はじめに ▶︎

短期離職で転職が決まらない理由は?転職活動のコツや狙い目の業界を解説

短期離職は転職が決まらない?

短期離職後の転職が決まらないです…

転職活動のコツや狙い目の業界・職種はありますか?

本ページにたどり着いた人は、
・短期離職して次の転職が決まらない…
・短期離職した人向けの転職活動のコツは?
・短期離職者でも条件の良い企業から内定を貰える?

という疑問や悩みをお持ちのことでしょう。

結論、短期離職でも転職活動のコツや狙い目の業界・職種に絞ることで条件の良い企業から内定を貰える可能性は高いです。

しかし「私の場合、全然就職先が決まらない…」や「本当に条件の良い企業はある?」という悩んでいる人も多いはずです。

そこで本ページでは、短期離職をした後になかなか転職が決まらない人に向けて、転職活動のコツや条件の良い企業の探し方までバシッと解説します。

本記事の要点まとめ

・短期離職だと書類選考が通過しにくい
・採用検討外にしている企業も存在する
・転職の目的や優先順位を決めるのが大事
・ITや人材業界は短期離職者でも内定獲得可能
・短期離職者向けの対策に強い”ハタラクティブ”に相談するのもアリ

短期離職でなかなか転職先が決まらない人は、必見です

狙い目の業界や職種、面接対策のコツまで具体的に解説しますね!

短期離職が原因で転職が決まらない人へ
おすすめの転職エージェント

目次

短期離職した人で転職が決まらない理由は?

短期離職した人で転職が決まらない理由は?

短期離職してしまった人で転職が決まらない理由を押さえていきます。

「短期離職」は、採用企業側にネガティブなイメージを持たせてしまうため、転職活動で不利になってしまうのが事実です。

転職が決まらない理由は?

・短期離職者は採用対象外の企業があるから
・書類選考が通りにくいから
・マイナスイメージを持たれるから

それぞれを詳しくみていきましょう。

短期離職で転職が決まらない理由
① 短期離職者は採用対象外の企業があるから

そもそも論ですが、企業の中には、「短期離職をしている人は採用検討の対象外」としている求人もあります。

採用企業の目線からすれば、「長く働いてもらえる人でなければ、採用投資費用を回収できない」と判断している企業があります。

また、大手有名企業や給与条件の良い求人は、何もしなくても多数の応募者が集まりますので、自動的に短期離職をしている人は”検討対象外”になっていることもあります。

短期離職をしていると、そもそも検討すらして貰えないんですね…

しかしながら、それは一部の大手企業や有名求人のみです。

労働力不足が叫ばれる日本の大多数の企業は、人手不足で苦しんでいます。

大手有名企業や比較的年収の高い求人などを避けて応募すれば、検討してもらえる土俵に上がることはできます。

まとめると、、、?

・大企業や条件の良い求人は短期離職で検討外になる可能性有り
・大多数の企業は労働力不足で苦しんでいる
・求人レベルを下げれば問題無し
・中小、ベンチャーに応募すれば十分検討してもらえる

また、短期離職をした人に特化した転職エージェントを使うことで、選考通過率をグッと引き上げることができます。

ハタラクティブ“や”リクルートエージェント”に相談すれば、短期離職を受け付けている企業の中で希望条件に合致する求人をあなたのペースで紹介してもらえますよ。

短期離職で転職が決まらない理由
② 書類選考が通りにくいから

短期離職をしてしまった人は、書類選考通過率が低い傾向にあります。

採用企業側は、同じレベルの経験やスキルを持っている人であれば、転職回数が少ない人や、1社で長く働いている人を優先しがちです。

上述したように、企業は長く働いてくれる人を採用したいからです。

大企業の多くは、長期的に働いてもらうことで採用投資費用を回収する仕組みが、今も残っています。
(いわゆる終身雇用、年功序列)

終身雇用や年功序列は終了したと聞いたけど、採用側の考え方には根強く残っているんですね…

結果的に、短期離職をしてしまっている人は、書類選考の通過率が低くなり、面接の機会も少なくなります。

実際、Xへの投稿でも実態が推測できます。

短期離職で全て書類落ち

短期離職で転職が決まらない理由
③ マイナスイメージを持たれるから

短期離職をした人で転職が決まらない最後の理由は、マイナスなイメージを持たれてしまうからです。

上述したように、短期離職の経歴がある場合、書類選考の通過率が低くなったり、短期離職をしているだけで検討対象外になったりします。

総じて、企業の面接担当からすれば「マイナスなイメージからスタートする」のは、言うまでもありません。

運良く書類選考に通過して面接の機会を得たとしても、なぜ短期で退職したんですか?と質問され、面接官を納得させる回答ができなければ、内定は獲得できません。

3ヶ月や半年程度の短期離職があるだけで、「経歴に傷が付いた」と表現するのは、あながち間違っていません。

短期離職者は、マイナスイメージから選考がスタートします…

以上ここまで、短期離職した人でなかなか転職が決まらない理由を、3つに分けて紹介しました。

転職が決まらない理由は?

・短期離職者は採用対象外の企業があるから
・書類選考が通りにくいから
・マイナスイメージを持たれるから

短期離職者の退職理由は?どう伝えるのがベスト?

短期離職者の退職理由は?どう伝えるのがベスト?

短期離職した人には、それ相応の理由があるはずです。

しかし、面接時に退職理由を馬鹿正直に伝えると、不合格になるパターンが多いです。

まずは、主な退職理由を確認します。

短期離職の主な理由

・給与や待遇面が悪かった
・人間関係が悪かった
・長時間労働や休日出勤が多かった
・サービス残業が多かった
・業務内容が合致しなかった
・ワークライフバランスが取れなかった
・家庭の事情で仕方なく退職

など

短期離職の理由は、企業側の問題もあれば、労働者側の問題もあります。

状況次第、という事ですね。

なので、転職での面接時も、
「私が在籍していた会社は、〇〇な点がひどくてブラック企業だったんですよ」
なんて言っても全く意味がありません。

前職企業の批判は、逆に印象を悪くします。

面接時に退職理由を聞かれた時は、客観的な事実のみを回答し、そこから得られた教訓を今後どう活かすか?という論調で話す必要があります。

具体例を見ていきましょう。

客観的な事実を回答し、今後にどう活かすか?を回答しましょう

回答例

① 給与、待遇が低いという理由の場合

→結果を出しても社内で評価されにくかったり、給与に反映されにくい状態でした。何度か上司や経営陣向けに改善案を伝えましたが、年功序列が残る会社であり、若手の自分が組織を大幅に改革させることは難しいと判断しました。今は、結果を評価してもらえる会社を探しています。


② サービス残業が多かった場合

→直接的な業務とは関係のないサービス残業が多く、本来の仕事に集中できる環境ではありませんでした。上司にも相談しましたが、上司は業界経験が長い方で、当たり前の働き方だったらしく、あまり意見を聞き入れてもらえませんでした。今は、お客様に直接的な価値貢献に時間を割ける仕事を探しています。

いかがでしょうか。

ポイントを振り返ります。

ポイントをまとめると?

・前職企業の批判はNG
・客観的な事実のみを回答するべき
・改善案や自らの行動も付け加える
・今後にどう活かすか?まで回答する

採用企業は短期離職した人をどう見ている?

短期離職者に対する企業側の評価は?

まず、企業側の「短期離職した人に対する企業の印象」を見ていきましょう。

結論、短期離職をした人へマイナスイメージを持たれるのは否定できませんが、全てがマイナスに働く訳ではありません。

以下、3点から考察を行います。

短期離職した人への企業の評価

① “すぐ辞める人”というイメージ
② 新卒の30%以上が短期離職する現状
③ 数回程度の短期離職なら将来性がある

それぞれ項目ごとに見ていきます。

短期離職した人への企業の評価
① “すぐ辞める人”というイメージ

まず一番先に「すぐ、また辞める人なんじゃない?」とイメージされる点です。

面接官も人なので、認知バイアスが働きます。

これまでの経歴を色眼鏡を通して、求職者を判断する面接官が圧倒的に多いからです。

(もはや99%近い人が該当します)

例えば、新卒で入社し、短期間で退職した場合を考えてみましょう。

面接に臨んだ際、採用担当者は過去の経歴を確認します。

過去に短期間で離職していることが分かれば、面接官はまず不安を感じます。

面接官
面接官

どうせ、またすぐ辞めるんじゃない..?

すぐに辞めてしまう人を採用してしまうと、採用に掛けたお金や時間が無駄になってしまいます。

短期離職をしていると、「若い世代は、仕事に対するコミットメントが足りない」という印象を持ちがちです。

もちろん、全ての20代や30代の人がそうではありません。

一部の人々によってイメージが形成されてしまうことも事実です。

面接官も人なので、経歴を見ながら判断してしまいます

「短期離職=またすぐ辞める」
という印象を持ってしまうのは、仕方ありません

面接時に、過去の短期離職について説明しなければいけません。

状況や理由を説明し、面接官の前提を覆し、不安を解消することを目指しましょう。

短期離職した人への企業の評価
② 新卒入社の30%以上が短期離職をしている現状

とは言え、現状
新卒入社の40%以上が3年以内に転職をしています。

新卒で入社した会社を何年で辞めたか?
PR TIMES より引用

実際、2019年の調査では、
「44%の社会人が3年以内に辞めた経験」を持っていました。

サンプル数は少ないが、半数近い人が3年以内の離職経験を持っているんだね!

厚生労働省の正式発表では、以下のような推移でした。

卒業後3年以内の離職率推移の変化
厚生労働省より引用

統計的に見ても約3割近くは、入社から3年以内に離職してるんだね…

2019年までのデータですが、2016年まで平均して30%程度の人が、3年目までに離職している実態が分かります。

卒業後3年以内の離職率は、毎年30%程度で推移していました。

短期離職した20代への企業評価
③ 数回程度の短期離職なら将来性がある

「まぁ今の時代、数回程度の短期離職は普通だよね」と納得してもらえる可能性が十分あります。

実際「第二新卒求人」の数は右肩上がりに伸び続けていますよね。

2016年のマイナビによる調査では、
「2030年頃まで第二新卒枠の積極採用が続く」と推測されています。

第二新卒者の採用見通し
マイナビ転職より引用

約60%以上の企業で、第二新卒の採用が活発なんですね

日本全体で労働人口が減少していく中で、大多数の企業が人手不足を感じているのは間違いなさそうです。

なので、短期離職者が多くなってはいるものの、人手不足なので第二新卒採用を止めるわけにはいかないという状況です。

企業側の本音は
「短期離職者はすぐ辞めそうと思ってはいるが、人手不足なので採用したい」
ということです

企業側が第二新卒に求めていることは、以下のような結果でした。

企業側が第二新卒者に求める採用基準

第二新卒は「熱意・ポテンシャル」や「入社意欲の高さ」が内定に直結することが判明しています。

以上ここまで、短期離職者に対する企業側の印象を3つ項目からまとめました。

短期離職した人への企業の評価

① “すぐ辞める人”というイメージが湧く
② 新卒の30%以上が短期離職の現状
③ 数回程度の短期離職なら将来性がある

短期離職した人向けの転職活動4つのコツは?

短期離職した人の転職活動のコツは?

続いて、短期離職した人が転職活動をする時のコツを紹介します。

“採用企業の判断軸”や、“短期離職者の見るポイント”を理解していれば、適切な対策を行うことができ、転職に成功できる可能性が上がります。

短期離職者の転職活動のコツは?

・転職で叶えたいことを明確にして応募する
・転職軸を応募前に言語化する
・短期離職の退職理由は履歴書に書かなくてもOK
・短期離職した本当の理由に向き合う
・各社ごとに面接対策を行う

それぞれを詳しく見ていきます。

短期離職者の転職活動のコツ
① 転職で叶えたいことを明確にして応募する

短期離職を繰り返している人の中には、
「給料以外の判断軸がよくわからない」や
「転職で求めることが勤務地と給与だけ」という状態に陥っている人も珍しくないでしょう。

転職サイトを眺めて、とりあえず高年収の求人に応募して終わり…。

そんな人も多いでしょう。

給与以外の軸が無いです…

何を基準に選べばいいですか?

転職で叶えたいことを明確にして求人に応募しなければ、いつまでも短期離職を繰り返すハメになります。

転職とは「手段」であり、転職することが目的になってはいけません。

転職の「目的」を明確にすることが重要です。

では、転職の目的とは何でしょうか?

転職の目的とは?

・年収を50万円以上UPさせる
・キャリアアップが見込める会社を見込める
・業界や職種チェンジで市場価値を高める
・勤務地は変わるけどキャリアを諦めたくない

などなど

つまり、転職を通じて「叶えたい未来像」や「在るべき働き方」、「あなたのビジョン」を明確にします。

簡単なようで、めちゃくちゃ難しいですよね。

私も転職エージェントとして日々色々な求職者の方と話をしますが、『今回の転職の目的は何ですか?』に明確な答えを持っている人は9割以下です。

大半の人が、本当の転職目的を見失いながら、なんとなく転職活動をしています。

転職で叶えたい理想像が明確になっている人は、10%以下だと思います

とは言え、いきなり「転職の目的は?」と聞かれても答えられない人も多いはずです。

そもそも普通の転職エージェントは聞いてきません。

転職エージェントが聞くのは、希望業界、希望職種、希望年収、希望勤務地、希望の働き方だけです。

1番大事な「目的」を聞く人が少ないです。

なぜでしょうか?

転職エージェントは、求職者が応募したくなる求人を紹介するのが仕事だからです。

なので、転職で叶えたい未来を明確にしたい人は、転職エージェントではなくキャリアコーチングにサポートしてもらう方がメリットが大きいです。

「現状を変えたい」や「本気でキャリアを考え直したい」という人は、”ポジウィルキャリアマジキャリの無料カウンセリングを受けてみてください。

私も実際に受けましたが、キャリアのモヤモヤが払拭されて転職活動がスムーズに進みました。

転職の目的を明確にしたい人へ
おすすめのキャリアコーチング

ぼんやりとした転職理由をビシッと決めるなら、キャリアのプロに相談できるキャリアコーチングがオススメ

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

短期離職者の転職活動のコツ
② 転職軸を応募前に言語化する

短期離職した人でも転職活動を成功させるには、「転職軸」を明確にすることです。

「転職軸=転職での優先順位」です。

極端な話、
年収が高い。
仕事のストレスは少ない。
仕事のやりがいは大きい。
リモートワーク可能。
上司も優しい職場、、、なんて求人はありません。

何を求めて、何を切り捨てるか?という優先順位を決めておかなければいけません。

優先順位ですか…

どうやって決めたらいいですか?

優先順位の決め方は、上述した「今回の転職の目的から逆算する」があります。

例えば、年収UPが目的の転職なのであれば、優先順位が高いのは月額給与や、賞与を含んだ額面年収のはずです。

「年収UP」が目的の転職なのに、リモートワークを希望したり異業界を希望したりするのはNGです。

あれもこれも求めては、短期離職を繰り返すだけです。

要点をまとめると、、、?

・転職軸は優先順位である
・転職の目的から逆算して優先順位を決める
・転職軸がなければ短期離職を繰り返すハメに

短期離職者の転職活動のコツ
③ 短期離職の理由は履歴書に書かなくてもOK

短期離職者向けのマル秘テクニックですが、履歴書や職務経歴書にわざわざ短期離職した理由を記載する必要はありません。

状況が複雑な場合や、文字で書き起こすと認識の齟齬を生んでしまう可能性がある場合は、不記載でも大丈夫です。

実際の転職活動時に、私がおすすめしている「短期離職時の退職理由の書き方」を伝授します。

短期退職の理由の書き方

・一身上の都合により退職
・面接時に詳しくお話しいたします
・完全な空欄

など

文字にすることで履歴書を見た面接官がその場で判断してしまわないように、伏せておくパターンもアリです。

短期離職した理由は、必ずしも記載する必要がある訳ではないです

面接時に深く質問されると思いますので、面接官を納得させることができるような回答を準備しておきましょう。

短期離職者の転職活動のコツ
④ 短期離職した本当の理由に向き合う

短期離職をしてしまった人は、正直ベースの本当の理由を深く考える必要もあります。

面接時やレジュメ内容には、表面的やある程度カバーストーリーのある退職理由でも、正直、何とかなります。

しかし本当に怖いのは、自分自身を騙してしまっていることです。

いわゆる「欺瞞(ぎまん)」ですね。

自分自身に暗示を掛けるように騙していると、短期離職の本当の理由が分からなくなり、結果的に意味のない短期離職を繰り返してしまう形になります。

本当の短期離職の理由ですか…

就職活動にそこまで本気ではなかったかもしれません…

本当の短期離職した理由は、人それぞれだと思いますので、自分自身に向き合うことが大切です。

1人では考えにくい人は、キャリアコーチングでサポートしてもらうのも良いでしょう。

キャリアについて本気で考える時間」を設定することで、モヤモヤが解消されますよ。

短期離職者の転職活動のコツ
⑤ 各社ごとに面接対策を行う

短期離職をした人は、面接機会も少なくなりますので、貴重な面接機会を無駄にしてはいけません。

転職の面接は「事前準備」が勝敗を決すると言っても過言ではありません。

転職面接の事前準備は、かなり重要です!

面接準備の有無は、話せばすぐにバレます。

最低限、以下のような項目は確認しておきましょう。

面接前に必ず準備しておきたい内容

・企業のHPに目を通す
・採用背景を確認する
・転職軸を言語化する
・企業が欲しがっている人物像を想像する
・転職理由をネガティブからポジティブに変換する

短期離職した人こそ「面接対策」に力を入れるべき!

最低でも1社15分程度はリサーチしましょう!

1人でリサーチしたり面接対策したりするのが難しいと感じる人は、転職エージェントを利用しましょう。

担当アドバイザーに面接対策を申し込めば、各社ごとに対策してもらえます。

短期離職した人こそ、面接対策に力を入れるべきなんですね..!

以上ここまで、短期離職した人向けの転職活動のコツを5つ紹介しました。

短期離職者の転職活動のコツは?

・転職で叶えたいことを明確にして応募する
・転職軸を応募前に言語化する
・短期離職の退職理由は履歴書に書かなくてもOK
・短期離職した本当の理由に向き合う
・各社ごとに面接対策を行う

そもそも短期離職とは?定義は?

短期離職とは?定義は?

そもそも短期離職ってなんなの?

私の場合、短期離職?

そもそも「短期離職」と判断されるケースや定義を確認していきます。

自分の経歴は、短期離職になるの?

という疑問にズバリお答えしていきます。

短期離職の定義は?

短期離職とは、
仕事を始めてから「3年未満」に辞めてしまうケースを指します。

もしかしたら、周りで短期離職を経験した人を見かけたことがあるかもしれませんよね。

私は、1年半で転職したので立派な「短期離職」ということですが。

一般的には「3年以内」が短期離職だと認識されています!

短期離職は、若い世代でよく見られる傾向です。

20代や30代は、自己成長やキャリア構築に焦りを感じることが多いからです。
(私も、新卒入社した会社では、正直焦りを感じていました)

短期離職した人が狙い目の業界や職種は?

短期離職した人が狙い目の業界や職種は?

ここからは、短期離職した人が狙い目の”業界”や”職種”を紹介します。

業界・職種によって、短期離職者を受け入れる許容度の違いがあるからです。

狙い目の業界や職種に絞って応募することで、少しでも条件の良い企業から内定を貰えます!

業界や職種をミスると、一生取り返しの付かないミスになります

狙い目の業界や職種を確認していきましょう。

狙い目の業界や職種

・ITや人材は短期離職でも可能性が高い
・営業やカスタマーサポート、事務が狙い目
・すぐに覚えられる仕事だと採用されやすい

それぞれを詳しく見ていきます。

短期離職に狙い目の業界・職種
① ITや人材は短期離職でも可能性が高い

IT、Web業界や人材業界は、総じて、短期離職者の受け入れ許容度が高いです。

理由は、3点あります。

受け入れ許容度が高い理由

・業界全体が右肩上がりだから
・業界未経験の採用に積極的だから
・転職する人が多く業界内での理解度も高い

IT業界や人材業界は、業界全体で右肩上がりに成長している業界です。

労働者不足の影響もあり、人材業界の成長ぶりは凄いですよね。

業界全体が成長している事もあり、未経験者の採用にも力を入れています。

また、IT・WEB、人材業界は、転職しながらキャリアを築く人が多く、転職への理解度が比較的高いです。

製造業や建設業といった保守的な業界よりも、短期離職者への許容度が高いと言えます。

ITや人材は、全体的に成長しているので、未経験採用も活発です

業界特化の転職エージェントにサポートを受けた方が、内定確率が上がります。

狙い目の業界特化のエージェント

・IT業界
▶︎ レバテックキャリア


・人材業界
▶︎ 人材業界への転職なら「HRの砦」

短期離職に狙い目の業界・職種
② 営業やカスタマーサポート、事務

続いて、狙い目の職種です。

職種が変わるとガラッと業務内容が変わるけど、大丈夫ですか…?

後ほど、完全未経験からでも内定を獲得できる転職エージェントを紹介しますね!

狙い目の職種

・営業
・インサイドセールス
・カスタマーサポート
・事務

など

理由は全体の求人数が格段に多く、採用予定人数が多いからです。

採用人数が多ければ、多少短期離職を繰り返していても採用される可能性が高いです。

完全未経験からでも十分活躍できる職種です

未経験から内定獲得できる”9Eキャリア”

9Eキャリア

9Eキャリアの特徴まとめ

・カスタマーサクセス、インサイドセールスに特化
・企業と求職者の担当者が同じ両面型
・成長中の企業で年収UPが可能

Click here

<SaaS業界で年収UP!>
9Eキャリアの公式サイトへ ▶︎

正社員求人が多い”ハタラクティブ

Click here

<短期離職でも正社員に転職>
ハタラクティブの公式サイトへ ▶︎

短期離職に狙い目の業界・職種
③ すぐに覚えられる仕事だと採用されやすい

最後に、短期離職でも内定獲得が容易な求人は、すぐに覚えられる簡単な仕事です。

完全未経験で誰でもできる仕事だと、短期離職に関係なく採用されます。

例えば、工場系求人や製造派遣です。

誰でもできる簡単な作業で、ある程度の給与を維持できます。

「短期離職してから全然仕事が決まらない…」
と嘆いている人は、とりあえず仕事を手に入れて生活費を稼ぐことも可能です。

ある程度、生活が落ち着いてから、再度正社員への就職を始めれば大丈夫です。

工場系、製造系の求人を探す人へ

工場求人ナビ
コウジョブ
はたらくヨロコビ.com

以上ここまで、短期離職した人に狙い目の業界や職種を紹介してきました。

狙い目の業界や職種

・ITや人材は短期離職でも可能性が高い
・営業やカスタマーサポート、事務が狙い目
・すぐに覚えられる仕事だと採用されやすい

短期離職で転職が決まらない人のよくある質問

短期離職で転職が決まらない人によくある質問

最後に、短期離職で転職がなかなか決まらない人に関する、よくある質問に回答していきます。

Q. 短期退職のうまい言い訳はありますか?

A. 言い訳を考えるよりも、正直に悪かった部分は反省する方が賢明です

Yahoo知恵袋にも似たような質問が投稿されていました。

面接での退職理由、うまい言い方はあるでしょうか。

前職で若干いじめ…といいますか、上司とそりが合わず、何とか努力しましたが上手く関係が築けず一年程で退職しました。

無職期間も長引いており、職安で相談したところいっそのこと正直に言ってみたら?とのことでした。

Yahooより引用

嘘や言い訳を付いてしまうと、後からさらに言い訳を繰り返す必要があるかもしれません。

そのようなリスクを背負うのであれば、公明正大に正直に自分が悪かった部分は、反省した旨を伝える方が得策と言えます。

面接官を出し抜こうとしても、見破られてしまうのがオチです…

正直に言うのがおすすめです

Q. 勤務2年は短期離職とみなされますか?

A. 2〜3年が短期離職とみなされますが、最近では「2年」も許容範囲とする企業が多いです

これまでの転職市場では、2〜3年で転職する人は「短期離職」と捉えられる傾向がありましたが、近年では転職の一般化も進み、短縮されつつあります。

「2年勤務していればOK」や「2年で活躍してくれれば大丈夫」と捉える企業も多くなっています。

Q. 短期離職を繰り返すのが怖いです…

A. 短期離職を繰り返さないように「キャリアコーチング」に相談するのがおすすめです。

短期離職を繰り返してしまうのが怖い人は、「転職軸」や「キャリアビジョン」を言語化し、自分が本当に求める仕事の在り方、働き方、業界・職種を明らかにする必要があります。

転職エージェントや転職サイトで闇雲に応募した所で、内定が取れる求人しか紹介されません。

現状を変えたい」や「本気でキャリアを考え直したい」という人は、”ポジウィルキャリアマジキャリの無料カウンセリングを受けてみてください。

私も実際に受けましたが、キャリアのモヤモヤが払拭されて転職活動がスムーズに進みました。

転職理由を言語化したい人へ
おすすめのキャリアコーチング

ぼんやりとした転職理由をビシッと決めるなら、キャリアのプロに相談できるキャリアコーチングがオススメ

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

Q. 短期離職を繰り返した人の末路は?

A. 4回、5回、6回と短期離職を繰り返す度に、転職難易度は上がっていきます

短期離職を繰り返すと、給料が低くブラック企業の求人しか選択肢がなくなります。

実際、Xの投稿にも悲惨な末路を嘆いている人の声がありました。

短期離職を繰り返した人は、給与が低くなりますね…

まとめ: 短期離職は不利だがコツを掴めば転職成功できる

短期離職は転職が決まらない?

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、短期離職後に転職が決まらない人に向けて、難航する理由や上手くいくコツ、狙い目の業界・職種まで紹介しました。

短期離職で転職活動が不利になることはありますが、コツや狙い目の業界・職種を絞ることで、納得のいく転職を成功できます!

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終了とします。

本記事の要点まとめ

・短期離職だと書類選考が通過しにくい
・採用検討外にしている企業も存在する
・転職の目的や優先順位を決めるのが大事
・ITや人材業界は短期離職者でも内定獲得可能
・短期離職者向けの対策に強い”ハタラクティブ”に相談するのもアリ

短期離職は、不利であることに間違いありません

転職エージェントの複数利用が鉄則なので、抜け漏れのある人は登録しておきましょう

短期離職で転職が決まらない人へ
おすすめの転職エージェント

合わせて読みたい

「短期離職」や「20代転職」に関連する、おすすめの記事をまとめました。

20代で2回目の短期離職をした人の末路は?

【解決】20代で2回目の短期離職をした人の末路は?何回までセーフ?転職成功のコツを解説

30代で短期離職はヤバい?

【解決】30代で短期離職はヤバい?転職回数4回以上から人生挽回する方法を紹介

短期離職でもなんとかなる?

短期離職でもなんとかなる?具体的な対策とメンタルを徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA