はじめに ▶︎

短期離職は人生終わり?短期離職を繰り返した人の末路や可能性を解説

短期離職したら「人生終わり」ですか?

2年で4回転職してますけど…

本ページにたどり着いた人は、
・短期離職して人生終わりだと感じている…
・短期離職を繰り返した人の末路は?
・短期離職は具体的に何ヶ月から?

という疑問や悩みをお持ちのことでしょう。

結論、一般的には「短期離職=3年未満で転職した人」と定義されていますが、人生が終わりではなくホワイト企業に転職できる人も大勢います

しかし「私の場合、人生終わりかも…?」や「短期離職を繰り返した先の末路は?」という人も多いはずです。

そこで本ページでは、短期離職が「人生終わり」と言われる理由から年代別の対策、短期離職を繰り返した人の末路までバシッと解説していきます。

記事の要点まとめ

・短期離職は、入社から3年以内の転職と定義されている
・新卒3年以内で転職する人は3割以上
・短期離職者は「すぐ辞める」と思われる
・在職中に転職活動をするのがオススメ
・優秀な転職エージェントやスカウト型サイトの利用が良い

短期離職が人生終わりと言われるのは必ずしも正しくないです!

短期離職を繰り返した人の経験談も一緒に紹介します

短期離職を繰り返した人へ
おすすめの転職エージェント

目次

短期離職しても人生終わりにはならない理由は?

短期離職でも人生終わりにならない理由は?

早速朗報ですが、「短期離職」をしても、人生終わりになることはありません。

短期離職をしただけで「人生終わり」になるケースは少ないです

短期離職でも人生終わりにならない理由は4つあります。

短期離職で人生終わりにならない理由

・求人はいくらでもあるから
・全体的に人手不足だから
・失業保険を貰えるから
・最悪、アルバイトで食いつなげるから

それぞれを詳しく見ていきましょう。

人生終わりにならない理由
求人はいくらでもあるから

短期離職しても人生終わりにならない最大の理由は、「求人はいくらでも存在するから」です。

そもそも「人生終わり」とは、どんな状態でしょうか?

・「無職」に陥ってしまった時でしょうか?
・生活保護を受給しなければならなくなった時?
・明日のご飯を買うお金がない時?

色々考えられますが、「仕事が無くなって無職になってしまった時」と仮定します。

短期離職をしても、次の転職先となる求人は、いくらでもありますので全く問題ではないと言えます。

求人はいくらでもあるので、転職先に困る方が稀です

日本国内には『367万4,000社』も存在しているんです。

その中のたった1社を短期離職してしまったら、全ての会社から断られるなんてことはあり得ませんよね。

実際、日本の有効求人倍率は「1.31倍(2024年)」でした。

全国の有効求人倍率の推移は?

有効求人倍率とは、高い方が「人手不足」であり、低ければ「失業者が増える」と理解しておきましょう。

上に示した画像では、リーマンショック時(2009年)は「0.45%」まで落ち込んでいます。

失業者が増えていた実態を現していますね。

しかし、現在は「1.31倍」です。

つまり、求人の数が多いので、仕事を見つけやすい状態が続いています。

選ばなければ求人数はたくさんありますよね

人生終わりにならない理由
全体的に人手不足だから

2点目は、全体的な人手不足が理由です。

日本の労働人口減少の話は、皆さんもご存知の通りです。

労働者は減り続けています。

少子化ですね。

日本の生産年齢人口の減少
総務省「人口統計」より引用

そもそも働ける生産年齢人口が減少しているので、どこの企業も「人手不足」に悩まされています。

採用する企業側の考えは、以下のように変化していきます。

企業側の考えの変化

・短期離職してる人なんて採用したくない!
⬇︎
・でも、そもそも応募数も少ない…
⬇︎
・応募数が少ないので短期離職者も検討しましょう
⬇︎
・短期離職者の中でも「優秀そうな人・ましな人」を採用しましょう

企業は優秀な人を採用したいですが、応募者がいないので採用要件を引き下げることになっています

もちろん「短期離職だからNG」という会社も存在します。

しかしそのような会社は、大手企業でスクリーニング要件を厳しくしても応募者が多い企業です。

一般的な企業は「応募数が少ない」「人がいない…」という深刻な悩みに直面しています。

採用企業側の状況を細かく見ていくと「短期離職したから人生終了」という状況ではないことが分かりますよね。

人生終わりにならない理由
失業保険を貰えるから

日本には「失業保険」というありがたい制度があります。

失業してしまった場合、一定の条件を満たすことで「失業保険」を受け取ることができます。

失業保険の条件や受け取れる金額は細かいルールがありますが、「働いていたときの50%〜80%程度のお金」を受け取ることができます。

失業保険で覚えておきたいこと

・働いていた時の50%〜80%程度のお金が貰える
・最大、離職後1年間は貰える

⬇︎

例えば、月25万円の給料だと「12.5万円〜20万円」を1年間貰える、という形です。

失業保険である程度の生活費を賄うことができます

しかし、短期離職の場合、
入社後、すぐに辞めた場合でも失業保険を貰える?
という疑問がありますよね。

結論、『退職前2年間で雇用保険に通算12ヶ月以上加入している場合は貰える』です。

詳しい条件を記載します。

短期離職者が失業保険を貰える条件

・失業状態である(働いていない)
・退職前の2年間で雇用保険に通算12ヶ月以上加入
・ハローワークで求職活動を行うこと

なので例えば、新卒入社6ヶ月で短期離職してしまった人は、失業保険を貰うことはできません。

失業保険の仕組みは難しいですね…

参考までに、失業保険が貰えない状態の例を紹介します。

「失業保険」に関して、さらに詳しい内容(貰える条件・貰える金額、期間など)を知りたい人は、「退職コンシェルジュ」に相談してみましょう。

難しいことはプロに相談するのが手取り早いです。

失業保険を詳しく聞きたいなら退職コンシェルジュへ

退職コンシェルジュ

Click here

<失業保険のプロに相談する!>
退職コンシェルジュ公式サイトへ ▶︎

退職コンシェルジュの評判や口コミ、失業保険を最大28ヶ月貰える仕組みは、退職コンシェルジェの評判は?料金システムや注意点を解説で詳しくまとめています。

人生終わりにならない理由
最悪、アルバイトで食いつなげるから

短期離職をした所で、働き口が無くなる訳ではなく、最悪アルバイトで食い繋ぐこともできます。

アルバイトの募集は日本全国(余程の離島以外)どこでもやってますよね。

しかし、
社会人になってアルバイトしてるようでは、、、人生終わったも同然
と考えてしまう人もいますよね。

履歴書にアルバイト経験が増えると、転職活動で不利になりませんか…?

答えは「No」です。

履歴書への記載は、最終自己判断(アルバイトは3ヶ月以上は記載するのが一般的)ですし、アルバイトをしながらでも成功している人は沢山います。

短期離職したからと言って、落ち込むだけではなく前向きにポジティブに努力し続けることで、必ず道は開けます。

私の友人でも、アルバイトをしながら転職活動をしている人もいますし、アルバイトをしながら個人事業を掛け持ちしている人もいます。

「会社で働く」だけが全ての世の中ではありませんので、短期離職後アルバイト生活をしているからで「人生が終わり」という訳では全くありません。

最悪、アルバイトで食いつなげば、生活に困ることはほとんどありません

家族や子育てでアルバイトではお金が足りない、、、
という人は、「製造派遣」がおすすめです。

短期間で一気にまとまったお金を稼ぐことができますし、寮費無料や入社祝い金も出ますので、真面目に頑張れば確実に貯金できる環境があります。

製造派遣で仕事を探すなら、上場企業の「UTグループ」がおすすめですよ。

社員寮も綺麗ですし、何より規模が大きいので給料も高い傾向だからです。

以上ここまで、短期離職しても人生終わりにならない4つの理由を紹介してきました。

人生終わりにならない理由

・求人はいくらでもあるから
・全体的に人手不足だから
・失業保険も貰えるから
・最悪、アルバイトで食いつなげるから

短期離職が「人生終わり」と言われる理由は?

短期離職が人生終わりと言われる理由は?

ここまで、「短期離職は人生終わりにならない理由」を解説しました。

しかし、それでも「短期離職は人生終了?」や「短期離職したらブラック企業しか転職できない」と言われることがあるのも事実です。

短期離職した人が「人生終わりと言われる理由」を確認していきましょう。

短期離職で人生終わりと言われる理由

・転職活動が不利になると思われているから
・生涯賃金が減るから
・社会のレールから外れていると思うから
・「すぐ辞める人」と思われるから
・社会的信用を失いがちだから

短期離職をしてしまうと、転職活動で不利になってしまい、キャリア構築が難しくなると思われています…

それぞれを詳しく見ていきます。

短期離職で人生終わりと言われる理由
① 転職活動が不利になると思われているから

短期離職で人生終わりと言われる最大の理由は、転職活動で不利になってしまうからです。

一度でも短期離職をした経歴があると、企業の採用担当者から「またすぐに辞めるんじゃない…?」と思われてしまう事があります。

一度でも短期離職の経歴があると、不利になってしまうんですね…

転職活動で不利になってしまうと、以下のような現実に直面する羽目になります。

転職活動で不利になると…?

・書類選考に全く通過しない
・30社以上応募しても面接は1社だけ
・面接でも圧迫面接で短期離職を詰められる
・短期離職が理由で落とされる
・年収大幅ダウンの内定が提示される

などなど

書類選考でお見送りばっかりだったり、圧迫面接で短期離職を詰められたりすると、転職活動が嫌になってしまいそうですよね…。

実際、Xへの投稿でも実態が推測できます。

短期離職で全て書類落ち

短期離職者は、マイナスイメージから選考がスタートします…

短期離職で人生終わりと言われる理由
② 生涯賃金が減るから

短期離職をしてしまうと、「生涯賃金」が減ってしまうので、人生終わりと言われることがあります。

日本国内の労働・賃金市場は、まだまだ年功序列制が残っています。

簡単に言えば「同じ企業で長く働けば働くほど給料が上がる」という状態です。

逆に、転職を繰り返していけば、給料は伸び悩み、生涯賃金は減ってしまいます。

短期離職をすると、生涯賃金が減ってしまうんですね…

実際のデータを見ていきます。

30代大卒の転職回数別平均年収

30代大卒の転職回数別平均年収
経済産業省政策課題より引用

データから読み取れる内容

・転職無し(青色線)の平均年収は573万円
・転職1回(赤色線)の平均年収は511万円
・転職2回(緑色線)の平均年収は477万円
⬇︎
転職を繰り返すほど平均年収が下がっている

30代で大卒以上を対象にした調査結果では「転職を複数回繰り返すほど平均年収が下がる」という明確なデータが出ていました。

続いて、40代のデータも確認します。

40代大卒の転職回数別平均年収

40代大卒の転職回数別平均年収
経済産業省政策課題より引用

40代への調査結果でも同様に、転職回数が2回以上の人(緑色線)は、平均年収・年収の中央値共に低いことが分かりますね。

転職を繰り返せば繰り返すほど、年収が下がってしまい生涯賃金が低くなってしまうんですね…

短期離職で人生終わりと言われる理由
③ 社会のレールから外れていると思うから

「短期離職=社会のレールから外れる」という認識をする人も一定数います。

特に、転職が当たり前ではなかった昭和世代からの捉えられ方は、厳しいです。

私は、現役の転職エージェントとして、日々経営者や人事部長、採用担当者と会話しますが、年配の人ほど転職に対しての理解度が薄いです。

この人は、短期離職をしてるからダメだね」と、普通に言われます。

短期離職をした人の中には、「自分は社会のレールから外れてしまった」と自己認識をしてしまう人もいます。

「短期離職=社会のレールから外れた」と認識する人は一定数いる

短期離職で人生終わりと言われる理由
④ 「すぐ辞める人」と思われるから

短期離職の過去があると、企業から「すぐ辞める人」と思われるため、人生終わりと言われます。

面接官も人なので、認知バイアスが働きます。

経歴を色眼鏡を通して、求職者を判断する面接官が圧倒的に多いからです。
(99%が該当すると思っています)

例えば、新卒で入社し、短期間で退職した場合を考えてみましょう。

面接に臨んだ際、採用担当者は過去の経歴を確認します。

過去に短期間で離職していることが分かれば、面接官はまず不安を感じます。

面接官
面接官

どうせ、またすぐ辞めるんじゃない..?

すぐに辞めてしまう人を採用してしまうと、採用に掛けたお金や時間が無駄になってしまいます。

短期離職をしていると、「仕事に対するコミットメントが足りない」という印象を持ちがちです。

面接官も人なので、経歴を見ながら判断してしまいます

「短期離職=またすぐ辞める」
という印象を持ってしまうのは、仕方ありません

短期離職で人生終わりと言われる理由
⑤ 社会的信用を失いがちだから

短期離職で人生終わりと言われる理由として、「社会的信用を失ってしまうから」という理由もあります。

例えば、不動産や車のローンを組む時、短期離職をしている人は不利になるケースがあります。

金融機関やローン審査会社の中には「勤続年数が〇年以上」といった項目を設けている企業もあるからです。

短期離職が社会的信用に影響を与える時

・不動産や家のローン
・パートナーや家族からの目線
・ご近所さんや地域からの目線

など

「社会的信用」を失うと、日々の日常生活にも影響が出てしまいます。

不動産ローンが組めなかったり、周囲から冷ややかな目で見られたりするので、「短期離職は人生終わった」と言われてしまいます。

以上ここまで、短期離職で人生終わりと言われる5つの理由をまとめました。

短期離職で人生終わりと言われる理由

・転職活動が不利になると思われているから
・生涯賃金が減るから
・社会のレールから外れていると思うから
・「すぐ辞める人」と思われるから
・社会的信用を失いがちだから

そもそも「短期離職」とは?定義は?

そもそも短期離職とは?

そもそも短期離職の定義は?

私の場合、短期離職?

まずは「短期離職」に関する定義や、短期離職に関連するデータを紐解いていきます。

自分の経歴だと、短期離職になるの?

という疑問にズバリお答えしていきます。

短期離職の定義は?

短期離職とは、
仕事を始めてから「3年未満」に辞めてしまうことを指します。

もしかしたら、周りで短期離職を経験した人を見かけたことがあるかもしれませんよね。

もれなく、筆者は1年半で転職したので立派な「短期離職」ということですね。

一般的には「3年以内」が短期離職だと認識されています!

短期離職は、若い世代でよく見られる傾向です。

20代や30代は、自己成長やキャリアの構築に焦りを感じることが多いからです。
(私も、新卒入社した会社では、正直焦りを感じていました)

新卒3年以内で転職する人は3割以上

新卒で入社した会社を何年で辞めましたか?
PR TIMES より引用

実際、2019年の調査では、
「44%の社会人が3年以内に辞めた経験」を持っていました。

半数近い人が「3年以内」の離職経験を持っているんだね!

厚生労働省の正式発表では、以下のような推移でした。

卒業後3年以内の離職率推移
厚生労働省より引用

統計的に見ても約3割近くは、入社から3年以内に離職してるんだね…

“短期離職”という概念があるのは日本だけ?

「短期離職」という概念は海外にはあまり存在しません。

なぜなら、経歴よりも「経験やスキル、何ができるか」という部分に注目して採用活動を行っているからです。

海外は、短期で離職するのはぜんぜん普通

むしろ転職しない人の方が珍しい!

海外の方が、圧倒的に転職しますし、転職で給料を一気に引き上げている印象があります。

短期離職で本当に人生終わりになるケースは?

短期離職で本当に人生終わりになるケースは?

短期離職しても人生終了にはならない事をお伝えしましたが、本当に人生終わりになってしまうケースも存在します。

短期離職=転職活動で不利になる」は間違いありませんので、最悪のケースを確認していきます。

高学歴な人でも、短期離職が原因で人生転落している人を沢山見てきました…

短期離職で本当に人生終わるケース

・短期離職を何回も繰り返してしまう
・短期離職の理由を他責にしてしまう
・短期離職後の無職期間が長い

それぞれの状況を詳しく見ていきましょう。

短期離職で本当に人生終わるケース
① 短期離職を何回も繰り返してしまう

1度の短期離職は、全く問題にならないことが多いですが、2回・3回・4回と繰り返すことで、本当に人生終わりになるリスクが増えます。

X(旧ツイッター)には、「複数回の短期離職で人生終了コースに入っている」という悲惨な投稿も確認できました。

短期離職で人生終了ルートに入っている

短期離職を何回も繰り返してしまった人は、採用担当者からの目線もかなり厳しいです。

また年代によって、捉えられ方が変わるのも事実です。

20代の若い内で、複数回の短期離職をしていてもまだ大丈夫ですが、40代や50代以降になれば、厳しい見られ方をします。

20代の短期離職の場合

20代で短期離職を繰り返した場合、人生への影響度はまだ小さい方です。

20代は「第二新卒枠」もありますので、短期離職をしていても比較的内定を獲得しやすいです。

残りの人生で働ける時間が長いので、その分挽回できると捉えることができます。

20代で短期離職を繰り返しても、30代以降に挽回できます

但し、複数回の短期離職は避ける方が得策です

20代で複数回短期離職をした人に向けて、短期離職をした人の末路は?何回までセーフ?転職成功のコツを解説で詳しくまとめています。

30代の短期離職の場合

30代で短期離職を繰り返した場合、20代に比べて影響度は大きいです。

30代以降の短期離職は、生涯キャリアへの影響も大きいので、今悩んでいる状態から安易に転職を繰り返すべきではありません。

「自己分析」や「キャリアの棚卸し」を行い、これからの自分自身のキャリアを戦略的に考え直す必要があります。

30代以降に短期離職や転職を繰り返している人は、よほど優れた経験や特殊スキルがないと年収アップが難しいからです。

30代の短期離職は黄色信号だと思った方がよいですね…

転職エージェントや転職サイトで闇雲に応募した所で、内定が取れる求人しか紹介されません。

「現状を変えたい」や「本気でキャリアを考え直したい」という人は、”ポジウィルキャリアマジキャリの無料カウンセリングを受けてみてください。

私も実際に受けましたが、キャリアのモヤモヤが払拭されて転職活動がスムーズに進みましたよ。

30代向けの短期離職への対策は、30代で短期離職はヤバい?転職回数4回以上から人生挽回する方法を紹介で詳しくまとめています。

40代以降の短期離職の場合

40代以降で短期離職を繰り返している場合、転職難易度が大幅に上がるので、なかなか安定した就職先を見つけることができません。

40代や50代で短期離職をしてしまった人は、短期離職の理由を他責にせず、年収も高望みはできません。

家族や老後のことも考えながら、できるだけ安定した仕事に就かなければいけません。

40代以降で短期離職を繰り返している場合、かなり転職が難しくなります….

40代以降の再就職を有利に進めるコツは、40代・50代で短期離職を繰り返すとヤバい?で詳しく解説しています。

短期離職で本当に人生終わるケース
② 短期離職の理由を他責にしてしまう

「上司だクソだった」や「会社がブラックだった」と、短期離職の理由を他責にしてしまうのは、要注意です。

短期離職の理由を他責にしてしまうと、自分自身の成長が一切無くなるからです。

他責理由でも就職先を見つけることはできますが、結局、短期離職を繰り返してしまったり、自分に嘘を付きながら働き続けたりする状況に陥ります。

短期離職の理由は、、会社や上司、経営陣が理由である事も当然考えられますが、全て他責理由で片付けてしまうのは良くありません。

自分自身にも非があったのではないか?と素直に反省して、改善点を見つける動きも大切だからです。

他責理由ばかり並べている人は、面接での評価も悪いですよね…

退職理由は「他責」にするのではなく、自分にも非があった事を認めるようにしましょう。

例えば、以下のような例ですね。

前回の転職活動時は、年収を上げたいがために、求人票の上限給与が高い企業ばかり受けていました。

結果的に内定は貰えたのですが、実際に入社してみると想定していた給与よりもかなり低い給与でした。

理由としては、想定年収だけに注目していており、月給と賞与のバランスまで考えきれていませんでした。入社した会社は賞与が大きく月給が少なかったです。

振り返って考えると、もっと事前にリサーチをして、腹落ちした会社に転職するべきでした。

また、3ヶ月という短い期間で判断するのではなく、まずは会社に貢献できるように努力するべきだったと感じています。

いかがでしょうか。

「転職活動時のリサーチ不足」である点と、「短い期間で判断してしまった」という点を、しっかり反省していると伝えることができていますね。

他責理由だけだと、前職に対する不満ばかり並べてしまい、面接官への印象を下げるだけです。

短期離職で本当に人生終わるケース
③ 短期離職後の無職期間が長い

短期離職した後の無職期間が長いと、本当に人生終わる可能性が高まります。

特に、日本社会は離職期間を嫌う人が多い傾向にあるよね…

実際、離職期間を「プー太郎」や「ニート」と言って揶揄する人が多いですからね。

離職期間の目安も提示しておきますね。

離職期間の目安

・1ヶ月:ぜんぜん許容範囲
・3ヶ月:面接時に聞かれる程度
・6ヶ月:理由付けが必要なレベル
・1年:事情を深く聞かれる
・3年:面接官から心配される
・5年以上:大丈夫?という反応になる

目安としては、3ヶ月以内に次の就職先を見つけなければ、いよいよヤバくなる時期だと思った方が良いでしょう。

以上ここまで、短期離職で本当に人生終わるになるケースを3つ解説しました。

短期離職で本当に人生終わるケース

・短期離職を何回も繰り返してしまう
・短期離職の理由を他責にしてしまう
・短期離職後の無職期間が長い

短期離職から人生終わりを防ぐ方法は?転職活動のコツは?

短期離職で人生終わりにならないための方法は?

続いて、短期離職で「人生終わり」や「人生詰んだ」という状態を防ぐ方法を紹介していきます。

短期離職から人生終わりを防ぐ方法

① 在職中に転職活動をする
② 離職期間を短くする
③ 経験やスキルが活かせる求人に応募する
④ 大手や高年収に惑わされない
⑤ 中小企業も視野に入れる
⑥ 各社ごとに面接対策を行う
⑦ 転職理由に「一貫性」を出す

それぞれを詳しく見ていきます。

短期離職から人生終わりを防ぐ方法
① 在職中に転職活動をする

まず「在職中に転職活動を行うこと」です。

絶対に、転職先が決まらずに退職するのはNGです。

理由は大きく3つあります。

逆に、在職中に転職活動を行えばメリットがたくさんあります。

例えば、給与の落ち込みや生活費用の心配を減らすことができますよね。

現在の仕事に不満を感じている場合でも、経験を積みながら新しい職場を見つけることができます。

在職中に積極的に情報を収集し、自分に合った魅力的な仕事を見つけることが可能です。

転職先が決まるまでは、何がなんでも勤務しなければいけないレベルです

短期離職から人生終わりを防ぐ方法
② 離職期間を短くする

離職期間を作らないことで、経済的な安定を保つことができます。

キャリアにおける連続性を保つことができるのも良い点です。

離職期間が長くなると、履歴書や職務経歴書において空白期間が目立つ可能性があります。

結果的に、将来の転職やキャリアアップにおいてデメリットになる可能性があります。

キャリアの断絶を防ぎ、自己の成長やスキルの継続的な発展につなげることが重要なのです。

人事や採用担当者は「離職期間」を特に嫌う人が多いよね

転職先を決めてから転職するようにしましょう!

離職期間が半年や1年を越してくれば、印象が悪くなりますので注意しましょう!

スピード転職に定評のある転職エージェントは「アゲルキャリア」です。

最短1週間で内定獲得実績があります。

スピード内定に定評のあるアゲルキャリア

アゲルキャリア

Click here

<第二新卒・既卒向けエージェント!>
アゲルキャリアの公式サイトへ ▶︎

短期離職から人生終わりを防ぐ方法
③ 経験やスキルが活かせる求人に応募する

転職活動の基本ですが、転職は自分という人材を売り込むことが大切です。

全くの未経験求人に応募するのも良いですが、これまでの経験やスキルが活かせる求人に応募したほうが可能性が高くなります。

「軸ずらし転職」という言葉も有名ですよね。

「軸ずらし転職」は、業界 × 職種のどちらかをずらして転職活動をすることです!

転職を繰り返して年収アップを成功させた「motoさん」の著者「転職と副業のかけ算」でも詳しく記載されています。

created by Rinker
¥1,386 (2024/07/25 14:14:31時点 Amazon調べ-詳細)

軸ずらし転職の考え方

・年収は「業界」と「職種」でほぼ決まる
・年収を上げるには「業界」を変えるのがオススメ
・経験やスキルが活かせる求人に挑戦する

短期離職から挽回する際にも「軸ずらし転職」は有効です。

短期離職から人生終わりを防ぐ方法
④ 大手や高年収に惑わされない

転職活動をすれば、誰だって有名企業や高年収な求人に目が移りがちです。

しかし短期離職から挽回するには、大手企業や高年収求人は、逆に避けるべき求人とも言えます。

理由は簡単で、単純に選考ハードルが高いからです。

例えば、3年大手企業で経験を積んできている人と6ヶ月勤務の短期離職者を比べたら、前者が優先されます。

よほど経験やスキルが合致していれば話は別ですが、大手有名企業の椅子取りゲームは過酷なのです。

「短期離職」というビハインドがある状態では、時間を無駄にするだけの可能性すらあります。

大手有名企業の求人はそもそも選考ハードルが高いです

惑わされずに自分の転職軸に合致した求人を選びましょう

また、極端に年収が高い求人も要注意です。

平均給与から年収が極端に上振れている求人の場合、以下のような状態が想定できます。

極端に年収が高い求人の実態

・短期間で大量に人が辞める職場
・過酷な肉体労働がある職場
・みなし残業代が含まれている
・精神的負荷の高い仕事

総じて「ブラック企業」と呼ばれる求人の可能性が高いので注意しておきましょう。

短期離職から人生終わりを防ぐ方法
⑤ 中小企業も視野に入れる

短期離職から挽回するには「中小企業」を狙うという方法も戦略の一つです。

日本の99%以上は中小企業であり、中小企業の中でもホワイト企業はたくさん存在します。

会社の知名度はないが、従業員には超優しい安定企業も存在します。

「この会社、ぜんぜん知らないな」と思っても、まずは応募してみることが大事です。

中小企業を狙うメリット

・実はホワイト企業がかなり多い
・応募数が少ないので選考ハードルが低い
・従業員に超優しい企業が多い
・人が少ないので風通しが良い
・規模が小さいので裁量権が大きい

などなど

大企業だけで働くことが全てではありません。

短期離職者こそ、中小企業を意図的に狙う転職方法でも良いと思います。

ホワイト中小企業を狙うなら「リクナビNEXT」が1番オススメです。

圧倒的な求人企業数があり、ユーザーが求人を検索しやすいように設計されています。

自分が優先したい条件や項目を入力することで、ドンピシャな求人を見つけることができます。

▶︎リクナビNEXTで求人を探す

短期離職から人生終わりを防ぐ方法
⑥ 各社ごとに面接対策を行う

短期離職者にとって「面接」は絶好の機会です。

論理的・納得感の高い転職理由を企業側に直接伝えることができるからです。

総じて、短期離職の場合、書類通過率が低くなることが想定されますので、面接の前にしっかりと準備・対策をする必要があります。

面接準備の有無は、話せばすぐにバレます。

最低限、以下のような項目は確認しておきましょう。

面接前に必ず準備しておきたい内容

・企業のHPに目を通す
・採用背景を確認する
・転職軸を言語化する
・企業が欲しがっている人物像を想像する
・転職理由をネガティブからポジティブに変換する

短期離職した人こそ「面接対策」に力を入れるべき!

最低でも1社15分程度はリサーチしましょう!

1人でリサーチしたり面接対策したりするのが難しいと感じる人は、転職エージェントを利用しましょう。

担当エージェントに面接対策を申し込めば、各社ごとに面接対策をしてもらえます。

転職エージェントには、どんどん面接対策を依頼しましょう!

迷っている人は「リクルートエージェントならハズれません

短期離職から人生終わりを防ぐ方法
⑦ 転職理由に「一貫性」を出す

転職理由に一貫性を持つことで、内定獲得がしやすくなります。

具体的に説明します。

まず前提として、短期間での転職歴がある人は採用担当者からネガティブに見られます。

短期離職があると、ネガティブに映ってしまう

しかし、転職理由に一貫性を持つことで、自身の意思や目標が明確であることをアピールすることができます。

例えば、前職では自分のスキルを活かせずに成長の機会を逃していたという一貫した理由を述べることで、将来に対する意欲や自己成長への取り組み姿勢を示すことができます。

特に、面接で転職理由を問われた際は、一貫性のある回答が求められます。

例えば、以下のような「一貫性のある転職理由」がオススメです。

オススメの一貫性のある転職理由

・お客様へコミットし続けたい
・業界や職種にこだわりたい
・貪欲に売上や利益を追い続けたい


などなど

ここまで、短期離職でも人生を終わりにしない方法をご紹介してきました。

短期離職後に”自分に合った企業”を見つけるには?

短期離職した後に自分に合致する企業を見つけるには?

続いて「短期離職してしまった人」や「短期離職になりつつある人」に向けて『自分にあった企業の選び方』をご紹介します。

企業選びに失敗すれば、短期離職を繰り返し「本当に人生が終了してしまう人」に近づいてしまいます。

企業選びに失敗しない方法を抑えていきましょう!

自分に合った企業を見つけるには?

① 自己分析で適正を知る
②”優秀な転職エージェント”を見つける
③ スカウト型の転職サイトを利用する

④ 短期離職が狙いやすい業界、職種に絞る

それぞれを詳しく見ていきましょう。

自分に合った企業を見つける方法
① 自己分析で適正を知る

まず「自分の適正を知る」ことが必要です。

結局、企業選びは相性なので、自分の適正を知らなければそもそも選びようがありません。

具体的には、以下のような項目で分析します。

企業選びに使える自己適正とは?

・職種の適正
・業界の適正
・働き方の適正
・企業規模の適正
・経営者の適正
・業務スタイルの適正
・組織風土の適正
などなど

大企業で安定していたい人もいれば、スタートアップで活躍したい人もいるよね

上記項目を知るために「ミイダス」や「VIEW」の無料診断を利用するのがオススメです。

3分でオススメのキャリアが見えるVIEW

アサインアプリ

Click here

<たった3分で簡単診断!>
あなたの適正を診断してみる ▶︎

自分に最適な仕事が見つかるミイダス

ミイダス

Click here

< 無料で診断可能 >
ミイダスを詳しく見てみる ▶︎

自分に合った企業を見つける方法
②”優秀な転職エージェント”を見つける

転職で重要な点は、
「優秀な転職エージェントを見つけられるか」です。

正直、求人サイトで転職するのは、自分の人生をサイトに丸投げする感覚があり、あまりオススメしません。

やっぱり最後は「人」です。

ちなみに、私なりの優秀な転職エージェントの特徴は、以下のような人です。

優秀な転職エージェントの特徴

・初回相談で履歴書を読み込んでくる
・大量の求人提案をしない
・話を最後まで聞く姿勢がある
・経歴に対して「次のキャリアを提案」してくれる
・人間的に魅力が多い
・面談時間に遅れない
・メールや電話の頻度が適切
・業界知識が豊富でトレンドを抑えている
・求人企業の採用背景や面接官の特徴を把握している
・求人企業社長や経営陣との繋がりがある


などなど

優秀な転職エージェントは、
「あなたが気づいていないあなたの強み」を引き出すことができます。

特に優秀なエージェントが多いと評判高いのが「アサイン」です。

私も利用しましたが、キャリアアドバイザーの質がものすごく高いので感動します。

▶︎アサインの公式サイトへ

アサイン

Click here

<若手ハイキャリアに特化>
アサインを詳しく見てみる ▶︎

自分に合った企業を見つける方法
③ スカウト型の転職サイトを利用する

最後に「スカウト型サイト」を利用するのもオススメです。

現職で忙しい人は、転職活動に専念する時間があまりない人も多いでしょう。

スカウト型サイトを利用すると、何もしなくても待っていればOKです。

優良求人のスカウトが届きます。

私も利用している有料級のスカウトサイトを紹介します!

年収アップを狙えるビズリーチ

ビズリーチ

Click here

<優秀なヘッドハンターに出会える>
ビズリーチを詳しく見てみる ▶︎

自分に合った企業を見つける方法
④ 短期離職が狙いやすい業界、職種に絞る

20代で2回目の短期離職をしてしまった人は、「短期離職が狙いやすい業界や職種」を狙って転職活動を進めるという方法もあります。

高学歴や大手企業での経験が求められる難易度の高い求人よりかは、経験やスキルが低くても採用される+楽で年収も高い求人に狙いを定めるのがオススメです。

狙いやすい業界や職種に絞って転職を進めるのもアリですね

例えば、おすすめの業界は以下の通りです。

短期離職した人が狙い目の業界

・IT業界
・Web業界
・人材業界
・コンサル業界
・食品業界

【ポイント】

① 短期離職を受け入れる環境があるか
② 短い期間で即戦力になれるかどうか
③ 右肩上がりの業界かどうか

短期離職した人が狙いやすい業界No.1は「IT業界」です。

また個人的には「人材業界」も狙い目です。

短期離職者でも年収を上げながら転職に成功しやすいからです。

例えば、IT業界を狙うのであれば「UZUZ」を利用すれば、成功確率が格段に上がります。

実際に利用した人の体験談もありますので、参考にしてみてください。

短期離職者が転職エージェントを使うメリットは?

短期離職者が転職エージェントを使うメリットは?

短期離職してしまった人は、「複数の転職エージェント」を使うことを推奨しています。

転職エージェントは担当者との相性や、求人とのマッチング状況が異なるので、複数使うのが転職活動の基本です。

特に短期離職者は、転職活動で不利になってしまうケースも多いので、選択肢は多いに越したことはありません。

短期離職者が転職エージェントを複数使うメリットを解説しますね

短期離職者向けのメリット

・寄り添ったアドバイスをしてもらえる
・求人の選択肢が増える
・担当者との相性リスクが緩和される
・年収交渉がしやすい

それぞれを詳しく解説しますね。

寄り添ったアドバイスをしてもらえる

短期離職した人に、採用企業の担当者は厳しいです。

が、転職エージェントは、求職者の味方です。

例えば、面接で聞かれる厳しい質問への理想の回答方法やコツを教えてくれますよ。

短期離職者転職エージェント使うメリット

・短期離職ならではの悩みを打ち明けられる
・短期離職者向けの回答例を教えてくれる
・短期離職者を受け入れている求人を紹介してもらえる
・業界選びや職種選びにもアドバイスしてくれる

などなど

短期離職をしてしまった人は、普通の経歴の人よりも、転職活動の悩みが多いはずです。

「短期離職はどう捉えられるだろうか…?」

「短期離職の理由の答え方は?」「短期離職の理由は履歴書に書くべき?」などなど。

転職のプロであるエージェントに相談することで、あなたの状況から最適な方法を提案してもらえます。

短期離職を繰り返している人だと「ハタラクティブ」がおすすめです。

求人の選択肢が増える

複数の転職エージェントを併用利用することで、求人選択の幅を広げることができます。

転職エージェントにも業界や職種ごとに強みがあります。

例えば、A転職エージェントにはない求人が、B転職エージェントに掲載されている、といった事も頻繁に起こります。

転職エージェントごとに登録されている求人は違うんですね…

求人選択の幅が広がれば、短期離職をした人にも選択肢が広がります。

色々な企業を見てから就職先を決めた方が、失敗する確率は低くなりますよ。

私の個人的なおすすめは「3つの転職エージェントを併用利用する」です。

この後説明する、担当者との相性問題や、エージェント側から見放されるリスクも考えて、3つは最低限利用しておきましょう。

転職エージェントも可能性が低い求職者だと判断すれば、積極的な求人紹介をしない可能性があります

ちなみに、3つの転職エージェントは、以下の中から選ぶとハズレが少ないです。

担当者との相性リスクが緩和される

転職エージェントを利用する際に気を付けなければいけないのは、「相性リスク」がある点です。

「人対人」でどうしても相性が悪いと、上手くすすまないこともあります。

転職エージェントも仕事で割り切って求人紹介をしてくるので、相性が悪い人が担当になってしまうと、最悪です。

積極的な求人提案が無かったり、選考結果のフィードバックがなかったりします。

ひどい時は、メールの返信すら来ない時だってあります…。

転職エージェントから全然返信がなく、見放されたと言う人も多いですよね…

なので、担当者との相性リスクも考えて、最低3つの転職エージェントと話を進めるのが良いでしょう。

年収交渉がしやすい

最後に、短期離職してしまったとは言え、年収は高い方が良いですよね?

年収交渉をする場合、転職エージェントを仲介する方が断然ラクで成功確率も上がります。

短期離職の場合、ただでさえ年収交渉の難易度が高いので、必ずエージェントを仲介するのがおすすめです

ちなみに、年収交渉に失敗した場合、希望額よりも低い年収で我慢して働き続けることになります。

最悪の場合、「年収交渉をするような人は不採用」という形で、内定取り消しになるリスクすらあります。

頑張って勝ち取った内定オファーを、交渉しただけで取り消しされるなんて、あんまりじゃない…?と思う人もいますが、現実は残酷です。

このような事態をできる限り避けるために、仲介として転職エージェントを挟む方が失敗リスクを減らせます。

以上ここまで、短期離職者が複数の転職エージェントを使うメリットを4点解説してきました。

短期離職者向けのメリット

・寄り添ったアドバイスをしてもらえる
・求人の選択肢が増える
・担当者との相性リスクが緩和される
・年収交渉がしやすい

短期離職で人生終わりと感じる時によくある質問は?

短期離職で人生終わりと感じる時によくある質問は?

最後に、「短期離職は人生終わり」に関するよくある質問に答えていきます。

Q&A方式で見ていきましょう。

Q. 新卒1ヶ月で辞めるのは大丈夫なのか?

A. 必ずしも大丈夫ではないですが、状況によってはアリです。

私の周りでも、新卒入社から1週間足らずで辞めて独立した人がいます。

もちろん転職に成功した人もいました。

「新卒カード」を捨てるような行為になりますが、その後の行動次第で挽回はいくらでも可能です。

Q. 30代・40代で短期離職はやばい?

A. 30代、40代の短期離職はオススメしません

20代であれば採用担当者も「若いからまだ大丈夫だよね」という考えを持った人は多いですが、30代、40代になると別です。

家庭を持ち始める年代で、短期離職があると転職活動はなかなか上手くいかないでしょう。

短期離職する前に、事前に防ぐことが必要です。

Q. 短期離職者へのアドバイスは?

A. 短期離職で悩んでいる人は「キャリアコーチング」で相談してみるのがオススメです。

キャリアのモヤモヤはプロのコーチと相談することで、かなりクリアになるからです。

自己分析に特化したキャリアコーチング

プロのキャリアコーチが、あなたの現状に合わせて寄り添った支援をしてくれます。

▶︎ ポジウィキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

私が実際に体験した経験談もまとめています!

まとめ: 短期離職で人生終わりはあり得ない

短期離職で人生終わりにはならない

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、短期離職の定義や、短期離職者が転職で成功する方法や可能性についてご紹介してきました。

短期離職は「3年以内の転職」と定義されていますが、短期離職した後でも人生成功する人は多くいる事がご理解頂けたかと思います!

最後に、本ページの要点を振り返り、終了とします。

本記事の要点

・短期離職は、入社から3年以内の転職と定義されている
・新卒3年以内で転職する人は3割以上
・短期離職者は「すぐ辞める」と思われる
・在職中に転職活動をするのがオススメ
・優秀な転職エージェントやスカウト型サイトの利用が良い

短期離職しても人生終わりと言われるのは、真っ赤な嘘!

キャリアの可能性は無限大です!

短期離職を繰り返した人へ
おすすめの転職エージェント

合わせて読みたい

「短期離職」や「人生終わり」に関する、他のおすすめ記事をまとめました。

1年目で転職するのは甘えなのか?

1年目で転職するのは甘え?新卒1年目転職の成功ポイントを3つご紹介!【第二新卒】

ぶっちゃけ楽な仕事は?

【ぶっちゃけ楽な仕事は?】女性が選ぶベスト12選!楽な仕事を見つける方法は?【20代・30代正社員】

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA