はじめに ▶︎

『キャリアコーチング』とは?メリットは?価格は高い?デメリットまで徹底解説!【まとめ】

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

入社5年目、転職について考えています…

今後のキャリアについて考えると、なかなか行動できません

20代、30代のビジネスマンであれば、自分自身のキャリアについて、どのように築いていけば良いか悩んでいる人は多いのではないでしょうか、

本記事をご覧になられている方は

⚪︎将来をより明確にしたビジョンを持ちたい

⚪︎今の仕事を続けていて本当に良いのかわからない

⚪︎将来の目標ややりたいことが特にない

といった、漠然とた自身のキャリアについて、不安や危機感を抱いている方が多いと思います。

本記事では、ビジネスパーソンのキャリアの悩みやキャリア形成の仕方をサポートしてくれる「キャリアコーチング」について解説しています。

「キャリアコーチング」にはどういった効力があり、利用する意義があるのでしょうか。

メリット・デメリットを含めた概要についてお伝えします。

また、キャリアコーチングのおすすめランキングについては、下記に詳しくまとめています。

合わせて参考にしてみて下さい。


*関連記事*
▶︎ 【人気8社】キャリアコーチングサービスを徹底比較!

キャリアコーチングとは?


「キャリアコーチング」とは、

キャリア形成や転職の知識を持った専門コーチと面談をし、自身のキャリア設計やキャリアに関する悩みを相談しながら、キャリア形成をサポートしてもらうサービス

です。

「日本キャリア・コーチング協会」による定義では、「未来志向の個人別キャリア支援サービス」とされていますね。

特徴は、現在勤務している企業でのキャリア形成、転職を考慮したキャリア形成など、様々な条件下でのキャリア形成について客観的なアドバイスを貰うことができます。

20代・女性
20代・女性

相談者の強みと弱みを明確にし、専門コーチの視点からキャリア形成についてのアドバイスをもらうことができるんですね。

はい!

また、転職を行う際の、面接での質疑応答の対策や、履歴書・職務経歴書の添削など、再就職のサポートをしてくれるのも特徴です。

お金を払ってキャリアコーチングを受ける理由とは?

一言で言えば、「人生という誰も明確な答えのない道に、仮りの道筋を作ってもらえる」からですね。

人間が強く不安やストレスを感じるシチュエーションとして、「わからない状態」があります。

例えば、、、

原始時代の人間が食糧を得るために森に行くとして「①慣れ親しんだ森」と「②行ったことがない森」があれば、どちらが行動を起こしやすいでしょうか?


①慣れ親しんだ森

▶︎ 何度も足を踏み入れているため、どこに何があるか、どのような危険があるかをある程度把握しているため、安心感があって入りやすい


②行ったことがない森

▶︎ どこに食材があり、どんな地形で、どんな危険生物がいるか手がかりがないため、命の危険を感じる強い不安から森に入るのをためらってしまう。



このように、人間の本能には
分からない状態を脅威に感じ、回避する性質が備わっています。

もちろん、危険を回避する性質のおかげで本当の危険を回避し、生存率を上げてきたというメリットもあるでしょう。

しかし、昔とは比べ物にならないほど危険がない現代においては「足枷」になっている場合があることも事実です。

当然、「わからない状態」による危機回避の性質はキャリア形成においても発現し、ビジネスマンの行動力・思考力を奪って人生を切り開いていく力を削いでしまいます。

「キャリアコーチング」は、専門のコーチによる分析と対話によって「キャリアをどうしていいかわからない」状態からキャリアのガイドラインを用意してくれます。

導き出した仮の道筋によって「わからない状態」を解消し、不安を軽減させてくれるんですね。

キャリアに道筋ができれば、不安も解消される!

「わからない状態」を解消した効能として、1人で悩んでいるだけでは上手くいかなかったキャリアに立ち向かう行動力と、キャリアについて考える思考力を引き出します。

長い人生において重要なキャリア形成の取り組みを促してくれるため、高額な費用をかけて受講する価値のあるサービスと評価されています。

また、納得の転職を成功させることで、爆発的に年収を増加させ、一気に投資分を回収している人も多くいます。

キャリアコーチング利用者は「納得の転職」を成功させている人が多い!

「納得の転職」を成功させている人が多いキャリアコーチングは「マジキャリ」です。

採用のプロや元転職エージェント出身のキャリアコーチが「あなたのキャリア」を徹底的に分析してアドバイスを貰うことができます。

キャリアコーチングとティーチングの違いについて

「キャリアコーチング」とは、コーチと受講者が1対1の対話のやり取りをし、コーチがアドバイスをすることで、受講者が自ら答えを出すよう促す手法を指します。

キャリア専門のコーチが、キャリア形成に悩む受講者と対話し、受講者自身に気づきと決断を促すよう取り組みます。

「ティーチング」は、その名称にあるよう、学校で先生が生徒に授業するような形でレクチャーする手法で、1対1や1対多人数の講義形式で行われます。

やり取りは基本的に、知識と経験のあるコーチが受講者に向けてノウハウや技術を教える形式で、一方通行な流れになるのが特徴ですね。

どちらの手法にもメリット・デメリットがありますが、ことキャリアにまつわる悩みおいては、1対1の対話で深くやり取りができる「コーチング」が適正だと言えます。

ティーチングは「正解のある答え」を教えてもらうイメージで、

コーチングは「正解のない答え」を一緒に探し出すイメージです!

キャリアコーチングのメリット

「キャリアコーチング」の具体的なメリットは、どのようなものがあるのでしょうか。

現在「キャリアコーチング」の受講を考えてる方も、どのような恩恵があるのかは知りたいところでしょう。

キャリアコーチングのメリット

1.やりたいことや方向性が明確になる

2.トレーナーから客観的なアドバイスをもらえる

3.将来への不安を軽減できる

それぞれを詳しく見ていきます。

1.やりたいことや方向性が明確になる


「キャリアコーチング」は、受講者がこれまで歩んできた経歴や、業務を振り返り、自身の特徴や強み・弱みを明確にする自己分析を行い、キャリアに関する課題や将来の目標について導き出します。

課題や目標を浮き彫りにした後は、仕事のキャリア、ひいては人生において必要な要素を整理することで、歩むべき方向と手順を具体化します。

具体的になり、可視化されることで受講者のモチベーションに繋がり、行動力と思考力が向上するんですね。

課題や目標が見つかれば、後はそれらを達成するために行動を起こすだけです。

行動計画をわかる形に落とし込めば悩みや不安が小さくなってフットワークが軽くなるでしょう。

大きな行動計画を作れば、悩みや不安が和らぐ!

2.トレーナーから客観的なアドバイスをもらえる

キャリア形成について専門的な知見を持ったコーチによる、第三者目線でのアドバイスも重要なメリットとなりますね。

悩みというのは、1人で抱え込んでいるとどんどん視野が狭くなり、偏った思考回路に陥ってしまいがちです。

特に、仕事におけるキャリア形成というのは人生を左右するほどの出来事であり、ネガティブな発想や想像も抱きやすいものです。

解消できない不安で悶々としている時、どんな悩みであれ、知見のある専門家からアドバイスを貰えたら安心しますよね。

知識のある第三者からのアドバイスは、自分の思考の整理に繋がり、本当に考えるべき課題が浮き彫りになります。

四方に散らかっていた思考が一つに集約するイメージですね。

悩みとは思考が右往左往している状態であり、課題とは解決すべき問題を明確にした状態だと言えます。

「キャリアコーチング」において専門コーチからのアドバイスというのは、思考の整理を促すことで、悩みを課題に昇華してくれる作業なんですね。

3.将来への不安を軽減できる


「わからない状態」を脱却することで不安が軽減される点も大きなメリットでしょう。

将来への不安の原因は、「わからない状態」に起因していることが大半です。

わからないから行動が起きず、動かず同じ状況に居続けるから不安が増し、不安が増すとネガティブな想像へと繋がってしまいます。

ネガティブな想像を始めると、さらに「わからない状態」が怖くなり、負のループに入ってしまいます。

抜け出せないマイナス思考のループに入ってしまうことは、とても辛い状態です。

17世紀のイギリスでルネやデカルトらと肩を並べて活動していた高名な哲学者、トマス・ホッブズは以下のような言葉を残しています。

人間の感情において最も根源的なものは恐怖であり、不安である

トマス・ホッブズより引用


心理学や精神医療の分野でも、「反芻思考(ハンスウ思考)」というネガティブ状態が指摘されています。

ネガティブな考えが別のネガティブな考えを呼び、連鎖するようにグルグルと頭の中でループする状態ですね。

頭の中がネガティブに埋め尽くされてしまうと文字通り、反芻(ハンスウ)から抜け出せなくなってしまうことがあります。

「反芻思考(ハンスウ思考)」になった人は強いストレス下に常にさらされる事となります。

行動力が低下することはもちろん、酷い場合には精神疾患や身体的な不調に繋がってしまうことさえあるんですね。

特に、癖として悩むこと自体が目的化してしまっている方には、思考の偏りや物事を歪めて認知してしまう悪癖を修正する「認知行動療法」もおすすめできます。

「キャリアコーチング」と合わせて、チェックしてみてください。

合わせて読みたい
created by Rinker
¥1,650 (2022/10/03 23:33:08時点 楽天市場調べ-詳細)


目標や課題を浮き彫りにし、具体的な計画に落とし込むことで負のループを断ち切るといった、不安解消の目的で利用できることも「キャリアコーチング」の存在意義になっています。

キャリアコーチングのデメリット

メリットがあればデメリットも存在するのが物事の本質でしょう。

「キャリアコーチング」においても例外ではなく、必ずしもキャリアにまつわる悩みを抱えた方全員に役立つわけではありません。

キャリアコーチングのデメリット

1.約30万円以上の初期費用が必要

2.求人自体を紹介してくれるわけではない

3.メンタル疾患を抱えている人のサポートができない場合がある

それぞれを詳しく見ていきます。

1.約30万円以上の初期費用が必要

「キャリアコーチング」は専門のコーチがマンツーマンでかつ、専門的な知見を使ったアドバイスを行います。

費用が高めになってしまうのは致し方ない部分ではありますが、デメリットとしても挙げられますね。

とはいえ、費用に関しては受講者の捉え方次第でもあり、人生の大きな指針を得られると思えば高額な費用を投じる価値もあるでしょう。

例えば、「キャリアコーチング」を利用して自分の方向性を定めたことで出世したとします。


より上流工程のポジションに就けて年収もアップした、といった流れになれば、数十万円の先行投資の元は取れたと言えますよね。

キャリア形成というのはそれだけ価値の高い人生の分岐点であり、だからこそ専門性のある「キャリアコーチング」には、高額な費用が設定されているとも言えるでしょう。

それでも「少しでも安いサービスがいい」という人は多いことでしょう。

そんな方に、キャリアコーチングの格安サービスの見つけ方を以下の記事でまとめました。

業界の裏側についてもまとめましたので、ご覧ください。


*関連記事*
▶︎ なぜキャリアコーチングは高い?業界の裏側と格安サービスの見つけ方

2.求人自体を紹介してくれるわけではない

「キャリアコーチング」は「転職エージェント」とは違い、キャリアにまつわる悩みやキャリア形成についての問題・課題解決はサポートしますが、見合った求人情報を受講者に紹介するといったことはありません。

もちろん、転職時の面接での質疑応答の対策や履歴書・職務経歴書の添削は行ってくれます。

選考通過をしやすくなるようサポートはしてくれますが、最終的に求人情報を探し、責任を持って決定するのはあなたの意思になります。

転職エージェントとはサービス内容が違う点は留意しておきましょう。

3.メンタル疾患を抱えている人のサポートができない場合がある

うつ病や適応障害など、メンタルに不調をきたしている方の利用をお断りしている場合もあります。

メンタルが不調な方のキャリア形成は、医学的な専門性を持った対処も合わせて必要なため、「キャリアコーチング」だけではサポートするのが難しいのが現実でしょう。

もしメンタル疾患を患っていて「キャリアコーチング」を利用したいとお考えでしたら、しっかりと心療内科等で治療をして症状を上向きにしましょう。

その後、担当の医師と相談しながら利用することを推奨します。

メンタルが不調になっている時は、医師のサポートを受けながら焦らず治療に専念しましょう。


「キャリアコーチング」の利用は、症状が好転してからでも全く遅くはありません!

キャリアコーチングの受講がおすすめな人

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

結局、キャリアコーチングを受けた方がいい人とは?


「キャリアコーチング」を利用する人にも、置かれてる状況や、考え方によって向き不向きがあります。

自走できるタイプの人であれば、一度立ち止まったとしても、「キャリアコーチング」を利用せずにキャリア形成を行っていけるでしょう。

キャリアコーチングの受講がおすすめな人

1.やりたいことがわからない人

2.転職するかどうか迷っている人

3. リタイアするまでのキャリア設計をしっかりと作りたい人

それぞれを詳しく見ていきます。

1.やりたいことがわからない人

新卒の方でも、すでに社会人で働いている人でも、やりたいことがわからないという悩みを持った方は多いものです。

多くの社会人が目標や目的を持たず日々を過ごしている状況は、ある種の現代病のようなものだとも言えるでしょう。

「キャリアコーチング」を実際に受講する方の中にも、言い方に違いはあれどやりたいことを見つけたいといった目的で受講されている方がいらっしゃいます。

やりたいことがわからなくて悩んでいるのであれば、一度「キャリアコーチング」サービスに相談してみることを推奨します。

2.転職するかどうか迷っている人

客観的な気づきを与えてくれる「キャリアコーチング」は、転職するかを迷っている方にも受講価値があります。

現在勤務している企業にミスマッチを感じていたとしても、自分の能力・得手不得手を正しく認識している方は少なく、不安が大きくなって転職に踏み切れない方も多いでしょう。

「キャリアコーチング」では、専門のコーチが受講者の悩みに耳を傾け、1対1のやりとりの中でキャリアに関するノウハウを基に、適切なアドバイスを行います。

「こうしたらいい」ではなく「どうしたいか」を引き出し、受講者の心の中にある本心に気づかせることで、自立的な行動を促してくれるんですね。

転職は勇気が必要な決断でもありますし、転職先の企業とのミスマッチの可能性も、できる限り低くしたいものでしょう。

色々考えてしまい、一歩踏み出せなくなってしまった転職時に背中を押してくれるのが「キャリアコーチング」です。

3. リタイアするまでのキャリア設計をしっかりと作りたい人

終身雇用が崩壊し、一社でリタイアまで勤め上げる時代ではなくなったことは現実ですが、とはいえ定年退職までの大筋のプランを用意したい方もいらっしゃるでしょう。

  Adecco Groupより引用

          

総合人事・人財サービスを展開するAdecco Groupが、2200名の有識者を対象にしたキャリアビジョン(キャリア設計)についての調査を行いました。

調査の結果、定年後のセカンドキャリアや副業を含めたキャリアビジョンについて、27.2%の方が描いていると回答しています。

社会人全体の3割弱ほどの方が、キャリアビジョン(キャリア設計)について考えているというアンケート結果が出ているんですね。

人間の寿命が延び、「人生100年時代」と言われる近年、リタイア後や老後まで含めた人生設計を意識するのは当たり前になりつつあります。

医療の技術が上がり、高齢になっても元気で生活できるとなれば、キャリアビジョン(キャリア設計)について長期スパンで考える人は増える可能性もあるでしょう。

未来の見通しがつきにくい現代とはいえ、自分自身のキャリアにおいて、大まかな方向性・目標を持っておけば不安が減り、ターニングポイントでの決断もブレずに済んで便利ですよね。

長期スパンのキャリア設計の希望がある方に活用して欲しいのが「キャリアコーチング」です。

専門のコーチによる第三者目線でのアドバイスは、より具体的で現実的なキャリア設計をサポートしてくれるでしょう。

キャリアコーチングを受講する時の注意点

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

「キャリアコーチング」には興味があるけど…


初めてなので色々と不安です…

「キャリアコーチング」は、キャリアの悩みについて有意義な気づきや、厳選したキャリアの選択肢をもたらしてくれるサービスではありますが、受講後に必ずしも満足・納得のいく結果が出るとは限りませんので、注意が必要です。

キャリアコーチングを受講する時の注意点

1.費用とメリットに納得感があるかどうか確認する

2.キャリアコーチとの相性について

3.キャリアについて自分で考えることを放棄するわけではない

受講する前に押さえておいて欲しい、確認事項と心構えについて3つお伝えします。

1.費用とメリットに納得感があるかどうか確認する


メリットと費用が割に合っているかどうかは、受講前にしっかりと考える必要があります。

例えば、転職を考えていて何となく受講したはいいものの、実は専門的なアドバイスは必要としておらず、単に誰かに相談してスッキリしたかっただけ、といったケースもあります。

受講した後に不要だったとわかることもあり、その場合でも高額な費用がかかってしまいます。

本当に費用を投じてまで「キャリアコーチング」のメリットが必要かどうか吟味してから受講をしましょう。

似たような立場や経歴を持つ人など、相談相手がいるのでしたら、まずは身近な人に相談をしてみることをおすすめします。

2.キャリアコーチとの相性について

「キャリアコーチングのデメリット」の章でも触れましたが、人同士の関係性であるため、合う合わないの相性問題が起こってしまうのは仕方ないでしょう。

専門のコーチにも様々な性格・コーチングの方向性を持った方がおり、必ずしも受講者の性格や考え方とマッチするとは限りません。

一度担当になってしまうと後から変更することは難しい部分もあります。

相性について心配な方は、初回コーチング無料サービスを用意している「キャリアコーチング」サービスを選び、活用して判断するといいでしょう。

とはいえ「キャリアコーチング」のコーチの方々もプロですから、受講者の人柄に合わせて柔軟に対応して下さるため、過剰な心配はしなくても大丈夫です。

可能性としてミスマッチはありえますので、注意点の一つとして記述しておきます。

3.キャリアについて自分で考えることを放棄するわけではない

「キャリアコーチング」は、専属のコーチが専門的な根拠と客観的なアドバイスによって、キャリアに悩みを持つ受講者に気づきを与え、問題を解決するための自発的な行動や決断を促すサービスです。

「こうしたらいい」「こうするべき」といった、その人の意思をないがしろにしたアドバイスは一切しません。

受講者に自分自身について理解を深め、自分の頭で考えて行動を起こしてもらうことをゴールとしています。

ですので、「キャリア選択の答えをくれる」「悩みを解決してくれる」といった、他力本願な期待を抱いて受講するのはいけません。

あくまでも専門的ノウハウを持つ第三者という立場で、培われた方法論やアドバイスによって受講者の行動や決断をサポート・ガイドする存在が「キャリアコーチング」の専門のコーチです。

最終的に全ての責任を取り、リスクを取り、勇気を出して行動を起こすのは受講者自身です。

主体的に取り組まなければ効果は激減してしまうと心得ておきましょう。

キャリアコーチングを活用して充実した人生設計を

ここまで「キャリアコーチング」のメリットや利用する際の注意点などをお伝えしました。

キャリアにまつわる悩みは、どなたでも抱くものでしょう。

就職や転職といった、今後を左右する岐路に立たされている状況というのは、ネガティブな考えが浮かんだり、行動が起こせずストレスが溜まったりと辛いものです。

誰しもが悩む人生のターニングポイントキャリアについて見なおす状況において、利用価値のあるサービスが「キャリアコーチング」です。

キャリア形成専門のトレーナーが、1対1でヒアリングしてから相談に乗り、今の受講者に必要なノウハウをレクチャーしてくれます。

1人で抱え込んでいた悩みが解消しやすくなるでしょう。

「キャリアコーチング」のサービス内容は多岐に渡り、就職や転職、勤務中の企業内での昇給昇進についての講義、様々な期間と費用が設定されたコースプランなど幅広くサポートしています。

人それぞれ置かれた状況が違う中、受講者が状況に合わせて利用できるよう設計されているのは嬉しい部分ですね。

昨今ではオンラインでの受講が可能なサービスも登場していますので、キャリアについてお悩みでしたら、まずは気軽に相談からでも応募されてみてはいかがでしょうか。

キャリアコーチングサービスの中では「マジキャリ」か「ポジウィル」がオススメです

筆者自信も実際に経験しましたが、コーチのレベルが高く真摯にサポートしてくれます

迷っている人は「無料相談」もありますので、まずは相談してみるのもアリですね

< サービスの質重視 >
ポジウィルの無料相談はこちら ▶︎

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

弊サイト内では、「【人気8社】キャリアコーチングサービスおすすめ8選を徹底紹介!【保存版】」をご紹介していますので、ぜひ参考にしてくださいませ。

*関連記事*
▶︎ キャリアコーチングサービスおすすめ8選を紹介

本記事をきっかけに「キャリアコーチング」を利用していただき、納得のいくキャリア設計をガイドにビジネスマンとしての歩みを進めていただければ幸いです。

今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでも、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA