はじめに ▶︎

【経験者が語る】短期離職でもなんとかなる?具体的な対策とメンタルを徹底解説します

短期離職でも、なんとかなりますか..?

具体的な対策やメンタル崩壊しない方法は?

本ページにたどり着いた人は、
・短期離職でもなんとかなる?
・短期離職経験者のリアルを知りたい
・短期離職から人生挽回するには?

という疑問や悩みをお持ちのことでしょう。

結論、短期離職は世間一般的にマイナスイメージを持たれますが、人生挽回している人や成功者もいますので、自身のキャリアに向き合うことが大切です!

しかし「短期離職経験者の声は?」や「本当になんとかなる?」という不安を抱えている人も多いはずです。

そこで本ページでは、
短期離職の経験談を集めながら、短期離職から挽回する具体的な方法やメンタルまでバシッと解説していきます。

短期離職者の経験談を徹底リサーチしました!

短期離職から成功するための方法やメンタルを紹介していきます

短期離職にオススメの転職エージェント

目次

【経験談】短期離職から起死回生した人の感想

早速、短期離職から人生挽回した人の経験談を見ていきましょう。

短期離職をした人の中でも、諦めずに粘り強く転職活動をしたり、戦略的に転職活動をすることで、キャリアを切り拓いている人が多くいました。

<短期離職から人生挽回した人>

・限界が来る前に休職、無理なら退職しても良い
・諦めない限り道は切り拓ける!
・転職理由の伝え方次第で理解してくれる人も多い

それぞれを詳しく見ていきます。

限界が来る前に休職、無理なら退職しても良い

限界が来る前に休職、無理なら退職した方が良い」というのは、その通りだと思います。

身体的・精神的に限界を迎えると正常な判断ができなくなります。

限界を迎える前に、休職・退職して、転職活動すれば問題ありません。

諦めない限り道は切り拓ける!

少し精神論かもしれませんが「諦めない限り道は切り拓ける」と信じて行動し続けることが大事ですね。

転職理由の伝え方次第で理解してくれる人も多い

短期離職者に対して面接時に「退職理由」を聞くことが想定されますが、納得感のある理由であれば、理解を示してくれる人が多いのも事実です。

転職が一般的になりつつある状況で、転職=悪い、と決めつける人は少なくなっている印象があります。

短期離職してもなんとかなる5つの理由は?

短期離職してもなんとかなる理由

短期離職してしまったら「人生終了」や「転職できない」「経歴に傷が付いた」などと言われますが、なんとかなることも事実です。

短期離職でもなんとかなる理由を5つに分解して解説します。

短期離職でもなんとかなる5つの理由

・そもそも労働者が少ないから
・短期でも経験やスキルは身に付いているから
・向いてない仕事を続けるよりマシだから
・メンタルを壊すより良いから
・人生はいつからでも挽回できるから

それぞれを詳しくみていきます。

短期離職でもなんとかなる理由
そもそも労働者が少ないから

短期離職でもなんとかなる大きな理由は「そもそも労働者が少なくなってきているから」です。

日本の労働人口減少の話は、皆さんもご存知の通りです。

日本の生産年齢人口の減少
総務省「人口統計」より引用

そもそも働ける生産年齢人口が減少しているので、どこの企業も「人手不足」に悩まされています。

採用する企業側の思考は、以下のように変化していきます。

<企業側の思考の変化>

・短期離職してる人なんて採用したくない!
⬇︎
・でも、そもそも応募数も少ない…
⬇︎
・応募数が少ないので短期離職者も検討しましょう
⬇︎
・短期離職の理由で納得感が高い人を採用しましょう

採用企業側は優秀な人を採用したいと思っているが、転職市場に人がいないので採用要件を引き下げることになっています

「短期離職だからNG」という会社も存在しますが、そのような会社は大手有名企業で、スクリーニング要件を厳しくしても応募者が多い企業ということです。

一般的な企業は「応募数が少ない」「人がいない…」という深刻な悩みに直面しています。

採用企業側の状況を細かく見ていくと「短期離職したから人生終了」という状況ではないことが分かりますよね。

短期離職でもなんとかなる理由
短期でも経験やスキルは身に付いているから

短期離職したとしても、確実に経験やスキルは身についています。

例えば、業務経験無しの人と、3ヶ月業務経験を有している人を比べた場合、後者の方が経験やスキルが多いに違いありません。

短期でも業務経験が無い人と比べると、スキルや経験はあります。

短期でも身についた経験やスキルがあるのは事実です!

身についた経験やスキルは、言語化しておく必要があります。

短期離職でもなんとかなる理由
向いてない仕事を続けるよりマシだから

向いてない仕事を無理して続ける方が、身体的・精神的に悪いです。

短期離職をした人には、様々な理由があると思います。

「上司がクソだった」「パワハラ、セクハラがあった」「業務内容が違った」などなど。

自分が思い描いていた職場とかけ離れていたから、短期離職をしたんだと思います。

逆に捉えれば「向いてない仕事を短期で終わらせることができた」と前向きに捉えることができます。

世の中には、向いてない仕事をダラダラと続けたり、ブラック企業から抜け出せない人がいたりします。

そのような人と比べると、短期で向いてない仕事をスパッと辞められた方が良いと捉えることもできますよね。

向いてない仕事をダラダラ続ける方が時間の無駄と言えます!

短期離職でもなんとかなる理由
メンタルを壊すより良いから

仕事を辞めたいけど我慢して続けるよりも、スパッと辞めた方が良い時もあります。

ブラック企業で働き続けたり、自分に向いてない仕事を我慢して続けたりした場合、ストレスを溜め込み精神的に限界を迎えることがあります。

メンタルが壊れることで、休職期間が長くなったり仕事に復帰できなくなったりする可能性もあります。

自分の気持ちに正直になり、我慢しすぎるくらいなら、短期離職でパッと辞めた方が良いです。

ストレスを溜め込むくらいなら、さっさと辞めて次の仕事を探す方が良い!

短期離職でもなんとかなる理由
人生はいつからでも挽回できるから

最後に精神論ですが、結局、人生はいつからでも挽回できます。

40代や50代で短期離職が続いてしまった場合でも、挽回できない訳ではありません。

諦めずに行動し続けることが、人生挽回するために必要なアクションです。

とは言え「お金が無くて生活を維持できない…」や「短期離職が続きすぎて諦めかけている…」という人は『退職コンシェルジュ』に相談してみましょう。

本来受け取るべき社会保険給付金を最大限受け取ることができます。

利用者の多くが「こんなにお金が貰えるとは思っていなかった」という驚きの声を投稿していました。

生活資金に困っているなら退職コンシェルジュへ

退職コンシェルジュ

Click here

<退職後の不安を解消!>
退職コンシェルジュ公式サイトへ ▶︎

短期離職で「人生終わり」と言われる3つの理由は?

短期離職で人生終わりと言われる理由

短期離職は「人生終わり」と言われるほど揶揄されますが、なぜでしょうか。

理由を3つに分解して解説します。

人生終わりと言われる3つの理由

・「すぐ辞める人」とレッテルを貼られるから
・経歴に傷が付くから
・短期離職の過去は消せないから

それぞれを詳しく見ていきます。

短期離職で人生終わりと言われる理由
「すぐ辞める人」とレッテルを貼られるから

結論、「すぐ辞める人」というレッテルを貼られるからです。

企業の採用担当者は、職歴でしか求職者を判断できないからです。

具体例を交えて説明します。

例えば、ある人が新しい職場に入社しました。

最初は意気揚々と仕事に取り組んでいましたが、数週間後には職場の雰囲気や仕事内容に不満を感じるようになりました。

彼は上司や同僚とのコミュニケーションが上手くいかず、自分の意見やアイデアが受け入れられない状況に嫌気がさしてしまいました。

その結果、彼は数ヶ月も経たないうちに辞表を提出し、短期間で退職してしまいました。


この短期離職によって、彼は「すぐ辞める人」というレッテルを貼られてしまいます。

彼の周囲の人たちは、彼の行動を見て「またすぐに辞めるのではないか」「この人は仕事に真剣に取り組めないのではないか」という先入観を持つようになります。

結局、すぐ辞めた人は「またすぐ辞めるんじゃない?」と思われてしまうんですね

具体例からわかるように、短期離職は「すぐ辞める人」というレッテルを貼られる原因になってしまいます。

短期離職で人生終わりと言われる理由
経歴に傷が付くから

「短期離職」は、経歴に傷がつきます。

例えば、早慶やGMARCH以上の学歴出身者でも、新卒入社した会社を3ヶ月で辞めていれば、転職活動でマイナスなイメージを持たれてしまうことは間違いありません。

採用企業の担当者の多くは、減点方式で候補者の経歴を見てしまうからです。

短期離職が経歴に傷をつけることは、残念ながら間違いありません…

また「入社から1年で転職」までは、企業側から理解されるケースが多いです。

しかし、「入社1年以内の転職」は、正直風当たりが強いです。

転職エージェントをしている私が、日々リアルに感じている企業側のぶっちゃけ本音を以下にまとめてみました。

<短期離職者への企業側の印象>

・入社から3年:全然普通、職歴は気にならない
・入社から1年:ちょっと早い転職かな。理由を知りたい
・入社から半年:早い転職だね。理由は?
・入社から3ヶ月:だいぶ早いね。何があった?
・入社から1ヶ月:大丈夫?
・入社から1週間:え、本当に?

結論、1年以上勤務している人であれば「企業側からネガティブイメージを持たれる」ことは少なくなります。

短期離職で人生終わりと言われる理由
短期離職の過去は消せないから

当然ですが、短期離職の過去を消すことはできません。

3ヶ月の短期離職があれば、その後に5年続けて働いていたとしても「短期離職を一度した」という事実は変わりません。

まるで犯罪者並みです….

面接時に詳細理由を説明する機会はありますが、そもそも書類選考に通過しない可能性もあります。

短期離職をしたことがない人に比べて、一度でも短期離職をした人は、転職の難易度が上がってしまうことは事実です。

短期離職の過去は消せないので、転職難易度が上がってしまうことは間違いないです…!

以上、短期離職をしてしまうと「人生終わり」と言われる理由を3つ紹介してきました。

人生終わりと言われる理由

・「すぐ辞める人」とレッテルを貼られるから
・経歴に傷が付くから
・短期離職の過去は消せないから

そもそも『短期離職』とは?

そもそも短期離職とは?

そもそも短期離職ってなんなの?

私の場合、短期離職?

そもそも「短期離職」に関する定義や、短期離職に関連するデータを紐解いていきます。

自分の経歴は、短期離職になるの?」という疑問にズバリお答えしていきます。

短期離職の定義は?

短期離職とは、
仕事を始めてから「3年未満」に辞めてしまうことを指します。

もしかしたら、周りで短期離職を経験した人を見かけたことがあるかもしれませんよね。

筆者は1年半で転職したので立派な「短期離職」ということですが。

一般的には「3年以内」が短期離職だと認識されています!

短期離職は、若い世代でよく見られる傾向です。

20代や30代は、自己成長やキャリアの構築に焦りを感じることが多いからです。
(私も、新卒入社した会社では、正直焦りを感じていました)

実は、新卒3年以内で転職する人は3割以上

新卒で入社した会社を何年で辞めましたか?
PR TIMES より引用

実際、2019年の調査では、
「44%の社会人が3年以内に辞めた経験」を持っていました。

半数近い人が「3年以内」の離職経験を持っているんだね!

厚生労働省の正式発表では、以下のような推移でした。

卒業後3年以内の離職率推移
厚生労働省より引用

統計的に見ても約3割近くは、入社から3年以内に離職してるんだね…

短期離職からでも、なんとかする具体的な対策は?

短期離職からでもなんとかする対策

短期離職からでも、なんとか挽回する具体的な対策方法を紹介していきます。

「短期離職」という過去は消せないので、今からでも可能な対策を実行していきましょう。

「短期離職」の経歴は変更できないので、今からの対策に力を入れましょう!

短期離職から挽回する対策は?

・離職期間を短くする
・経験やスキルが活かせる求人に応募する
・大手や高収入に惑わされない
・中小企業も視野に入れる
・各社ごとに面接対策を行う

それぞれを詳しく見ていきます。

短期離職から挽回する対策方法
離職期間を短くする

短期離職から挽回する最初の方法は「離職期間を短くする」です。

もし既に退職してしまっている人であれば、1日でも早く転職活動を進めましょう。

離職期間が長くなれば、履歴書上の空白期間が目立つようになります。

採用企業側は「離職期間が長い人」を特に嫌う傾向があります。

特に、日本社会は離職期間を嫌う人が多い傾向にあるよね…

実際、離職期間を「プー太郎」や「ニート」と言って揶揄する人が多いですからね。

なので、短期離職をした人の最初のステップは、すぐにでも転職活動を始めることです。

離職期間を少しでも短くすることで、より次の転職先を見つけやすくなります。

離職期間が半年や1年を越してくれば、印象が悪くなりますので注意しましょう!

スピード転職に定評のある転職エージェントは「アゲルキャリア」です。

最短1週間で内定獲得実績があります。

スピード内定に定評のあるアゲルキャリア

アゲルキャリア

Click here

<第二新卒・既卒向けエージェント!>
アゲルキャリアの公式サイトへ ▶︎

短期離職から挽回する対策方法
経験やスキルが活かせる求人に応募する

転職活動の基本ですが、転職は自分という人材を売り込むことが大切です。

全くの未経験求人に応募するのも良いですが、これまでの経験やスキルが活かせる求人に応募したほうが可能性が高くなります。

「軸ずらし転職」という言葉も有名ですよね。

「軸ずらし転職」は、業界×職種のどちらかをずらして転職活動をすることです!

転職を繰り返して年収アップを成功させた「motoさん」の著者「転職と副業のかけ算」でも詳しく記載されています。

created by Rinker
¥1,386 (2024/02/24 14:01:39時点 Amazon調べ-詳細)

<軸ずらし転職の考え方>

・年収は「業界」と「職種」でほぼ決まる
・年収を上げるには「業界」を変えるのがオススメ
・経験やスキルが活かせる求人に挑戦する

短期離職から挽回する際にも「軸ずらし転職」は有効です。

短期離職から挽回する対策方法
大手や高収入に惑わされない

転職活動をすれば、誰だって有名企業や高年収な求人に目が移りがちです。

しかし短期離職から挽回するには、大手企業や高年収求人は、逆に避けるべき求人とも言えます。

理由は簡単で、単純に選考ハードルが高いからです。

第二新卒枠だとしても、3年大手企業で経験を積んできている人と6ヶ月勤務の短期離職者を比べたら、前者が優先されます。

よほど経験やスキルが合致していれば話は別ですが、大手有名企業の椅子取りゲームは過酷なのです。

「短期離職」というビハインドがある状態では、時間を無駄にするだけの可能性すらあります。

大手有名企業の求人はそもそも選考ハードルが高いです

惑わされずに自分の転職軸に合致した求人を選びましょう

また、極端に年収が高い求人も要注意です。

平均給与から年収が極端に上振れている求人の場合、以下のような状態が想定できます。

<極端に年収が高い求人の実態>

・短期間で大量に人が辞める職場
・過酷な肉体労働がある職場
・みなし残業代が含まれている
・精神的負荷の高い仕事

総じて「ブラック企業」と呼ばれる求人の可能性が高いので注意しておきましょう。

短期離職から挽回する対策方法
中小企業も視野に入れる

短期離職から挽回するには「中小企業」を狙うという方法も戦略の一つです。

日本の99%以上は中小企業であり、中小企業の中でもホワイト企業はたくさん存在します。

会社の知名度はないが、従業員には超優しい安定企業も存在します。

「この会社、ぜんぜん知らないな」と思っても、まずは応募してみることが大事です。

<中小企業を狙うメリット>

・実はホワイト企業がかなり多い
・応募数が少ないので選考ハードルが低い
・従業員に超優しい企業が多い
・人が少ないので風通しが良い
・規模が小さいので裁量権が大きい

などなど

大企業だけで働くことが全てではありません。

短期離職者こそ、中小企業を意図的に狙う転職方法でも良いと思います。

ホワイト中小企業を狙うなら「リクナビNEXT」が1番オススメです。

圧倒的な求人企業数があり、ユーザーが求人を検索しやすいように設計されています。

自分が優先したい条件や項目を入力することで、ドンピシャな求人を見つけることができます。

▶︎リクナビNEXTで求人を探す

短期離職から挽回する対策方法
各社ごとに面接対策を行う

短期離職者にとって「面接」は絶好の機会です。

論理的・納得感の高い転職理由を企業側に直接伝えることができるからです。

総じて、短期離職の場合、書類通過率が低くなることが想定されますので、面接の前にしっかりと準備・対策をする必要があります。

面接準備の有無は、話せばすぐにバレます。

最低限、以下のような項目は確認しておきましょう。

<面接前に必ず準備しておきたい内容>

・企業のHPに目を通す
・採用背景を確認する

・転職軸を言語化する
・企業が欲しがっている人物像を想像する
・転職理由をネガティブからポジティブに変換する

短期離職した人こそ「面接対策」に力を入れるべき!

最低でも1社15分程度はリサーチしましょう!

1人でリサーチしたり面接対策したりするのが難しいと感じる人は、転職エージェントを利用しましょう。

担当エージェントに面接対策を申し込めば、各社ごとに面接対策をしてもらえます。

転職エージェントには、どんどん面接対策を依頼しましょう!

迷っている人は「リクルートエージェント」ならハズれません

以上ここまで、短期離職から挽回する5つの対策を紹介しました。

短期離職から挽回する対策は?

・離職期間を短くする
・経験やスキルが活かせる求人に応募する
・大手や高収入に惑わされない
・中小企業も視野に入れる
・各社ごとに面接対策を行う

短期離職から挽回するためのメンタルとは?

短期離職から挽回するためのメンタル

短期離職をしてしまった人は「人生終わった」や「負け組へ転落」などと言われることもあります。

中には、短期離職のショックから、メンタル崩壊してしまい立ち直れなくなった人もいます。

短期離職から挽回した人を参考にしながら、短期離職者がメンタルを維持する方法を紹介していきます。

「短期離職」の経歴は変更できないので、今からの対策に力を入れましょう!

短期離職者がメンタル維持する方法

・短期離職した過去を悔やまない
・周囲と比較せず、自分のキャリアを見つめる
・仕事以外のことを考える時間を作る

それぞれを詳しく見ていきます。

短期離職者がメンタル維持する方法
短期離職した過去を悔やまない

短期離職した過去は消せません。

メンタル崩壊しないためには、自分の決断に自身を持つことが大切です。

短期離職を後から悔やんでも、事実は一切変わりません。

過去を悔やんでも事実は変わらないので、ポジティブに変換しましょう!

短期離職者がメンタル維持する方法
周囲と比較せず、自分のキャリアを見つめる

短期離職した人は、どうしても周囲の他人と比べがちです。

前職の同僚や後輩、大学の同期、地元の友人などなど。

年収や会社知名度、規模で比べたところで、何も状況は進展しません。

過去を悔やんだり周囲と比べたりした所で、何も生まれないので無意味な比較はやめておきましょうね。

短期離職から挽回している人の多くは、実直に自分自身のキャリアに向き合っている人です。

1人で向き合うのが難しい人は、キャリアコーチングに相談するのもアリです。

初回相談無料なので、費用をかけずにプロに相談することができますよ。

無料でプロに相談できるサービス

自分自身のキャリアに向き合いたい人は、キャリアコーチングがオススメです。

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

短期離職者がメンタル維持する方法
仕事以外のことを考える時間を作る

メンタル崩壊しないためには、仕事以外のことを考える時間を半ば強制的に作ることも必要です。

1日中、ずっと仕事のことばかり考えていては、精神が参ってしまいます。

私も新卒入社した会社を転職する際は、短期での転職になるため、かなり悩みました。

2週間ほど考え続けた結果、かなり体調が悪くなった思い出があります。

短期離職で思い悩むことばかりせず、意識的に仕事以外のことを考える時間を作りましょう。

仕事以外のことを考える時間は、強制的に作るくらいが丁度良いです!

以上ここまで、短期離職者がメンタルを維持する3つの方法を紹介してきました。

短期離職者がメンタル維持する方法

・短期離職した過去を悔やまない
・周囲と比較せず、自分のキャリアを見つめる
・仕事以外のことを考える時間を作る

短期離職後に「自分に合った企業」を見つけるには?

自分に合った企業を見つけるには?

短期離職してしまった人」や「短期離職になりつつある人」に向けて『自分にあった企業の選び方』をご紹介します。

企業選びに失敗すれば、
短期離職を繰り返し「本当に人生が終了してしまう人」もいます。

企業選びに失敗しない方法を抑えていきましょう!

自分に合った企業を見つけるには?

① 自己分析で適正を知る
②”優秀な転職エージェント”を見つける
③ スカウト型の転職サイトを利用する

それぞれを詳しく見ていきましょう。

自分に合った企業を見つける方法
① 自己分析で適正を知る

まず「自分の適正を知る」ことが必要です。

結局、企業選びは相性なので、自分の適正を知らなければそもそも選びようがありません。

具体的には、以下のような項目で分析します。

<企業選びに使える自己適正とは?>

・職種の適正
・業界の適正
・働き方の適正
・企業規模の適正
・経営者の適正
・業務スタイルの適正
・組織風土の適正
などなど

大企業で安定していたい人もいれば、スタートアップで活躍したい人もいるよね

上記項目を知るために「ミイダス」や「VIEW」の無料診断を利用するのがオススメです。

3分でオススメのキャリアが見えるVIEW

アサイン「VIEW」

Click here

<たった3分で簡単診断!>
あなたの適正を診断してみる ▶︎

自分に最適な仕事が見つかるミイダス

ミイダス

Click here

< 無料で診断可能 >
ミイダスを詳しく見てみる ▶︎

自分に合った企業を見つける方法
②”優秀な転職エージェント”を見つける

転職で重要な点は、
「優秀な転職エージェントを見つけられるか」です。

正直、求人サイトで転職するのは、自分の人生をサイトに丸投げする感覚があり、あまりオススメしません。

やっぱり最後は「人」です。

ちなみに、私なりの優秀な転職エージェントの特徴は、以下のような人です。

<優秀な転職エージェントの特徴>

・初回相談で履歴書を読み込んでくる
・大量の求人提案をしない
・話を最後まで聞く姿勢がある
・経歴に対して「次のキャリアを提案」してくれる
・人間的に魅力が多い
・面談時間に遅れない
・メールや電話の頻度が適切
・業界知識が豊富でトレンドを抑えている
・求人企業の採用背景や面接官の特徴を把握している
・求人企業社長や経営陣との繋がりがある


などなど

優秀な転職エージェントは、
「あなたが気づいていないあなたの強み」を引き出すことができます。

特に優秀なエージェントが多いと評判高いのが「アサイン」です。

私も利用しましたが、キャリアアドバイザーの質がものすごく高いので感動します。

▶︎アサインの公式サイトへ

Click here

<若手ハイキャリアに特化>
アサインを詳しく見てみる ▶︎

自分に合った企業を見つける方法
③ スカウト型の転職サイトを利用する

最後に「スカウト型サイト」を利用するのもオススメです。

現職で忙しい人は、転職活動に専念する時間があまりない人も多いでしょう。

スカウト型サイトを利用すると、何もしなくても待っていればOKです。

優良求人のスカウトが届きます。

私も利用している有料級のスカウトサイトを紹介します!

年収アップを狙えるビズリーチ

ビズリーチ

Click here

<優秀なヘッドハンターに出会える>
ビズリーチを詳しく見てみる ▶︎

若手向け求人が多いAMBI

AMBI

Click here

<若手向け求人が豊富>
AMBI(アンビ) を詳しく見てみる ▶︎

まとめ:結論、短期離職でもなんとかなる!

短期離職でもなんとかなる

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、短期離職経験者の声を集めながら、短期離職から挽回する具体的な方法やメンタルまで紹介してきました。

短期離職は世間一般的に良くないイメージを持たれますが、諦めずに行動したり自身のキャリアに向き合ったりすることで、確実に挽回できることが理解できたはずです!

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終了とします。

本記事の要点まとめ

・短期離職でも諦めない限り道は拓ける
・労働人口が減少していて求人は多い
・短期離職より我慢して続ける方が良くない
・短期離職の傷が消えないことは事実
・転職活動では中小企業が狙い目

短期離職者こそ戦略的な転職活動が必要です!

大手ばかり受けるのではなく、エージェントも利用しながら確実に転職を成功させましょう!

短期離職にオススメの転職エージェント

合わせて読みたい

短期離職に関連した記事をまとめました。

【解決】20代で2回目の短期離職をした人の末路は?

【解決】20代で2回目の短期離職をした人の末路は?何回までセーフ?解決策まで徹底解説!

【悲報】向いてない仕事を続けた結果が悲惨…

【悲報】向いてない仕事を続けた結果が悲惨…20代・30代の時間は二度と戻ってこない

【20代で転職3回目】転職3回目の採用事情を徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA