はじめに ▶︎

【松下幸之助の名言】 道をひらく – 全文と読後感

本ページでは松下幸之助氏の言葉を引用しながら、松下幸之助の残した言葉について考察するページだ

全文に加えて筆者の主観を交えた感想も一緒にお届けしていく。

経営の父と呼ばれた松下幸之助氏の言葉を胸に刻むきっかけとなれば幸いだ。

松下幸之助氏の言葉は、全て下記の『道をひらく』シリーズから引用している。紙媒体で読みたいという人は是非、購入して熟読して頂きたい。

人生に活路が開き、イキイキとした毎日を過ごせるようになるだろう。

合わせて読みたい
created by Rinker
¥957 (2022/07/05 17:56:36時点 楽天市場調べ-詳細)




自分には自分に与えられた道がある。

天与の尊い道がある。

どんな道かは知らないが、ほかの人には歩めない。

自分だけしか歩めない、二度と歩めぬかげがえのないこの道。

広い時もある。

狭い時もある。

のぼりもあればくだりもある。

淡々とした時もあれば、かきわけかきわけ汗する時もある。

この道が果たしてよいのか悪いのか、思案にあまる時もあろう。

なぐさめを求めたくなる時もあろう。しかし、所詮はこの道しかないのではないか。

あきらめろと言うのではない。

いま立っているこの道、いま歩んでいるこの道、ともかくこの道を休まず歩むことである。

自分だけしか歩めない大事な道ではないか。

自分だけに与えられているかけがえのないこの道ではないか。

他人の道に心をうばわれ、思案にくれて立ちすくんでいても、道はすこしもひらけない。

道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。

心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

それがたとえ遠い道のように思えても、休まず歩む姿からは必ず新たな道がひらけてくる。

深い喜びも生まれてくる。

道に迷うことはある。

「これで本当に良かったんだっけ?」

と悩む時はあるだろう。

断言できるのは『悩む時間が無駄だ』ということだ。

キャリアや仕事で悩む人は多いと思うが「選んだ道を正解にする」という精神が極めて大事なのだと感じる。

松下幸之助氏の言葉からも、同じ事が読み取れるのではないだろうか。


あなたは「道」からどんな考えを巡らせますか?

合わせて読みたい
created by Rinker
¥957 (2022/07/05 17:56:36時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,047 (2022/07/05 17:56:36時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2022/07/05 17:56:36時点 楽天市場調べ-詳細)

本ページが読者諸氏の心の支えとなれば幸いだ。

Twitterでも日々発信しているので、覗いてみて頂ければ本望だ。

Twitterはこちら(@Kou_Survive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA