平凡なサラリーマンが突き抜けるNo1の思考ノウハウ

【若手向け】”仕事を辞めたい”人への3つの対処法

本記事では「仕事を辞めたい」と思っている人に向けて3つの対策をご提案します。
2つは現状のキャリアを維持する方法です
1つは次のキャリアを考える方法です。

図解を用いて分かりやすく解説していきます。

また、上司との人間関係でお悩みの方はこちらの記事もどうぞ

「仕事を辞めたい」人への対策まとめ

1. 「辞めたい」と思う理由と対策を書き出す
2. 入社時の初心を思い出す
3. 次のキャリアを真剣に考える

1と2の対策は現状のキャリアを維持する方法で、3は次のキャリアを考える方法です。

それぞれについて見ていきます。

「辞めたい」と思う理由と対策を書き出す

なんとなく「辞めたい」と思っている人が大半です。
まずはその”なんとなく”を言語化してみてください。

それほど大きな理由はなく”なんとなく”「辞めたい」と思っている人も多いと思います。
適当に転職をしても上手くいく事は有り得ませんので。

理由を言語化した後は対策も考えてみましょう。

職場や人間関係に不満を持っている人は多いですが、それらを自分で解決できる人はなかなかいません。
対策まで書けたら絶対に実行してみてください。

少しの行動で大きく環境は変わります。
こうやって記事に書いても100人中5人くらいしか行動はしません。

下記に私がやってみた分析結果を表示します。
まずは理由を徹底的に分析します。
(私は「辞めたい」と思っている訳ではありませんので若干偏りがあるかもしれません。)

原因を言語化する事でどこに悩みのポイントがあるのかが分かります。

仕事を辞めたい原因を論理的に分析する事で対策を打つ事が出来ます。

入社時の初心を思い出す

入社した時はどんな気持ちでしたか?
どんな意気込みだったか?

これらを是非思い出して欲しい。

当初掲げていた目標は達成しているだろうか?

もし達成していないのであれば、1で挙げた理由と対策を即実行して欲しい。
目標達成せずに今の会社を去る事は”逃げている”事と同じです

私自身、入社時の目標を思い返す事で仕事への情熱が湧き上がるので是非、皆さんにも実行してもらいたい。

次のキャリアを真剣に考える

上記に提示した2つの対策をした上で聞いてください。

・それでも効果が無い
・次のキャリアに挑戦したい

そう思った方は下記の図解で”転職”の考え方を学んでいきましょう。

なんとなく”転職した方で成功している人はいません。
しっかりとキャリアを考えて選択する事が重要です。

転職は新規商品の開発フローの考え方にとても似ています

自分の強みや得意な事、10年後はどう在りたいのか。
これらを真剣に考える必要があります。


重要な事なので何度でも言います。

”なんとなく”で仕事を辞めたり転職したりする事は全く良い結果を生みません。
転職先でも自分に合わない会社に入ってしまいます。
もう一度、転職活動をする羽目になるでしょう。

そうなれば、ご自身の成長はありません。


最後まで読んでくださった人は是非”行動”に移してください。

それでは、今回はこの辺で。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA