平凡なサラリーマンが突き抜けるNo1の思考ノウハウ

「俺の敵はだいたい俺」この言葉の真相に迫ってみた。

こんにちは、kouです。(@Kou_Survive

今日は漫画 : 宇宙兄弟の南波六太の『俺の敵はだいたい俺です』という発言に着目していく。

まだ「宇宙兄弟」を読んだ事がない方は是非読んでみて欲しい。
人間的なエピソードと現代社会に通じる話が多く「人生学」として筆者自身も読んでいる漫画です。


そして、この発言は実に意味が深い。様々な場面で振り返って思い返して欲しいと思います。

仕事、私生活の両方に対してこの言葉を思い返して欲しい。私自身もよく思い返している。

なぜか?

理由は簡単です。

世の中は「競争」では無いからです。

テスト、受験、就職、転職、昇格、
小学校から企業で働くまで全ての過程で「競争」の概念が確立されています。

しかし、断じて言えるの事は我々が生きている事自体に「競争」という概念は存在していません。

人生は「競争」では有りません。


「競争」の概念を作り出しているのは、資本主義という仕組みとそれに準じている組織です。
確かに、現代の社会に「競争」は必要です。しかし、私たちが幸せに生きる為に「競争」は必要不可欠な概念では有りません。

残念ながら、多くの人が「人生は競争だ」という錯覚に陥る事で、他人と比較したり他者を蹴落とそうとしたりします。



「競争」という概念を無くしてみて下さい。

人生はこんなにも壮大で自由である事に気が付きます。


宇宙兄弟の『俺の敵はだいたい俺』という発言はまさに「競争」という概念を我々の脳内から消してくれます。


とは言え、すぐに「競争」を消し去る事は出来ません。

学校ではテストがある。
高校進学の受験がある。
定期テストが順位が出る。
大学進学の受験がある。
大学に入ればゼミに入る為の試験がある。
定期テストもある。

就活という競争もある。
就活が終われば同期との競争がスタート。
昇格する為の競争が始まる。
昇格すれば社内政治の競争がある。
競合他社との競争もある。
社長になっても競争がある。

地元に帰れば年収自慢の競争が始まる。
貯蓄金額の競争もある。
老後年金の競争もある。


いつになれば「競争」は無くなるのか??

今でしょ
…..

(林先生ごめんなさい)



宇宙兄弟の南波 六太も「宇宙飛行士になる」という己自身の夢を追いかけるのを邪魔していたのは”己自身”だった事に気づいているんです。

私達だってそうなんです。

自分の夢を「どうせ無理だ」と思ってるのは自分の感覚です。自分の殻をぶち破る為に”己自身”に打ち勝つ。

そんな事を著者の方は、社会に伝えたかったのではないでしょうか。



行き詰まった時
路頭に迷った時
大きな決断を迫れられた時
夢を忘れかけてきた時
人生がやるせない時
生きるのが疲れた時

俺の敵はだいたい俺だ

そう暗示する事をお勧めします。

本日は以上です。
kou (@Kou_Survive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA