はじめに ▶︎

会議で「忖度」はするな。盲目的に上司の意向に従う事は必ずしも良い事ではない。

こんにちは、kouです。(@Kou_Survive



「忖度」と聞いて、どのような意味合いを想像されますか?

忖度のイメージ?

・上司の機嫌取り
・面倒臭い事を言わない
・オブラートに包み込む
・会社の意向に従う

いかがでしょうか。残念ながら「忖度」という言葉はネガティブなイメージで使われる事が多いのが、実情です。
「忖度」の本当の意味を理解せずに使用している人が多いのが現状です。



しかし、「忖度」の本当の意味は『相手の気持ちを配慮する事』という意味なのです。

忖度の本当の意味は
『相手の気持ちを配慮する事』
です。

実は「忖度」はポジティブなイメージで使われる言葉です。
近年のメディアやニュースで「忖度」が異なる意味合いで使用されている事から、ネガティブなイメージを持つ人が多くなっているのです。

で、今回は会議での『忖度』についてです。

単刀直入に聞きますが、会議で「忖度」してますか?
私はしてました。でも、率直に後で後悔したんですよね。

『あー、あの時、言えば良かった』

日系企業の人なら共感して頂けるかもしれません。会議や議論で「忖度」をしてはいけない。本当にこれだけです。

会議では「あ、これ言っておこうかな」と思った事は全て言うべきです。必ず後悔します。新たなプロジェクトが立ち上がったとしましょう。キックオフ会議で「忖度」をした場合の機会損失を例に挙げてみましょう。

▶︎ 「忖度」によって生じる機会損失

・プロジェクトに対する腹落ち感が生まれない
→腹落ち感がない状態で仕事を進めても生産性は低い。


・疑問点が残ったままプロジェクトを進めなければいけない
→疑問点があれば、その都度、誰かに聞く必要が生じる。


・仮に、会議で終わった後に全員に聞く場合は時間コストが発生する
→10人の会議で1分の確認事項を伝え忘れると、その後、10分以上の時間が必要になる。


・次週の会議で言うまで、プロジェクトは全く進まない
→仮に、1週間後に次の会議があるまでは、全く話が進まない状況になる。

お気づきになったと思う。
上司や会社の意見に盲目的に従う「忖度」は

膨大な時間的損失を生む

という事です。
時間は金以上なり」という言葉がある。お金を失っても後に回収できるが、時間は決して回収する事ができない。

会議では「忖度」するな。

明日の会議から「忖度」をせずにズバズバと発言する人が増える事を願います。

それでは、本日は以上です。
kou (@Kou_Survive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA