はじめに ▶︎

【8項目で比較】マジキャリとポジウィルキャリアはどっちがお勧め?徹底比較してみた!

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

マジキャリとポジウィルキャリアはどっちが良い?

自分に合ったキャリアコーチングを選びたいです


本ページでは、キャリアコーチングサービス「マジキャリ」と「ポジウィルキャリア」の2社を徹底比較していきます。

ズバリ、結論を申し上げると、

サービスの質重視であれば「ポジウィルキャリア」転職ノウハウ重視であれば「マジキャリ」

がおすすめです。

< サービスの質重視 >
ポジウィルの無料相談はこちら ▶︎

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎


「マジキャリ」や「ポジウィル」といった「キャリアコーチングサービス」は、近年若い世代で急激にユーザーが増えているサービスです。

筆者も複数のキャリアコーチングサービスを利用して、転職に成功しました。

現在は、海外に生活拠点を持ちながら複数の事業を運営しています。

マジキャリとポジウィル以外にもお勧めのキャリアコーチングサービスを以下にまとめました。

*関連記事*
▶︎ キャリアコーチングサービス8選をご紹介!



転職が一般的になったとは言え、闇雲に転職するだけでは、十分な成長機会や年収アップに繋がることは難しいのが現状です。

その点、キャリアコーチングサービスを利用すれば、転職の軸を明確にすることができます。

結果的に、納得のいく転職を成功させ、自己実現に繋がります。

キャリアコーチングで「設計」を綿密に行うことで、内定確率が跳ね上がります。

また、転職後に満足のいく働き方・生き方ができているユーザーが多くいます。


そこで本ページでは、業界トップの「マジキャリ」と「ポジウィルキャリア」について9項目から徹底比較をしました。

結論、両社とも優れたサービスを提供しているので、無料相談で相性を試してみるのがお勧めです。

マジキャリとポジウィルキャリアを8項目で徹底比較

それでは早速、徹底比較を行って行きましょう。

キャリアコーチングサービスは、人生の道を選択する大きな決断になりますので、詳細まで落とし込んだ以下の8項目で比較していきます。

マジキャリとポジウィルの8つの比較項目

1. 受けられるサービス内容
2. 担当コーチの質
3. プログラムのサポート期間
4. 料金
5. 口コミ・体験談の数と質
6. 返金対応の有無、丁寧さ
7. 会社の信頼度
8. 直近の採用状況

1. サービス内容で比較

マジキャリもポジウィルキャリアも共通するサービス内容があります。

< 共通するサービス内容 >

・徹底した自己分析

・キャリアプラン設計と言語化サポート


・「本当にやりたいこと」や「自分の強み」が言語化できる


・レジュメ添削、面接対策も可能


・どちらも求人紹介は無し


・初回無料相談有り


両社とも、基本的には『採用・キャリアのプロが個別にキャリアをサポートしてくれるサービス』となっております。

基本的なサービス内容は同じだが、コーチ属性や細かい料金プランの違い等があります。

2. コーチの質で比較

キャリアコーチングサービスは、コーチの質が全てです。

1対1のコミュニケーションが全てなので、コーチの属性を知ることが大切です。

両者とも「採用・キャリアのプロ」という点は変わらないが、コーチの経歴・キャリアを見ると違いがある

それぞれのコーチの経歴・キャリアを見ていきます。

ポジウィルキャリアのコーチ陣は以下です。

ポジウィル公式HPより引用

ポジウィルのコーチ陣

瀬川 慶さん
▶︎ 日本女子大学からリンクアンドモチベーションに入社。オープンワーク出向を経てポジウィルへ。

杉山 真也さん
▶︎ 大学卒業からマイナビに入社。その後、ポジウィルへ。

・宮田 果奈さん
▶︎ リクルートへ新卒入社。インサイドセールスを経験後、法人営業を経験。その後、ポジウィルへ。

・酒井 瑛さん
▶︎ 大学卒業後、営業職、スポーツトレーナーを経験。プログラミングスクールのライフコーチを経てポジウィルへ。


ポジウィルのコーチ陣は、

様々な業界でキャリアアップをしてきた人達が、ポジウィルの「あるべきをこわす」という価値観に共鳴してジョインしています。

キャリアコーチとして、実体験のある共感やアドバイスを頂ける事が期待できます。

Click here

< サービスの質重視 >
ポジウィルの無料相談はこちら ▶︎



続いて、マジキャリのコーチ陣を見ていきましょう。

<マジキャリのコーチ陣>


〆木 崇至さん
▶︎ 大手企業で、営業職・営業企画・新規事業開発・社長秘書・経営企画を経て、アクシス株式会社にジョイン。

佐藤 真貴子さん
▶︎ 4年間の人事業務からキャリアコンサルタント資格を取得。その後、アクシス株式会社でキャリアアドバイザーを経験。

肥田 航平さん
▶︎ 人材系企業でキャリアアドバイザーを経験後、アクシス株式会社にて法人営業として転職・採用支援を経験。

遠藤 美桜さん
▶︎ 新卒向けエージェント業務を経験。約1,000名の学生支援を行い、アクシス株式会社にジョイン。

鈴木 将斗さん
▶︎ ブライダルジュエリー業界で営業職・店長職を経験、新卒採用兼任後、アクシス株式会社にジョイン。

大野 梨花さん
▶︎ 大学卒業後、インドネシアに渡航。個別最適なキャリアを自ら描き、自走できる人を増やすべくマジキャリにジョイン。


マジキャリコーチの特徴として、アクシス株式会社が転職エージェント事業も行なっているため、転職・採用支援を経験している人が多い傾向があります。

転職エージェントのナレッジを持つコーチから、転職に関するノウハウや知見を共有してもらう事が期待できます。

Click here

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

3. サポート期間で比較

続いて、サポート期間で比較していきます。

マジキャリ各コースのサポート期間


・キャリアデザインコース:5回(35日)

・自己実現コース:10回(75日)

・自己実現コースmore:15回(75日+3ヶ月)

ポジウィル各コースのサポート期間


・キャリアデザイン:5回(35日)

・キャリア実現:10回(75日)

・キャリア実現プラス:12回(75日)

・プレミアム:期間要相談(経営者・CXO向け)


セッション回数とサポート期間はほぼ同じで、最短1ヶ月から5.5ヶ月のサポート期間になります。

ポジウィルキャリアは、経営者・CXO向けのプレミアムコースを開設しており、より中長期でサポートする体制を作っています。

なので、より手厚いサポートを求める人であれば「ポジウィルキャリア」の方がお勧めです。

手厚いサポート・人生を並走してくれるコーチを探している人は「ポジウィル」がお勧め

4. 料金で比較

続いて、料金で比べます。

マジキャリ
ポジウィルキャリア
キャリアデザインコース
▶︎ 275,000円+入会金5万円
キャリアデザインコース
▶︎ 330,000円+入会金55,000円
自己実現コース
▶︎ 440,000円+入会金5万円
キャリア実現コース
▶︎ 495,000円+入会金55,000円
安心転職コース
▶︎ 660,000円+入会金5万円
キャリア実現プラス
▶︎ 660,000円+入会金55,000円
プレミアムコース
▶︎ 目安660,000円〜
横にスクロールできます ⇨


両社とも手軽に購入できる金額ではありませんが、マジキャリの方が5万円ほど低価格になっています。
(キャリアデザインコース、自己実現コースのみ)

最終的な決め手が価格になった場合は、マジキャリに軍配が上がります。

しかし、両社とも初回相談を受けた筆者からすれば、5万円の金額の差はほぼありません。

マジキャリの方が約5万円ほど安く申し込みできるが、コーチの相性で判断するのが1番良い


コーチとの相性やフィーリングといった部分で最終判断をすれば良いと思います。

5. 口コミ・体験談の数と質で比較

続いて、口コミ・体験談の数と質で比べます。

口コミ・体験談については、2022年7月現時点での集計になります。

マジキャリ
ポジウィルキャリア
相談実績数5000名突破非公開
note投稿数134件
詳しく見る
約600件
詳しく見る
Googleレビュー数評価4.4
99件の口コミ
詳しく見る
評価4.1
14件の口コミ
(詳しく見る)
公式LINE友達数約7,300人公式LINEなし
横にスクロールできます ⇨


ご覧の通りの結果でした。

口コミ・体験談の数でいえば、noteにおいてはポジウィルが圧倒的な数を誇っていますが、Google map 上のレビュー数はマジキャリが多かったです。

口コミ・体験談は両社とも一定数の数と質があり、事前にユーザーの声をチェックすることができます。

6. 返金対応の有無と条件で比較

続いて、返金対応の有無と条件で比べます。

両社ともサービス内容に自信があるのか、返金対応を行なっています。

微妙に条件が異なりますので、確認しておきましょう。

マジキャリ
ポジウィルキャリア
返金申し込み期日初回セッションから3日以内面談日から起算して8日以内
返金範囲入会金も含めて全額返金入会金(55,000円)は返金不可
参照画像全額返金保証アリ
参照:よくある質問


参照:利用規約ページ
横にスクロールできます ⇨


両社とも、返金対応を行なっております。

マジキャリは全額返金対応に対して、ポジウィルキャリアでは、入会金55,000円は返金不可となっています。

ノーリスクで申し込みをしたい人は「マジキャリ」がお勧めです。

マジキャリは入会金も含めて全額返金の対応を行なっている!

7. 会社の信頼度で比較

続いて、会社の信頼度で比べます。

まずは運営会社の概要を見ていきます。

信頼度を測る項目として「設立日」「従業員数」「サービス監修者」で比較していきます。

マジキャリ
ポジウィルキャリア
運営会社アクシス株式会社ポジウィル株式会社
代表者末永雄大
@yuutasue0501
金井芽衣
@meiem326
設立日2012年8月2017年8月
従業員数65名
(2022年1月)
約30名程度
※平均年齢28歳
サービス監修者森本 千賀子 様
(詳しくはこちら
田中 研之輔 教授
(詳しくはこちら
横にスクロールできます ⇨

8. 採用状況で比較

最後に、採用状況で比較します。

マジキャリやポジウィルというビジネスモデルの場合、採用状況が事業成長度を測る指標として最適な項目と言えます。

キャリアコーチングは、そもそものトレーナーがいなければ成り立たないからです。

キャリアアップコーチングは「人」がいなければビジネスとして成り立たないからね

トレーナーを支えるマネジメントレベルの採用状況についても合わせて見ていきます。

※尚、2022年7月末の最新情報をまとめたものです。

まずは、マジキャリの採用状況について見ていきます。

マジキャリの採用状況


1. 基本的にWantedly で通年採用中


2. Webマーケ領域の学生インターン有り

3. 合計10ポジションの採用活動中
(2022年7月現在)



<コーチ採用の募集要項>

【必須要件】
・中途領域の人材紹介経験3年以上
・CA/RAとして20代〜30代の顧客対応をご経験された方

【歓迎要件】
・ハイキャリアの転職支援を担当していた方
・30代の文系職種の転職支援を担当していた方
・個人と向き合ってキャリア支援がしたい方
・オンラインコミュニケーションに慣れている方
・コーチングに興味があり練習したい方
・お客様の本音を引き出す質問ができる方

【勤務形態】
・業務委託、フリーランス契約

・休日稼働、平日夜稼働あり

コーチは、中途採用の人材紹介経験がある人に絞っているため、採用のプロが集まっていますね

業務委託もしくはフリーランス契約については、メリット・デメリットがありそう…


マジキャリの運営会社「アクシス株式会社」は、採用活動を積極的に行なっていました。


さて、続いてポジウィルキャリアの採用状況を見ていきましょう。

ポジウィルキャリアの採用状況


1. トレーナー、カウンセラー、社長室候補の3つのポジションで採用中


2. 人材業界に限らず幅広い分野から採用中

3. 直近、新役員体制に移行(大型採用を実施)
PRTIMESのニュース記事はこちら)



<コーチ採用の募集要項>

【必須要件】
・当社事業やミッションに共感している方
・対人折衝経験をお持ちの方(営業、販売、コンサルタントなど)

【歓迎要件】
・決まったテンプレートや仕組みがない中でも、タスクやモチベーションを自らコントロールできる自走力のある方
・営業経験をお持ちの方
・少人数でもマネジメントやメンターのご経験をお持ちの方

【勤務形態】
・正社員(試用期間あり)

・フルフレックスタイム制


<会社説明資料>

詳しくはこちら

ポジウィルキャリアの採用は、とてつもない勢いです

マネジメント層からトレーナーまで幅広いポジションで採用をしてます


2社の採用状況を比較すれば、ポジウィルの方が採用に力を入れていると言えます。

また、ポジウィルのメンバーはほぼ全員がTwitterアカウントを動かしており、会社全体で採用に力を入れていると言えます。

マジキャリとポジウィルは結局どっちが良い?あなたに合わせて診断します

さて、ここまでマジキャリとポジウィルキャリアを9つの項目で比較してきました。

ここまでお読み頂いた方は、

で、結局自分にはどっちがおすすめなの?

という疑問をお持ちの事でしょう。

そこで、それぞれのお悩みに合わせて診断を行なっていきます。

✔️ 自分のやりたい事がわからない

✔️ なるべく安い方がいい

✔️ 真摯に寄り添ってくれるコーチがいい

✔️ 時に、厳しく指導してくれるコーチがいい

✔️ 転職で使えるノウハウや考え方を会得したい

自分のやりたい事がわからない

やりたい事を見つけたい」「将来の方向性を決めたい」と思っている人なら、ポジウィルキャリアがおすすめです。

マジキャリは転職エージェントを運営している会社でもあり、どうしても転職前提で考えてしまいがちになります。

一方で、ポジウィルキャリアの場合は「幼少期からの意思決定の背景」まで深ぼっていくスタイルを持っています。


上記画像のように、人生理解から始まるため、より本当の自分と向き合いやすい傾向にあります。

Click here

< やりたい事をみつける >
ポジウィルの無料相談はこちら ▶︎

なるべく安い方がいい

できる限り安いプランを選びたい人は、マジキャリがおすすめです。

キャリアアップコーチングは、消費者からお金を頂くビジネスモデルのため、どちらもかなり高額な料金設定です。

しかし、本質的な仕事への問題解決や年収アップを考えれば、安い買い物だと言えます。

マジキャリの方が、約5万円ほど安いプラン設定がされており、また返金保証も全額が対象内になっています。
(ポジウィルの場合、入会金は返金無し)

Click here

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

真摯に寄り添ってくれるコーチがいい

担当コーチによって様々でありますが、大きな括りでまとめると、ポジウィルの方がユーザーに寄り添ってくれるサービスです。

もちろん、マジキャリも100%ユーザー目線でアドバイスを頂くことができますが、プログラムの内容的にはポジウィルに軍配が上がります。

具体的には、ポジウィルは「slack」を用いて密なコミュニケーションを可能にしていたり、卒業生限定コミュニティがあったりします。

まるで、親友に相談するようなコーチを望んでいるなら、ポジウィルを選択するのが良いでしょう。

Click here

< やりたい事をみつける >
ポジウィルの無料相談はこちら ▶︎

時に、厳しく指導してくれるコーチがいい

担当コーチや相性などによって100%とは言えませんが、厳しく指導して貰いたい人は、マジキャリがおすすめです。

マンツーマンのレッスンはもちろんですが、毎週の課題やレポート、アウトプット量がかなり多いという声があります。


しかし、頑張った分だけ結果が出るのがマジキャリです。

将来への投資と思い、今を踏ん張れる人はマジキャリのプログラムに挑戦するのが良いでしょう。

Click here

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

転職で使えるノウハウや考え方を会得したい

今すぐの転職は考えてないけど…」や「転職市場に合わせたキャリアプランの設計がしたい」という方は、マジキャリがおすすめです。

マジキャリ、ポジウィル共にリクルート出身の社長が立ち上げたサービスですが、マジキャリの場合は同じ会社内で、転職エージェント事業も運営しています。

また、担当コーチの採用要件には「中途採用の人材紹介経験3年以上」という項目が入っており、より転職市場に関する知識や情報を保有している傾向にあります。

転職で年収アップを狙っている人は、マジキャリがおすすめです。

Click here

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

結論、比較体験をしてみるのが1番良い!無料体験は今だけ!

さて、いかがでしたでしょうか。

最後に本記事の要点をまとめます。

本ページのまとめ

✔️ マジキャリ、ポジウィルもサービス内容はほぼ変わらない

✔️ サービスの質重視であればポジウィルキャリアがおすすめ

✔️ 転職ノウハウ重視であればマジキャリがおすすめ

✔️ どちらも無料で初回相談が可能!


筆者の私も、両者とも無料カウンセリングを受けましたが、とても有益な時間であり、思考を言語化するきっかけとなりました。

<自分のキャリアは自分でつくろう>

「どう生きるか」でキャリアを決める

Click here

< 人気No.1 >
無料で相談してみる ▶︎

【図解で徹底解説】ポジウィルって実際どう?評判や口コミの特徴をご紹介!




本ページが皆様のキャリアの支えとなれば幸いです。

今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでも、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA