はじめに ▶︎

【2022年最新体験談】識学キャリアの気になる評判と120%使い倒す方法をご紹介【20代転職】

識学キャリア成長中のミドル企業求人に特化した転職エージェントです。

ベンチャー企業で裁量権を持って働きたい人、自分の成果を正しく評価して貰いたい人に使って頂きたい転職エージェントです。

そこで今回は、識学キャリアの評判や実際に使ってみたユーザーの感想をまとめ、識学キャリアについて徹底的に解説を進めていきます

本ページの内容

✔️ 2022年最新の識学キャリアの評判と特徴

✔️ 識学キャリアの紹介先企業は成果主義で、実績を積み上げたい人向け

✔️ 識学キャリアを使えば無料で「識学」を学ぶことができる

最近、巷で有名な「識学キャリア」についての評判や実際のユーザーの声をご紹介していきます。
識学キャリアから紹介される求人の特徴についてもご紹介します!


識学キャリアは「全て無料」で利用することができます。

<結果が評価される会社へ転職したい方>

優良企業で市場価値を高めよう


識学キャリア公式サイトへ ▶︎


また筆者は「識学キャリア」を含めた12社以上の転職エージェントを活用し、20代で海外転職を成功させました。

詳しい自己紹介は以下をご覧ください。

転職後の市場価値を確認するため定期的に転職エージェントと面談をしています

詳しくはこちらをご覧ください。


また、僕自信が「識学キャリア」の無料相談を体験してきました。面談で話した具体的な内容、紹介された企業について詳しく知りたい人は以下の記事をどうぞ。



目次

識学キャリアとは?

まずは、識学キャリアの概要を説明していきます。

識学キャリアは「成果主義の組織で働きたい」「裁量権を持って働きたい」と考える20代〜30代の優秀層にお勧めの転職エージェントです。

そもそも「識学」とは何?胡散臭い?

そもそも、識学とは?

識学とは「組織運営」へのティーチングを行なっているサービスです

主に、マネジメント層を対象にしている。

現在、上場企業の約10%が識学を導入している



組織の運営方法を変える事で、経営を劇的に改善した実績があります。主な導入企業は以下の企業です。

・SMBC日興証券株式会社
・株式会社オークファン
・株式会社インタースペース
・株式会社グッドスピード


2022年度の第一四半期の決算資料が公開されていましたので、より詳細に把握したい人はこちらからどうぞ。

株式会社識学は「識学」に基づく組織コンサルティング事業を運営しており、経営層から一般社員層まで幅広くサービスを展開しています。

主な、収益発生源は2パターンあり、講師によるマネジメントコンサルティングと月額ストック性のプラットフォームサービスがあります。

1.識学は継続した成果を生み出す組織マネジメント方法


識学は「意識構造学」という学問が基盤になっています。

※意識構造学とは、組織運営における「現地原則」であり、経営層や管理職が主体的に習得・実践することでマネジメント力を飛躍的に高めることです。



人は生まれ持った性質や育ったバックグラウンドにより『思考の癖』を持ちます。同じ事実に対して、異なる考えを持つ他者が存在するのは当たり前の話です。

例えば、イケメンの写真を見て「カッコいい」と思う人もいれば「別にそうでもない」と思う人がいますよね。

美女の写真でも同じですよね。皆、それぞれ好みがありますからね。


プライベートで「認識のズレ」があるのは話題の1つになるので大した問題ではありません。
しかし、仕事や経営といった場面で「認識のズレ」が発生すると重大な問題や課題に発展していきます。

このような「認識のズレ」を発生させないように組織を運営・管理していく方法を『識学』としてまとめています。

「識学」は組織マネジメントの問題を解決する

具体的に、上記のようなサービス提供と収益構造、価格を設定している様です。

識学キャリアの紹介先企業では研修制度の一環として、マスタートレーニング、浸透パック、評価制度構築、集合研修、経営者のためのM&Aトレーニング、などが揃っている可能性が高いでしょう。

2.識学を活用して上場企業の10%の企業にコンサルティングサービスを提供


識学」を導入して上場を果たした企業は多数存在しています。

2019年に上場した会社は合計7社ありました。

識学キャリア」を活用する事で、新規IPOを狙えるフェーズにある企業に転職できる可能性があります。

新規IPOのフェーズは会社がスケールする大事な節目

タイミング良く入社すれば成長機会も豊富にある

3.識学マネジメントを分かりやすく表現した漫画がある

識学HPより引用

識学マネジメントを具体的に表した漫画があります。

経営者ならではの悩みや組織マネジメントで思い当たる課題が数多く紹介されています。

メールアドレスを登録する事で漫画が読めるようになりますので、興味のある人はこちらからご覧ください。

また、識学についてさらに知りたい人は、YouTubeもオススメです。

識学キャリアの評判は?


続いて「識学キャリア」の評判をまとめています。

20代中盤の僕が実際に面談を受けてみた結果


20代中盤で転職経験1回の僕が実際に「識学キャリア」の面談を受けてみましたので、結果や感想をまとめます。

✔️ 担当エージェントとの面談は約40分


✔️ 面談中に具体的な求人の紹介有り

✔️ 強引に転職を進めてくる気配は一切無し

無料面談を受けてみる ▶︎


特に、僕はそこまで転職意欲も高くない状態で「良い求人があれば応募してみたい」という感覚で面談に臨みました。そんな僕に対して、強引に求人への応募換気をしてくる様な態度は一切ありませんでした。

※一般の転職エージェントは割と強引に紹介しがち


面談中に紹介を受けた求人もかなり自分の興味に沿った企業であり、大満足でした。

また、日程調整から面談に至るまでの流れはとてもスムーズでした。

申し込みから面談までかなりスムーズにできました

申し込みから面談までの流れ

1.識学キャリアのHPから無料会員登録

2.登録メールアドレスにメールが届く

3.日程調整を行う

4.面談前に簡単なアンケートに回答する(10分ほど)

5.面談開始


登録後には、以下のようなメールが届きます。

①登録完了後のメール

② 日程調整完了後のメール

識学キャリアの公式サイトへ ▶︎

識学キャリアを実際に使った人の感想や評判


識学キャリアを実際に利用した人の感想や評判をまとめます。

面談で話す内容は?

20代男性
20代男性

面談中に転職への意欲や転職軸に対して細かくヒアリングしていただき、自分の興味のある求人をその場で紹介してもらえました。具体的な求人を見ながら会話ができたので、転職への意欲も上がった。

担当者はどんな人?

30代男性
30代男性

20代後半の海外経験が豊富な方でした。年上の自分に対してとても丁寧で転職エージェントに感じる嫌らしさを全く感じなかった。面談後にすぐに求人のメール案内をいただき、その後もスムーズにやり取りを続けている。

面接対策や書類の添削はある?

20代女性
20代女性

実際に選考に進んでからは、面接前に応募企業の特徴や見ているポイントを教えてくれました。また、職務経歴書と履歴書についても具体的な数字の部分を書くように訂正していただいた。訂正後から書類通過率も上がった気がします。

識学キャリアをお勧めする人の特徴は?


識学キャリアを利用する際は、以下の条件に当てはまるかを確認しておきましょう。

「識学」は独特な考え方であり、合う合わないが人によってはっきりと分かれる傾向にあります。

識学キャリアをお勧めする人の特徴

1.成果主義の会社へ転職したい人

2.ベンチャー企業でバリバリ結果を出したい人

3.上場を目指す会社でIPOを経験したい人

識学キャリアから紹介される求人は全て識学を導入している会社になります。

注意点として「識学」の考えに合わない人には利用をお勧めできません。

1.成果主義の会社へ転職したい人

識学キャリアから紹介される求人は、全て「識学」を組織に導入している会社になります。
成果主義の一面が強く、プロセスではなく結果で評価される会社がメインです。

特に、以下のような方はよく当てはまると思います。

✔️ 決められたルール中で成果を出せる人

✔️ 個人の頑張りによって結果を出せる人

✔️ ミドルベンチャー企業でバリバリ働きたい人

2.ベンチャー企業でバリバリ結果を出したい人


「識学」を導入している会社は、上場前の勢いのある会社であり、ベンチャー気質の会社が多い印象です。

業界を代表する大手企業や従業員が数万人いる規模の会社の求人はなかなか少ない印象です。

会社規模50名〜100名の会社で働きたい人にお勧めします

企業規模の希望を出せば、それに合わせた求人を紹介してくれます!


逆に、大手のネームバリューや充実した福利厚生を求める人は「リクルートエージェント」や「DODA」の利用をお勧めします。

<大手のネームバリュや安定を求めている人へ>

求人数No.1のリクルートエージェント


✔️ 業界最大手のリクルート

✔️ 転職支援実績No.1

✔️ 業界最大規模の求人数

公式サイトはこちら ▶︎

3.上場を目指す会社でIPOを経験したい人


識学キャリアを導入している会社は、総じて右肩上がりの業績を出している会社です。

事業領域の拡大や多角化が進む会社内では、手を挙げれば新たな分野への挑戦をする事ができます。大手企業だと、どうしても組織が細分化され、なかなか他部署の仕事や新しい仕事を任される事は少ないでしょう。

一方で「識学キャリア」を利用すれば、IPO準備段階の勢いのある会社に転職することができます。

環境が人を変える」と言いますので、モヤモヤしている自分がいれば、思い切って面談を申し込んでみましょう。

IPO前で知名度は低いが、勢いと将来性のある会社は多い

そのような会社を見つけられるのも「識学キャリア」の大きな強みの1つです

識学キャリアの公式サイトへ ▶︎

識学キャリアと他エージェントの違いは?


転職エージェントは数多く存在しますが「識学キャリア」だけの特徴をご紹介していきます。どの転職エージェントに面談をお願いするか悩んでいる人は、参考にしてみて下さい。

1.「識学」を活用している会社のみ紹介がある


1番の大きな特徴は「識学
」を導入している会社のみ求人紹介を受けることができる点です。

識学株式会社が組織コンサルティングをしている会社が中心となりますので、当然、識学キャリア内での企業理解度は高い傾向にあります。

通常の転職エージェントよりも求人の詳細情報を聞く事ができる

2. 厳選された求人と企業の紹介がある

続いて、識学キャリアでは求人の紹介に加えて「求人は出ていないが優秀な人がいれば採用する企業」の紹介もあります。

企業の人材獲得競争が激化する現代では、企業は優秀な人材を常時採用する「通年採用」を実施しています。

具体的な求人は出ていないが、優秀であれば転職できる。

そんな求人の紹介を受ける事ができます。

企業側もレベル感の高い人を求めているので、入社までのハードルは少し高い

3. 転職活動をしながら「識学」を無料で受講できる

識学キャリアを利用する上で、自分が応募する企業理解度を深めるためには「識学」を学ぶことが最も手っ取り早い方法です。

識学キャリアでは転職活動をしながら識学を無料で学習することができます。

興味がある方は今すぐ登録してみましょう。

<結果が評価される会社へ転職したい方>

優良企業で市場価値を高めよう

識学キャリア公式サイトへ ▶︎

識学キャリアをお勧めできない人の特徴とは?


識学キャリア」を利用する前に、お勧めできない人の特徴をご紹介します。

識学キャリアの利用に向いていない人の特徴

1.成果主義の考え方が合わない人

2.プロセスも評価される組織で働きたい人

3.たくさんの求人情報を知りたい人

1.成果主義の考え方が合わない人


識学キャリアは「識学」を導入している企業の紹介になります。

中には「識学」の考え方が合わない人もいます。「識学」を導入している組織の特徴は、成果が正しく評価される組織であり、逆に捉えれば成果が出にくい人からすれば精神的にきつくなる可能性もあります。

2. プロセスも評価される組織で働きたい人


続いて「識学」は結果を正しく評価する指標になります。

結果までのプロセスを評価する組織は少なく「頑張るが結果がイマイチでない人」にとっては識学の考え方を無理に迎合する必要もありません。

プロセスを総合的に評価する企業もたくさんありますので「リクルートエージェント」や「DODA」を活用してみましょう。

3.たくさんの求人情報を知りたい人

識学キャリア」は厳選した求人の紹介に拘っているため、求人数自体はそこまで多くありません。

2022年現在で400件程度の求人数となっています。

※識学を導入済みの企業は約2000社以上。

たくさんの求人情報を集めたい」という人は、他のエージェントにも登録して情報量を増やそう

より多くの求人を見たい方へ


✔️ リクルートエージェント 業界No.1の非公開求人数

リクルートエージェント公式サイトはこちら ▶︎



✔️ DODA 転職者満足度No.1

DODA公式サイトはこちら ▶︎

識学キャリアを120%使い倒す方法とは?

最後に「識学キャリア」を最大限使い倒す方法をご紹介します。

僕自信、数回の面談を体験してみて「識学キャリア」の特徴を掴むことができましたので、120%使い倒す方法を伝授していきます。

まずは実際に面談を体験してみるのもお勧めです
転職希望が薄くても問題無しでした

体験面談はこちらから

1.転職活動をしながら「識学」もセットで学ぶ

識学キャリアを使う場合「識学」の考え方を自分自身にインプットする事をお勧めします。

理由はシンプルで、識学キャリアを使う場合、転職先も「識学」を取り入れている企業になります。

少しでも早く転職先でキャッチアップするために、評価指標の基盤となる「識学」の考え方を取り入れておきましょう。

本来であれば企業向けのコンサルティング内容になる「識学」を無料で学習することができます。

<結果が評価される会社へ転職したい方>

優良企業で市場価値を高めよう

識学キャリア公式サイトへ ▶︎

2. 複数のエージェントに登録し比較対象を作る

転職エージェントを活用する時は『複数エージェントの活用』が大前提です。

転職は「交渉」です。

交渉においては、選択肢を多く持つ方が有利に動くことができます。

複数エージェントで比較対象を作ることで、年収が爆発的に上がった人もいる

僕自信も複数のエージェントを使い分けていました

<識学キャリアとセットで利用する転職エージェント>

✔️ 非公開求人数No.1のリクルートエージェント

リクルートエージェント公式サイトはこちら ▶︎



✔️ ベンチャー企業の求人多数のキャリトレ

キャリトレ公式サイトはこちら ▶︎



✔️ 高年収求人のスカウトが貰えるビズリーチ

ビズリーチ公式サイトはこちら ▶︎

3. 成果や実績を築き上げてからチェレンジする

識学キャリアを120%使い倒して転職を成功させるには「実績」や「成功体験」が必要です。

識学を導入している企業は何よりも「結果」を大事にするからです。当然ながら、転職者に対しても「結果」を重視します。

もし、あなたが前職で輝かしい実績や成功体験を積んでいる人材であれば、企業側は喜んで希望額より高い年収でオファーを出すでしょう。

転職で年収を爆発的に上げるなら「実績」や「成功体験」が必要

識学」を学ぶことでセルフマネジメントや経営者の思考を学ぶことができます。転職に関わらず、仕事で同僚より成果を出したい人であれば「識学」を学んでおいて損はしないでしょう。

期間限定で面談を実施した人には「識学」を無料で学んでいただく事ができます。

この機会に、仕事での成果をさらに上げたい人は是非面談をしてみると良いでしょう。

<結果が評価される会社へ転職したい方>

優良企業で市場価値を高めよう

識学キャリア公式サイトへ ▶︎

識学キャリアの登録方法と流れをご紹介


さて、ここからは識学キャリアを使い入社するまでのステップをご紹介します。

識学キャリアの利用の流れ

1.会員登録をする

2.担当エージェントと面談をする

3.求人紹介を受け応募する求人を決める

4.面接対策を行い面接を受ける

5.内定、入社


通常の転職エージェントとほぼ同じ流れです。

会員登録をする


まずは識学キャリアの公式HPより、会員登録フォームに進みます。

会員登録に必要な情報は以下の通りで、約3分で終了します。

<会員登録に必要な情報>

・名前

・メールアドレス

・電話番号

・生年月日

・個人情報に関する同意

登録が完了すれば、以下のようなメールが届きます。

担当エージェントと面談をする


続いて、日程調整を済ませて担当エージェントと面談をします。

日程調整が完了すると、以下のようなメールが届きます。


面談では、識学キャリアの紹介からあなたの転職軸まで丁寧に説明とヒアリングをして頂けます。

<実際の面談の内容>


・面談時間は約40分

・冒頭は識学キャリアの紹介

・転職軸に合わせて具体的な求人紹介有り

・転職意欲が高くなければ応募の必要は無し

求人紹介を受け応募する求人を決める


面談後に担当エージェントさんから求人が届きます。

<識学キャリアがサポートしてくれる内容>


・職務経歴書と履歴書の修正や追加質問

・求人企業の詳細情報の共有

・転職軸の整理と企業・求人に合わせた提案

面接対策を行い面接を受ける


書類選考が無事に通過すれば、いよいよ面接です。
中途採用の面接は平均2回で決定するため、入念に準備しておきましょう。

担当エージェントさんからの面接対策があります。

<識学キャリアがサポートしてくれる内容>


・企業側との面接日程の調整

・企業に合わせた面接対策

・面接後の求人企業へのフォローアップ

内定、入社


無事に面接に通過すれば担当エージェントさんから「内定」の連絡が入ります。

オファーレターの詳細情報を確認し、希望条件に合わなければ交渉もしくは辞退することも可能です。

内定を受諾した場合は、現職への退職交渉と具体的な入社日の調整や準備に入ります。

<識学キャリアがサポートしてくれる内容>


・企業側との内定条件の交渉

・入社日までの準備と調整

・現職への退職交渉のサポート

<結果が評価される会社へ転職したい方>

優良企業で市場価値を高めよう

識学キャリア公式サイトへ ▶︎

まとめ-成果主義のベンチャー企業へ転職し、本質的なキャリアアップを果たそう

さて、いかがでしたでしょうか。

識学キャリアは、成長著しいベンチャー企業への転職を専門とする転職エージェントです。

紹介先の求人は全て「識学」を導入している会社になりますので、識学の考え方や評価方法に納得している人は是非利用してみると良いでしょう。

あなたの成長に合った求人企業を探すことができます。

識学キャリアをお勧めする人の特徴

1.成果主義の会社へ転職したい人

2.ベンチャー企業でバリバリ結果を出したい人

3.上場を目指す会社でIPOを経験したい人

4.「識学」の組織マネジメントを学びたい人

識学キャリア公式サイトへ ▶︎










—————-






今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでも、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。



それでは、以上です。
kou (@Kou_Survive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA