の人が職場の人間関係で悩んでいる」というデータもありました。

職場の人間関係に関するアンケート結果
PR TIMESより引用

調査結果をまとめると、、、?

・職場の人間関係が良好な人は約3割
・悩みやストレスを感じている人は約3割
・4割は特に気にしていないと回答

職場の人間関係で悩む人は多く、人間関係のトラブルや問題がキッカケで転職を検討している人も多いです。

しかしながら、「3ヶ月」という期間は、早すぎます。

人間関係のトラブルを解決するには、話し合いが1番早いです。

職場の人間関係を解決するには?

・本人と直接会話する
・上司やさらに上司に相談する
・該当者を無視して仕事に集中する

など

人間関係が原因で3ヶ月で辞めた場合、応募先の面接官からの印象も悪いですよ。

入社3ヶ月で退職しない方がいいケース
③ 結果が出ない、給与が上がらない

入社3ヶ月で結果が出ないことや給与に関する理由で、退職するのはおすすめできません。

まず「結果が出ない」については、当然です。

入社して3ヶ月でバリバリ結果を出せる人は、即戦力採用で入社した超一流のビジネスパーソンだけです。

多くの人にとって入社後3ヶ月は、同僚や上司、顧客との関係性を築き、仕事に慣れることが優先です。

いきなり結果が出る人は少数派です。

思っていた以上に給与が低かった場合はどうでしょうか…?

給与や条件面が理由で、入社3ヶ月で見切りを付けて退職するのは、おすすめできません。

入社3ヶ月という短い期間だと、判断ができないからです。

とは言え、入社前に聞いていた雇用条件と明らかに異なった実態がある場合などは、例外として考える必要があります。

入社3ヶ月で退職しない方がいいケース
④ 上司から怒られた

「上司から怒られた」という理由だけで退職するのは辞めておきましょう。

典型的な例ですが、転職時の面接で退職理由を、上司に怒られた事が理由と伝えた場合、「忍耐力のない人」や「うちでも怒ったらすぐに辞める人」という認識を持たれます。

今時、上司から酷く怒られるという職場は少なくなってきていますが、まだまだ怒られて辞めてしまう人もいます。

採用する企業側目線だと、「怒られただけで辞めてしまう人」というレッテルを貼ってしまいます。

以上ここまで、入社3ヶ月で退職しない方がいいケースを紹介しました。

3ヶ月で退職しない方がいいケース

・仕事が楽しくない、面白くない
・人間関係が上手くいかない
・結果が出ない、給与が上がらない
・上司から怒られた

入社3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツは?

入社後3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツは?

中途・新卒で入社して3ヶ月で退職してしまった場合、次の転職先にはどのように伝えたら良いのでしょうか。

言い訳だと捉えられない伝え方のポイントを紹介します。

退職理由は、面接官が納得できるように伝えなければいけません

3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツ

・退職理由を他責にしない
・一貫性を意識して論理的に答える
・退職を通じて学んだ事を付け加える

それぞれを詳しく解説していきます。

3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツ
① 退職理由を他責にしない

3ヶ月という短い期間の場合、応募先の面接官から突っ込まれた質問をされることがあります。

例えば、「なぜ短い期間で退職したのですか?」や「続けようと思わなかった理由は?」という質問が想定されます。

求職者側の理由は、様々あると思います。

業績悪化や求人票と実態の違い、過度な残業時間、などなど。

企業側に責任の多い退職理由だとしても、面接で採用担当者を納得させなければいけません。

退職理由がどんな理由であっても、面接官を納得させなければいけません

退職理由は「他責」にするのではなく、自分にも非があった事を認めるようにしましょう。

例えば、以下のような例ですね。

前回の転職活動時は、年収を上げたいがために、求人票の上限給与が高い企業ばかり受けていました。

結果的に内定は貰えたのですが、実際に入社してみると想定していた給与よりもかなり低い給与でした。

理由としては、想定年収だけに注目していており、月給と賞与のバランスまで考えきれていませんでした。入社した会社は賞与が大きく月給が少なかったです。

振り返って考えると、もっと事前にリサーチをして、腹落ちした会社に転職するべきでした。

また、3ヶ月という短い期間で判断するのではなく、まずは会社に貢献できるように努力するべきだったと感じています。

いかがでしょうか。

「転職活動時のリサーチ不足」である点と、「短い期間で判断してしまった」という点を、しっかり反省していると伝えることができていますね。

他責理由だけだと、前職に対する不満ばかり並べてしまい、面接官への印象を下げるだけです。

3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツ
② 一貫性を意識して論理的に答える

2点目のポイントは、「退職理由に一貫性を持たせ、論理的に回答する」です。

一貫性と論理性って難しいですね…

どうすればいいですか?

退職理由が「上司と合わなかった」や「社風に馴染めなかった」というネガティブな理由の場合、どのように伝えたら良いのか悩ましい所ですよね。

しかし、事実とは異なる退職理由を回答してしまうと、その後の質問でさらに苦労します。

嘘を嘘で固めるような形になってしまい、面接官から怪しまれてしまいます。

そこで、「一貫性」と「論理性」を持たせるために意識する点は、以下の通りです。

退職理由に一貫性を持たせるには?

・事実をベースに話をする
・話を誇張表現しすぎないようにする
・「理由→事実→具体例」のセットにする

最後の「理由→事実→具体例」は、話をするときのステップです。

例えば、こんな感じです。

・上司と合わなかったから退職しました(理由)
⬇︎
・上司から何度も怒られました(事実)
⬇︎

具体例は以下の通り。
・営業成績が足りないと叱られた
・営業KPIが悪すぎて呆れられた
・結果は悪かったが何も教えてくれなかった
・精神論や根性論で人格を否定された
など

理由→事実→具体例を述べることで、面接官に状況を分かりやすく伝えることができます。

3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツ
③ 退職を通じて学んだ事を付け加える

3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツとして「短期離職で学んだことを付け加える」という点もおすすめです。

面接官は「3ヶ月で退職した」という事実に注目しがちですので、退職した事実だけを話すだけではマイナス評価を覆すことは難しいです。

そこで、おすすめは「学んだこと」を付け加えるのです。

企業が第二新卒者に求める採用基準として「熱意・ポテンシャル」や「入社意欲の高さ」が挙げられています。

企業側が第二新卒者に求める採用基準

熱意やポテンシャル、入社意欲の高さに直結するようなポイントを織り交ぜれば高評価を得やすいです

例えば、以下のような形です。

退職で学んだことを付け加える具体例

・短期で判断するのではなくまずはやり切る
・上司や先輩に相談しながら進めたい
・同期と切磋琢磨し合いながら成長したい
・ポジティブに頑張り続けたい
・将来は管理職を目指して頑張りたい

など

アピールするポイントは沢山あります。

項目だけで並べると薄っぺらい表現に聞こえるかもしれませんが、「退職した理由+学んだ事」で話をすれば、面接官に伝わりやすいです。

以上ここまで、中途・新卒入社3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツを3つ紹介しました。

3ヶ月で退職した場合の伝え方のコツ

・退職理由を他責にしない
・一貫性を意識して論理的に答える
・退職を通じて学んだ事を付け加える

3ヶ月で短期離職するデメリットや末路は?

転職後1年未満で辞めるデメリットや末路は?

ここまで、入社から3ヶ月以内で退職する人の理由や状況について解説していきました。

3ヶ月という短期離職のデメリットは、既に皆さんも認識されていると思いますが、改めて、採用企業側の視点も入れながら、デメリットや末路を紹介していきます。

3ヶ月で退職するリスクを確認しておきましょう

3ヶ月で短期離職するデメリット・末路

・企業からマイナスイメージを持たれる
・転職することがクセになる
・大企業や正社員での転職が難しくなる
・転職活動の自信が無くなる

それぞれを詳しく見ていきます。

3ヶ月で短期離職するデメリット
① 企業からマイナスイメージを持たれる

入社後3ヶ月で短期離職するデメリットは、企業からマイナスイメージを持たれることです。

採用企業側は、同じレベルの経験やスキルを持っている人であれば、短期離職経歴のない人を選びます。

企業は「長く働いてくれる見込みが高い人」を採用するからです。

終身雇用や年功序列は終了したと聞いたけど、採用側の考え方には根強く残っているんですね…

結果的に、短期離職をしてしまっている人は、書類選考の通過率が低くなり、面接の機会も少なくなります。

マイナスイメージを企業側に持たれてしまうことは、間違いない事実です。

短期離職で全て書類落ち

短期離職の最も大きなデメリットです。

3ヶ月で短期離職するデメリット
② 転職することがクセになる

続いてのデメリットは「転職することがくせになる」という点です。

正直な話、短期離職を数回繰り返しても転職することはできます。

しかしながら、転職を繰り返すこと自体が癖になった場合、本人のキャリアの成長は止まってしまいます。

嫌な事や自分に不都合な事が起きた場合、転職することは容易ですが、その後の人生に大きな影響を与えることは間違いありません。

短期離職を繰り返すことで、転職が癖になってしまうリスクがあります

短期離職からの転職という成功体験は諸刃の剣でもある

X投稿でも、短期離職に関する大きなデメリットとして、議論されていました。

3ヶ月で短期離職するデメリット
③ 大企業や正社員での転職が難しくなる

そもそも論ですが、「短期離職をしている人は採用検討の対象外」という企業もあります。

企業は、「長く働いてもらえる人でなければ、採用投資費用を回収できない」と判断しているからです。

また、大手有名企業や給与条件の良い求人は、何もしなくても多数の応募者が集まります。

なので、自動的に短期離職をしている人は”検討対象外”になっていることもあります。

短期離職をしていると、そもそも検討すらして貰えないんですね…

短期離職者へのマイナスイメージがあることは、間違いありません。

しかしながら、それは一部の大手企業や有名求人のみです。

労働力不足が叫ばれる日本の大多数の企業は、人手不足で苦しんでいます。

大手有名企業や比較的年収の高い求人などを避けて応募すれば、検討の土俵に上がることはできます。

まとめると、、、?

・大企業や条件の良い求人は短期離職で検討外になる可能性有り
・大多数の企業は労働力不足で苦しんでいる
・求人レベルを下げれば問題無し
・中小、ベンチャーに応募すれば十分検討してもらえる

短期離職をした人に特化した転職エージェントを使うことで、選考通過率をグッと引き上げることができます。

短期離職者に特化した転職エージェントを使えば、短期離職ならではの悩みも相談できます

ハタラクティブ“や”リクルートエージェント”に相談すれば、短期離職を受け付けている企業の中で希望条件に合致する求人をあなたのペースで紹介してもらえますよ。

3ヶ月で短期離職するデメリット
④ 転職活動の自信が無くなる

3ヶ月で短期離職をした場合、自分の職歴に自信を持つことが難しいです。

書類選考で大量にお見送りが続いたり、面接で辛辣な質問やコメントをされたり、、、と、世間一般からの短期離職者への風当たりは強いです。

そうした状況から、転職活動に自信を無くしてしまう人もいます。

短期離職者が自信を無くす理由

・書類選考でお見送りが続くから
・面接で厳しいコメントをされるから
・マイナスイメージを持たれるから
・総じて、内定獲得率が低いから

実際に、短期離職をしたことで、自信を喪失している人がいるのも事実です。

短期離職で自信を喪失してしまう…

自信を喪失してしまったら、その後の転職活動やキャリアが上手くいかなくなる可能性が高いですよね…。

もし短期離職を既にしてしまい、自信を喪失しつつある人は、キャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

転職エージェントと違い”求人紹介を前提にしないキャリア相談”なので、キャリアの本質的な悩み相談に乗ってもらえるからです。

私も実際に受けましたが、キャリアのモヤモヤが払拭されて転職活動がスムーズに進みました。

短期離職で自信喪失している人へ
おすすめのキャリアコーチング

キャリアや仕事への自信を取り戻すなら、プロに相談できるキャリアコーチングがオススメ

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

3ヶ月で短期離職するメリットは?

転職後1年未満で辞めるメリットは?

短期離職のデメリットは十分ご理解頂けたかと思いますが、反対に短期離職のメリットがあることも事実です。

ブラック企業で時間を無駄にするよりも、見切りを付けて次の会社に行く方が何倍も有意義な時間になりますよね。

思い切って転職することで、メリットがあるのも事実です

3ヶ月で退職するメリット

・ブラック企業に見切りを付けられる
・早い段階で自分に合った仕事が見つかる
・心機一転の切り替えができる

それぞれを詳しく見ていきます。

3ヶ月で退職するメリット
① ブラック企業に見切りを付けられる

入社後3ヶ月で辞めるメリットは、ブラック企業に見切りを付けられる点です。

ブラック企業や将来性の低い会社で働き続けることは、人生の時間の無駄ですよね?

ブラック企業には、さっさと見切りを付けて、次の会社を探すことに集中した方が良い時もあります。

例えば、典型的なブラック企業の例を見てみましょう。

典型的なブラック企業の特徴

・長時間労働、過酷な労働環境
・有休取得を拒否される
・残業代が出ない、サービス残業が多い
・募集要項に具体性がない
・給料が支払われない
・やりがい搾取、精神論が多い
・パワハラやセクハラが多い

上記のような特徴がある会社には、見切りを付けて退職することで、自分の時間を確保できるという大きなメリットがあります。

ブラック企業で働く時間ほど、無駄な時間はありませんよね

3ヶ月で退職するメリット
② 早い段階で自分に合った仕事が見つかる

入社後3ヶ月で辞めるメリットは、早い段階で自分に合った仕事を見つけることができる点です。

仕事には、向き不向きがあります。

向いてない仕事をダラダラと続けることは、地獄の辛さを味わうレベルです。

私も昔、自分に全く向いていない細かい作業や丁寧な作業を任された時がありました。

自分の特性が分かっていなかった当時は、言われるがままに仕事をしてみましたが、結果は全く付いてきませんでした。

向いてない仕事を続けた末路は悲惨です…

早めに辞めることも大切ですね

嫌なことがあったらすぐ辞めるのは良くないですが、自分に合致していない仕事だと思った場合は、退職して次の機会を探すことも大切です。

「自分に合った仕事」を見つけるために、性格診断や適正診断を試してみるのもアリです。

ミイダス」や「VIEW」というアプリは、無料でかなり正確な診断ができますので、あなたに向いている職種や業界が一発で分かります。

自分に最適な仕事が見つかるミイダス

ミイダス

Click here

< 無料で診断可能 >
ミイダスを詳しく見てみる ▶︎

3分でオススメのキャリアが見えるVIEW

アサインアプリ

Click here

<たった3分で簡単診断!>
あなたの適正を診断してみる ▶︎

3ヶ月で退職するメリット
③ 心機一転の切り替えができる

思い切って転職することで、心機一転新しい気持ちで頑張ることもできます。

入社後3ヶ月で辞める人の中に、希望して3ヶ月で辞める人は、少ないはずです。

何かしら、自分が想定していた仕事との違いや、人間関係のトラブル、どうしても解決できない問題があったはずです。

思い切って転職して環境をガラッと切り替えることで、心機一転新たなスタートを踏み出すことができます。

望んで退職したい訳ではないので、気持ちを切り替える必要がありますよね…

以上ここまで、入社後3ヶ月で退職するメリットを3つ紹介しました。

3ヶ月で退職するメリット

・ブラック企業に見切りを付けられる
・早い段階で自分に合った仕事が見つかる
・心機一転の切り替えができる

【新卒向け】3ヶ月で退職したいと感じている人へ

最後に、新卒で入社した人向けに、3ヶ月で退職する際のポイントや注意点を詳しく解説します。

結論、新卒入社3ヶ月での退職はおすすめしません。

しかし、状況や理由次第では、辞めた方が良いケースも存在します。

基本的に、新卒入社3ヶ月での退職は推奨できません…

安易な短期離職は経歴に傷を付ける

転職エージェントとして日々大量の求職者履歴を確認している私目線で解説します。

新卒入社後の短期離職は、一生の経歴に残ります。

10年、15年経過後は、そこまで注目されませんが、30代半ばくらいまでは、新卒入社後の経歴から細かくチェックされる傾向にあります。

短期離職は経歴に傷が付く」と言われるのは、まさに本当です。

実際、直近の経歴は実績もあって素晴らしい内容の人が、「新卒入社時に短期離職があるから」という理由でお見送りになったりすることもあります。

まとめると、、、?

・短期離職は経歴に傷を付ける
・30代半ばくらいまでは細かく確認される
・今後、転職をする時に影響してしまう

大手や有名企業、年収UPの転職は難易度が高い

新卒入社後3ヶ月で退職した場合、大手や有名企業・年収UPの転職を成功させることは、ほぼ難しいです。

「第二新卒」枠の求人が増えていますが、大手や有名企業は、応募者人数も多く優秀な人しか面接に呼びません。

具体的には、以下のような細かい理由があります。

大手が第二新卒を優遇していない理由

・新卒で優秀層を採用しているから
・経験、スキルの少ない中途採用はいらない
・就活失敗した組を採用するメリットがない
・人手不足ではない
・過去、第二新卒採用で失敗している
・「第二新卒は辞める」という先入観がある

などなど

大手・有名企業に転職するのは、かなりハードルが高いです

それでも「ホワイト企業に転職したい」や「名前の知れた企業に転職したい」と諦めきれない人は、「UZUZ(ウズキャリ)」に相談してみましょう。

新卒短期離職から大手企業への転職実績があり、個別サポート力にも高い定評があります。

大手企業を目指すなら”UZUZ”

ウズキャリ

UZUZの特徴

・20代の既卒、第二新卒に手厚い支援有り
・転職支援実績5万人突破中
・大手やベンチャー企業3,000社以上の紹介
・完全未経験からIT業界に転職できる

Click here

<既卒・第二新卒向け!>
UZUZ(ウズキャリ
)の公式サイトへ ▶︎

新卒3ヶ月で転職した体験談・失敗談

実際の転職体験談・失敗談も確認しておきましょう。

新卒3ヶ月で転職できる人もいれば、失敗してしまう人もいます。

新卒短期離職して転職先も失敗して人生終わった(失敗例)

新卒で入った会社をすぐ辞めて良かったと感じている(成功例)

どうしても辞められない場合は退職代行

新卒で入社した会社が、どうしようもないブラック企業で「辞めたくても辞められない」という人は、退職代行を使うのもアリです。

安易に退職代行を利用することは、推奨しませんが、「辞めたくても辞めさせてもらえない」という状況の場合は、別です。

さっさとブラック企業に見切りを付けて、退職した方があなたの時間も無駄になりません。

<満足度が高く安心の退職代行サービス3選>

⚪︎1位:辞めるんです
【公式】https://yamerundesu.com
業界初の後払いサービス!実績件数7,000件超えの退職率100 %の安心サービス!一律27,000円

⚪︎2位:退職代行ガーディアン
【公式】https://taisyokudaiko.jp
労働組合法人が「確実」「即日」「365日対応」のスピード退職サービスを運営!一律29,800円

⚪︎3位:退職代行Jobs
【公式】https://jobs1.jp
弁護士監修に加えて労働組合と連携済み!弁護士監修で安心の27,000円

入社後3ヶ月で退職に関するよくある質問

短期離職1年に関するよくある質問

最後に、入社後3ヶ月で転職・退職に関するよくある質問を見ていきます。

Q. 新卒3ヶ月以内の離職率は?

A. 高校卒18.9%、短大卒13.8%、大学卒12.7%でした。
(リクルートワークス研究所より引用)

3ヶ月未満の離職率は、高卒が高く、学歴が高くなるに連れて低くなる傾向でした。

とは言え、大学卒業者であっても10人に1人以上は、新卒から3ヶ月以内に離職しています。

Q. 新卒ですぐ辞めた人の末路は?

A. 新卒をすぐに辞めた人は、悪循環から抜け出せなくなります

新卒ですぐに辞めてしまった人は、転職市場で不利になってしまうことは間違いありません。

書類選考落ちが続いたり、面接でお見送りになったりするケースが増えてしまいます。

実際、新卒入社後すぐに辞めた人の実態を確認しましょう。

新卒カードを間違えて使うとエンドレスから抜け出せない…

さらに詳しく以下の記事でまとめています。

Q. 短期離職を繰り返した人の末路は?

A. 4回、5回、6回と短期離職を繰り返す度に、転職難易度は上がっていきます

短期離職を繰り返すと、給料が低くブラック企業の求人しか選択肢がなくなります。

実際、Xの投稿にも悲惨な末路を嘆いている人の声がありました。

短期離職を繰り返した人は、給与が低くなりますね…

Q. 短期離職の上手な言い訳はありますか?

A. 言い訳を考えるよりも、正直に悪かった部分は反省する方が賢明です

Yahoo知恵袋にも似たような質問が投稿されていました。

面接での退職理由、うまい言い方はあるでしょうか。

前職で若干いじめ…といいますか、上司とそりが合わず、何とか努力しましたが上手く関係が築けず一年程で退職しました。

無職期間も長引いており、職安で相談したところいっそのこと正直に言ってみたら?とのことでした。

Yahooより引用

嘘や言い訳を付いてしまうと、後からさらに言い訳を繰り返す必要があるかもしれません。

そのようなリスクを背負うのであれば、公明正大に正直に自分が悪かった部分は、反省した旨を伝える方が得策と言えます。

面接官を出し抜こうとしても、見破られてしまうのがオチです…

正直に言うのがおすすめです

まとめ: 3ヶ月で短期離職した人へ

3ヶ月で退職した人の末路は?

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、入社3ヶ月での短期離職について、退職理由の伝え方のコツや退職した方が良い事例などをまとめました。

中途・新卒入社3ヶ月で退職して転職している人もいますが、転職市場で不利になり経歴に傷が付くことになるので推奨はできません。

しかし、「どうしようもないブラック企業」や「辞めたくても辞めさせてくれないような会社」の場合、早めに見切りを付ける方が得策です。

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終了とします。

本記事の要点まとめ

・3ヶ月での短期離職でも転職は可能
・入社3ヶ月で退職を検討している人は多い
・退職理由は他責にせず一貫性を意識する
・短期離職は転職市場で不利になる
・新卒をすぐに辞めて挽回するなら”UZUZ

入社3ヶ月で短期離職する場合、かなりの覚悟が必要です…

できる限りリスクヘッジをして退職するのがおすすめです

入社3ヶ月以内の短期離職
おすすめの転職エージェント

合わせて読みたい

「短期離職」や「20代転職」に関連する、おすすめの記事をまとめました。

20代で2回目の短期離職をした人の末路は?

【解決】20代で2回目の短期離職をした人の末路は?何回までセーフ?転職成功のコツを解説

30代で短期離職はヤバい?

【解決】30代で短期離職はヤバい?転職回数4回以上から人生挽回する方法を紹介

転職後1年で短期離職した人の末路は?

転職後1年未満の短期離職の末路は? 転職後1年で短期離職した人の最悪な末路は?転職に成功するコツを解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA