はじめに ▶︎

【悲報】向いてない仕事を続けた結果が悲惨…20代・30代の時間は二度と戻ってこない

向いてない仕事だと思っていますが….

なかなか退職や転職に踏み切ることができません….

このまま続けた場合どうなりますか?

このページに辿り着いた方は、

⚪︎向いてない仕事を続けるとどうなる?

⚪︎向いてない仕事だと判断するには?

⚪︎向いてない仕事から抜け出す方法はある?

というお悩みをお持ちのことでしょう。

ズバリ、結論を申し上げると、

向いてない仕事を続けるデメリットは想像以上に大きく、今すぐ何かしらのアクションをするべきです。


実際に、現代では20代から転職してキャリアの方向性を変更する人も多くいます。

筆者も新卒入社した会社を約1年半で辞めて海外転職をしました。

終身雇用が終了した今、複数の会社でキャリアを築くことが当たり前になりつつある

⚪︎転職2.0

⚪︎転職と副業のかけ算
⚪︎転職の思考法
⚪︎いつでも転職できるを武器にする

上記の書籍で『令和の転職』に関しての有識者の考えが述べられています

このページの内容

⚪︎向いてない仕事を続ける3つのデメリット

⚪︎向いてない仕事を続けた場合の最悪のケース

⚪︎向いてない仕事だと判断する5つのポイント

⚪︎向いてない仕事から完璧に抜け出す方法

それでは、詳しく見ていきます。

向いてない仕事を続ける3つのデメリット


向いてない仕事を続けることは、予想以上に大きなデメリットがあります。

時間のロス」や「健康への悪影響」だけではなく、中長期的な自分への自信の低下も引き起こされます。

向いてない仕事を続ける3つのデメリット

1. 貴重な20代・30代の時間を失う

2. ストレスが溜まり健康に害を及ぼす

3. 自信がなくなり自己肯定感が下がる

それぞれを詳しく見ていきます。

1. 貴重な20代・30代の時間を失う

時間は有限。20代・30代の時間は戻ってこない


20代や30代で「向いてない仕事」に直面している人は、かなりの数でいらっしゃると思います。

断言しますが、20代・30代の時間は想像以上に価値が高いです。

例えば、80歳の人から100億円渡すから人生を交換しよう、と言われたらどうしますか?

100億円が自分のお金になるとしても、80歳にいきなり変身しますか?

私だったら絶対にしません。

つまり「今」という時間の価値は100億円以上あるということです。

アメリカ自動車産業に革命をもたらした「ヘンリーフォード」は、時間に関わる以下のような名言を残しています。

たいていの成功者は他人が時間を浪費している間に先へ進む。

これは私が長年、この眼で見てきたことである。

ヘンリーフォードより引用


石の上にも3年」という言葉が揶揄されますが、彼のように本当に成功したい人は、向いてない仕事でくすぶっている暇はありません。

今すぐ、解決策を見つけましょう。

2. ストレスが溜まり健康に害を及ぼす

向いてない仕事は健康に害が出る?

2点目の問題は「ストレスによる健康被害」です。

仕事はストレスの多いものです。

厚生労働省の調査によれば、約60%近くの人が「職場でストレスを感じる」と回答しています。

また、ストレスの原因には、第1位に「職場の人間関係」、第2位に「仕事の質の問題」第3位に「仕事の量の問題」という順になっています。

ストレスの多い仕事を続けることによる健康被害は、想像に難しくありません。

実際に筆者も、仕事によるストレスから腹痛に始まり睡眠障害、健康被害などに繋がった友人を多く知っています。

向いてない仕事を続けることによるリスクは「健康面」にも大きな影響を与えます。

向いてない仕事を続けることは、健康上にも悪い!

3. 自信がなくなり自己肯定感が下がる

3点目は、向いてない仕事を続けることによって自己肯定感が下がることです。

マイナビ転職の調査によれば、20代の68.4%が「自分の仕事に自信を持てていない」という結果が出ています。

マイナビ転職による調査より引用

約7割は自分の仕事に自信が持てていない状況なんだね….

マイナビ転職による調査では、さらに「自信を失うきっかけとなった言葉」として、以下のような体験をしていることが分かっています。

< 自信を失うきっかけとなった言葉>

・全然だめですね
・前に教えたよね?
・思ってのと違った
・泣いていたら仕事できなくなるよ
・はぁ??
・これはラフ?、それとも完成形?
・ほかの人はできてる
・もういい
・給料泥棒
・この仕事に向いてないんじゃない?

いかがでしょうか。

直接言われないにしても、どこかで耳にしたような言葉ばかりですね….

向いてない仕事を続けた場合は、結果も残せず、周囲からは厳しい一言を言われ、仕事に対して積極性を保つことが難しくなります。

自然と自分への自信もなくなり、結果として自己肯定感の喪失に繋がっていきます。


ここまで、向いてない仕事を続けた場合の3つのデメリットを紹介してきました。

向いてない仕事を続ける3つのデメリット

1. 貴重な20代・30代の時間を失う

2. ストレスが溜まり健康に害を及ぼす

3. 自信がなくなり自己肯定感が下がる

向いてない仕事を続けた場合の最悪のケースとは?

実際に、向いてない仕事を続けてしまった先輩型の意見を見てみましょう。

主に、Twitterを中心に抜粋しました。

世間のビジネスパーソンは様々な悩みに晒されていることが分かりますね。

向いてない仕事を10年も続けた場合は、その後に「やりたいこと」は見つけるのは難しいですね…

向いてない仕事だと思うと、ネガティブになり吉沢亮に飼われる猫になりたい欲求が増すようです。

Twitterに呟くほど….悲惨ですね

向いてない仕事から抜け出した後は、明日の仕事が楽しみになる!

向いてない仕事だと判断する5つのポイントとは?

「向いてない仕事はどうやって判断したらいい?」


続いて、向いてない仕事だと判断する5つのポイントを見ていきます。

少しでも「自分には向いてないのかも…」と思っている人は、最後までご覧ください。

向いてない仕事だと判断する5つのポイント

1. 3年経過しても「向いてない」と思った時

2. 仕事にやりがいを感じない時

3.ミスが止まらない、止める気がおきない時

4. 全く給料が上がらない、むしろ下がった時

5. 自分の強みが活かせてないと感じた時

それでは、詳しく見ていきます。

1. 3年経過しても「向いてない」と思った時

20代・男性
20代・男性

入社3年目。仕事ができない….

大学卒業後、メーカー(重電関係)に就職し、営業職(受注生産品を担当)についてます。

入社3年目と言えば、皆さんそれなりに仕事を覚えてきてある程度のことはできるようになる頃かと 思います。

しかし、私は未だに任される仕事の大半をこなすことができません。 毎日、怒鳴られる毎日です。 原因は ①私の能力が足りない(もしかしたら私の仕事に対する「心構え」がなってない?) ②仕事のレベルがあまりに高すぎる の二つだと思います。

入社2年が経過してから体調を崩すようになり、今ではストレス性の腸炎と診断され、休職することになってしまいました。




Yahoo知恵袋より引用

Yahoo知恵袋に寄稿された質問です。

入社3年が経過しても様々な理由から仕事についていけない自分がいることにストレスを感じている人がいました。

ご自身で理由を分析されており「①自分の能力もしくは心構え不足」で「②仕事のレベルがあまりにも高すぎる」という結論を出されていました。

本社や支社といった立場的な要素から、かなり重く悩んでいる様子でした。

実際に、自分の能力不足や仕事のレベルが原因で悩んでいる人はたくさんいますよね

あまりにも理不尽な上司の要求や顧客からのクレームに悩まされている人も多いのではないでしょうか。

本質問者様への回答は「自分を責めすぎにゆっくり休んでね」や「客観的な意見を聞く場を設けたらどうでしょうか」といった内容でした。

入社3年が経過して「仕事に向いてない」と感じる場合は、誰かに相談してみても良いでしょう。

身近に相談できる人がいない場合は「キャリアコーチングサービス」もオススメです。キャリアや採用のプロがあなたの悩みに的確なアドバイスをしてくれますよ。

筆者オススメは「マジキャリ」と「ポジウィルキャリア」です。

2. 仕事にやりがいを全く感じない時

続いては「仕事にやりがいを感じない時」です。

男性
男性

仕事にやりがいを感じない。 これは早く転職を考えた方がいいですかね??

Yahoo知恵袋にも「仕事へのやりがい」に関する質問が寄稿されていました。

2件の回答がありましたので、それぞれご紹介します。

回答①
回答①

働き手にやりがいを感じさせるために会社が存在する訳では無いですからね。

どんな仕事でも3年位は働いてみないと分からないと思います。 やりがいを感じられるかどうかは自分の心の持ち方次第です。ブラック企業だったり、体調を崩す程自分に合わないというのであれば転職を勧めますが。

仕事のやりがいの有無があなたにとって重要なら、起業する事が一番です。

良くも悪くも自分の意思決定、行動次第ですから


Yahoo知恵袋より引用)

回答②
回答②

やりがいなんて、感じた事の方が少ないです。

ほぼ皆無かも。

仕事はそりゃ「やりがい」も重要なのでしょうけれど、生活の為、食べていく為の方にウェイトをおいているので

Yahoo知恵袋より引用)


仕事のやりがいは、基本的に感じることはない」というのは確かに納得できる部分もあります。

生活の為に仕事をしている場合「やりがい」は切り捨てた方が良いことは確かです。回答者①の方が仰るように、仕事にやりがいを求めるなら「起業」が1番です。

全て自分の意思決定で動かすことができるからです。

もしくは、私のように副業から始めてみるのも良いでしょう。経営者目線が培われるのでサラリーマンの方にこそオススメです。

結論、仕事で「やりがいを感じない」場合は、生活の為と割り切るか、思い切って副業や起業に挑戦してみるのが良いでしょう。


※関連記事※
▶︎【ブログの始め方】ブログ運営の3つのメリット!

3. ミスが止まらない時

ミスが止まらない」も多くの人が悩んでいることです。

スーパーマンでも1人の人間なので、ミスはあります。

しかし、同じようなミスを連続でしてしまうのは、精神的にもやられてしまいますよね。

自分ではミスを防ぐように行動しているのだけど….

という人も多いでしょう。

実際に、Yahoo知恵袋にも以下のような悩みが寄稿されていました。

仕事でミスが止まりません。
約半年経ったのですが、ミスが耐えません。 同じミスはしていないのですが、新人がやらかすミスを全部しました。


詳しくYahoo知恵袋でみる

「ミスが止まらない時」は、職種の変更を考え始める良いきっかけなのかもしれません。

余談ですが、私は細かい書類ミスをめちゃくちゃします。

もう何回も同じ箇所で計算ミスや誤字脱字をしてます。

でも、不思議なことに怒られることはありません。

なぜなら、別の場所で価値を提供しているからです。

私の場合、営業の最前線で顧客の悩みを解決することに専念しています。正直、細かな書類ミスや計算ミスはどうにでも調整できる、と思っているからです。

私がバックオフィスの書類関係をチェックする仕事だと思えば、、、、背筋がゾクっとするほど仕事がいやになるでしょう。

ミスが連発する人は、職種を変えてみるのも一つの手段です!

4. 全く給料が上がらない、むしろ下がった時

給与が上がらない時は転職の一択!

給料が上がらないのは、仕事が向いてない証拠と言えます。

残念ながら「転職」一択です。

3年ほど給料が上がってない上に、最近少し減ってしまいました….

不景気が影響しているんでしょうか….

いいえ。

完全に「仕事が向いてないから」です。

時給で働くアルバイトや契約社員にも同じことが適用できますが、仕事を続ければ基本的に仕事は上達します。

1週間目の見習い寿司職人と、1年続けた寿司職人は腕が全然違いますよね。

簡単な話です。

しかしながら、仕事を続けているにも関わらず「給与が増えない」や「給与が減る」ようなことがあれば、仕事が向いてない証拠と言えます。

不景気の影響はほとんどありません。

優秀な人は、不景気でも重宝されるからです。


※関連記事※
▶︎【転職者必見】「年収上げたい」を叶えます

5. 自分の強みが活かせてないと感じた時

売上集計から販売予測を立てるのが得意なのに、

任される仕事がイベントや展示会の企画ばかりです…

でも上司には言いにくいので我慢しています…

自分の強みは〇〇だ!!

と自信満々に言える人は、そう多くないと思います。

しかし、薄々感じながらも「もっと、こうゆう事がしたいのになぁ」と感じている人はいるでしょう。

「自分の強みが活かせていないと長く感じた時」は、向いてない仕事のサインなのかもしれません。

適材適所」という言葉があるように、仕事に向き不向きはあって当然です。

自分の適正を知るために「ミイダス」や「View」の適正検査をしてみることをオススメします。



以上、向いてない仕事を判断する5つのポイントをご紹介しました。

向いてない仕事だと判断する5つのポイント

1. 3年経過しても「向いてない」と思った時

2. 仕事にやりがいを感じない時

3.ミスが止まらない、止める気がおきない時

4. 全く給料が上がらない、むしろ下がった時

5. 自分の強みが活かせてないと感じた時

【注意】向いてない仕事を安易に辞めるのはさらに危険?

ここまで「向いてない仕事だと判断する5つのポイント」を紹介しましたが、該当する場合も勢いで現職を辞めてしまうのは、全くオススメしません。

『転職活動は現職中から』

という格言があるように、離職中の転職活動は求職者にとって圧倒的に不利な状況となります。

どんなに向いていない仕事でも、安易に辞めるのは危険です

具体的には、以下のようなデメリットがあるからです。

⚪︎「離職中」というレッテルを貼られる

⚪︎生活費から貯金が減る

⚪︎「仕事がない」という焦りが生まれる

⚪︎年収交渉で不利になる

総じて、転職活動で企業側に主導権を握られる形になります

何度も言いますが「転職先が決まってから退職の申し出」を行いましょう。

向いてない仕事から完璧に抜け出す方法とは?

続いて、向いてない仕事から完璧に抜け出す具体的な方法について見ていきます。

向いてない仕事を続けることはデメリットしかありません。

早急に解決策を見つけていきましょう。

向いてない仕事から完璧に抜け出す方法

1.適正診断を活用して「自分が何者か」を知る

2.現職で何とか解決できないか探る

3. キャリアのプロに相談してみる

それぞれを詳しく見ていきます。

1. 適正診断を活用して「自分が何者か」を知る


「自分が何者か」を知るには、適性診断を利用をしましょう。

特にオススメは「ミイダス」と「VIEW」です。

ミイダス」は、経験とスキルなどの情報から自分に最適な企業からスカウトを受けられるアプリです。

特に、無料診断で「現在の市場価値」「強みやストレス要因(コンピテンシー)」「個性や心の状態(パーソナリティ)」といった分析ができ、自己理解を深めるための手助けになります。

筆者も実践してみましたが、当たりすぎてビビりました

可能性診断を用いた転職ならミイダス | 転職者向けサイト | ミイダス

Click here

< 無料で診断可能 >
ミイダスを詳しく見てみる ▶︎

続いて「VIEW」です。

VIEW」は、若手ハイクラス向けの転職アプリです。

プロフィール情報を入力すると、20,000人以上のキャリアデータから導き出された、キャリアの方向性や転職先のポジションを提示してくれます。

キャリア形成支援にも力を入れており、スキルアップセミナーやキャリアにまつわる最新情報の配信も参考になります。

AIキャリアシミュレーション『VIEW』を発表 - 株式会社ASSIGN | 20代-30代ハイエンドの転職支援

Click here

<20代 ハイクラスに特化>
VIEWの無料診断を試してみる ▶︎

自分の適性」を知る手がかりになりますので「自分の適正がよく分からない」や「自分の特徴や強さを知りたい」という人に是非ともオススメします。

両方とも無料なので、適正診断結果を比べればさらに理解が深まるでしょう。

まずは手取り早く自己理解が深まる適正診断から実践してみましょう!

2. 現職で何とか解決できないか探る

転職よりも現職での解決策を探るのが先

「向いてない仕事」に直面した場合、真っ先に転職を検討する人が多いですが、正直オススメしません。

誰もが転職できる時代になりましたが、あまりにも多い転職回数は、マイナスイメージを持たれることは言うまでもありません。

できる限り、現職で何とか解決できないかを探ることが先決です。

転職は、最終手段と思った方が良いでしょう。

一つのアドバイスとして、自分の短所を見るのではなく、長所を見ることがオススメします。

短所を克服した平均的な人になるよりも、何か一つの分野に突出した人の方が市場価値が高まる傾向にあるからです。

実際、私が前職で感じた体験談を以下にまとめています。

良かったら参考にしてみてください。


※関連記事※
▶︎【苦手なことより得意なことを伸ばす】人生に「苦手を克服する暇」はない

3. キャリアのプロに相談してみる

最後にご紹介するのは、最近利用者が増えている「キャリアコーチングサービス」を活用する方法です。

1日中求人サイトを眺めて「今よりも待遇の良い仕事」を探したところで、大した意味はありません。本質的に働くことに向き合い、自分軸を見つけることが何よりも大切です。

キャリアコーチングは、有料サービスですが、お金を払ってでも手に入れたい確固たる自分軸やキャリアプランを手にすることができます。

将来のモヤモヤを払拭するのは、今しかない!

実際、筆者も何度か相談してみましたが、かなり有意義な時間でした。

悩んでいても始まらないので、キャリアのプロに相談してみるのも良いでしょう。

おすすめは「マジキャリ」と「ポジウィル」です。

私自身も体験していますし、何より口コミ数が多く安心感のあるサービスです。私自身が体験してきた感想を以下のページでまとめていますので、詳しくは以下をご覧ください。

※関連記事※
▶︎【体験談】マジキャリは無料相談だけでもいい?強引な勧誘はない?

▶︎【体験談】ポジウィルキャリアの無料相談を受けた感想は?無料相談だけでも問題ない?

【まとめ】向いてない仕事はデメリットしかない!今すぐ行動しよう!


さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで「向いてない仕事」のデメリットや判断基準、対処法をご紹介してきました。

最後に、もう一度ポイントをまとめます。

本記事のポイント

⚪︎向いてない仕事を続けることはデメリットでしかない!

⚪︎闇雲に転職活動をするのではなく、軸を持って行動すること

⚪︎向いてない仕事かも?と思った際は、適正診断を受けてみること

向いてない仕事」に時間を浪費する必要はありません。

本当に自分がやりたいことを見つけて、色鮮やかなキャリアを構築していきましょう。

【解決】仕事で何がしたいか分からない20代へ!やりたいことがないことは普通!? 【入社3年目で仕事についていけない】7つの悩みを要素分解したら結論が見えてきた話。


向いてない仕事だと思っているけど、なかなか退職できない…」や「退職したいけど上司が….」と思っている人は、最近流行りの退職代行サービスも検討してみてはいかがでしょうか。

お金を払ってブラック企業からキッパリと退職することができます。

満足度が高く安心できるサービスを以下にまとめました。

<満足度が高く安心の退職代行サービス3選>

⚪︎1位:辞めるんです
【公式】https://yamerundesu.com

業界初の後払いサービス!実績件数7,000件超えの退職率100 %の安心サービス!一律27,000円

⚪︎2位:退職代行ガーディアン
【公式】https://taisyokudaiko.jp

労働組合法人が「確実」「即日」「365日対応」のスピード退職サービスを運営!一律29,800円

⚪︎3位:退職代行Jobs
【公式】https://jobs1.jp

弁護士監修に加えて労働組合と連携済み!弁護士監修で安心の27,000円

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA