はじめに ▶︎

【キャリアのVSOPとは?】年代別で必要なスキルは?具体的な方法まで解説

キャリアのVSOPって何?

年代別に求められるスキルを具体的に身につける方法は?

本ページに辿り着いた方は、

・キャリアのVSOPとは?
・年代別に求められるスキルを具体的に身につける方法は?
・キャリアに悩んだ時の解決方法は?

という疑問や悩みを持っていることでしょう。

「キャリアのVSOP論」とは、年代ごとに求められるスキルを言語化したものです。

しかし「具体的にどうやってスキルを身に付ける?」や「キャリアに悩んだ時はどうしたらいい?」と感じる人もいるでしょう。

「キャリアのVSOP論」を理解したところで、具体的な行動に移さなければ意味がありません。

そこで本記事では「キャリアのVSOP論を理解して年代別に求められるスキルを身に付ける具体的な方法」まで紹介していきます!

「キャリアのVSOP論」を理解しただけでは不十分!

実行を継続することでキャリアに反映することができます!

オススメのキャリアコーチング

プロのキャリアコーチが、あなたの現状に合わせて寄り添った支援をしてくれます。

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

キャリアのVSOPとは?

キャリアのVSOPとは?

キャリアのVSOP」とは、年代別に求められるスキルや特性についてまとめた言葉です。

各アルファベットの単語は以下の通りです。

・V→Vitality(20代はバイタリティ)
・S→Specialty(30代はスペシャリティ)
・O→Originality(40代はオリジナリティ)
・P→Personality(50代はパーソナリティ)

それぞれの年代別に求められるスキルと、身に付けるための具体的な方法まで解説していきます。

20代は(V) バイタリティ

20代はバイタリティが必要

20代は「バイタリティ」が大切です。

さて、バイタリティとは一体何を指すのでしょうか?

バイタリティとは?

一般的に「バイタリティ溢れる」や「バイタリティに富んだ人」という使い方をしますよね。

私の解釈を含めて言語化すれば、
若く元気でエネルギーが満ち溢れている様子」です。

捉え方を変えれば、人間の欲求を全面に押し出している人とも言えます。

食欲、睡眠欲、性欲、自己実現欲、これらの欲望の全てを充実させてやろうという、溢れんばかりの活力を持つ事が大切です。

また、好きな事だけではなく苦手な事や、一般人が経験しないような事にもチャレンジすることで「バイタリティ」が養われていきます。

20代の若い内に、エネルギーを爆発させ「バイタリティ溢れる人」になりましょう!

バイタリティとは「経験」が全て

具体的に「バイタリティ」を身に付ける方法を私なりに考えてみました。

色々な意見がありますが、やっぱり大切なのは「経験の量と質」です。

特に「人と異なる経験」です。

一般人と異なる経験をすることで、その人なりの個性が出てきます。

キャリアに例えるならば、以下のような行動です。

<キャリアにおける人と異なる経験>

・少数派が進む出世コース
・海外での就業経験
・大学での学び直し
・副業による事業経験
etc…

まだまだ選択肢は無限にありますが、とにかく、
普通の人がしないこと」を継続してやり続けることが1番です。

差別化するには「あいつ馬鹿なんじゃないの」と思われるほど、ぶっ飛んだ経験を続けることが必要ですよね。

人と違う経験を人より多くすれば、必然的にバイタリティ溢れる人に近づけるでしょう。

普通の人がチャレンジしない事にチャレンジする事が大事!

30代は(S) スペシャリティ

30代はスペシャリティが必要

30代で大切にするべきスキルは「スペシャリティ」です。

20代である程度の経験を積むことで、自然と専門性が身についていきます。

20代で営業を極めるほど経験を積めば、30代はより専門業界や特定顧客に深く刺さるような営業を行うことができます。

技術分野でも、最初の3年程度は基礎知識で一人前になる研修のような期間が続きますが、4年目、5年目になれば自分の専門分野を確立できるような動きをしましょう。

「転職は35歳まで」の時代は終わりましたが、大きくキャリアの路線変更ができるのは35歳程度までだと思います。

40歳近くの転職で、全く畑違いの転職をすることは非常に稀です。

30代までの期間で、自分の専門性を極める必要があります。

「〇〇と言えばあの人!」と言われるレベルに近づきましょう!

スペシャリティは「極める心」が必要

スペシャリティを高めるためには、ある程度の忍耐が必要です。

一つの分野でトップクラスを狙うためには「極める心」が重要になります。

例えば、少なくとも社内でトップを目指していなければ、業界内でトップクラスに入ることはできませんよね。

目標を立てる場合、100点を目指して100点を取れる人は稀です。

120点、140点を目標にして、初めて100点が取れますよね。

20代は勢いだけでなんとかなる部分もありますが、
30代になれば「心」を極めなければいけません。

家族や子供との時間も大切にしながら、仕事・キャリアも集中するためには「自分はトップクラスに入るんだ」という強い志が必要だからです。

とはいえ、トップクラスを狙えるほど優秀ではないんですけど….

そこまで優秀ではなくとも大丈夫!
何か1つの事に注力していれば、やがて結果が出ます!

書籍からヒントを得ることも大切ですよ

40代は(O) オリジナリティ

40代はオリジナリティが必要

40代で大切にするべきスキルは「オリジナリティ」です。

30代までに積み上げてきた専門性を使い「自分にしかできない仕事」を目指しましょう。

40代になれば、役職や部下を持つ人が多くなり、マネージメントに翻弄される人もいます。

「人生をかけて達成するミッション」を掲げながら、自分なりの仕事の進め方を確立していきましょう!

40代・男性
40代・男性

自分なりのオリジナリティを見つけるためにはどうしたらいいですか?

まずは自分自身に「問い」を立てることが大切です。
その上で、キャリアコーチングを利用するのもアリですよ

40代は、まだまだキャリアの折り返し地点です。

40代以降の転職やキャリアチェンジも増えていますので、人生100年時代に向けて「新たな自分の可能性」を考えるきっかけが必要です。

最近では40代以降のキャリアトレーナー利用者も増えており、転職に成功したり独立・起業の道を歩んで成功したりしています。

1番のオススメは「ライフシフトラボ」です。

40代以降を専門にキャリアコーチングを提供していますので、
40代ならではの悩みに完璧に対応しています。

ライフシフトラボ公式サイト

他にも、40代にオススメのキャリアコーチングをまとめています。

オリジナリティは置換と転換

「オリジナリティ」を見出すには『置換と転換』が大切です。

置換とは「ある事象を他の事象に置き換えること」を指します。

転換とは「物事の方向を別の向きに変えること」を指します。

仕事の場面でオリジナリティを出すには、これまでの仕事の進め方や当たり前を正しい方向に導く必要があります。

似た状況から共通項を見出し、他の状況に当てはめて応用させる能力になります。

『置換と転換』ができるようになれば、
画一的な仕事の進め方から脱することができ、あなたの仕事にオリジナリティが生まれます。

変化の激しい現代では『置換と転換』は必須能力と言えます!

さらに詳しく「置換力」について、図解を用いてまとめていますので、参考にしてみてください。

50代は(P) パーソナリティ

50代はパーソナリティが必要

50代で大切なのは「パーソナリティ」です。

50代以降になれば、自分の「人間力」で勝負する必要があります。

また、若い力を伸ばすことも大切です。

自分より優秀な人材を育てる必要があります。

50代になれば、自然と役職が上がっている人もいるかもしれませんが、役職で人を従わせるのではなく、人間性で部下に慕われる人でなければいけません。

役職が上がり調子に乗る人もいますが、典型的なダメビジネスパーソンです

パーソナリティは積み上げが大切

「パーソナリティ」を磨くには、何よりも積み上げが大切です。

若い時からの積み重ねが50代の人間性を形成します。

50代から人間性を変えられる人は稀ですからね。

「パーソナリティ」を磨くオススメの方法は『古典』から学ぶことです。

長い歴史の中で大切にされてきた『古典』は、普遍の事象が多く深く豊かな人間性を育むことができます。

<個人的にオススメの古典>

・孔子
・孟子
・論語
・貞観政要
・孫子の兵法

深い教養を身に付けることができます。

キャリアのVSOPをビジネスで活用するには?

キャリアのVSOPをビジネスで活用するには?

ここまで、キャリアのVSOPの定義や具体的なスキル取得方法まで解説してきました。

しかし、「実際、ビジネスにどう活かす?」や「自分のキャリアへの転換方法は?」という疑問を抱えている人も多いはずです。

20代の読者であれば、40代や50代といった20年以上先のキャリアを考えて行動するのは、至難の技と言えます。

キャリアのVSOPを活かす方法は…?

そこで私なりの「キャリアのVSOP論をビジネスに活かす方法」について考察していきます。

<VSOPをビジネスに活かす方法>

・人生迷走期に立ち返る場所として利用
・キャリア相談を受けた時に活用する
・自分らしく働く定義を再確認できる
・楽しく働けるようになる

などなど

例えば、人生迷走期にVSOPを思い出し、立ち返る場所として利用することができます。

20代の若手ビジネスパーソンは、自分が何を目指しているのか、何がやりたいのかが見えなくなる時がありますよね。

そんな時、VSOPを思い出し、「バイタリティ溢れる選択肢をしよう!」と気持ちに切り替えをつけれるかもしれませんよね。

40代で悩んでいる人は、「自分らしい選択肢は何か?」や「オリジナリティで価値提供するには?」といった、思考の切り口ができるかもしれませんよね。

上記のように、考えるキッカケを提供してくれるのが「キャリアのVSOP」です。

うまく活用すれば、必ず良い結果が出ますよ。

「キャリアのVSOP論」を理解して行動しよう!

キャリアのVSOP論

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで「キャリアのVSOP論」を紹介しながら、各年代で求められるスキルを身に付ける具体的な方法まで紹介してきました!

個人的にオススメの古典も紹介していますので、若干以上私の主観が入っていることをご了承ください。

最後に「キャリアのVSOP論」の要点をまとめて終了とします。

本記事の要点まとめ

<キャリアのVSOP論>
・20代はバイタリティ
・30代はスペシャリティ
・40代はオリジナリティ
・50代はパーソナリティ

<各年代のスキルを身に付ける方法>
・20代は経験の蓄積
・30代は心構えが大切
・40代は置換と転換を意識
・50代は古典から学ぶ

オススメのキャリアコーチング

プロのキャリアコーチが、あなたの現状に合わせて寄り添った支援をしてくれます。

▶︎ ポジウィルキャリア
人気No.1のキャリアコーチング

ポジウィルキャリア

< キャリアコーチング人気No.1 >
ポジウィルに相談してみる ▶︎

▶︎ マジキャリ
納得の転職を目指す人へ

マジキャリ

< 転職ノウハウ重視 >
マジキャリの無料相談はこちら ▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA