はじめに ▶︎

【評判と口コミ】mentoコーチングの評判は?怪しくない?人生相談に乗って貰えるのは本当?【キャリアコーチング】

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

mento(メント)を利用するか悩んでいます。

mentoコーチングの仕組みやコーチの特徴についてもっと知りたい。ユーザーの評価や口コミ、経験した人の話を聞いてみたい。

本ページに辿り着いた方は、

「mentoのコーチングサービスとは?」

「mentoの評判や口コミを知りたい」

「mentoのキャリアコーチングは具体的に何ができるの?」

という疑問をお持ちのことでしょう。

結論から申し上げると『mentoには優秀かつ実績豊富なコーチが在籍しており、多くのユーザーがポジティブな口コミを発している』です。

本ページでは、さらに「mento」のサービス内容や料金、評判や口コミ、利用をおすすめ出来る人の特徴などを、解説していきます。

<自分のキャリアは自分でつくろう>

「どう生きるか」でキャリアを決める

【ポイント】

・プロコーチによるコーチング

・審査合格率10%の豊富な経験を持つコーチ在籍

1回5,500円の体験セッションが可能

・人生のモヤモヤを解決する

Click here


詳しく見てみる ▶︎


また、キャリアコーチングサービスを検討している人は「マジキャリ」や「ポジウィル」といった類似サービスもお勧めです。

mento(メント)は単発利用に対して、マジキャリやポジウィルは3ヶ月や半年という、期間集中型で効果を出すプログラム構成です。

まとまった金額が必要になっていますが「転職するか悩んでいる」「期限を決めて集中的にキャリアを見直したい」という人にお勧めできます。

それぞれの評判や口コミ、失敗しない使い方をまとめたので、参考にして下さい。

mentoとは?

「mento」のコーチングは、クライアントの悩みや課題を整理し、目標達成をサポートすることです。

以下に、概要をまとめました。


長押しで保存


コーチが答えを教えてくれるサービスではなく、受講者自らが答えを導き出すことを主眼に置くコーチングサービスを展開しています。

mento(メント)のサービス特徴

1. 人生、キャリアのモヤモヤを一緒に解決

2. 実力確かな経験豊富なコーチのみ在籍

3. キャリアだけではなく、メンタル、子育て、家族についても相談可能

4. 相性の良いコーチを何度でも体験価格で探せる

それぞれを詳しく見ていきます。

mentoの仕組みとは?


mentoは、コーチングを受けたい人に、優秀なプロコーチを紹介するサービスです。

厳正な審査を通過したプロコーチが在籍しており、クライアントは自分にあったコーチとマッチングが可能です。

また、「mento」のコーチたちは審査を通過したあとも、コーチングのレビューを公開することによって、継続的に高品質を保つ仕組みとなっています。

コーチのレビューを見ることで、コーチの特性や自分との適正を判断することもできる

mentoの特徴が一目で分かる図解

長押しで保存

mentoのコーチングサービスは2019年のサービスリリースから右肩上がりの成長を続けています。

2021年3月に累計セッション10,000時間を突破しました。

現在の登録コーチは合計120名とのことで、優秀なコーチを増やしています。

長押しで保存

25歳〜35歳までのミドル世代の利用が最も多い


また、mentoで実際に相談されるテーマは以下のようです。

mento(メント)の相談テーマ

1位:キャリアプランを描きたい

2位:本当にやりたいことを見つけたい

3位:強み・価値観を言語化したい

mentoの特徴をまとめます。

mento(メント)は高い満足度を継続しており、10段階中「9.2点」をキープしています。

目標達成や人生の意義を感じられるようになった人が圧倒的に多く、コーチングの確かな効果が期待できます。

100%の人が「目標に向けて前進している」と感じている

mento(メント)の特徴

1. 右肩上がりでユーザー数が増えている

2. 25歳〜35歳のミドル層が多い

3. 平均9.2点の高い満足度をキープしている


続いて、mentoの料金システムを見ていきます。

mento の料金システムは?

次に、「mento」の料金について紹介します。

初回の「体験セッション」は、60分5,500円です。

少し高いと思う人もいるかもしれませんが、今ならレビューを書くことで2000円のキャッシュバックが貰えます。

Click here


レビューを書けば2000円 ▶︎


「体験セッション」は、コーチとの相性を確かめる期間で、良いコーチと出会えるまで何度でも利用できます。

体験セッションでコーチとの相性を確認した後は「継続セッション」という形になります。

セッションは、60分1回を目安に月1回、2回と選択が可能です。

【コーチの経験別利用料金】

コーチレベル料金詳細
エレメンタリー~5,500円(60分)トレーニングを受け実戦経験を積んでいる最中のレベル。
アソシエイト~16,500円(60分)一定の経験を持ち、安定してセッションを行えるレベル。
プロフェッショナル~33,000円(60分)十分な経験を持ち、効果的なセッションを行えるレベル。
マスター~55,000円(60分)熟練のコーチ。経験豊富でコーチ指導者レベル。
(出典:mento

また、3ヶ月の特化集中型プランもあります。

mento for 30s career」というコース名で、3ヶ月198,000円の短期集中型のプランになります。

3ヶ月の間は、月4回までセッションが行えます。(1回60分程度)

3ヶ月198,000円であれば、マジキャリ(33万円)やポジウィル(38万5千円)と比べても圧倒的に安い

またこちらのプランは、全額返金サービスが付いています。

満足できない場合に初回セッションから14日以内であれば、返金可能です。

mento の実際の評判や口コミは?


さて、それでは「mento」の実際の評判や口コミを見ていきましょう。

良い口コミ①
リアルタイムで図解しながら整理して貰える!

思考整理とコーチングの勉強を兼ねて、初mento。図解をしながら今感じている気持ちを聞いてもらうことで、ぐんと自己理解が深まった!できそうなhow toに気を取られがちだったので、定期的にワクワクする未来を考える時間が必要だな〜と。録画を後で見返せたのもすごくよかった。

良い口コミ②
言語化が圧倒的に進み、行動意欲が沸いた

初めてコーチングを受けてみました。

マネジメントで課題に感じていたことの言語化がガンガン進み、あっという間の1.5h。


行動レベルのアイデアと「試してみよう」という気持ちが湧いてきて、純粋にワクワクするのでワーカホリックな方々には大変オススメできます。

良い口コミ③
人生、仕事における軸を再確認できた

昨日mentoにてコーチングを体験しました!自分が何をやりたいのか?人生、仕事において何を大切にしてるのかを再確認できた気がしました。

全くの他人に自分のことを赤裸々に話すのが何だか爽快でした。

話しながら自分の考えがまとまりつつある気もする。もう少し!

良い口コミ④
コーチングという枠組みが素晴らしい

Twitterに良い評判が多い!!

mento のコーチの特徴とは?

続いて、コーチの特徴について解説していきます。

審査合格率10%以下の、確かな実力を持つコーチのみが在籍していることが「mento」のコーチの特徴です。

会社投資経験や外資系金融出身など経験豊富なコーチが多く在籍しています。

mento コーチの審査基準とは?

「mento」のコーチ審査に合格するには様々な条件が必要です。

まずは、応募するにあたって必要な条件は下記になります。

出典:mento recruitページより

有料コーチの経験時間が20時間以上ある方であれば、一定のコーチレベルが期待できると思います。

「求める人物像」について、mento(メント)のビジョンを体現できる人と限定されていますので、コーチレベルは平均して高くなっています。

体験セッションで相性の良いコーチを探せる

体験セッション - コーチング&コンサルティング Office K.


質の高いコーチが在籍している「mento(メント)」は、サービス開始時に、相性の良いコーチを探すことができる「体験セッション」があります。

体験セッションは60分5,500円で、相性の良いコーチが見つかるまで何度も利用できます。

経験豊かなコーチが多く在籍している「mento(メント)」だからこそ、相性の良いコーチが見つかるはずです。

とても魅力的な仕組みなので、遠慮なく「体験セッション」という仕組みを利用しましょう。

実際のコーチはどんな人?

では、実際にどんなコーチがいるのでしょうか。

具体的には以下の3名のような講師が在籍しているのです。

森謙吾 (mento マスターコーチ)
(出典:PRTIMES

プロコーチ養成や実践コーチング塾などコーチング指導経験が豊富です。

プロコーチのための「コーチの赤本®︎ 〜プロフェッショナルコーチ 心の態度130則+ 1〜」を執筆しています。

独自の組織コーチングで、経営者、管理職、スタートアップ起業家への経営、マネジメント、メンタル、キャリアなどに関するコーチングを展開。

総セッション時間は1万時間を超えています。

大下千恵 (mento プロフェッショナルコーチ)
(出典:PRTIMES

国際コーチ連盟認定のプロコーチです。

プロコーチとして活動しながら、全国で幅広い世代でコーチングを体感できるワークショップを実施しています。

飛び込み営業、店舗運営、ベンチャー企業にて財務として上場準備など、多種多様な業務を経験する中でコミュニケーションの重要性を痛感しました。

そのためコーチングを学び、2013年専業コーチとして独立しています。

丸谷公一(mento マスターコーチ)
(出典:PRTIMES

20歳の時にマーチングバンドの世界大会に出場するため渡米。

トランペットで出場し4位を獲得しました。

その後、マーチングバンドの指導者として多くのチームを全国大会金賞獲得へ導きました。

指導力を上げるために、コーチング・ファシリテーションを学び過去最高の実績で修了。

現在は、プロコーチとしてアーティスト、アスリート、経営者、上場企業の役員などに対して10年以上、8000時間を超えるコーチングセッションの経験があります。

その実績からコンサルタント会社や大手研修会社の依頼でプロコーチ養成や一部上場企業のコーチング研修にも従事しています。



実際にコーチを育成していたり、指導者として十分な実績があったりと様々な経歴のコーチが在籍しています。

このようなコーチ達が在籍しているため、自分の悩みにフィットしたコーチを見つけることができます。

mento に向いている人と向いていない人の特徴

「mento」のサービスに向いている人と向いていない人の特徴について解説をしていきます。

少しでも迷いや不安を感じている人にオススメ


mentoに向いている人は、仕事やプライベートで迷いや不安を感じている人です。

また、「どんなことで迷っているのか」や「何に対して不安があるのか」が明確ではない人も向いているといえます。

プロのコーチとセッションを行うことで、迷いや不安が明確になり、行動が促進されます。

迷いや不安を解決するためにどんな行動をとればいいのかを一緒に考えてもらう事ができます。

やりたいことに対して行動力やメンタル維持ができないという悩みについて

「目標は人生においてどんな意味になるのか?」

「目標を達成した先にどんな未来があるのか」


など人生という視点で考えるセッションを行ったことにより、ビジョンが明確になりメンタルを維持することができたという声もあります。

自分のやるべきことが明確な人には必要無し


mento を始めとしたコーチングサービスは「行動への腹落ち感」を深めるためのサービスと言い換えることができます。

コーチングの基本は「答えを与えるのではなく答えを導く」です。自分との対話を意図的に創り出すことによって行動を明確化します。

従って、既に目標が明確でやるべき事が見えている人には必要ありません。

コーチングを行う時間があるのであれば、一つでもタスクをこなした方が良いでしょう。

しかし、多くの場合、やることが明確に決まっている人は少ないので、結果的にコーチングの効果は絶大なものになります。

やるべき事が明確に決まっている状態であれば、コーチングは必要ない

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

コーチングは「立ち止まって考える時間を作る」サービスと言えますね

mento と他サービスの違いとは?


①転職エージェント、②ポジウィル、③マジキャリとのサービスの違いを解説していきます。

mento と転職エージェントの違いは?

「mento」と「転職エージェント」では、目的が違います。

転職エージェントは、求職者の転職を実現させることが目的です。

「mento」の目的は、クライアントの悩みや不安について相談にのることです。

mento(メント)と転職エージェント

mento(メント)

・クライアントの悩みや不安を解決する
・転職を前提にしない
・受講者が料金を払う必要有り

転職エージェント

・求職者の転職を実現させること
・転職が前提
・完全無料で利用できる
・企業側が費用を負担



「転職エージェント」はクライアントの転職が実現した際に企業から報酬を受けます。その為、悪質なエージェントの場合だと、報酬を目的に半ば強引に転職に誘導する可能性があるので注意が必要です。

その点「mento」は転職が目的ではないため、受講者の本質的な悩みや不安に対して客観的なアドバイスを得ることができます。

このように「転職エージェント」と「mento」ではそもそもの目的、サービス内容、料金体系が全然違います。


「具体的な求人を知りたい」という人は、以下の転職エージェントに関する記事もご覧ください。

mento とポジウィル・マジキャリ

「mento」と「ポジウィル・マジキャリ」はどちらもコーチングサービスですが、3つの違いがあります。

mentoとポジウィル・マジキャリの違い

1. 相談内容のジャンル

2. 期間目標の違い

3. 料金体系の違い

それぞれを詳しく見ていきます。

1. 相談内容のジャンル

mento は仕事から子育て、生活全般とプライベートまでを対象としています。一方で、ポジウィルやマジキャリは仕事・キャリアに特化しています。

<mento>
・仕事から子育て、生活全般
・個人対個人でサポートして貰える



< ポジウィル・マジキャリ>
・仕事、キャリアに限定
・自己理解、自己分析に集中

上記のような違いがあります。

2. サポート期間

mento は月1回もしくは月2回のプランを選択できます。

極端に言えば、1ヶ月で辞めてもOKですし、2年以上続けても問題ありません。受講者側に継続するかどうかの選択権があります。

一方で、ポジウィルやマジキャリは、3ヶ月や半年という期間が設定されています。

決まった期間で集中的に成果を出すための仕組みになっています。

mento は受講者にある程度の主体性が求められる

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

ポジウィルやマジキャリは、ある程度コーチにリードして貰える

3. 料金体系

最後に、料金体系です。

「mento」は1回のセッション毎に料金が発生します。

「ポジウィル」は期間プランのみとなっております。1番安いプランで1ヶ月330,000円(セッション5回)と、少し高めの設定です。

まとめ

ここまで「mento)」のサービス内容や口コミについて解説しました。

「mento」ではビジネスやプライベートのことまで幅広い内容についてコーチングを受けることができます。

経験豊かなコーチばかりで、料金もコーチングサービスでは安価なのが魅力的です。
口コミも前向きなものが多く、人生キャリアにおいて不安や迷いがある人は、活用する価値があります。

また、転職活動が中心で短期で成果をあげたい人は、「ポジウィル」や「マジキャリ」などビジネスキャリアに特化したコーチングサービスもおすすめです。

転職でキャリアアップを考えているけどお金を使いたくない」、「具体的な求人を知りたい」という人は、「転職エージェント」がおすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA