はじめに ▶︎

【松下 幸之助の名言】素直に生きる – 全文と読後感

本ページでは松下幸之助氏の言葉を引用しながら、松下幸之助の残した言葉について考察するページだ

全文に加えて筆者の主観を交えた感想も一緒にお届けしていく。

経営の父と呼ばれた松下幸之助氏の言葉を胸に刻むきっかけとなれば幸いだ。

松下幸之助氏の言葉は、全て下記の『道をひらく』シリーズから引用している。紙媒体で読みたいという人は是非、購入して熟読して頂きたい。

人生に活路が開き、イキイキとした毎日を過ごせるようになるだろう。

合わせて読みたい
created by Rinker
¥957 (2022/12/10 16:28:37時点 楽天市場調べ-詳細)

素直に生きる


逆境。

それはその人に与えられた尊い試練であり、この境涯にきたえらてきた人はまことに強靭である。

古来、偉大なる人は、逆境にもまれながらも、不屈の精神で生き抜いた経験を数多く持っている。

まことに逆境は尊い。

だが、これを尊ぶあまりに、これにとらわれ、逆境でなければ人間が完成しないと思い込むことは、

一種の偏見ではなかろうか。

逆境は尊い。

しかし、また順境も尊い。

要は逆境であれ、順境であれ、その与えられた境涯に素直に生きることである。

謙虚の心を忘れぬことである。

素直さを失ったとき、逆境は卑屈を生み、順境は自惚を生む。

逆境、順境そのいずれをも問わぬ。

それはそのときのその人に与えられた一つの運命である。

ただその境涯に素直に生きるのがよい。

素直さは人を強く正しく聡明にする。

逆境に素直に生き抜いてきた人、順境に素直に伸びてきた人、その道程は異なっても、同じ強さと正しさと聡明さを持つ。

お互いに、とらわれることなく、甘えることなく、素直にその境涯に生きてゆきたいものである。

「境界」とは、道程であり、道のりであり、自らが辿ってきた軌跡である。

特に心に突き刺さった言葉は「逆境は卑屈を生み、順境は自惚を生む」という言葉だ。

誠にその通りで、逆境の状態であれば周囲を羨む気持ちが生まれる。

なぜ、自分だけこんなに大変な思いをしなければいけないのか」と。

しかし、逆に順境、順調に進んでいる状態であれば、自惚れを生み、慢心に繋がる。

どのような状態であっても『素直さ』を忘れずにただ真っ直ぐにその道を進めば良いのではないだろうか。




右も左も分からなければ、真っ直ぐ突き進めば良い。

合わせて読みたい
created by Rinker
¥957 (2022/12/10 16:28:37時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,047 (2022/12/10 16:28:37時点 楽天市場調べ-詳細)
created by Rinker
¥1,980 (2022/12/10 16:28:38時点 楽天市場調べ-詳細)

本ページが読者諸氏の心の支えとなれば幸いだ。

Twitterでも日々発信しているので、覗いてみて頂ければ本望だ。

Twitterはこちら(@Kou_Survive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA