はじめに ▶︎

【特徴・料金は?】DeBo(ディーボ) の評判や口コミは?Webディレクターになれる?

DeBo(ディーボ) の評判や口コミは?

未経験からWebディレクターになれるって本当?

本ページに辿り着いた方は、

・DeBo(ディーボ) の評判や口コミを知りたい
DeBo(ディーボ) の料金や特徴を知りたい
・受講した人の体験談を知りたい

といった疑問をお持ちのことでしょう。

DeBo(ディーボ)は、
未経験からWebディレクターを目指す人に特化したオンラインスクールです。

副業や転職・独立を視野に入れている人に最適なスクールです。

しかし「本当にWebディレクターになれる?」や「受講した人の感想は?」という疑問をお持ちの方も多いことでしょう。

そこで本ページでは、
DeBo(ディーボ) の利用体験談を分析し、メリット・デメリットや料金システムまでバシッと解説していきます。

▶︎ DeBo (ディーボ)
公式サイト:https://www.de-bo.jp/course_000/

<未経験からWebディレクターへ!>

副業・転職・独立で稼げるWebディレクターへ!

DeBo (ディーボ) のポイント◆

1. 最短でWebディレクタースキルを学べる
2. 講師は上場企業の現役Webディレクター
3. 特別価格55,000円(税込)
4. 採用担当者による面接サポートあり

Click here

<未経験からWebディレクターへ!>
まずは無料体験講座を見てみる ▶︎

パッと見てわかる!DeBo(ディーボ) の特徴がわかる図解

ディーボの図解

そもそもDeBo(ディーボ) とは?

DeBo ディーボとは?

◆ DeBo(ディーボ)サービス概要

サービス概要Webディレクター、クリエイターを養成するオンラインスクール
サービス特徴・即戦力、実践力に特化
・Webディレクターのスキルを短期間で体系的に習得
・完全オンライン型講座
・就職・転職希望者へのサポート有り
受講スタイル完全オンライン
受講期間各コースに準ずる
コース料金通常価格66,000円
→特別価格55,000円
無料体験講座動画で講座内容を確認可能
公式HPhttps://www.de-bo.jp/course_000/
運営会社ブランディングテクノロジー株式会社
横にスクロールできます⇨

◆運営会社概要

会社名ブランディングテクノロジー株式会社
所在地東京都渋谷区南平台町15-13帝都渋谷ビル4F・5F
事業内容ブランド事業
デジタルマーケティング事業
オフショア関連事業
代表取締役木村 裕紀
設立2001年8月
会社HPhttps://www.branding-t.co.jp
横にスクロールできます⇨

Click here

<未経験からWebディレクターへ!>
まずは無料体験講座を見てみる ▶︎

DeBo(ディーボ) の良い評判や口コミは?

DeBo ディーボの良い評判と口コミ

早速、DeBo(ディーボ)の良い評判や口コミを見ていきます。

ツイッターを始めとしたSNSへの口コミは少なく、公式サイトのみの口コミ記載でした。

・ユーザー目線を忘れずに制作に励みます!
・トラブル回避のための重要なことを再認識しました
・ディレクが指示しやすい人材になれるように内省します

ユーザー目線を忘れずに制作に励みます!

HP制作の基準はクライアントのビジネスを前進させることであり、この基準からぶれないで制作を進めていくことが付加価値に繋がる事を学びました。

「クライアントと同じ視点でHPを作らない」ということは今までになかった視点でした。

今後は、いちユーザー目線の立場を忘れずに制作に励みます。

公式サイトより引用

DeBo(ディーボ)では、上場企業の現役ディレクターが講師になります。

Webディレクターとして仕事を進めていく上での基礎を学ぶことができますね。

トラブル回避のための重要なことを再認識しました

幹事会社を決めておくお話はなるほどなぁと思いました。

トラブル回避のために初動が重要なことを再認識いたしました。

公式サイトより引用

クライアントとのトラブルは是非とも避けたい所です。

現役Webディレクターだからこそ、知っているノウハウや知見を知ることができますね!

ディレクが指示しやすい人材になれるように内省します

「依頼の際は、担当範囲を明確にすることが大事」

というのは、どちらの立場にもなることがあるので、

これを活かして、作業者が作業しやすい、

ディレクが指示しやすい人材になれるように内省していきます。

公式サイトより引用

受講者満足度は以下グラフの通りでした!

比較的高い満足度を誇っていますね!

DeBo ディーボの満足度
公式サイトより引用

DeBo(ディーボ) の悪い評判や口コミは?

DeBo ディーボの悪い評判と口コミ

続いて、DeBo(ディーボ)の悪い評判や口コミについて確認します。

結論、SNS上の口コミが少なく、悪い評判や口コミに該当する投稿はありませんでした。

口コミ数が少ないこと自体が、デメリットとも言えますね。

DeBo(ディーボ) をオススメする人の特徴は?

公式サイト上の口コミから判明した「DeBo(ディーボ)をオススメする人の特徴」をまとめました。

DeBo(ディーボ) をオススメする人の特徴

・未経験からWebディレクターを目指している人
・副業やフリーランスの仕事の幅を広げたい
・短期間でWebディレクションスキルを獲得したい
・社内Web担当になって困っている人
・Webライターやデザインをしているが、ディレクター視点も持ちたい人

副業やフリーランスとして仕事の幅を広げたい人にぴったりですね!

ズバリまとめると

「Webディレクター視点を学びたい人」です。

副業やフリーランスであれば引き受ける案件の幅を広げられます。

未経験者であれば、Webディレクターとしての転職を目指すこともできます。

Webディレクターとして転職を目指す人にもオススメ!

DeBoは現役Webディレクターが講師なので、親近感がありますね。

Webディレクターの1日の仕事の流れをまとめた記事もありますので、参考にしてみてください。

▶︎ Webディレクターは忙しい?1日の仕事をご紹介
(別ページに飛びます)

DeBo(ディーボ) 利用のメリットは?

DeBo ディーボのメリット

DeBo(ディーボ)は、未経験でも安心して取り組めるWebディレクタースクールであり、他スクールと比べて特徴的な点があります。

前提として「Webディレクター」に特化したスクールが少ないのが現状です。

DeBo(ディーボ) のメリット・特徴

・Webディレクターのスキルを網羅的に学べる
・講師は上場企業の現役Webディレクター
・採用担当者による面接対策あり(無料)

それぞれを詳しく見ていきましょう。

DeBo(ディーボ) のメリット
① Webディレクタースキルを網羅的に学べる

DeBo(ディーボ)は「Webディレクション」に特化したスクールであり、

未経験者でも短期間で必要なスキルを習得することが可能です。

具体的に全6回のカリキュラムを見ていきます。

ディレクションについて

・Webディレクターとは?
・We制作におけるトレンド
・プロジェクトの進行管理とリスクマネジメント
・代表的なパターンと目的

初回は「Webディレクション」の基礎を学んでいきます!

プロジェクトのリスク管理まで把握しておきましょう

ディレクションについて

・ターゲットブラウザの範囲設定
・社内ディレクターの役割と必要なスキルセット
・Webサイトのミッションとゴールの確認
・内部組織の権限や伝達方法の把握
・事業者と業務委託会社の担当範囲

第二回は、ディレクションの役割や目的についてですね。

業務範囲を設定する所まで学べます

企画・ヒアリング・見積り①

・キックオフミーティングの重要性
・発注者が用意すべき要件とヒアリングシート
・受託におけるヒアリング方法
・企画の発想法とアイデアを練るテクニック
・ユーザーファーストの本質を考える

第三回から具体的なノウハウに入りますね。

ヒアリングシートやアイデアを練るテクニックは、現役ディレクターだからこその知見ですね!

企画・ヒアリング・見積り②

・UX設計について
・要件書への落とし込み
・工数の計算
・タスクの構造化とスケジュール
・メンバーの意識を高めるチーム作り
・効果的かつ継続的な情報共有の方法

第四回は、Webディレクションの全体像から具体的な工数計算まで。

メンバーへの共有方法等も必見の内容ですね!

設計・ワイヤーフレームライティング

・設計フェーズのドキュメント・ワークフロー
・ワイヤーフレームについて
・コピーライティングについて
・制作ガイドラインの策定

第五回は、設計フェーズについて!

ここまで来ればプロ並みのスキルが身に付いてますね

制作・進行管理

・現場の状況変化に合わせた対応
・マイルストーンの設定とスケジュール管理
・制作を円滑に進めるコミュニケーションツール
・進行管理について
・プロジェクト内容の確認依頼
・Webサイトの公開

第六回は制作の進行管理から公開まで!

計画通りに進まないことが多いはずなので、この辺りのノウハウも抑えておきたい

Webディレクションの基礎からWebサイトの公開まで一気に学べますね!

未経験者からでも、6回の講義でWebディレクターの基本を抑えることができます。

DeBo(ディーボ) のメリット
② 講師は上場企業の現役Webディレクター

続いての特徴は「講師」です。

上場企業で活躍する現役Webディレクターが講師です。

講師の詳細まで確認してきますね。

才馬 信人さん
DeBo ディーボ 講師

・ディレクター歴 4年
・ブランティング案件、メッセージ構築が得意分野

さらに詳しい自己紹介はこちら

中野 将吾さん
DeBo ディーボ 講師

・ディレクター歴 8年
・得意分野は「説明」

さらに詳しい自己紹介はこちら

錦見 光人さん
DeBo ディーボ 講師

・ディレクター歴 8年
・得意分野は「こだわりのデザインサイト」

さらに詳しい自己紹介はこちら

DeBo(ディーボ) のメリット
③ 採用担当者による面接対策あり(無料)

3つ目のメリットは「採用担当者による転職サポート」です。

希望者は無料で受けることができます。

転職サポートの内容

・個人面談(個別の質疑応答やフィードバック)
・面談突破術レクチャー
・模擬面談体験
・職務経歴書・選考書類の書き方のコツ解説
・ワークショップ(デザインやライティングの依頼書作成など)

特に、採用現場第一線で働く面接官がサポートしますので、未経験からでも安心して取り組めます。

公式サイトより引用

以上ここまで、DeBo(ディーボ)の3つのメリットをご紹介しました。

DeBo(ディーボ) のメリット・特徴

・Webディレクターのスキルを網羅的に学べる
・講師は上場企業の現役Webディレクター
・採用担当者による面接対策あり(無料)

DeBo(ディーボ) 利用のデメリットは?

DeBo ディーボのデメリット

続いて、DeBo(ディーボ)のデメリットも確認します。

DeBo(ディーボ) の3つのデメリット

・オンライン受講のみ
・リリース開始間もないため、口コミが少ない
・受講期間が短く、受講だけでは物足りない

それぞれを詳しく見ていきます。

DeBo(ディーボ)のデメリット
① オンライン受講のみ

学習方法は、「オンライン」のみであり、通学や対面授業の対応はしていません。

オンライン学習の場合、1人で学習を主体的に進める必要があり、手取り足取りサポートして貰いながら学習したい人は向いていません。

しかし、DeBo(ディーボ) では何度でも講師に質問ができますので、学習サポートが全く無い訳ではありません。

講座毎に個別質問フォームがあるので、質問を投げることができます。

「オンライン受講+質問し放題」というスタイルだね!

ただ、オンラインスクールだからこそのデメリットもあります。

<オンラインスクールのデメリット>

・口頭コミュニケーションが取りづらい
・未経験かつ1人で学習を進めるのは難しい
・モチベーションの維持が難しい

自分の学習スタイルに合ったスクールを選ぶ必要がありますね。

DeBo(ディーボ)のデメリット
② リリース開始間もないため、口コミが少ない

評判や口コミが少ないのもデメリットの一つです。

しかし、そもそも「Webディレクター」に特化して学べるスクールが少ないので、Webディレクターを目指している人であれば、受講して損はしません。

ただ口コミが少ないと少し不安になりますよね…

公式サイト上の口コミだけだと少し不安…

口コミが少なくて不安な人は、口コミや実績が多いスクールも一緒に考えてみると良いでしょう。

Webディレクター」に特化しているスクールではありませんが、「ZeroPlus」は、口コミや実績が多くオススメです。

フリーランスに特化したスクールなので、Webディレクションとは離れますが、Webサイト系スクールに変わりありません。

口コミが多いスクール

DeBo(ディーボ)のデメリット
③ 受講期間が短く、受講だけでは物足りない

3つ目の考えられるデメリットは「受講だけでは物足りない可能性がある」という点です。

DeBo( ディーボ) のWebディレクター養成講座は、受講期間が6回と少ないので「講座を受講したら即戦力」というわけではありません。

実際の案件やその他の単独講座や資格を取りながら、徐々にスキルを引き上げていくことが大切です。

Webディレクション業務は決して簡単な仕事ではない!

DeBo(ディーボ)は、フリーランス向けの案件紹介サービス「DeBo for Business」も運営しており、講座終了後に仕事紹介を得られる可能性もあります。

▶︎DeBo For Business のサイトを見る
(別ページに飛びます)

講座だけでは足りないかもしれないけど、その後に実践を積めるチャンスもあるんですね!

以上ここまで、DeBo(ディーボ) のデメリットを3つご紹介してきました。

DeBo(ディーボ) のデメリット

・オンライン受講のみ
・リリース開始間もないため、口コミが少ない
・受講期間が短く、受講だけでは物足りない

DeBo(ディーボ) の料金は?

DeBo(ディーボ)利用に必要な料金は以下の通りです。

通常価格:66,000円(税込)
→特別価格:55,000円(税込)

・その他、教材費用は必要無し

料金体系がシンプルで分かりやすいですね!

DeBo(ディーボ) の無料カウンセリングから受講の流れは?

続いて「DeBo(ディーボ)」の無料カウンセリングから受講までの流れを見ていきます。

無料説明会の申し込みは、簡単にできます!
(無理な勧誘等は一切ありませんでした)

公式サイトから無料カウンセリングへ申し込む
DeBo ディーボ

▶︎ DeBo (ディーボ)
公式サイト:https://www.de-bo.jp/course_000/

無料カウンセリングの申し込みフォームを記入
DeBo ディーボ無料カウンセリング申し込み
公式サイトより引用
無料カウンセリングに参加

以下のような項目を聞くことができます!

・Webディレクターを目指す方法
・自分の目標にあった講座の選び方
・DeBoの講座詳細
・講座を受けた後の活かし方
・1番お得な組み合わせや受講方法

また、無料カウンセリングの概要は以下の通りです。

<無料カウンセリングの概要>

・Zoom利用のオンライン相談
・約30分
・平日20時からでも調整可能

DeBo(ディーボ) ではカウンセリングとは別に「無料体験講座」も受講できます!

講座内容を確認したい人は是非試してみましょう。

▶︎ DeBo(ディーボ)の無料体験会を詳しく見る
(別ページに飛びます)

DeBo(ディーボ) のよくある質問

DeBo ディーボのよくある質問

最後に、DeBo(ディーボ)に関するよくある質問を回答していきます。

Q&A 方式で見ていきます。

Q. 面接対策の追加料金は発生しますか?

A. 追加料金はかかりません。

面接対策の有無に関わらず受講料は一律55,000円(税込)です。

Q. 申し込み後に返金や解約はできますか?

A. 解約はできますが、ご入金後の返金はできません。

申し込み後、ご入金前までは全額返金が可能です。

特定商取引法に基づく表記に詳しい記載がありますので、確認しておきましょう。

Q. 6回の講義で「実践力」が身に付きますか?

A. 身に付きますが、継続した学習が必要です

DeBo(ディーボ)の講座内容は、未経験からWebディレクターを目指す形です。

担当講師のフォローやサポートがありますので「実践力」は身に付きます。

しかし、Webディレクションの学習に終わりはなく、より高みを目指すためには「継続した努力」が必要です。

Webディレクションに限らず、全てのスキルに当てはまるね!

まとめ:DeBo(ディーボ) でWebディレクターを目指そう!

DeBo ディーボ まとめ

さて、いかがでしたでしょうか。

ここまで、DeBo(ディーボ)の概要や特徴、メリット・デメリットまでお伝えしてきました。

完全未経験からWebディレクターを目指せるスクールだとご理解頂けたかと思います!

最後にもう一度、DeBo(ディーボ) の要点をまとめて終了とします。

DeBo(ディーボ) の要点まとめ

・最短でWebディレクタースキルを学べる
・講師は上場企業の現役Webディレクター
・特別価格55,000円(税込)
・採用担当者による面接サポートあり
・無料体験講座あり

迷ったら即行動しておきましょう!

無料カウンセリングで失うのは「時間」だけで

▶︎ DeBo (ディーボ)
公式サイト:https://www.de-bo.jp

Click here

<未経験からWebディレクターへ!>
まずは無料体験講座を見てみる ▶︎

<未経験からWebディレクターへ!>

副業・転職・独立で稼げるWebディレクターへ!

DeBo (ディーボ) のポイント◆

1. 最短でWebディレクタースキルを学べる
2. 講師は上場企業の現役Webディレクター
3. 特別価格55,000円(税込)
4. 採用担当者による面接サポートあり

Click here

<未経験からWebディレクターへ!>
まずは無料体験講座を見てみる ▶︎

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です


上の計算式の答えを入力してください

CAPTCHA