はじめに ▶︎

【ポジウィル料金値上げ】2022年11月からの値上げと考察!料金は高いのか?

ポジウィルキャリアのキャリアコーチング料金が2022年11月より値上がりしました。

ポジウィルキャリアの料金値上げ

⚪︎キャリアデザインコース:330,000円 → 385,000円

⚪︎キャリア実現コース:495,000円 → 594,000円

⚪︎キャリア実現プラス:660,000円 → 880,000円

かなり値上がりしてますね!

本ページでは、ポジウィルキャリアの値上げ後の料金と価格設定から筆者なりの考察を述べたいと思います。

後半では、ポジウィルキャリアの業界全体の立ち位置及び、他社サービスとの比較を行います。

「ポジウィルのコース料金が高すぎる….」と思っている人へ、高価格設定の理由や上手なポジウィルの使い方をレクチャーしていきます。

ポジウィルキャリアの値上げ後の料金


2022年11月以降のポジウィルの値上げ料金額は、以下の通りです。

⚪︎キャリアデザインコース:55,000円値上げ

⚪︎キャリア実現コース:99,000円値上げ

⚪︎キャリア実現プラスコース:220,000円値上げ

正直、かなり強気な価格設定ですよね…

他のキャリアコーチングサービスの料金目安は以下の通りです。

他キャリアコーチングサービスの料金

⚪︎マジキャリ:275,000円〜

⚪︎きづく。転職相談:187,000円〜

⚪︎キャリート:
105,000円

サービス期間は3ヶ月が主流です。

ポジウィルのキャリアコーチングは、他サービスよりも料金が高いです。

もちろん利用者満足度が高い点や知名度が高いこともあり、キャリアコーチング業界では圧倒的な存在を占めていますね。

実際に約50万円の有料コースを受講した人にインタビューしましたが「将来のモヤモヤが解消し納得の転職を成功させることができた」と話しており、金額以上の価値がある点は間違いないようです。

※インタビュー内容はこちら

より、詳しい比較は以下の表を参考にしてみてください。

キャリアコーチング入会金プラン料金無料体験返金保証特徴公式サイト
マジキャリ
50,000円275,000円〜⚪︎⚪︎⚪︎転職支援に強みを持ったキャリアコーチングサービス
⚪︎初回受講で満足できなかったら全額返金の保証制度有り
マジキャリ
ポジウィルキャリア
55,000円385,000円〜⚪︎⚪︎⚪︎自己分析やキャリアについての相談に特化しているサービス
⚪︎大企業・ベンチャーでキャリアアップしてきた専属トレーナー多数
ポジウィル
キャリート
0円105,000円〜⚪︎⚪︎⚪︎業界最安値のコストパフォーマンス
⚪︎HPパーソナル診断を全てのコースで対応
キャリート
きづく。転職相談
0円187,000円〜⚪︎⚪︎⚪︎中途採用支援の熟練経験者がサポート
⚪︎「3つのきづく」をコンセプトに掲げてサポート
きづく。転職相談
Reeed
0円198,000円〜××⚪︎アクションを前提にした継続的なフォローを実施
⚪︎「転職を前提にしない」純粋なキャリアコーチング
Reeed
キャリドラ
50,000円275,000円〜⚪︎×⚪︎年収アップを目的にしたキャリアコーチング
⚪︎市場価値を上げることに特化しており、再現性が高い
キャリドラ
キャリアアップコーチング
0円330,000円〜⚪︎⚪︎⚪︎期間限定で全てのプランで30,000円OFF割引中
⚪︎受講者満足度94%
キャリアアップコーチング
横にスクロールできます ⇨


さらに詳しく各コースの特徴や口コミを確認したい人は、以下の記事をチェックしましょう!

※関連記事※
▶︎有料キャリアコーチングサービスの料金と特徴を比較!


【最近流行り?】有料キャリアコーチングサービスの料金と特徴!相場感やおすすめする人の特徴までご紹介!

ポジウィルキャリア料金値上げの理由とは?

ここからは、ポジウィルが値上げを実行した理由を考察していきます。

主な理由は2022年6月に公開された「コーポレートビジョン」への準備と考察しています。

6期目となるポジウィルは中長期的なビジョンを見据えて、大幅なサービス改訂を行なう予定とのことでした。

実際の記事は以下からどうぞ。
「ポジウィル、個人の思考・行動変容を最大化するプラットフォームの構築へ」


簡単に内容をまとめると以下です。

⚪︎個人のキャリアコーチングは、今後大幅に需要が増大する

⚪︎個人の思考・行動を最大化するプラットフォームを作る

⚪︎ポジウィルのサービスをさらに良くしたい

⚪︎新しいプロダクトを作っていく

ざっくりまとめるとこんな感じです。

ポジウィルは、相談ドットミーというサービスから開始して、個人に寄り添ったキャリアコーチングを初めてサービス化しました。

サービス運営から約2年が経過して、今後の中長期的なビジョンとビジネス戦略を練り直している、という印象です。

しかし、具体的なプロダクトはまだ公開されておらず、ポジキャリ診断やサービス中に使用するワークシートをプロダクト化するような内容でした。

今は100%コーチに委ねられていますが、面談以外の部分をテクノロジーで解決していこう、という内容が記載されていました。

「サービスをより良くするための値上げ」とも捉えられるね

どんなビジネスもそうですが、最初は人力100%で行って価値を検証しながら、徐々にテクノロジーで代替しながら生産性を高めるという流れですね。

実際に、人材紹介サービスもそうです。

昔は全て人が操作していましたが、今ではある程度の経験や年齢、語学力といった人材スペックで自動マッチングされて、スカウトメールが飛んでくるまで自動化しました。

ポジウィルが目指しているのは「必要な人に必要なキャリアの情報をベストなタイミングで届ける」という事だと感じています。

人生の意思決定をする人にとっては、ポジウィルのような業界最先端、新しい領域にチャレンジするような会社に託しても良いかもしれませんね。

<自分のキャリアは自分でつくろう>
「どう生きるか」でキャリアを決める

◆ ポジウィルのポイント ◆

⚪︎業界No.1の圧倒的な口コミ数

⚪︎ユーザーに寄り添う自己分析が大人気

⚪︎「どう生きたいか?」でキャリアを決める

Click here

< 人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎


筆者が体験してみた経験談もどうぞ。

※関連記事※
▶︎【体験談】ポジウィルは無料相談だけでも問題ない?

【体験談】ポジウィルは無料相談だけでも問題ない?無料相談の感想をご紹介!

▶︎ 無料相談のお申し込みはこちら!1分で完了

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA