はじめに ▶︎

【解決】転職したいけどスキルがないと嘆く20代に読んでほしい

転職したいけどスキルがない20代

20代
20代

転職したいけどスキルがないです…

こんな自分でも転職できますか…?

本ページにたどり着いた人は、
・転職したいけどスキルがないので不安…
・20代でスキルが無くても転職できる?
・スキルのない20代は何をしたらいい?

といった疑問や不安をお持ちのはずです。

20代の転職は、スキルの有無によって転職成功の可否が決まると言っても過言ではありません。

そこで本ページでは、転職したいけどスキルがないと悩んでいる20代諸君に向けて、20代で転職を経験し現在は転職エージェントとして働いている私がズバリ解説していきます。

結論、20代でスキルがなくても、ポテンシャルをアピールすることで、優良ホワイト企業に転職することができます。

スキルがないと嘆いている20代は、最後まで読み込んでいきましょう!

未経験転職に強い
おすすめの転職エージェント

未経験で転職を成功させるには、転職エージェント選びが重要なポイントです。

転職エージェントの力量次第で、転職後年収が100万円以上変わることもあるからです。

▶︎リクルートエージェント
大手・実績No.1 で安心

リクルートエージェント

<転職実績No.1!>
リクルートエージェント公式サイトへ ▶︎


▶︎ アゲルキャリア
20代に強い!スピード内定

アゲルキャリア

<第二新卒・既卒向けエージェント!>
アゲルキャリアの公式サイトへ ▶︎

▶︎アサイン
若手ハイキャリア向け

アサイン

<若手ハイキャリアに特化>
アサインの公式サイトへ ▶︎

▶︎ハタラクティブ
未経験から正社員を目指す

ハタラクティブ

<スキル無しから正社員に転職>
ハタラクティブの公式サイトへ ▶︎

転職活動をしながら並行してスキル獲得もしたい人は「WorX(ワークス)」がオススメです。

約200時間のスキルアッププログラムを受けて、成長業界・企業に転職できます。

転職活動とスキル獲得を同時に行い、市場価値の高い人材を目指せます!

スキル獲得で年収アップを目指す

目次

転職したいけどスキルがないと嘆いている20代へ

転職したいけどスキルがないと嘆いている20代へ

転職したいけどスキルがない」と嘆いている人に、20代転職のリアルな真実を3つお伝えします。

嘆く前に、まずは客観的な事実を知り現状把握をしましょう。

転職したいけどスキルがないと嘆いている人へ

20代転職は”スキル”よりも”ポテンシャル”
② そもそも20代の前提は「スキル」がない
③ 30代のスキル無し転職はかなり難しい

それぞれを詳しく見ていきます。

① 20代は「スキル」よりも「ポテンシャル」

まず、20代転職で重視されるのは「スキル」よりも圧倒的に「ポテンシャル」です。

20代の第二新卒枠であれば、特に熱意や将来性が重視されます。

企業側は、これからの3年や5年後を見据えて、20代のフレッシュな人材を採用するからです。

20代転職では、スキルよりもポテンシャルが重視されるんですね!

② そもそも20代はスキルがない前提

そもそも20代では「スキル」や「経験」が十分ではない前提です。

ストレートで大学を卒業したとしても、20代最後の29歳では、社会人経験が10年も経過していません。

40代や50代のビジネスパーソンと比べれば、二倍以上の経験年数の差があることは、紛れもない事実です。

特に、理系分野や特定の専門技術の場合は「経験年数の差」が「スキルの差」に直結します。

文系営業職では、営業一筋15年以上の人は、会話の組み立て方が全く違います。

採用企業側も、当然「経験の差」は認識をしています。

なので、20代にそもそも「スキル」や「経験」を全く求めていない企業すら存在します。

採用企業側の本音

・経験、スキルを持つ中途採用は30代後半以上
・20代採用は、大半がポテンシャル採用する
・20代採用は、3年・5年後を見据えて採用する

これが、20代でスキルがなくても転職ができる理由なのです。

採用企業側の本音は「20代は、スキルよりも人物面」です!

③ 30代のスキル無し転職はかなり難しい

30代以降のスキル無し転職は、正直かなり難しいのが現実です。

35歳転職限界説」を聞いたことがある人もいるはずです。

30代中盤以降になった場合、ポテンシャルや将来性といった市場価値が急激に下がります。

逆に捉えれば、「35歳程度までに、自分が何のスペシャリストになるのか」を決めておかなければいけません。

要は、仕事・スキル・キャリアの軸を定めて、その道のプロになることを目指す必要があります。

なので、言ってしまえば「35歳までは何しても良いので、自分の適正を見つけるべき」と言い換えることもできますね。

とにかく、30代以降でスキルや経験が少なく、転職しようとしても、かなり厳しいのが現実です。

30代以降のスキル無し転職はかなり難しい…

20代の内に巻き返したい人・転職して業界や職種を変えたい人は、1秒でも早く次の動きを始めるべきです。

30代になってから考える状態では、遅すぎるからです

以上ここまで、転職したいけどスキルがないと嘆いている人に向けて3つの事実をお伝えしました。

転職したいけどスキルがないと嘆いている人へ

20代転職は”スキル”よりも”ポテンシャル”
② そもそも20代の前提は「スキル」がない
③ 30代のスキル無し転職はかなり難しい

スキルがなくても転職できる理由は?

転職したいけど20代でスキルがない、、、と嘆いている人はたくさんいます。

20代は「スキル・経験」よりも「ポテンシャル・熱意」が重視される点を解説してきました。

スキルがなくても転職できる理由は4つあります。

スキルがなくても転職できる理由

・20代は伸び代があるから
・若手人材不足の会社が圧倒的に多いから
・会社側の人件費負担が抑えられるから
・そもそも20代でスキルが無いのが前提だから

それぞれを詳しく見ていきます。

採用する企業側の視点から、それぞれの理由詳細を見ていきましょう!

スキルがなくても転職できる理由
① 20代は伸び代があるから

20代は、30代や40代に比べて単純に伸び代があると判断されます。

採用企業側が、特に伸び代があると思う人の特徴はどんな人でしょうか?

伸び代がある人の特徴

・素直な心を持っている
・主体的に行動ができる
・周囲との協調性が高い
・発言と行動が一貫している
・他社に配慮した行動ができる

などなど

20代は伸び代があると判断されますが、さらに、その中でも伸び代がある人と判断されるようにしましょう。

スキルがなくても転職できる理由
② 若手人材不足の会社が圧倒的に多いから

どこの会社も若手人材の確保に苦戦しているものです。

日本の労働人口は減り続けていますので、若手人材はずっと右肩下がりに減り続けている状態です。

その中でも、企業は将来のために若手人材を採用する必要がありますよね。

なので最悪言ってしまえば、20代でスキルがなくても「20代」というだけで採用されるケースもあります。

それくらい「年齢」は大きなアドバンテージになります。

極端な話、スキルが全くない20代と、スキルが人並み程度の50代であれば、企業は20代を好む傾向があります!

スキルがなくても転職できる理由
③ 会社側の人件費負担が抑えられるから

20代の給与は、総じて低く抑えることができます。

30代や40代の働き盛りであれば年収もある程度高くなりますので、採用企業は多額の給与を支払わなければいけません。

しかし、20代であればそこまで年収を高く設定する必要がありません。

採用企業からすれば「失敗した場合のリスクが少ない」ということです。

多少スキルが少なくても、20代であれば採用されるということですね。

スキルがなくても転職できる理由
④ そもそも20代でスキルは無いのが前提だから

採用企業側は、20代であればスキルが無い前提で考えています。

社会人経験が少ない20代であれば当然ですね。

30代や40代の中途採用とは、全く異なります。

20代の採用は「スキルが無い」が当たり前です!

それでも「自分の経歴が不安です…」や「明確なスキルが1個もなくて…」という人は、転職したいのにスキルに自身がない|経歴に不安がある場合の解決方法を参考にしてみてください。

転職活動時に自信を保つ方法や役立つスキルについて、詳しく紹介されています。

以上ここまで、スキルがなくても転職できる理由を4つ紹介してきました。

スキルがなくても転職できる理由

・20代は伸び代があるから
・若手人材不足の会社が圧倒的に多いから
・会社側の人件費負担が抑えられるから
・そもそも20代でスキルが無いのが前提だから

そもそも「スキル」とは何なのか?

そもそも「スキル」とは何なのか?

では、そもそも「スキル」とは何なのでしょうか?

「スキル」の内容や概念を押さえておかなければ、スキルを伸ばすことはできません。

そもそもスキルとは?

・仕事を行ううえで役に立つ知識や技術、能力のこと

ビジネススキルとは?より引用

しかし、これだけでは本記事を読んでいる人からすれば、物足りないはずです。

もう少し「スキル」の中身を具体化してみます。

スキルを具体化すると…?

① テクニカルスキル
② ヒューマンスキル
③ コンセプチュアルスキル

さらに具体化すると
⬇︎

・情報収集スキル
・分析スキル
・資料作成スキル
・コミュニケーションスキル
・プレゼンテーションスキル
・交渉スキル
・ロジカルシンキング
・クリティカルシンキング
・ラテラルシンキング

などなど

スキルは大きく3つに分類できます!

例えば、テクニカルスキルは業界特有の商材やサービスの知識、ノウハウを指します。

ヒューマンスキルは、汎用性が高くどの業界・職種にも通じるスキルです。

コンセプチュアルスキルは「思考力」であり、物事を考える基礎とも言えるスキルです。

ビジネスパーソンの「スキル」測る方法

現在のビジネスパーソンとしての「スキル」を測る方法をご紹介します。

スキルを測る方法

① 市場価値診断を受ける
ミイダスがオススメ

② 転職エージェントからの求人紹介を受ける
ビズリーチがオススメ

③ 診断テストを受けてみる
VIEWがオススメ

例えば、ミイダスの市場価値診断を利用すれば、あなたの予測年収を測ることができます。

年収からスキルレベルを予測することができます。

まずは、客観的な自分自身のスキルレベルを知ることが大事なので、どれか1つは試しておきましょう!

ビズリーチに登録しておけば、定期的に求人紹介があるので便利です!

「スキル」を手取り早く伸ばすには?

スキルレベルを測った後は、スキルを伸ばしたいはずですよね?

スキルが伸びれば、市場価値も上がり年収も上がります。

伸ばす方法は無限にあると言えますが、手取り早く伸ばすには「読書」がオススメです。

現職の仕事で成果を出したり、副業をしたりする方法もありますが、どれもハードルが高いものばかりです。

「読書」であれば、1,000円程度の投資からスタートすることができます。

まずは、ビジネス書を読み漁ることで、思考力を鍛えることをオススメします。

「スキル」のない20代が優良ホワイト企業に転職する方法

「スキル」のない20代が優良ホワイト企業に転職する方法


自分にはスキルがない」や「転職できる自信がない」と考えている20代の人が、優良ホワイト企業に転職する方法を紹介します。

20代が優良ホワイト企業に転職する方法

① ポテンシャルや熱意をアピールする
② 徹底的に会社情報をリサーチする
③ 転職理由をポジティブに伝える
④ 会社幹部になりたい意向を伝える
⑤ 転職エージェントを併用利用する

それぞれを詳しく見ていきます。

優良ホワイト企業に転職する方法
① ポテンシャルや熱意をアピールする

20代が面接でアピールするポイントは「入社意欲の高さ」や「一緒に働ける人材か」というポイントです。

マイナビ転職の調査結果を見てみましょう。

第二新卒で重視したポイント
マイナビ転職の調査結果より引用

企業は、第二新卒の求職者に対して「入社意欲の高さ」以外にも、以下項目を重視しています。

第二新卒採用で企業重視するポイント

・入社意欲の高さ
・一緒に働ける人材か
・社内と合いそうな人柄か
・志望動機
・実行力
・仕事に対する理解度

上記6つが突出して重要視されていました。

逆に「資格」や「学歴」「語学力」はそこまで重視されていません。

優良ホワイト企業に転職する方法
② 徹底的に会社情報をリサーチする

転職活動は「準備期間」が最も大事と言えます。

適当な会社に熱意や志望意欲の高さをアピールして入社しても、結局ブラック企業であれば転職した意味がありません。

「転職はしたいけど、今よりも待遇や働きがいがある会社が良い」と思っている人が大半なはずです。

そのためには「優良ホワイト企業」を見つけるしかありませんよね。

20代の転職は、徹底的に会社情報をリサーチしてブラック企業を回避しましょう

ちなみに、ChatGPTに算出させた優良ホワイト企業一覧もありますので、参考にしてみてください。

▶︎【隠れBtoB優良企業50社】Chat GPTでホワイト企業を検索してみた

優良ホワイト企業に転職する方法
③ 転職理由をポジティブに伝える

転職理由は、ポジティブなものを伝えるようにしなければいけません。

ネガティブな転職理由を伝えてしまうと、面接官の印象が良くないからです。

「本当の転職理由」は、ネガティブな理由でも、第二新卒の転職活動ではポジティブに伝えるべきです。

例えば、人間関係の問題だとしても「キャリアアップ」や「次の目標に向けて頑張りたい」といった、ポジティブな理由に変換することが大切です。

転職理由は、ネガティブからポジティブに変換しよう!

優良ホワイト企業に転職する方法
④ 会社幹部になりたい意向を伝える

20代の未経験採用であれば「ポテンシャル」が重視されることをお伝えしました。

採用企業側の目線に立って考えれば、20代を採用する意図は「将来的な会社幹部を育成するため」です。

即戦力であれば、30代や40代を採用した方が手取り早いからです。

採用企業側の本音部分にズバリと刺さるような、志望動機をアピールできれば、あなたの採用は間違いありません。

例えば、以下のような方法で「会社幹部になりたい意向を伝える」のが良いでしょう。

会社幹部への意向を伝える方法

・将来的にマネージャーを目指したい
・マネジメント経験を積みたい
・チームを大きくする役割がしたい
・会社幹部になりたい(ストレートに)

などなど

逆に、良くないイメージを持たれてしまうケースもご紹介します。

「ワークライフバランス」は重視される傾向にありますが、面接時に採用担当に伝えるべき内容ではありません。

優良ホワイト企業に転職する方法
⑤ 転職エージェントを併用利用する

最後に「転職エージェントの併用利用」です。

スキルがない20代の転職でも、年収は高い方が良いに決まっていますよね。

お金はあるに越したことはありません。

そこで、ズバリオススメしたいのが「転職エージェントの併用利用」です。

理由はシンプルで効果的に年収アップの交渉ができるからです。

交渉は「選択肢の数」で決まります。

転職エージェントを併用利用することで、併願企業の数が増え、オファー数も増えます。

そうすれば、求職者である「あなた」が交渉の主導権を握ることができます。

実際に、私も転職時は「3社」の転職エージェントを併用利用していました

未経験転職に強い
おすすめの転職エージェント

未経験で転職を成功させるには、転職エージェント選びが重要なポイントです。

転職エージェントの力量次第で、転職後年収が100万円以上変わることもあるからです。

▶︎リクルートエージェント
大手・実績No.1 で安心

リクルートエージェント

<転職実績No.1!>
リクルートエージェント公式サイトへ ▶︎


▶︎ アゲルキャリア
20代に強い!スピード内定

アゲルキャリア

<第二新卒・既卒向けエージェント!>
アゲルキャリアの公式サイトへ ▶︎

▶︎アサイン
若手ハイキャリア向け

アサイン

<若手ハイキャリアに特化>
アサインの公式サイトへ ▶︎

▶︎ハタラクティブ
未経験から正社員を目指す

ハタラクティブ

<スキル無しから正社員に転職>
ハタラクティブの公式サイトへ ▶︎

上記転職エージェントから、最低3社は併用利用しておきましょう。

転職エージェントとの相性もありますからね。

以上ここまで、スキルがない20代が優良ホワイト企業に転職するポイントを5つ紹介しました。

20代が優良ホワイト企業に転職する方法

① ポテンシャルや熱意をアピールする
② 徹底的に会社情報をリサーチする
③ 転職理由をポジティブに伝える
④ 会社幹部になりたい意向を伝える
⑤ 転職エージェントを併用利用する

転職したいけどスキルがない20代のNG行動

転職したいけどスキルがない20代のNG行動

20代の転職で失敗すれば、最悪です。

ブラック企業で残業代の出ないサービス残業や、市場価値の上がらない仕事をさせられ、気づいた時には転職が難しい年齢になってしまいます。

そこで、20代の転職活動の「NG行動」を4つまとめました。

スキルがない20代のNG行動

① 勢いで退職届けを出す
② なんとなく給与が高い求人に応募する
③ 読書をしない
④ 資格の勉強ばかりする

それぞれを詳しく見ていきます。

スキルがない20代のNG行動
① 勢いで退職届けを出す

まず最初に覚えておきたいのが、
「退職通知は転職先が決まってから」が鉄則です。

勢いで退職届けを出しては絶対にダメです。

なので、必ず転職活動は「現職中」に行うことが必須です。

どうしてもすぐに辞めたい人は、大至急転職活動を始めるべき!

▶︎スピード内定が勝ち取れる「アゲルキャリア」
(別ページに飛びます)

スキルがない20代のNG行動
② なんとなく給与が高い求人に応募する

求人サイトを見ていると「月収50万円以上!」や「20代から年収1,000万円達成」という耳障りの良い求人が山ほどあります。

注意して頂きたいのが「なんとなく給与の高い求人ばかり応募する」という行動です。

給与が高いのには、それなりの理由があります。

無駄に給与が高い求人は、中身はブラック企業だったり、離職率が異常に高い職場だったりします。

給与が極端に高い求人は逆に注意が必要です

身の丈にあった求人に応募しましょう

スキルがない20代のNG行動
③ 読書をしない

「スキルがないから転職する」や「スキルがないから〇〇業界に転職する」というのは、逃げていると言えます。

スキルがないなら、スキルを身につければ良いのです。

「読書」は、手取り早く万人がスキルを身につけられる方法です。

読書しない人の末路

・体系的な情報を蓄えられない
・活字を読むことができなくなる
・知識、知恵が身につかない
・周囲との差別化ができない

読書は、周囲との差別化を行う上で、一番手取り早い方法です。

スキルがない20代のNG行動
④ 資格の勉強ばかりする

20代の貴重な時間で「資格の勉強ばかりする」は全くオススメしません。

資格はあくまでも資格であり、転職成功や年収アップが保証されるものではありません。

例えば、私は「Webライター資格」などは持っていませんが、そこら辺に溢れているWebライターよりも遥かに良質なWeb記事を構成・執筆することができます。

資格より「経験」や「スキル」なのです。

20代の貴重な時間を、資格の勉強に費やすのではなく、自分の興味のあるスキルや経験の蓄積に時間を投資しましょう。

以上ここまで、スキルがない20代のNG行動を4つ紹介しました。

スキルがない20代のNG行動

① 勢いで退職届けを出す
② なんとなく給与が高い求人に応募する
③ 読書をしない
④ 資格の勉強ばかりする

転職したいけどスキルがない20代にオススメの業界・職種

未経験やスキル・資格無しの人でも転職できる業界や職種のオススメをご紹介していきます。

ポイントは「業界・職種の将来性(伸び代)はあるのか?」という点です。

オススメの業界・職種を紹介していきます!

スキルがない20代向けの業界 / 職種

・IT業界
・SaaS業界
・コンサルティング業界
・ITエンジニア
・Webマーケター
・Webデザイナー

それぞれを詳しく見ていきます。

20代にオススメの業界・職種
IT業界

IT業界は、今後10年・20年と人手不足が予想されている業界です。

IT人材の供給動向の予測と平均年齢の推移
IT人材育成の状況より引用

上記グラフから読み取れることをまとめました。

グラフから読み取れる内容

・IT人材の需要は右肩上がりに増え続ける
・IT人材の人数は変わらず横ばい
・結果的にIT人材の人手不足が2030年以降も続く

IT業界は深刻な人手不足と言っても過言ではありません!

IT人材の数が少なければ、人材の取り合いとなり結果的に年収も上がる傾向にあります。

そんなIT人材でも、様々な職種があります。

IT人材の職種

・ITプログラマー
・システムエンジニア
・インフラエンジニア
・バックエンドエンジニア
・フロントエンジニア
・Webデザイナー

未経験から挑戦しやすいのは「ITプログラマー」と「Webデザイナー」です。

比較的、専門用語や専門言語が少なめであり、学習期間が短い状態でも即戦力として活躍できます。

20代にオススメの業界・職種
SaaS業界

SaaS業界とは「クラウド上でソフトウェアやアプリケーションサービスを提供するビジネス」です。

略称は「Software as a Service」です。

SaaS業界の特徴は、大きく3つあります。

SaaS業界の特徴

・顧客の真の課題解決に貢献しやすい
・市場が成長を続けており投資家も注目
・持続可能な営業モデル

特に、SaaS業界の将来性はとても明るく、大きく成長を続ける業界と言われています。

SaaS業界の伸びしろ
SaaS業界とはより引用

国内SaaS市場だけでも右肩上がりに成長を続けています!

SaaS業界の代表的な会社は、以下の通りです。押さえておきましょう。

SaaS業界の代表企業例

・Sansan
・サイボウズ
・ラクス
・マネーフォワード
・オービックビジネスコンサルタント
・セールスフォース・ジャパン
・freee株式会社
・ウォンテッドリー株式会社
・スマートキャンプ株式会社
・Chatwork株式会社

などなど

HR領域や経理領域に対してのソフトウェアサービスを提供している会社が多いですね。

SaaS業界は、営業関連だけでも様々な職種に分かれています

それぞれのキャリアがあるので将来性も抜群です

実際に、SaaS業界に転職した人の体験談記事もありますので、SaaS業界に転職したい人は確認しておきましょう。

20代にオススメの業界・職種
コンサルティング業界

未経験から20代で転職するダントツオススメは「コンサルティング業界」です。

「Big4」や「戦略系コンサルティングファーム」に転職できれば、一生モノです。

20代で年収1,000万円も十分狙えます。

コンサルティング業界のメリット

・年収が高い
・総合的に市場価値が高い
・コンサル業界内での転職も強い
・キャリアの幅が広い
・なんとなくカッコいい響き

コンサルティング業界は、年収や待遇こそ良いですが、反面デメリットもあります。

コンサルティング業界で結果を出し続けることは大変なことですが、その分仕事のやりがいや年収は高いです。

20代にオススメの業界・職種
ITプログラマー

ITプログラマーは、未経験からでも挑戦できます。

コーディングやシステム・アプリ開発が主な業務で、システムエンジニアが設計した仕様書に基づいて、プログラミングをおこないます。

プログラミング言語を習得する必要はありますが、1年や2年の業務経験を積めば、立派な経験者になることができます。

ITプログラマーとしてキャリアを積んでいけば、フリーランスや独立といったキャリアの幅も広がりやすいです。

ITプログラマーは、自分のスキルさえあれば、キャリアの幅を無限大に広げることができます!

未経験から実践的なプログラミングスキルを身につけたい人は「Pikawaka Class」というスクールを確認してみましょう。

Pikawaka class

Pikawaka Classの特徴

・超実践型スクール
・第一線のエンジニアが専任サポート
・超少人数制クラス
・自分だけのWebサービス作成可能
・Ruby言語を中心に学べる
・対面(渋谷校)で受講可能

20代にオススメの業界・職種
Webマーケター

Webマーケターは、20代の若手から大人気の職種です。

消費者や顧客の需要に合わせて、SNSやGoogle検索、リスティング広告を用いて集客をするプロセスを担当します。

ビジネスにおいて、マーケティングは非常に重要な基盤であり、マーケティング力が抜けていれば、素晴らしい商品・サービスも全く売れません。

未経験からでも挑戦できる「マーケター」職もありますので、好奇心旺盛な人や新しいモノが好きな人は、転職できるチャンスがあります。

20代にオススメの業界・職種
Webデザイナー

Webデザイナーは、インターネット上のWebサイトやWebページをデザインする仕事です。

インターネットが発達するに連れて、Webデザイナーの需要も増しており、今後需要が伸び続ける職種です。

未経験からWebデザイナーに転職した人も多く、スキルを高めるスクールも豊富に存在します。

私もWebデザインを学び、WebページやWebサイトのデザインを行っていますので、Webデザイナーのメリットをまとめていきます。

Webデザイナーのメリット

・好きな場所、時間で働ける
・案件さえ獲得できれば、後は自由
・個人の市場価値を高めやすい
・市場が伸び続けており仕事が無くならない

一方で、デメリットもあります。

20代の未経験からWebデザイナーに転身してる人は多いです!

Webデザインスキルを学ぶスクールもたくさんあります。

有料スクールがほとんどですが、中には「完全無料」で学習できるスクールもありますので、まずは試してみるのはアリですね!

以上ここまで、スキルがない20代向けのオススメ業界・職種を紹介してきました。

スキルがない20代向けの業界 / 職種

・IT業界
・SaaS業界
・コンサルティング業界
・ITエンジニア
・Webマーケター
・Webデザイナー

転職したいけどスキルがない20代にオススメの転職エージェント

20代でスキルがない未経験転職の場合、転職エージェント選びが非常に重要です。

転職エージェントは、自己分析から内定オファー交渉まで、転職活動全体をコーディネートしてくれる大変有難い存在です。

しかし、転職エージェント選びに失敗すれば、時間と気力を無駄にしてブラック企業を引き当ててしまいますので、注意が必要です。

「完全無料」で利用できるが故に、慎重に選ばなければいけません。

そこで、20代の未経験転職に強い転職エージェントを5社紹介していきます。

未経験転職に強いエージェント5社

① リクルートエージェント
大手・実績No.1 で安心

② アゲルキャリア
スピード内定に強み有り

③ アサイン
若手ハイキャリア向け

④ doda エージェント
求人数が多く求人サイトも有り

⑤ ハタラクティブ
未経験から正社員を目指す

オススメの転職エージェント
① リクルートエージェント

リクルートエージェント

リクルートエージェントの特徴

・業界No.1の豊富な求人数で全業界全職種をカバー
・圧倒的な非公開求人数の多さで業界を牽引
・キャリアアドバイザーのサポート体制も充実で手厚い

総合評価
求人数公開求人:約230,000件
(非公開求人:約200,000件)
サポートヒアリングが丁寧な一方で、担当者によって対応の差があるとの声もあり。
対象20代から50代以上まで
料金完全無料
公式HPhttps://www.r-agent.com
運営会社株式会社リクルート
横にスクロールできます ⇨

リクルートエージェントは、業界No1の求人数を誇る転職エージェントです。

規模だけでなくサポートの質という点においても満足度1位のエージェントです。

実際に、私も転職時に利用しました。

求人数が多いことで、応募者によりマッチした求人を紹介できるので、転職後の離職が少ない特徴もあります。

キャリアアドバイザーのサポート体制も充実しており、万全の体制で転職活動を進めることができます。

書類選考通過率も高く、転職後の離職率も少ないとのデータがあります

Click here

<転職実績No,1>
リクルートエージェント公式サイト ▶︎

オススメの転職エージェント
② アゲルキャリア

アゲルキャリア

アゲルキャリアの特徴

・最短1週間のスピード内定
・専属エージェントと平均10時間の面談
・未経験 / ポテンシャル求人に挑戦できる
・入社後も満足度の高いマッチングを実現

サービス概要ミドル・第二新卒・既卒向けの転職エージェント
特徴・内定まで最短1週間のスピード転職
・専属エージェントが平均10時間の面談
・キャリアを「アゲル」ための求人を提供
利用料金完全無料
エリア一都三県、大阪中心
(全国求人もあり)
求人企業数約4,000以上
(全て非公開求人)
公式HPhttps://ageru-career.com
運営会社株式会社リアステージ
横にスクロールできます ⇨

Click here

<第二新卒・既卒向けエージェント!>
アゲルキャリアの公式サイトへ ▶︎

オススメの転職エージェント
③ アサイン

アサイン

<アサインの特徴>

・若手ハイエンドに特化
・SE、エンジニア、営業経験者に強い
・コンサルティング業界に強い

運営会社株式会社アサイン
設立2016年12月27日
代表取締役小瀬村 卓実
本人ブログサイトはこちら
主なサービス内容・ハイエンド特化の転職エージェント「ASSIGN」の運営
・経歴と価値観から判断するAIキャリアシミュレーション「VIEW」の開発・運営
従業員数約60名
所在地東京都千代田区霞が関3丁目2-5
公式サイトhttps://assign-inc.com
横にスクロールできます ⇨

アサインは、20代〜30代のハイエンド層向けに特化した転職エージェントで、SE・エンジニア・営業経験者をメインにサポートをしています。

コンサル領域での転職成功事例が多く、コンサル決定実績は上位3%であり、コンサル業界経験者に特にオススメできます。

Click here

<ハイエンド層向け>
ASSIGNの無料相談はこちら ▶︎

オススメの転職エージェント
④ doda(デューダ)

doda

doda(デューダ)の特徴

・キャリアアドバイザーのサポートが丁寧
・転職サイトもあるので併用利用がしやすい
・業界第2位の求人数と支援実績有り

総合評価
求人数公開求人:約142,000件
(非公開求人:約58,000件)
サポートキャリアアドバイザーのサポートが丁寧
対象20代から50代以上まで
料金完全無料
公式HPhttps://doda.jp
運営会社パーソルキャリア株式会社
横にスクロールできます ⇨

doda は、大手転職エージェントとしてトップレベルの求人数と支援実績を持つエージェントです。

利用者が多く「キャリアアドバイザーの質が高い」と評判の良いエージェントです。

特に20代・30代の利用者が多く、初めての転職活動に最適な転職エージェントと言えます。

また転職サイト「doda」も運営していることから、転職サイトと転職エージェントを併用利用できるのも良い点です。

転職サイトとエージェントを併用利用できるというメリットがあります

Click here

<年収アップの転職へ>
dodaエージェントへ相談する ▶︎

オススメの転職エージェント
⑤ ハタラクティブ

ハタラクティブ

ハタラクティブの特徴

・未経験から確実に正社員を目指せる
・20代、第二新卒、既卒に強い
・初めての転職者に強くサポート力も強み

ハタラクティブは未経験からの正社員採用内定率80%以上です!

Click here

<未経験から正社員へ>
ハタラクティブに相談する ▶︎

転職したいけどスキルがない20代にオススメの本

スキルがないと嘆く人は「読書」がオススメです。

筆者である私が何度も読み込んだ良書を厳選して5個ご紹介します。

気になった本から読み始めて頂けると、きっとあなたのスキルが中長期的に伸びるはずです。

20代にオススメの良書

・転職2.0
・転職の思考法
・転職と副業のかけ算
・ユダヤの商法
・「いつでも転職できる」を武器にする

それぞれの概要や得られる内容を見ていきます。

20代にオススメの本
① 転職2.0

転職2.0

転職2.0 の内容

・令和に求められる思考と行動様式
・転職エージェントを使い倒す方法
・キャリアのタグ付け
・キャリアの選択肢は「個人」へ

筆者独自の考察も加えた記事もあります。

20代にオススメの本
② 転職の思考法

転職の思考法

転職の思考法の内容

・自分のマーケットバリューを測る方法
・市場価値を高める方法
・一生食えて心から納得のいく仕事を見つける方法

筆者独自の考察も加えた記事もあります。

20代にオススメの本
③ 転職と副業のかけ算

転職と副業のかけ算

転職と副業のかけ算の内容

・転職と副業で生涯年収を爆上げする方法
・市場価値を高める4つのステップ
・次世代型サラリーマンのモデルケース

筆者独自の考察も加えた記事もあります。

20代にオススメの本
④ ユダヤの商法

ユダヤの商法】ユダヤ4,000年の歴史が教える金儲けの鉄則

ユダヤの商法の内容

・ユダヤ4,000年の歴史から学ぶビジネス
・藤田田の経歴とユダヤ人のストーリについて
・世界を支配するユダヤ商人のノウハウについて

筆者独自の考察を加えた記事もあります。

20代にオススメの本
⑤「いつでも転職できる」を武器にする

「いつでも転職できる」を武器にする

「いつでも転職できる」を武器にするの内容

・自分軸の作り方
・転職の駆け引きについて
・選択肢が増えすぎると人は判断できない

筆者独自の考察を加えた記事もあります。

転職したいけどスキルがない20代に関するよくある悩み

転職したいけどスキルがない20代に関するよくある悩み


最後に、転職したいけどスキルがないと嘆く20代によくある質問に回答していきます。

Q&A方式で見ていきましょう。

Q. 20代の転職理由はどんな内容ならOK?

A. 本音の転職理由は「給与が低い」「労働条件が悪い」「人間関係」が多い、転職面接時にストレートに言わない方が良い

転職理由は、人それぞれですが、総じて「ネガティブ」な理由です。

しかし、転職面接時にストレートにネガティブな理由を言うのは得策ではありません。

採用企業側から「またすぐ転職するんじゃない…?」と思われるからです。

Q. 転職回数が4回を超えました…まだ転職できますか?

A. 20代は転職回数よりも転職した理由の方が重視されます。

転職回数が多くても、それぞれに納得感のある理由があれば問題ありません。

逆に、転職回数が少なくても、転職動機として薄い理由だと企業側を納得させることができません。

「回数」よりも「中身」です。

転職回数が多くても中身が伴っていれば問題無い!

Q. ぶっちゃけ楽な仕事を探してますが何がいいですか?

A. 楽な仕事12選を、以下にまとめました。

オススメの楽な仕事一覧

1. 一般事務
2. 学校事務
3. 受付
4. 社内SE
5. 品質検査員
6. 団体職員
7. データ入力
8. 図書館員
9. ドライバー
10. コールセンター
11. オンライン英会話講師
12. 在宅ワーク全般

楽な仕事の見つけ方を詳しく知りたい人は、下記の記事をどうぞ。

Q. 転職したいけど何がしたいか分からない…

A. 色々とやるべきことはありますが、無闇に転職活動を始める前に「転職軸(自分軸)」を決めましょう

転職したいけど何がしたいか分からない…」という人が、無闇に転職活動をスタートしてはいけません。

なんとなくオファーを貰って、なんとなく仕事をするハメになるからです。

転職活動を始める前に「転職軸(自分軸)」を決める必要があります。

軸が決まれば、この先の将来展望が明るくなり、やらなければいけない事が明確に決まります。

そのためには「自己分析」が必要ですが、1人で難しい場合は「キャリアコーチング」がオススメです。

私も何度も助けてもらいましたが、自己分析が超進みます。

自己分析が進むキャリアコーチング

オススメは、キャリアコーチングで有名な「ポジウィルキャリア」です。

プロのキャリアコーチが、あなたの現状に合わせて寄り添った支援をします。

▶︎ ポジウィルキャリア

ポジウィル

▶︎ ポジウィルの公式サイトはこちら

まとめ:20代はスキルがなくても早めに転職した方がいい

20代はスキルがなくても早めに転職した方がいい

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、転職したいけどスキルがないと悩む20代に向けて、スキルの身につけ方や転職ノウハウ、オススメする業界や職種まで一気にご紹介してきました。

20代の転職では「スキル」よりも「ポテンシャル」や「熱意」が重視され、優良ホワイト企業に転職するには、転職エージェントの使い方・スキルアップの方法が重要であることがご理解頂けたかと思います!

それでは最後に、本記事の要点をまとめて終了とします。

本記事の要点まとめ

・20代転職はスキルよりもポテンシャル
・30代のスキル無し転職はかなり難しい
・スキルを伸ばすには「読書」が手取り早い
・熱意やポテンシャルをアピールすれば転職成功に近づく
・20代の貴重な時間で「資格勉強」ばかりはNG
・20代は転職回数よりも中身が重視

早い内に転職を成功させ、30代以降のキャリアを明るくしていきましょう!

未経験転職に強い
おすすめの転職エージェント

未経験で転職を成功させるには、転職エージェント選びが重要なポイントです。

転職エージェントの力量次第で、転職後年収が100万円以上変わることもあるからです。

▶︎リクルートエージェント
大手・実績No.1 で安心

リクルートエージェント

<転職実績No.1!>
リクルートエージェント公式サイトへ ▶︎


▶︎ アゲルキャリア
20代に強い!スピード内定

アゲルキャリア

<第二新卒・既卒向けエージェント!>
アゲルキャリアの公式サイトへ ▶︎

▶︎アサイン
若手ハイキャリア向け

アサイン

<若手ハイキャリアに特化>
アサインの公式サイトへ ▶︎

▶︎ハタラクティブ
未経験から正社員を目指す

ハタラクティブ

<スキル無しから正社員に転職>
ハタラクティブの公式サイトへ ▶︎

スキル獲得で年収アップを目指す

合わせて読みたい

第二新卒はやめとけと言われる理由は?

疑問に思う男性 【理由と対策】第二新卒やめとけと言われる理由は?現役転職エージェントが対策まで徹底紹介

第二新卒は人生終了?悲惨な末路なのか?

【第二新卒は人生終了?】悲惨な末路の理由は?転職に成功するコツを解説

業界・職種特化のオススメ転職エージェント/ サイト

【業界・職種特化】オススメの転職エージェント・サイトを厳選紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA