はじめに ▶︎

転職後1年で短期離職した人の最悪な末路は?転職に成功するコツを解説

転職後1年未満の短期離職の末路は?

転職後1年以内に辞めるか迷っています…

短期離職になっても大丈夫ですか?

本ページにたどり着いた人は、
・転職後は最低1年続けるべき?
・短期離職の末路は?良い企業に転職可能?
・短期離職しても転職に成功するコツは?

という疑問や悩みをお持ちのことでしょう。

結論、転職後1年以内の短期離職はネガティブなイメージを持たれますが、理由や状況を的確に伝えることで良い企業に転職した人も多いです。

しかし「私でも、短期離職して本当に大丈夫…?」や「短期離職1年から転職を有利に進めるには?」という疑問を持っている人も多いはずです。

そこで本ページでは、転職後1年以内の短期離職のデメリットや末路、短期離職から転職を成功させるコツまで解説していきます。

本記事の要点まとめ

・1年の短期離職はネガティブな印象を持たれる
・転職後1年未満で転職している人は”18.7%
・短期離職はすぐ転職する癖が付いてしまう
・短期離職の理由付けや面接対策で挽回できる
・年収の高望みはせず地に足を付けて考える必要有り

短期離職者の経験談も紹介しますね

転職後1年以内のデメリットや最悪の末路まで注意深く確認しましょう

転職後1年以内の転職
おすすめの転職エージェント

目次

転職後最低1年は続けるべき?

転職後最低1年は続けるべきか?

転職後、とりあえず1年は働くべきだ」という言われますが、果たして実際はどうなのでしょうか。

「転職してキャリアを築く」という考え方が徐々に広まってきていますが、1年未満の経験でも”キャリア”と呼べるのでしょうか。

1年未満で転職することは可能

結論、転職後1年未満で再び転職することは、不可能ではありません。

ブラック企業や人間関係のトラブルがある会社で、無理に1年以上働くことは、心身ともにデメリットの方が大きいからです。

実際、転職後1年未満で退職している人も多いです。

転職後1年未満で短期離職している人は、予想以上に多いです

短期離職仲間?がいて嬉しい

厚生労働省のデータによれば、「約5人に1人が1年未満で退職している」というデータもありました。

例えば、「新卒」に限った話をすれば、31%の人が新卒入社から1年以内に辞めています。

新卒で入社した会社を何年で辞めたか?
PR TIMES より引用

1年以内に辞めた人が30%以上もいるんですね

退職した後に、無事転職に成功している人も多いです。

1年未満で退職したからといって「ニート」や「失業者」に落ちぶれている人は少ない印象でした。

私も転職エージェントとして働いていますが、20代の若手社会人の場合、短期離職している人も増えている傾向にあると感じています。

転職市場ではネガティブなイメージを持たれる

とは言え、1年未満の短期離職が転職活動時に不利に働いてしまうことは間違いありません。

短期離職がある人は「すぐ辞める人」というレッテルを貼られてしまうからです。

例えば、新卒で入社し、1年未満で退職した場合を考えてみましょう。

採用担当者はまず、過去の経歴を確認します。

短期間で離職していることが分かれば、面接官はまず不安を感じます。

面接官
面接官

どうせ、またすぐ辞めるんじゃない..?

すぐに辞めてしまう人を採用してしまうと、採用に掛けたお金や時間が無駄になってしまいます。

1年未満の短期離職をしていると、「仕事に対するコミットメントが足りない」という印象を持ちがちです。

面接官も人なので、経歴を見ながら判断してしまいます

「短期離職=またすぐ辞める」
という印象を持ってしまうのは、仕方ありません

私が転職エージェントとして、企業の人事担当や経営陣と話している中で、短期離職者に対する反応をまとめてみました。

短期離職者への企業側の印象

・入社から3年:全然普通、職歴は気にならない
・入社から1年:ちょっと早い転職だね。理由を知りたい
・入社から半年:早い転職だね。理由は?
・入社から3ヶ月:早いね。何があった?
・入社から1ヶ月:大丈夫?
・入社から1週間:え、本当に?

こんな感じです。

転職後1年未満で退職している人は、必ず転職した理由を聞かれます。

納得感のある理由を論理的に回答できなければ、内定は獲得できません。

企業は”長く働いてくれる人”を採用したい

企業は、「長く働いてくれる人」を採用します。

短期間での離職は、採用に掛けた人件費や工数、広告費などを回収できないからです。

業界や仕事内容によって異なりますが、入社して戦力になるには「3ヶ月〜1年」は必要です。

製造業や特定技術が必要な仕事だと、3年以上頑張ってようやく戦力になるという仕事も存在します。

いずれにしても、企業は長く働いてくれる人でなければ、採用に投じた費用を回収できず「採用失敗」と捉えてしまいます。

人材採用支援を行う「株式会社ONE」が、企業の人事担当者に対して行ったアンケート結果もありました。

優秀な人材より長く働ける自社に合う人材を採用したい
株式会社ONEの調査結果より引用

調査結果を読み込んで考察した内容は、以下の通りです。

調査結果の要約・考察

・短期離職やミスマッチに悩む企業は多い
・入社後のギャップを感じる人事は75%
・面接では表情や目線を重視している
・優秀な人より長く働いてくれそうな人を採用する

企業の採用担当者も、短期離職が増えている状況には苦労しています。

企業側の考えや問題を認識しておくことで、転職活動を有利に進めることができますね。

企業は”長く働いてくれる人”を採用したいので、アピールすれば内定獲得率を上げれますね

転職後1年未満で転職している人の割合は?

続いて、転職後1年未満で辞めている人の割合を見ていきます。

厚生労働省のデータを基に、解説と考察をしていきましょう。

前職の勤続期間別の割合
平成27年転職者実態調査 / 厚生労働省より作成

厚生労働省が公開している「転職者実態調査」では、『約18.7%』の人が、1年未満の短期離職をしている事実が分かりました。

調査結果をまとめると、、、?

・約18.7%が1年未満の短期離職
・3年以内も含めると34.8%
・10年以上続けている人も多い

10年以上勤務を続けている人も多いですが、反対に1年未満の短期離職をしている人も同程度の人数がいました。

1年未満の短期離職で転職している人も多いんですね

転職後1年未満の退職理由は?どう伝える?

転職後1年未満の退職理由は?どう伝える?

入社して1年未満で退職する人の理由や、どうやって伝えれば良いのか?という点を解説します。

ここでは、不動産会社AlbaLinkが、333人を対象にしたアンケート調査の結果を基に考察を深めていきますね。

入社1年以内に会社を辞めた理由は?
PR TIMESより引用

上位3位の退職理由を詳しく見ていきましょう

転職後1年未満の退職理由

・人間関係が悪い
・仕事内容が合わなかった
・求人票と実際の条件が違った

それぞれを詳しく見ていきます。

転職後1年未満の退職理由
① 人間関係が悪い

圧倒的な1位は「人間関係が悪い」であり、107人の回答が確認できました。

人間関係の問題は、どこの職場にも存在しますよね…。

具体的な人間関係のトラブルを見ていきましょう。

人間関係トラブルの具体例

・直属の上司のクセが強かった
・社内の雰囲気や空気が重い
・指導してくれる人がいなかった
・同僚に変人がいた
・社長の独断決定事項が多かった

などなど

私も転職エージェントとして日々求職者の方々と会話しますが、職場内での人間関係に困っている人は、かなり多いです。

転職の直接的動機になるかどうかは、微妙なラインですが、多くの人が職場内の人間関係でトラブルを抱えています。

実際、X投稿には「人間関係」で悩むビジネスパーソンが大量にいます。

どの職場でも人間関係がうまくいかない

人間関係で悩んでいる人は、たくさんいるんですね…

ここからは、人間関係が原因で短期離職をした人に向けて、転職時の伝え方を解説します。

事実と意見を分けながら説明する点がポイントです。

転職時の伝え方(人間関係が理由)

・上司の癖が強く、どうしても合わなかった
・職場の雰囲気が重く改善のしようがなかった
・家族経営の会社で独断決定が多かった

などなど

転職後1年未満の退職理由
② 仕事内容が合わなかった

続いて多かった理由は「仕事内容のミスマッチ」です。

会社状況や業界の変化に応じて、業務内容が大幅に変更されるケースも多々あります。

私自身も新卒で入社した会社は、コロナ渦で大幅に業務内容が変わりました。

求人票に記載のあった業務内容と全く違いました…

Yahoo知恵袋にも、以下のような質問もありました。

正社員で入社した会社を4ヶ月で退職します。
理由は、自分が想像していた以上に業務内容が複雑で、マニュアルもなく、自分には難しいと判断したたことです。

自分の甘さは重々承知しております。
本音としては転職先の面接で正直に伝えたいところですが、マイナスに捉えられてしまいますよね、、

無理やり嘘をつくか、「正直に申し上げますと…」ほんとのことを言うか、どちらがよろしいのでしょうか。

Yahoo知恵袋より引用

「就職して、いざ働いてみると予想と全然違った」という声は多いですよね。

おすすめの回答は、「馬鹿正直にそのまま伝えるのではなく、サービス残業が長いや、休日出勤が多かった」などの理由も付け加えて伝えることです。

「イメージしていた業務内容と違った」と伝えると、考えが甘いと捉えられることもありますので、具体性を持って回答しましょう。

<業務内容がミスマッチだった場合>

・そのまま正直に伝えるのはNG
・他の理由も付け加えながら伝える
・具体性を持って回答する

転職後1年未満の退職理由
③ 求人票と実際の条件が違った

3位で多かった理由は「求人票と実際の条件が違った」です。

雇用形態や給与、仕事内容、勤務時間、残業時間などが、実態と異なっていた場合「騙された」と感じてしまうのも無理はありません。

求人票内容が実態と異なっていたという理由は、想像以上に多く、企業側に責任が大きいものです。

いわゆる「ブラック企業」でよくあるケースですね。

しかし、そのまま面接官に伝えてしまうと、愚痴を言っているだけと捉えられてしまうリスクがあります。

例えば、以下のような伝え方がおすすめです。

求人票と実際の条件が違った場合

・残業時間を自分でコントロールできなかった
・休日出勤がほぼ毎週あり想定していた内容と違った
・雇用形態が契約社員に変わってしまい安定性を求めたい

などなど

ネガティブな理由をそのまま伝えるのではなく、ポジティブな理由に変換して伝えましょう。

長時間労働や休日出勤については、入社したばかりの中途社員の意見が組織に通ることは難しいので、面接官もよく理解を示してくれます。

「上司や周りが残っていれば、自分も残業をせざるを得ない雰囲気だった」という理由だと、納得度も高いです。

以上ここまで、転職後1年未満の退職理由で多い上位3位の内容と、転職時の伝え方を解説しました。

転職後1年未満の退職理由

・人間関係が悪い
・仕事内容が合わなかった
・求人票と実際の条件が違った

転職後1年未満は短期離職になりますか?

転職後1年未満は短期離職になりますか?

「短期離職」の烙印を押されてしまったら、書類落ちが続いたり面接で評価されなかったりします。

転職活動が不利になる短期離職ですが、転職後1年未満で再び転職することは、短期離職になるのでしょうか?

言葉の定義や、転職市場の最新状況を踏まえて解説します。

短期離職の定義は入社から2-3年以内が主流

「短期離職」と認識されるのは「入社から3年以内」です。

しかし最近では、「入社から2年で転職」までは、企業側から理解されるケースが多いです

反対に、「入社1年以内の転職」は、正直風当たりが強いです。

しかし、転職回数を気にする業界と気にしない業界があるので、注意が必要です。

<転職回数を気にしない業界>

・コンサルティング
・人材
・IT
・宿泊、観光
・飲食
・エンタメ系


<転職回数を気にする業界>

・製造、モノづくり関連
・建築、土木
・不動産

私は、製造業への転職支援をさせて頂く機会が多いですが、製造業の会社は露骨に転職回数を見ます。

この人は、転職4回してるからダメだね
なんて、普通に言われます。

一方で、コンサルティング業界や人材業界は、そこまで転職回数を気にされる傾向はありません。

業界特化型の転職エージェントを利用すれば、各業界に精通しているので書類通過率が上がり内定確率が高くなります。

・未経験からコンサル業界へ
▶︎ アサイン


・人材業界特化
▶︎ 人材業界への転職なら「HRの砦」


・IT業界特化
▶︎ レバテックキャリア

多数の採用担当者が”短期離職”と判断する可能性が高い

ここまで、短期離職の定義や、転職回数に対する各業界の反応を解説してきました。

転職後1年未満であれば、多くの採用担当者が「短期離職だよね」と判断する可能性が高いのは事実です。

残念ながら転職後1年未満は”短期離職”と判断されがちです…。

実際の面接では、かなり辛辣な質問やコメントをされている人も多いです。

短期離職が面接を受けると…

採用企業側は、「短期離職の理由に納得性があるか?」を判断するために面接を設定することもありますが、マイナスイメージからスタートするので、通過率はかなり低いです。

転職後1年未満で辞めるデメリットや末路は?

転職後1年未満で辞めるデメリットや末路は?

ここまで、転職後1年未満で転職する人の理由や状況について解説していきました。

短期離職のデメリットは、既に皆さんも認識されていると思いますが、改めて、採用企業側の視点も入れながら、デメリットや末路を紹介していきます。

転職後1年未満で辞めるリスクを確認しておきましょう

短期離職のデメリット・末路

・企業からマイナスイメージを持たれる
・転職することがクセになる
・大企業や正社員での転職が難しくなる
・転職活動の自信が無くなる

それぞれを詳しく見ていきます。

転職後1年未満で辞めるデメリット
① 企業からマイナスイメージを持たれる

転職後1年未満で辞めるデメリットは、企業からマイナスイメージを持たれることです。

採用企業側は、同じレベルの経験やスキルを持っている人であれば、短期離職経歴のない人を選びます。

企業は「長く働いてくれる見込みが高い人」を採用するからです。

終身雇用や年功序列は終了したと聞いたけど、採用側の考え方には根強く残っているんですね…

結果的に、短期離職をしてしまっている人は、書類選考の通過率が低くなり、面接の機会も少なくなります。

マイナスイメージを企業側に持たれてしまうことは、間違いない事実です。

短期離職で全て書類落ち

転職後1年未満で辞める大きなデメリットと言えますね。

転職後1年未満で辞めるデメリット
② 転職することがクセになる

続いてのデメリットは「転職することがくせになる」という点です。

正直な話、短期離職を数回繰り返しても転職することはできます。

しかしながら、転職を繰り返すこと自体が癖になった場合、本人のキャリアの成長は止まってしまいます。

嫌な事や自分に不都合な事が起きた場合、転職することは容易ですが、その後の人生に大きな影響を与えることは間違いありません。

短期離職を繰り返すことで、転職が癖になってしまうリスクがあります

短期離職からの転職という成功体験は諸刃の剣でもある

X投稿でも、短期離職に関する大きなデメリットとして、議論されていました。

転職後1年未満で辞めるデメリット
③ 大企業や正社員での転職が難しくなる

そもそも論ですが、「短期離職をしている人は採用検討の対象外」という企業もあります。

企業は、「長く働いてもらえる人でなければ、採用投資費用を回収できない」と判断しているからです。

また、大手有名企業や給与条件の良い求人は、何もしなくても多数の応募者が集まります。

なので、自動的に短期離職をしている人は”検討対象外”になっていることもあります。

短期離職をしていると、そもそも検討すらして貰えないんですね…

短期離職者へのマイナスイメージがあることは、間違いありません。

しかしながら、それは一部の大手企業や有名求人のみです。

労働力不足が叫ばれる日本の大多数の企業は、人手不足で苦しんでいます。

大手有名企業や比較的年収の高い求人などを避けて応募すれば、検討の土俵に上がることはできます。

まとめると、、、?

・大企業や条件の良い求人は短期離職で検討外になる可能性有り
・大多数の企業は労働力不足で苦しんでいる
・求人レベルを下げれば問題無し
・中小、ベンチャーに応募すれば十分検討してもらえる

短期離職をした人に特化した転職エージェントを使うことで、選考通過率をグッと引き上げることができます。

短期離職者に特化した転職エージェントを使えば、短期離職ならではの悩みも相談できます

ハタラクティブ“や”リクルートエージェント”に相談すれば、短期離職を受け付けている企業の中で希望条件に合致する求人をあなたのペースで紹介してもらえますよ。

転職後1年未満で辞めるデメリット
④ 転職活動の自信が無くなる

転職後1年未満で転職活動をする場合、自分の職歴に自信を持つことが難しいです。

書類選考で大量にお見送りが続いたり、面接で辛辣な質問やコメントをされたり、、、と、世間一般からの短期離職者への風当たりは強いです。

そうした状況から、転職活動に自信を無くしてしまう人もいます。

短期離職者が自信を無くす理由

・書類選考でお見送りが続くから
・面接で厳しいコメントをされるから
・マイナスイメージを持たれるから
・総じて、内定獲得率が低いから

実際に、短期離職をしたことで、自信を喪失している人がいるのも事実です。

短期離職で自信を喪失してしまう…

自信を喪失してしまったら、その後の転職活動やキャリアが上手くいかなくなる可能性が高いですよね…。

もし短期離職を既にしてしまい、自信を喪失しつつある人は、キャリアコーチングに相談するのがおすすめです。

転職エージェントと違い”求人紹介を前提にしないキャリア相談”なので、キャリアの本質的な悩み相談に乗ってもらえるからです。

私も実際に受けましたが、キャリアのモヤモヤが払拭されて転職活動がスムーズに進みました。

短期離職で自信喪失している人へ
おすすめのキャリアコーチング

キャリアや仕事への自信を取り戻すなら、プロに相談できるキャリアコーチングがオススメ

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

転職後1年未満で辞めるメリットは?

転職後1年未満で辞めるメリットは?

短期離職のデメリットは十分ご理解頂けたかと思いますが、反対に短期離職のメリットがあることも事実です。

ブラック企業で時間を無駄にするよりも、見切りを付けて次の会社に行く方が何倍も有意義な時間になりますよね。

思い切って転職することで、メリットがあるのも事実です

転職後1年未満で辞めるメリット

・ブラック企業に見切りを付けられる
・早い段階で自分に合った仕事が見つかる
・心機一転の切り替えができる

それぞれを詳しく見ていきます。

転職後1年未満で辞めるメリット
① ブラック企業に見切りを付けられる

転職後1年未満で辞めるメリットは、ブラック企業に見切りを付けられる点です。

ブラック企業や将来性の低い会社で働き続けることは、人生の時間の無駄ですよね?

ブラック企業には、さっさと見切りを付けて、次の会社を探すことに集中した方が良い時もあります。

例えば、典型的なブラック企業の例を見てみましょう。

典型的なブラック企業の特徴

・長時間労働、過酷な労働環境
・有休取得を拒否される
・残業代が出ない、サービス残業が多い
・募集要項に具体性がない
・給料が支払われない
・やりがい搾取、精神論が多い
・パワハラやセクハラが多い

上記のような特徴がある会社には、見切りを付けて退職することで、自分の時間を確保できるという大きなメリットがあります。

ブラック企業で働く時間ほど、無駄な時間はありませんよね

転職後1年未満で辞めるメリット
② 早い段階で自分に合った仕事が見つかる

転職後1年未満で辞めるメリットは、早い段階で自分に合った仕事を見つけることができる点です。

仕事には、向き不向きがあります。

向いてない仕事をダラダラと続けることは、地獄の辛さを味わうレベルです。

私も昔、自分に全く向いていない細かい作業や丁寧な作業を任された時がありました。

自分の特性が分かっていなかった当時は、言われるがままに仕事をしてみましたが、結果は全く付いてきませんでした。

向いてない仕事を続けた末路は悲惨です…

早めに辞めることも大切ですね

嫌なことがあったらすぐ辞めるのは良くないですが、自分に合致していない仕事だと思った場合は、退職して次の機会を探すことも大切です。

転職後1年未満で辞めるメリット
③ 心機一転の切り替えができる

思い切って転職することで、心機一転新しい気持ちで頑張ることもできます。

転職後1年で辞める人の中に、希望して1年で辞める人は、少ないはずです。

何かしら、自分が想定していた仕事との違いや、人間関係のトラブル、どうしても解決できない問題があったはずです。

思い切って転職して環境をガラッと切り替えることで、心機一転新たなスタートを踏み出すことができます。

望んで1年未満で退職したい訳ではないので、気持ちを切り替える必要がありますよね…

以上ここまで、転職後1年未満で辞めるメリットを3つ紹介しました。

転職後1年未満で辞めるメリット

・ブラック企業に見切りを付けられる
・早い段階で自分に合った仕事が見つかる
・心機一転の切り替えができる

短期離職した人が転職活動を有利に進めるには?コツはある?

短期離職した人が転職活動を有利に進めるには?コツはある?

ここからは、短期離職した人に向けて、転職活動を有利に進めるためのノウハウやコツを紹介します。

短期離職をしていると、採用企業側はマイナスイメージを持ちます。

マイナスからプラスに挽回しなければいけませんので、通常の選考対策では不十分です。

短期離職者は、マイナスからのスタートなので、相応の対策をするのが大事です

短期離職から転職を有利に進める方法

・離職期間をなるべく短くする
・短期離職の理由を他責にしない
・複数エージェントで選択肢の幅を広げる
・各社ごとに面接対策をする
・年収を高望みしない

それぞれを詳しく見ていきましょう。

短期離職から転職を有利に進めるコツ
① 離職期間をなるべく短くする

「離職期間」はできるだけ短い方が、転職活動に有利です。

離職期間が長くなると、履歴書や職務経歴書において空白期間が目立ちます。

結果的に、将来の転職やキャリアアップにおいてデメリットになる可能性があります。

キャリアの断絶を防ぎ、自己の成長やスキルの継続的な発展につなげることが重要です。

特に、日本社会は離職期間を嫌う人が多い傾向にあるよね…

実際、離職期間を「プー太郎」や「ニート」と言って揶揄する人が多いですからね。

離職期間の目安も提示しておきますね。

離職期間の目安

・1ヶ月:ぜんぜん許容範囲
・3ヶ月:面接時に聞かれる程度
・6ヶ月:理由付けが必要なレベル
・1年:事情を深く聞かれる
・3年:面接官から心配される
・5年以上:大丈夫?という反応になる

目安としては、3ヶ月以内に次の就職先を見つけるようにしましょう。

6ヶ月を過ぎると、採用面接官から深く質問される傾向があるからです。

短期離職から転職を有利に進めるコツ
② 短期離職の理由を他責にしない

短期離職をしてしまった人は、理由を他責にせず深く考える必要があります。

面接でお見送りになるケースで多いのは、「短期離職の理由が他責だから」です。

例えば、以下のような理由です。

他責理由の例

・上司が合わなかった
・会社がブラック企業だった
・仕事が合わなかった
・残業時間が長かった
・休日出勤が多かった

などなど

転職の面接で、「短期離職した理由は、上司が合わなかったからです」という回答だけだと、当然、不採用になります。

企業側は、「もし、自社の上司とも合わなかったらすぐに退職されるかもしれない…」と思うからです。

具体的にどのような部分が合わず、自分から改善する行動を行い、なぜ改善の結果が得られなかったのか?まで詳しく説明する必要があります。

短期離職した理由は、他責にせず、自分なりに改善行動をした結果まで述べるとGoogです

とは言え、短期離職の理由は、他責に考えてしまいがちですよね。

1人では考えにくい人は、キャリアコーチングでサポートしてもらうのが、おすすめです。

キャリアについて本気で考える時間」を設定することで、短期離職の理由を面接官が納得しやすい理由に変換することができます。

短期離職から転職を有利に進めるコツ
③ 複数エージェントで選択肢の幅を広げる

短期離職をしてしまった人が転職を有利に進めるには、複数の転職エージェントを並行して利用しなければいけません。

転職エージェントを複数利用するメリットを、現役エージェント目線で紹介しますね。

転職エージェントは複数利用する方が、選択肢が増えて有利に進めることができます!

複数エージェントを使うメリット

・求人の選択肢が増える
・求人の抜け漏れが減る
・年収交渉をしやすくなる
・エージェントに力を入れてもらいやすくなる

などなど

転職エージェントも事業として行っています。

なので「転職が決定しそうな人」を優先的に対応します。

「複数の転職エージェントを使っている人」は、転職意欲が非常に高く転職する意思が高いことをエージェント側に示すことができます。

加えて、エージェントも他社のエージェントに負けないように、どんどん積極的な求人提案をしてもらいやすくなります。

私がおすすめするのは、2つの総合型エージェントと1つの特化型エージェントを利用することです。

総合型なら「リクルートエージェント」「doda(デューダ)」「マイナビエージェント」だと、外れません。

特化型エージェントは、業界や職種、年代別に特化した転職エージェントです。

【業界・職種特化】オススメの転職エージェント・サイトを厳選紹介の記事で、各エージェントの特徴を解説しています。

複数エージェントと話を進めるのは大変ですけど、転職が有利に進むなら使うべきですね。

短期離職から転職を有利に進めるコツ
④ 各社ごとに面接対策をする

短期離職をした人は、面接機会も少なくなりますので、貴重な面接機会を無駄にしてはいけません。

転職の面接は「事前準備」が勝敗を決すると言っても過言ではありません。

転職面接の事前準備は、かなり重要です!

面接準備の有無は、話せばすぐにバレます。

最低限、以下のような項目は確認しておきましょう。

面接前に必ず準備しておきたい内容

・企業のHPに目を通す
・採用背景を確認する
・転職軸を言語化する
・企業が欲しがっている人物像を想像する
・転職理由をネガティブからポジティブに変換する

短期離職した人こそ「面接対策」に力を入れるべき!

最低でも1社15分程度はリサーチしましょう!

1人でリサーチしたり面接対策したりするのが難しいと感じる人は、転職エージェントを利用しましょう。

担当アドバイザーに面接対策を申し込めば、各社ごとに対策してもらえます。

短期離職から転職を有利に進めるコツ
⑤ 年収を高望みしない

短期離職から転職を有利に進めるポイントとして、「年収を高望みしない」という点もあります。

年収は高ければ高いほど嬉しいのは間違いありませんが、分相応の年収がおすすめです。

例えば、20代で年収1,000万円クラスの求人は、超高学歴で有名企業で高い実績を出していた人でなければ難しいです。

短期離職を繰り返している人が、いきなり年収1,000万円なんて、正直無理です。

身の丈に合った年収を求める必要があります。

身の丈に合った年収が分からないんですけど…

希望年収の水準が分からない人は、「現職以上を希望」とするのが良いでしょう。

もしくは、転職エージェントに年収の相場感を聞くのもOKです。

極端に年収の高い求人には、必ずカラクリがありますので、注意しましょう。

以上ここまで、短期離職から転職を有利に進める5つのコツを紹介しました。

短期離職から転職を有利に進める方法

・離職期間をなるべく短くする
・短期離職の理由を他責にしない
・複数エージェントで選択肢の幅を広げる
・各社ごとに面接対策をする
・年収を高望みしない

転職後1年未満におすすめの転職エージェント

短期離職をしてしまった人は、複数の転職エージェントを併用利用して、選択肢の幅を広げる必要があります。

1社のみ利用していると、担当者との相性が悪い場合も考えられますので、複数の選択肢を持つようにしましょう!

現職で忙しくても転職エージェントを使えば、面倒な転職活動をサポートしてくれますよ

転職エージェントをおすすめ順に紹介していきます。

リクルートエージェント

リクルートエージェント

<リクルートエージェントの特徴>

・業界No.1の求人数で全業界職種をカバー
・非公開求人数の多さで業界を牽引
・キャリアアドバイザーのサポートが手厚い

総合評価
求人数公開求人:約230,000件
(非公開求人:約200,000件)
サポートヒアリングが丁寧な一方で、担当者によって対応の差があるとの声もあり。
対象20代から50代以上まで
料金完全無料
公式HPhttps://www.r-agent.com
運営会社株式会社リクルート
横にスクロールできます ⇨

リクルートエージェントは、業界No1の求人数を誇る転職エージェントです。

規模だけでなくサポートの質という点においても満足度1位のエージェントです。

実際に、私も転職時に利用しました。

求人数が多いことで、応募者によりマッチした求人を紹介できるので、転職後の離職が少ない特徴もあります。

キャリアアドバイザーのサポート体制も充実しており、万全の体制で転職活動を進めることができます。

Click here

<転職実績No,1>
リクルートエージェント公式サイト ▶︎

doda(デューダ)

doda

<dodaの特徴>

・キャリアアドバイザーのサポートが丁寧
・転職サイトもあるので併用利用がしやすい
・業界第2位の求人数と支援実績有り

総合評価
求人数公開求人:約142,000件
(非公開求人:約58,000件)
サポートキャリアアドバイザーのサポートが丁寧
対象20代から50代以上まで
料金完全無料
公式HPhttps://doda.jp
運営会社パーソルキャリア株式会社
横にスクロールできます ⇨

doda は、大手転職エージェントとしてトップレベルの求人数と支援実績を持つエージェントです。

利用者が多く「キャリアアドバイザーの質が高い」と評判の良いエージェントです。

特に20代・30代の利用者が多く、初めての転職活動に最適な転職エージェントと言えます。

また転職サイト「doda」も運営していることから、転職サイトと転職エージェントを併用利用できるのも良い点です。

転職サイトとエージェントを併用利用できるというメリットがあります

Click here

<年収アップの転職へ>
dodaエージェントへ相談する ▶︎

ハタラクティブ

<ハタラクティブの特徴>

・未経験から確実に正社員を目指せる
・20代、第二新卒、既卒に強い
・初めての転職者に強くサポート力も強み

ハタラクティブは未経験からの正社員採用内定率80%以上です!

Click here

<確実に正社員へ!>
ハタラクティブの公式サイトへ ▶︎

転職後1年未満での短期離職に関するよくある質問

短期離職1年に関するよくある質問

最後に、転職後1年未満で転職・退職に関するよくある質問を見ていきます。

Q. 短期離職を2社繰り返すと、どうなりますか?

A. 年齢や経験によるが、2回だとそこまで大きな問題にはならないです

短期離職を繰り返すことで、転職市場での市場価値は下がっていきますが、2社程度だとそこまで大きく下がることはありません。

短期離職の理由次第ですが、2社短期離職を繰り返した後に、ホワイト企業に転職を成功させている人もいます。

短期離職を2社繰り返しても、まだまだ挽回できます!

何回までセーフなのか?についても、以下の記事で考察しています

Q. 1年未満の転職活動は不利になりますか?

A. どちらからと言えば「不利」になります。

上述したように、1年未満の転職活動は「短期離職」と判断されることが多く、状況や理由次第な部分もありますが、マイナスなイメージを持たれることが一般的です。

実際、Yahoo知恵袋にも、似たような質問が投稿されていました。

就業してから一年以内に転職活動すると短期離職で不利になるのでしょうか?

Yahooより引用

回答内容としては、「どちらかと言えば不利」や「状況や理由次第で変わる」といった回答が多かったです。

一般的な転職市場の判断だと、就業後1年未満の転職活動は、不利になってしまいます。

Q. 短期離職を繰り返した人の末路は?

A. 4回、5回、6回と短期離職を繰り返す度に、転職難易度は上がっていきます

短期離職を繰り返すと、給料が低くブラック企業の求人しか選択肢がなくなります。

実際、Xの投稿にも悲惨な末路を嘆いている人の声がありました。

短期離職を繰り返した人は、給与が低くなりますね…

Q. 短期離職の上手な言い訳はありますか?

A. 言い訳を考えるよりも、正直に悪かった部分は反省する方が賢明です

Yahoo知恵袋にも似たような質問が投稿されていました。

面接での退職理由、うまい言い方はあるでしょうか。

前職で若干いじめ…といいますか、上司とそりが合わず、何とか努力しましたが上手く関係が築けず一年程で退職しました。

無職期間も長引いており、職安で相談したところいっそのこと正直に言ってみたら?とのことでした。

Yahooより引用

嘘や言い訳を付いてしまうと、後からさらに言い訳を繰り返す必要があるかもしれません。

そのようなリスクを背負うのであれば、公明正大に正直に自分が悪かった部分は、反省した旨を伝える方が得策と言えます。

面接官を出し抜こうとしても、見破られてしまうのがオチです…

正直に言うのがおすすめです

まとめ: 転職後1年未満の転職でも成功できる

転職後1年未満の短期離職の末路は?

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、転職後1年未満で短期離職をした人のデメリットや末路、転職に成功するためのコツを解説してきました。

短期離職は、転職市場で不利に働くことが多いですが、短期離職の理由を論理的にまとめたり、各社ごとに面接対策を徹底したりすることで、転職に成功できます!

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終了とします。

本記事の要点まとめ

・1年の短期離職はネガティブな印象を持たれる
・転職後1年未満で転職している人は”18.7%”
・短期離職はすぐ転職する癖が付いてしまう
・短期離職の理由付けや面接対策で挽回できる
・年収の高望みはせず地に足を付けて考える必要有り

短期離職からでも大手企業への転職は可能です

理由や面接の準備を徹底することで、他者との差別化もできます

転職後1年以内の転職
おすすめの転職エージェント

合わせて読みたい

「短期離職」や「20代転職」に関連する、おすすめの記事をまとめました。

20代で2回目の短期離職をした人の末路は?

【解決】20代で2回目の短期離職をした人の末路は?何回までセーフ?転職成功のコツを解説

30代で短期離職はヤバい?

【解決】30代で短期離職はヤバい?転職回数4回以上から人生挽回する方法を紹介

短期離職でもなんとかなる?

短期離職でもなんとかなる?具体的な対策とメンタルを徹底解説

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA