はじめに ▶︎

【バリキャリ女性へ】20,30代のキャリアプランが思いつかない人へ!考え方と5つの行動例をご紹介!

悩める女性ビジネスパーソン
悩める女性ビジネスパーソン

もうすぐ30歳、キャリアが不安です….

転職サイトを見てもピンとこないですし、、、、

今の仕事を続けても不安が膨らむばかりです。

なんとなく「自分の軸」はありますが、どうしたらいいでしょうか?

本ページに辿り着いた方は、

⚪︎将来のキャリアが不安でたまらない

⚪︎結婚や出産を考えた上で、真剣にキャリアを考えたい

⚪︎もうすぐ30歳なのに「やりたいこと」が見つからない


という不安やお悩みをお持ちのことでしょう。

結婚や出産、子育てから復帰、離婚リスクなど、様々な要因を考慮しなければいけません。

安定した仕事を手に入れて子供に不安な思いをさせたくない」と思う人は大勢いるでしょう。

実際、Yahoo知恵袋には、以下のような質問が寄稿されていました。

女性のキャリアプランについて

24歳女です。最近よく自分の将来や人生について考えます。人生の先輩方に、私の考えを読んでいただいてアドバイスがほしいです。

将来のことを考えたときに今自分がやるべきだと思うことと、今なりたい、やりたいこと(具体的にはない)が、マッチしていません。皆さんの人生経験からアドバイスや意見があれば、教えてください。お願いします。

Yahoo 知恵袋より引用

20代、30代の女性ならではのキャリアの悩みはたくさんありますね

そこで本ページでは、女性のキャリアについて“今すぐに改善できる行動”にまで落とし込んでご紹介していきます。

具体的な考え方・行動まで紹介しますので、是非即実践をしてみてください。

<無料相談だけでも価値の高いサービス3選>

⚪︎1位:ポジウィルキャリア
【公式サイト】https://www.posiwill.co.jp

業界最大手の口コミ数No.1サービス!自己分析に強みを持ち徹底的にユーザーに寄り添ったサービスが持ち味!

⚪︎2位:マジキャリ
【公式サイト】https://majicari.com

転職エージェント経験豊富な採用のプロが徹底サポート!年収アップの転職に自信有り!

⚪︎3位:キャリート
【公式サイト】https://career-meet.com

ジョブホッパーから『キャリアビルダー』へ。業界No.1 のコストパフォーマンス!

【即実践】キャリアに悩む女性が行う5つの行動

キャリアプランに悩んでいる女性は、そもそもの行動量が足りていなかったり、行動の方向性が間違っていたりすることが往々にしてあります。

この章では、キャリアプランに悩む女性が前提として押さえておくべき、5つの大切な行動についてお伝えします。

即実践できる5つのポイント

1. 現職で成果を出す

2. ロールモデルになる人と話す

3. 1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年の目標を設定する

4. 選択肢を広げる行動をする(転職や副業)

5. 意思決定ができる環境を作る(金銭、体力、精神)

それぞれを詳しく見ていきます。

1. 現職で成果を出す

まず大前提として、現職の業務で何の成果も出していない人がいきなり転職や副業にトライしても、失敗する可能性が非常に高いことを理解しておきましょう。

ここからお伝えする3つの基本スキルはどれもビジネスパーソンとして企業で働くためには大切な基本スキルとなります。

現職で成果を出すための3つの基本スキル

1. マインドセット

2. 仕事を効率的にこなす基礎スキル

3. 上司との関係性を作るノウハウ

1つ目の理由は、全ての行動の原動力となっているマインドセットが持てていない、という点です。

マインドセットとは、その人が無意識に行っている思考パターンを指し、何をするか、逆に何をしないかといった、行動全般に影響を及ぼしている考え方のことです。

ポイントは無意識であることで、例えば同じ失敗の出来事があった時でも…

⚪︎Aさんは「今回の失敗からは2つの学びがあった。次回は同じ失敗をしないよう、糧にして精進しよう」と考える


⚪︎Bさんは「失敗してしまった。また上司に怒られるから、できるだけ穏便に済ますように誤魔化そう」と考える



マインドセットによって、出来事の受け取り方と次のアクションプランに違いが生まれる

マインドセットを身に着けるには、何度も繰り返して行動から思考を刷り込んでいくしか方法がありません。

現在の自分自身のマインドセットを認識して、ビジネスパーソンとして成長し続けるマインドセットに修正する必要があります。

マインドセットは物事の見る角度や、受け取り方を変えるものであり、その人が持っているポテンシャルを引き出してくれる考え方だと言えるでしょう。

続いて、2つ目の理由を挙げると、仕事を効率的にこなすビジネスパーソンとしての基礎能力が身についていない点が挙げられます。

仕事を効率的にこなす基礎能力とは、業務を円滑に進めるための力を指しています。

大きな成果が出せるのは、小さな成果の積み重ねによって能力を伸ばし、経験を蓄えることによって判断力を身に着けた後です。

仕事を効率的にこなす基礎能力が身に付いていない人が転職したところで、同じように成果が上がらない停滞した状態が続く可能性が高いと言わざるをえません。

効率的で成果を出せる仕事のコツを教えて下さい。

少し前、職場で仕事の効率化が課題になっていました。


私も効率を重視して仕事を進めてみたのですが、仕事を早く終わらせようとしてみてもどうもうまくいきません。 むしろ逆に成果品の質が落ち、協力業者やお客様から問い合わせが来たりと、後からのしわ寄せによって効率が落ちる気がします。

皆さん、どうやって効率的に仕事を進めていますか?何かコツがありましたら教えて下さい。

Yahoo知恵袋より引用

上記のYahoo知恵袋に投稿された質問のように、仕事を効率的にこなす基礎能力については、多くの若いビジネスパーソンが悩んでいるようです。

単に早く業務を終わらせようとすると仕事の質が落ち、かといって質を求めるとスピード感が損なわれ、手数が減って全体効率が下がってしまうジレンマに陥っています。

そういった問題を解消するために取り入れられているのが、「PDCA」や「PDR」といったフレームであり、若いビジネスパーソンが積極的に習得しておきたい手法だと言えます。

PDR」は昨今のビジネス現場で運用されているサイクルです。

Preparation(準備)、Do(実行)、Review(評価)を表わしています。

PDCAより1つ手順が少ない分、業務フローの回転率が良く、改善や軌道修正を素早く行える業務のサイクルとして注目されています。


PDR」についてさらに詳しくはこちら

最後に、3つ目の理由としては、上司との関係性を作るノウハウが身に付いていないことが挙げられます。

どの企業へ転職しても、会社員として所属する以上は必ず上司にあたる人が存在しますし、必ず上司と部下の人間関係が発生する状況は避けられません。

現職で成果が出ていない人は上司との良好な関係が築けている可能性は低いですし、逆に関係性が良くないから業務が成果に繋がっていない可能性も大いにあるでしょう。

上記のような状態で別の企業へ転職したとしても、また同じような上司と部下の関係に陥ってしまう可能性が高いと言えます。

やり方はさまざまですが、転職する場合、上司との距離をほどよく詰め、円滑に業務を進めるための関係性を作る方法を自分なりに習得しておく必要はあるでしょう。

「マインドセット」「仕事を大局的に見る基礎能力」「上司との関係性を作るノウハウ」の3つを習得しながら業務に活かし、まずは現職で成果を出すことが安心して転職するためのポイントとなります。

現職で成果を出すための3つの基本スキル

1. マインドセット

2. 仕事を効率的にこなす基礎スキル

3. 上司との関係性を作るノウハウ

2. ロールモデルになる人と話してみる

キャリアプランを考える時に大切になるのが、お手本となるロールモデルを自分の中で設定することでしょう。

キャリアプランを0から考えることは難しく、キャリアの先輩を真似するのがオススメです。

ロールモデルを設定する時は、自分の理想像に近い人を設定するようにしましょう。

具体的には、同じ業種(似た業種でも可)で、自分のキャリアの先に位置する立場の人、模範となる考え方や言動を取っている人です。

とはいえ、どのような人物を選んだ方がいいのか、迷ってしまうものでしょう。

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

具体的には、どんな人がオススメ?

本ページでおすすめするロールモデルを選ぶ時の基準は、「この人みたいになりたい」「この人と同じ行動を取りたい」と、模範と憧れの両方を満たしている方を基準に選ぶ方法です。

注意点としては、できるだけ身近にいる人を選ぶようにし、インフルエンサー系ビジネスパーソンや有名人といった、あまりにも突き抜けすぎた人を選ぶことは避けてください。

なぜなら、成果や収入といった目に見える経歴が自分とあまりにもかけ離れていると、全然縮まらない経歴の差にモチベーションが下がってしまう可能性が高いからです。

また複数人のロールモデルを組み合わせて設定することも有効です。

例えば、全体的なロールモデルにはAさんを設定しておき、部分的なスキルや私生活といったことのロールモデルは、別のBさんCさんを設定することも有益でしょう。

先輩を真似することはとても大切!

遠慮する必要はありませんので、どんどん真似してみましょう。

iPhoneの生みの親である天才実業家スティーブ・ジョブズも、徹底的に模倣を繰り返しながら、スマートフォンという世界を一変させるテクノロジーを作り出しました。

成果・成長にとって模倣は必須ですので、自分の師匠を増やしていくイメージでロールモデルをいくつも設定し、良いところや参考になるところを徹底的に真似してください。

優れたビジネスパーソンほど模倣が上手で、ロールモデルとなる人をいくつも設定しているものです。

3. 1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年の目標を設定する

ロールモデルを複数人見つけて設定したあとは、自身の目指すべき目標を期間ごとに設定してみましょう。

3年、5年といった中長期の目標ではなく、1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月といった、1年以内の直近の期間の目標を設定することが大切になります。

3年、5年の期間だと猶予がありすぎるため、どうしても行動の「期限」として効力が弱くなってしまうからです。

目標達成において「期限」を意識し続けられるかは重要で「人は期限がなければ動かない」です。

焦ってしまうほどのプレッシャーを与える「期限」は逆効果ですが、適度にかけられる「期限」のプレッシャーは行動力に繋がるポジティブな圧力です。

ロールモデルを真似して取り入れられる能力はすぐに実践できるものもあり、1日単位の期間でも十分に行動に繋げられますので、ぜひ実践してみてください。

※関連記事※
▶︎【体験談】人の成長は「期限」を決める事からスタートする話。

4. 選択肢を広げる行動をする(転職や副業)

現職で成果が出始めてから、転職や副業といった選択肢を広げる行動を起こすようにしましょう。

終身雇用が崩壊し、2種類以上の仕事を平行する副業やパラレルワークが当たり前となった今、キャリアの選択肢を広げる行動は全てのビジネスパーソンにとって必須だと言えます。

とはいえ、何も考えずに副業や別の仕事に手を出したところで、基礎能力や専門スキルが磨かれていなければ失敗に終わるでしょう。

まずは、現職で成果を出せるようにビジネスパーソンとしての能力を鍛え、成果という目に見えるステップアップを実感できてから、転職や副業といった選択肢を広げる行動に移るようにしましょう。

私にとっては身体的、精神的にとても楽になりました
給料は少しは減りましたが、副業でカバーします。
副業をいかにまた楽にするかしか考えてません。

Yahoo知恵袋より引用

Yahoo知恵袋に投稿された転職にまつわる質問への回答で『転職をしたことで前職の環境より身体的・精神的に楽になった』という方の意見です。

上記の場合、転職だけでなく自分のペースで副業にもチャレンジしようとされているようで、まさに現代の働き方と言えるスタイルでしょう。

自分の可能性に蓋をせず、転職や副業といった、できそうなことには積極的にチャレンジしていく精神が大切なんですね。

そのためには、ビジネスパーソンとしての基礎能力を現職の時に鍛えておく必要があるわけですか。

5. 意思決定ができる環境を作る(金銭、体力、精神)

ここまで、仕事における女性のキャリアプランをお伝えしましたが、プライベートな時間もあり、ワークライフバランスを充実させることも良いキャリアを描くためには必要となります。

女性のライフイベントは大きく2つあります。

「転職や副業」「結婚と出産」です。

両者とも負担が大きく、とくに「金銭面」「体力面」「精神面」の3つのパラメーターが整っていないと、正しい意思決定ができません。

「金銭面」、つまりお金に余裕がなければ結婚して子育てをすることは難しいですし、子育てと仕事を両立するとなれば「体力面」を充実させておくことも必要です。

家事育児と仕事の両立…限界です。

この四月から職場復帰し、家事育児と仕事をしていますが、しんどくて仕方ありません。

Yahoo知恵袋より引用

悲鳴に近いようなシビアな声ですが、家事育児と仕事の両立はそれほどにハードなものだということです。

もちろん仕事の内容や子供の年齢・性格にもよりますが、「金銭面」「体力面」においては、ある程度の底力を蓄えておく必要があるでしょう。

また「転職や副業」「結婚と出産」はどちらも大きな変化が起こるライフイベントであり、人間は変化を本能的に嫌う生き物ですので、とてもストレスがかかってしまいます。

「精神面」が整っていなければ変化のストレスに耐えられず、うつ病や自律神経失調症といった、多くのビジネスパーソンが苦しんでいる現代病になってしまう可能性があるでしょう。

ビジネスパーソンが患いやすいメンタル疾患は主に、うつ病・自律神経失調症・パニック障害・適応障害といったものがあります。


どの疾患も休職や通院が必要なほど症状が重くなる場合もありますので、日頃のストレスケアは怠らないようにしたいものです。

理想のキャリアプランを追いかけるためには、「金銭面」「体力面」「精神面」の3つが充実している必要がありますので、ビジネスパーソンとして意識しておいてください。

女性のキャリアプランを構築する3つのポイント

続いて、女性のキャリアプランを構築する3つのポイントをご紹介していきます。

キャリアプランを構築する3つのポイント

1. 現実的に可能なギリギリラインを見極める

2. ライフプランも踏まえて構築する

3. 見直すタイミングを作り軌道修正する

それぞれを詳しく解説していきます。

1. 現実的に可能なギリギリラインを見極める

まず、現実的に実現させることができる道筋かどうかを見極めることです。

例えば、現在の年収が300万円だったとして、1年後に年収3000万円を目指そうとするのは、多くの場合においては非現実的なキャリアプランの立て方だと言えます。

もちろん一気に年収が上がる方も少なからずいらっしゃいますが、そういった方は運やタイミングなどが絡んでおり、純粋な能力だけで年収が上がったわけではないケースがほとんどです。

高い目標を掲げたり、理想を描くことは大切ですが、達成可能な最終ゴールと、小さくステップアップするように目標に向かって進めるようなキャリアプランの立て方が重要だと言えるでしょう。

前章の3つ目の項目でもお伝えしましたが、1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年と目標を細かく期間で分け、少し上にステップアップするような現実的な目標を設定にすると、結果に繋がりやすいものです。

小さな目標達成を積み上げながら、最終的に大きな目標を達成していきましょう

2. ライフプランも踏まえて構築する

女性がライフプランを考える際に意識するポイントは、結婚・出産といった女性ならではのライフイベントが発生する点です。

企業に勤務している場合でも、結婚すれば仕事の出勤ペースや勤務時間を考え直す必要があります。

また出産時は、育休や退社といった選択も出てきます。

出産後の仕事復帰の時期について はじめて妊娠し、職場復帰の時期について会社と話し合っています。 1月末に出産予定で、早く仕事に戻りたいと思っており、会社も歓迎してくれているのですが、 なんせ初めてのことで、赤ちゃんを育てるのがどれくらい大変なことなのか想像がつきません。

Yahoo知恵袋より引用

Yahoo知恵袋に寄せられた第一子を出産される方の投稿で、勤務している会社とは復帰自体の話し合いを進めながら、育児についても考えているようです。

女性の場合、結婚・出産のライフイベントを考慮した上でキャリアプランを立てる必要があり、結婚を考えているパートナーが居る場合は、これからどうするかを話し合っておく必要があります。

私生活に平均的な進み方などといったケースは存在しません。

私生活上のライフイベントも、人によって起きるかどうかの有無、タイミングも異なってくるものです。

3. 見直すタイミングを作り軌道修正する

キャリアプランを立てる際に大切になるのが、定期的にキャリアプランを見直し、修正できるタイミングを設けておくことです。

キャリアプランはあくまで、現時点での目標であり、人生を歩んでいる中で考え方が変わったり、やりたいことが変化することはよくあることです。

キャリアプランを立てたからといって、絶対にプラン通りに人生を歩まなければいけないわけではなく、「気持ちの変化」や「今の置かれた状況」を見つめ直し、軌道修正する必要も出てくるでしょう。

内省してキャリアプランに修正を加えるためにも、定期的にキャリアプランを見直せるタイミングを設定しておくことが重要です。

見直しタイミングの例としては、1~2ヶ月に1度ほどのスパンで機会の設定をし、現在のキャリアプランについて見直してみても良いでしょう。

定期的にキャリアプランを見直すタイミングを作っておく必要があるようです。

20,30代女性の職種別キャリアプランの例

この章では、20代、30代女性の職種別のキャリアプランについて解説していきます。

それぞれモデルを設けて解説していますので、ぜひご自身の状況に照らし合わせ、参考にしてみてください。

今回ご紹介する職種は以下の通りです。

⚪︎営業

⚪︎事務

⚪︎エンジニア

⚪︎販売

上記4つの職種をご紹介していきます。

1. 営業

営業職を希望している女性の場合、大きく分けて4つのキャリアプランの選択肢があります。

女性・営業職志望のキャリアプラン

① 無形商材営業へ挑戦する

② 営業マネジャーへ昇格

③ 営業企画へ異動

④ 営業フリーランスへ挑戦

①無形商材営業へ挑戦する」は、これまでの営業の業務で培ったノウハウを活かし、営業職の中でもより高度なスキルが必要とされるキャリアです。

対面で売り込む営業能力に長けた女性に向いている選択肢で、コミュニケーション能力や多角度的な物の見方など、営業能力の本質的な力が試される営業職の花形ポジションです。

営業職として現場で活躍したい女性であれば、選択肢の筆頭になるでしょう。

「②営業マネージャーへ昇格」は、現場で売り込みを行う営業マンたちを束ねるポジションで、いわゆる管理職に該当しています。

とくに物事を客観的に見る能力に長けた女性に向いている選択肢で、自社のサービスや商品について深く勉強しており、現場に赴く営業マンたちを引っ張るリーダーシップの資質を持つ女性なら、選択肢に挙がるでしょう。

③営業企画へ異動」は、営業全体の戦略を立てる部門である営業企画へ転属する選択肢で、目標設定や競合の情報収集といった、縁の下の力持ちとして活動する営業職の1つです。

現場に向かう営業マンをはじめ、他のチームスタッフたちの業務を裏方で支えるポジションで、コツコツと積み上げていく調査や、戦略の立案といったデスクワークが得意な人向けの選択肢です。

「④営業フリーランスへ挑戦」は、どこかの営業職企業に属するのではなく、個人として企業に代わってサービスや商品を売り込む、営業のフリーランス業へ転身する選択肢です。

営業フリーランスが選択肢になる女性は、企業に所属している間に人脈が構築できていること、仕事が安定するまで食い繋げられる貯蓄があることの2つが前提としてあります。

ですが何より、個人として働いてみたい起業家精神を持った女性であることが重要で、仕事の量に波があることにリスクを感じる女性には、ミスマッチなキャリアプランであると言えるでしょう。

その人の能力・特性によって、キャリアプランの選択が大きく変わってくるのが営業職の特徴です。

現場に赴く営業職プレイヤーと営業企画では、かなり業務の内容が異なりますね。

2. 事務

事務をしている女性の場合、大きく分けて3つの選択肢があります。

事務をしている女性のキャリアプラン

① 事務として資格取得

② 事務として昇格

③ 専門的な事務職へ転職(会計や経理)

「①事務として資格取得」は、現職の時点で「日商簿記検定」や「日商PC検定」といった資格を取得しておき、将来的なキャリアアップの下準備をしておく選択肢です。

事務職は経験や専門的知識も大切ですが、社内での評価を上げる方法として、役に立つ能力を可視化できる資格取得は有効だと言えますので、キャリアプランを考える上で大切な選択肢になります。

②事務としての昇格」は、平社員から課長→部長→役員…といった形で、事務として昇格していくキャリアプランの選択肢になります。

企業内でのステップアップとしては最もポピュラーな流れですが、もちろん事務職の女性のキャリアアップにおいても、最初に押さえておくべき選択肢でしょう。

「③専門的な事務職への転職(会計や経理)」は、事務職において専門領域である、「経理」や「貿易事務」といった特殊な事務技能が必要とされるポジションに転身する選択肢です。

通常の事務以上に難易度は高く、「日商簿記検定2級」や「日商PC検定」、「TOEIC」といった、ハードルの高い資格を取得する必要もあるでしょう。

事務のキャリアプランは基本的に、デスクワークを行う業務内容から逸脱することはありません。

課長や部長に昇格して管理職の要素が加わったり、専門的な事務にシフトチェンジすることになります。

3. エンジニア

エンジニアをしている女性の場合、大きく分けて3つの選択肢があります。

エンジニアをしている女性のキャリアプラン

①特定技術のスペシャリスト

②スキルを横に展開してプロジェクトマネージャーへ

③顧客との折衝・交渉ができるポジションへ

「①特定技術のスペシャリスト」は、業務を効率化するハードウェアの設計やセキュリティエンジニアなど、専門分野に特化したエンジニアを目指すようにキャリアプランを描く選択肢です。

またプレイヤーとして活動するだけでなく、エンジニアチームを指揮するポジションになる場合もあり、所属メンバーに助言をしたり、タスクの分担を采配したりすることもあります。

エンジニアのキャリアプランとしては、筆頭に挙がる選択肢だと言えるでしょう。

「②スキルを横に展開してプロジェクトマネージャーに」は、これまでに培ったエンジニアとしてのノウハウ・経験を基に、人材育成やプロジェクトの進歩管理をするポジションに就く選択肢です。

①の指揮するポジションと似た側面はありますが、プレイヤーとしての活動を止めてマネジメントに特化しているのが②であり、プロジェクト全体の設計や軌道修正、個別のエンジニアへのサポートなど、より包括的に立ち回りながらマネージメントするポジションになります。

「③顧客との折衝・交渉ができるポジションへ」は、発注者である顧客との交渉を上手くまとめ、納期や金額を無理のない条件に落とし込むことを仕事とするポジションです。

基本的に発注者側の立場が強い場合が多く、受注者側は相手の意向をくみ取りながら無茶な要求を避けつつ、開発メンバーやステークホルダーといった、さまざまな方面に配慮しながら合意形成する技術が必要になります。

エンジニアとしてのノウハウ・経験と共に、高いコミュニケーション能力や発注者に押し負けないメンタルも必要とするため、やり甲斐と難しさの両方を兼ねた選択肢だと言えるでしょう。

エンジニアのキャリアプランは、専門性・管理(マネージャー)・交渉役の3つが選択肢になります。

どのポジションにせよ、根底にはエンジニアとしてのノウハウの蓄積や経験が必要となりますので、現職時にスキルを高めておく必要があるでしょう。

4. 販売

販売をしている女性の場合、大きく分けて2つの選択肢があります。

販売をしている女性のキャリアプラン

① 販売職として昇格

身に付けたスキルを活かして転職や独立

①販売職として昇格」は、店舗のスタッフとして店長やチームリーダーなどに昇格したり、本部へ異動しバイヤーになるといった上流ポジションを目指す選択肢になります。

接客に重きを置いていた業務から、店舗におけるサービス企画や置く商品の選定など、販売としてよりマネジメント業務に踏み込んだポジションに就く選択肢です。

経験を積むことによって商品企画といった企業の戦略にも参加できる可能性があるため、販売をしている女性のメインのキャリアプランになるでしょう。

「② 身に付けたスキルを活かして転職や独立」は、販売スタッフとして得たノウハウ・経験を活かし、同じ販売業や販売を必要としている業界に転職したり、独立して仕事をスタートする選択肢です。

例えば、アパレル販売員として独立し、販売代行業者を立ち上げるや、全国展開しているフランチャイズ店の店長になったり、ネットショップのオーナーになるなどの選択肢があります。

販売のキャリアプランは、店長やリーダーといった管理職の役職や、買い付けを行うバイヤーのポジションがあります。

また身に着けた販売のノウハウを活かし、転職や独立する選択肢もあるんですね。

20,30代の悩める女性にオススメのサービス

最後に、キャリアに悩む20代・30代にオススメのサービスをご紹介します。

1人で悩んでいても解決はしないので、手取り早くキャリアプランを決めたい人にオススメです。

無料の適正診断もありますので、是非活用してみてください。

キャリアを考える上でのオススメサービス3選

1. 適正診断アプリで自己分析を深めてみる

2. キャリアのプロに相談してみる

それぞれを詳しく見ていきましょう。

1. 適正診断アプリで自己分析を深めてみる

1つ目は、適性診断で「自分の特性を知る」ことです。

転職や仕事選びにおいては、向き不向きや業界の適正などが大きく影響します。

向いてない仕事は、いくら頑張っても楽しくないので、成果も出ません。

そこで、まずは適正診断で自己分析を深めることをオススメしています。

オススメは「ミイダス」と「VIEW」です。

完全無料で利用できる点も嬉しいポイントです。

ミイダス」は、経験とスキルなどの情報から自分に最適な企業からスカウトを受けられるアプリです。

特に、無料診断で「現在の市場価値」「強みやストレス要因(コンピテンシー)」「個性や心の状態(パーソナリティ)」といった分析ができ、自己理解を深めるための手助けになります。

筆者も実践してみましたが、当たりすぎてビビりました

可能性診断を用いた転職ならミイダス | 転職者向けサイト | ミイダス

Click here

< 無料で診断可能 >
ミイダスを詳しく見てみる ▶︎

続いて「VIEW」です。

VIEW」は、若手ハイクラス向けの転職アプリです。

プロフィール情報を入力すると、20,000人以上のキャリアデータから導き出された、キャリアの方向性や転職先のポジションを提示してくれます。

キャリア形成支援にも力を入れており、スキルアップセミナーやキャリアにまつわる最新情報の配信も参考になります。

AIキャリアシミュレーション『VIEW』を発表 - 株式会社ASSIGN | 20代-30代ハイエンドの転職支援

Click here

<20代 ハイクラスに特化>
VIEWの無料診断を試してみる ▶︎

自分の適性」を知る手がかりになりますので「自分の適正がよく分からない」や「自分の特徴や強さを知りたい」という人に是非ともオススメします。

両方とも無料なので、適正診断結果を比べればさらに理解が深まるでしょう。

まずは手取り早く自己理解が深まる適正診断から実践してみましょう!

2. キャリアのプロに相談してみる

キャリア迷子」という言葉と共に「キャリアコーチングサービス」の利用者が増えています。

キャリアコーチングとは、「1人1人が自分ならではのキャリアデザインを持ち、さらに行動を変えながら自立的に実現してゆけるよう継続的にサポートするキャリア支援サービス」です。

1対1でキャリアコーチを丁寧に行い、転職エージェントと異なり企業重視ではなく相談者の個人重視で相談にのってくれるので、自分のキャリアを見つめ直すことができます。

<無料相談だけでも価値の高いサービス3選>

⚪︎1位:ポジウィルキャリア
【公式サイト】https://www.posiwill.co.jp

業界最大手の口コミ数No.1サービス!自己分析に強みを持ち徹底的にユーザーに寄り添ったサービスが持ち味!

⚪︎2位:マジキャリ
【公式サイト】https://majicari.com

転職エージェント経験豊富な採用のプロが徹底サポート!年収アップの転職に自信有り!

⚪︎3位:キャリート
【公式サイト】https://career-meet.com

ジョブホッパーから『キャリアビルダー』へ。業界No.1 のコストパフォーマンス!

*関連記事*
▶︎ 【人気8社】キャリアコーチングのオススメ8選をご紹介!


実際に、ポジウィルキャリアの約50万円コースに申し込んだ人が、どのような変化があったのかをまとめた記事もあります。

有料でのサービスに不安な人は、先にチェックしておくと良いでしょう。


※関連記事※
▶︎ポジウィル50万円の有料コース体験談!ぶっちゃけ、何が変わった?

その他の関連記事は以下からどうぞ。

本気で成功したい人は即行動!積み重ねがキャリアを創る

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、20代・30代のキャリアに悩む女性に向けて、すぐに実践できる5つの行動やオススメのサービスをご紹介してきました。

最後にもう一度、要点をまとめます。

即実践できる5つのポイント

1. 現職で成果を出す

2. ロールモデルになる人と話す

3. 1日、1週間、1ヶ月、3ヶ月、1年の目標を設定する

4. 選択肢を広げる行動をする(転職や副業)

5. 意思決定ができる環境を作る(金銭、体力、精神)

悩み込む前に、とにかく行動をしてみましょう!

今すぐ、何かを変えたい!」と思う人は、キャリアのプロに相談するのが1番オススメです。

悩んだ時は、誰かに話すことで頭の中がクリアになりますよ。

<無料相談だけでも価値の高いサービス3選>

⚪︎1位:ポジウィルキャリア
【公式サイト】https://www.posiwill.co.jp

業界最大手の口コミ数No.1サービス!自己分析に強みを持ち徹底的にユーザーに寄り添ったサービスが持ち味!

⚪︎2位:マジキャリ
【公式サイト】https://majicari.com

転職エージェント経験豊富な採用のプロが徹底サポート!年収アップの転職に自信有り!

⚪︎3位:キャリート
【公式サイト】https://career-meet.com

ジョブホッパーから『キャリアビルダー』へ。業界No.1 のコストパフォーマンス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA