はじめに ▶︎

【第二新卒が使えるエージェント以外の4つの方法】失敗しない第二新卒の転職ノウハウとは?

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

第二新卒で転職エージェント以外に転職する方法はありますか?

転職エージェントで苦い経験があり、できれば使いたくありません。


エージェントに登録すれば「転職を急かされる」雰囲気が払拭できませんので。

エージェントを経由せずに転職を成功させる方法を知りたいです。

何かお勧めのサービスはありますか?


本ページに辿り着いた方は、

「第二新卒の転職を検討しているが、転職エージェントは使いたくないので、それ以外の方法を模索している」

エージェント以外にも幅を広げて求人を見てみたい

という考えをお持ちのことでしょう。

転職が一般的になり、第二新卒向けの転職エージェントも多く出てくるようになりました。

経験の少ない第二新卒の転職活動は、エージェントを活用した方が良いことは言うまでもありません。

エージェントを活用すれば、求人の提案から面接対策、年収交渉までサポートして貰うことができる


しかし、中には様々な事情がある人もいらっしゃるでしょう。

例えば、、、、

✔️ 転職エージェントに苦い経験がある…

✔️ 仲介を通さずに自分の力で転職したい

✔️ エージェントの転職を急かされる雰囲気が嫌

✔️ 担当者の当たり外れが嫌

✔️ エージェントも使っているが、さらに幅を広げたい


上記のような悩みを持っている人もいるでしょう。

そこで本ページでは、

第二新卒の転職活動で活用できる、エージェント以外のサービス

をご紹介していきます。

本ページの内容

・転職エージェントを使うデメリット

・転職エージェント以外に活用できるサービス

・失敗しない第二新卒の転職活動の戦略


それでは、詳しく見ていきます。

<無料で相談できるキャリア相談サービス>

✔️ 「どう生きるか」でキャリアを決めるポジウィル

Click here

ポジウィルを詳しく見る ▶︎

✔️ 納得の転職成功者が多いマジキャリ

Click here

マジキャリを詳しく見る ▶︎

転職エージェントへの不満・不安をまとめてみた

本ページに辿り着いた読者の方々は、

何かしら転職エージェントに対しての不満や不安をお持ちのことだろう。

例えば、以下のような方がいらっしゃるのではなかろうか。

キャリアに悩むビジネスパーソン
キャリアに悩むビジネスパーソン

転職エージェントも仕事なので、利益重視で転職を急かされているような気がする…

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

エージェント担当者と馬が合わない、、、
適当な求人ばかり送ってくるし、あまり私の事を理解してくれてないように感じます….

30代ビジネスパーソン
30代ビジネスパーソン

どうしても転職エージェントに頼り切ってしまっており「依存」になっていないか不安….


確かに、理解できます。

筆者も転職エージェントとして働いていますので、エージェント絡みの悩みや不安は付き物です。

よくある転職エージェントへの不満・不安

1. 担当者に当たり外れがある

2. どうしても転職を急かされる傾向にある

3. 転職エージェントに頼り切ってしまう


結論を申し上げると、

①、②の場合は、エージェント会社を変えたり、担当者の変更を申し込んだりすることで解決できる場合もあります。

③については、

そもそも転職エージェントを使うか否か

が論点になってきます。

この点は、詳しく後述します。

1. 担当者に当たり外れがある


転職エージェント関係のよくある問題は、

エージェントの担当者がハズレだった

です。

これは正直あるあるです。

と、言うのも転職エージェントの中でもベテランがいれば素人もいます。

もちろん大前提の研修やトレーニングは積んでいるにせよ、実践経験が違えば、実力は異なります。

例えば、ベテランと素人では以下のような点が異なります。

・紹介先企業の理解度
・ヒアリングの質
・キャリアの提案の有無
・業界や市場の大まかな動き
・会話の引き出し方
・書類選考、面接後のフィードバック

これらが違います。

ベテランに当たった場合は、当然質の高いサービスを受けることができますが、


素人に当たった場合は外れるケースも少なくありません。

担当者の変更や、エージェント会社の変更で切り替えることもできます

2. どうしても転職を急かされる傾向にある

続いて、転職エージェントから意思決定を急かされるパターンです。

例えば、以下のようなあるあるな急かし方があります。

イケてない転職エージェント
イケてない転職エージェント

・書類選考通過率は低いので、とにかく沢山の応募をしましょう

・本人の意思を無視した求人提案


・月末に意思決定を急かしてくる


・とにかく面接を組みまくろうとする

このような特徴?が考えられます。

いずれにしても、

転職エージェントも仕事なので利益重視で行う点については反対しませんが、

求職者の希望に沿わない方向で急かすことは、良くありませんからね。

転職エージェントから意思決定を急かされる場合も、エージェント会社を切り替えたり、担当者の変更を申し出ることで解決できる可能性もあります。

3. 転職エージェントに頼り切ってしまう

最後に「転職エージェントに頼り切ってしまう」についてです。

実は盲点であり、多くの求職者が陥っている罠でもあります。

と言うのも、転職エージェントは求職者の希望の求人を探す役割を持っています。

少々勘違いしている人は

『自分の希望は何となくしかないけど、転職エージェントが具体的な提案をしてくれる』

と思っている人もいます。

転職エージェントを主体的に使うか受動的に使うかの違い

転職エージェントを受動的に使えば、転職エージェントの言われるがままの転職をしてしまいます。

当然、クオリティの高い担当者であれば、あなたの意思に沿った求人を提案して貰いそのまま内定・年収交渉までサポートして貰うことができます。

しかし、一方で外れの担当者に当たれば、

将来性が低くとにかく転職できるようなレベルの低い求人を紹介してくるかもしれません。

大前提、人は他人の事を100%理解できる人なんていません。

自分の人生の最終意思決定者は、最後まで自分であり、

自分の軸がブレるような転職活動をした所で、近い将来後悔することになるでしょう。

第二新卒でも使える!エージェント以外の転職サービス


メインの想定ユーザーは以下です。

✔️ 20代ビジネスパーソン

✔️ 情報感度高め

✔️ キャリアアップ、年収アップを望んでいる

大枠は「第二新卒」と呼ばれる方になります。

しかし、第二新卒の定義も曖昧なものなので、

多少外れている方も是非、参考にして頂ければ幸いです。

第二新卒の定義は明確に決まっていない

エージェント以外の転職サービス

1. 王道の転職サイト

2. 気軽にできるSNS転職

3. 他の求職者がしない直接応募

4. 話題のキャリアコーチングサービス

それでは、詳しく見ていきます。

1. 王道の転職サイト

ジョブ型雇用」、日本人が生き抜くヒントとは? | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

まずは、王道の転職サイトです。

転職サイトは転職エージェントに比べて以下のようなメリット・デメリットがあります。

転職サイトのメリット


・好きなタイミングで応募できる

・求人の絞り込み検索ができる

・多数の求人を閲覧できる

転職サイトのデメリット


・スピード感に欠ける

・優良案件を見つけにくい

・応募しても返信がない可能性がある


上記のようなメリット・デメリットがあります。

転職エージェントに比べてスピード感や安心感に欠ける点がありますが、

自分のペースで多数の求人をサーチすることができます。

転職サイトだけの転職活動はお勧めしませんが、複数サービスを併用して使うことで転職市場の動向を察知することができます。

特に、第二新卒の方に向けた転職サイトは「キャリトレ」がお勧めです。

第二新卒に特化した求人を多く保有しています。

また、初めて転職活動をする方に向けての記事コンテンツや動画コンテンツを豊富に持っています。

約2分で登録した後に、コンテンツを見ながら求人をサーチすることができます。

<第二新卒向けの転職サイト>

転職エージェント以外に活用できる転職サイト

✔️ 第二新卒に特化した求人多数

✔️ 転職に関するコンテンツが豊富

✔️ ベンチャー企業求人が多数

Click here

キャリトレ公式サイトはこちら ▶︎

2. 気軽にできるSNS転職

SNSマーケティングとは?具体的な5つの手法と成功事例を徹底解説


続いて、SNS転職についてです。

SNSで転職に活用できるサービスは圧倒的に「Linkedin」です。

ただ、第二新卒の経験の少ない時期では、Linkedinでの転職は正直難しいのが現状かと思います。

Linkedin を使い転職に成功した人は、およそ30代以上のある程度経験を積んできた方がメインだからです。

Linkedin を使い転職を成功させたい人は、下記の本を参考にしてみると良いでしょう。

合わせて読みたい
created by Rinker
¥1,980 (2022/12/10 18:40:42時点 楽天市場調べ-詳細)

第二新卒の人にオススメできるSNS転職は、以下の3つです。

第二新卒にオススメのSNS転職アプリ

1. Twitter

2. YOUTRUST

3. Wantedly

① Twitter


Twitterをビジネス用に運営している人は少ないでしょう。

ただ最近では「Twitter就活」と呼ばれるほどTwitterの拡散力を活用した就職・転職方法が存在しています。

私自信もTwitterアカウントを複数保有しており、それぞれの場面に分けてTwitterを活用しています。

ビジネスパーソン
ビジネスパーソン

Twitterのビジネス用アカウントは持っておいて損はしない

私のTwitterはこちら(笑)

② YOUTRUST

YOUTRUST(ユートラスト)のリアルな評判は?転職・副業したい人必見! | DAINOTE

YOUTRUSTは友人や知人からの繋がりで副業や転職のオファーを探せるサービスです。

第二新卒世代の人が多く活用している事もあり、Twitterに次いでオススメできます。

登録ユーザーは10万人を超えています

③ Wantedly

ウォンテッドリー株式会社 | 企業情報

最後にご紹介するのが「Wantedly」です。

Wantedlyは、学生のインターンシップから第二新卒の転職求人まで幅広く扱っています。

スタートアップ、ベンチャー企業が圧倒的であり、第二新卒世代向けのイケてる求人が豊富にあります

私自信、学生時代から「Wantedly」を活用してインターンシップや求人情報の確認に活用しています。

3. 他の求職者がしない直接応募

Apply Now Icon」の画像 - 5,059 件の Stock 写真、ベクターおよびビデオ | Adobe Stock


直接応募とは、転職サイトや転職エージェントと言われる仲介会社を通さずに応募することです。

ホームページのある会社では、必ず「お問い合わせページ」が存在します。

ほとんどの人は、お問い合わせしませんよね。

そこで、求人への応募や仕事を探している旨を伝えるメールを送ります。

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

誰も「お問い合わせメール」は見ないんじゃない….?

ほとんどの企業が「お問い合わせメール」に返信をくれます。

私も何度か送ったこともありますが、必ず返信は来ました


もちろん、求人がなければ断られて終了しますが、求人があった場合は、採用担当者に他の応募者と異なるイメージを持たせることができます。

他者との差別化」です。

もちろん、応募方法だけで差別化できる訳ではありませんが、一つの要因になります。

男性・28歳
男性・28歳

確かに今まで、直接応募しようと思った機会はなかったな….


しかし、実は直接応募してOKなんです。


しかも直接応募の場合は、必ず返信が来ます。

転職サイトや転職エージェント経由の場合、何ヶ月も返信が来ない時もあります。

それに比べれば直接応募の方が、確実に返信が貰えるのでスピード感が増すでしょう。

確かに「直接応募メール」を打つのは面倒臭いが、

誰もやらない事だからこそ価値がある


思い切って、直接応募のメールを送ってみましょう!

100人中1人くらいしかしませんので、かなり目立つことができますよ。

4. 話題のキャリアコーチングサービス

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

色んなサービスに色んな求人があるけど、、、、

実際に自分に合う求人が何なのかよく分からない、、、

キャリアに悩むビジネスパーソン
キャリアに悩むビジネスパーソン

そもそも転職する以前に、キャリアへの漠然とした不安がある

転職しても上手くいかなそう….


転職サービスを選択する以前の問題の方もいらっしゃるでしょう。

上記のような人は、近年有名になっているキャリアコーチングサービスがお勧めです。

求人紹介を前提とする転職エージェントとは異なり、あなたのキャリアに徹底的に向き合ってくれるサービスです。もちろん継続利用するには有料になりますが、初回無料相談を実施しているサービスもあります。

キャリアや将来について、誰かと相談しながら進めたい人に、

特にお勧めできるサービスです。

<無料で相談できるキャリア相談サービス>

✔️ 「どう生きるか」でキャリアを決めるポジウィル

Click here

ポジウィルを詳しく見る ▶︎

✔️ 納得の転職成功者が多いマジキャリ

Click here

マジキャリを詳しく見る ▶︎


実際に、体験したユーザーの評価や口コミをそれぞれまとめました。

まとめ:転職エージェントを使わずとも転職できる!

さて、いかがでしたでしょうか。

本ページでは、転職エージェント以外に活用できる転職サービスをご紹介してきました。

エージェント以外の転職サービス

1. 王道の転職サイト

2. 気軽にできるSNS転職

3. 他の求職者がしない直接応募

4. 話題のキャリアコーチングサービス


上記のサービスを使えば、

求人紹介が大前提のエージェントと違い、自分のペースで自分に合った転職活動をすることができます。

本ページが読者諸氏のキャリアの支えとなれば幸いです。

——–

今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでも、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA