はじめに ▶︎

仕事、楽し過ぎワロタな大人になる秘訣

こんにちは、kouです。(@Kou_Survive

仕事を楽しむ

これはとーーーっても大切な概念と言えます。

人生において「仕事」に使う時間が圧倒的に長いからです。仕事とプライベートの両立を達成するには「仕事を楽しむ」は必須条件と言えます。

仕事は人生の大部分を占める!


最近のSNS(特にTwitter)では「仕事を楽しく」や「仕事をポジティブに」というキャッチフレーズを掲げる人が多い。


確かに、日本は海外と比較すると「仕事」に対してのネガティブなイメージが多い。そこで、このページでは「仕事」を超楽しためには『何をすれば良いのか』という事を紹介していきます。

結論です。

自分でコトを動かす


ズバリ、これが大切です。
これさえあれば、仕事は超絶楽しくなります。

コト」って何だよ!?!?!?
と思う方もいるでしょう。

コト」は、プロジェクトや施策、を意味します。
えーつまり「仕事」です。

自分で「コト」を動かせば仕事は超絶楽しくなる!


そんな「コト」なんて職場にないし…..
と思う方もいるだろう。


「コト」はどんなに小さな事でも良いのです。



お客様満足度を上げる施策、あいさつ運動、整理整頓活動。何でも良い。

あなたが思う「自社がしなければいけないコト」に対して取り組んでみる事です。

「コト」の具体例を見てみましょう。

「コト」の具体例

・お客様満足度

・従業員満足度

・契約率の向上

・顧客ロイヤルティの向上

・職場の人間関係問題の払拭

・連絡ミスの払拭

・整理整頓活動

・挨拶運動


いかがでしょうか。

え、めんどくさいし、やりたくない
と思った人プチョヘンザ….


当然「面倒くさい」です。
では、あなたは何のために会社に入ったのですか?


多くの人が「自己成長」や「やりがい」を求めてます。
「面倒くさい」事が出来なくて、自己成長ややりがいを感じる事は出来ません。

仕事は結局「主体性」が欠かせない!


圧倒的な「主体性」で「コト」を動かせば、必ず楽しくなります。


楽しすぎてやべぇじゃん。みたいな感覚になります。
毎日、ベッドに入って即熟睡出来ます。

「コト」を動かす姿勢に反対する上司がいるような会社は、早く転職した方が身の為でしょう。



主体性をもっと知りたい方は、以下の記事もどうぞ。

今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでは、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。

本日は以上です。
kou (@Kou_Survive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA