はじめに ▶︎

【実は知らない】キャリアプランは必要ない?全てを決める必要が全くない理由。

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

キャリアプランがない…..

「転職するにはキャリアプランがないといけない」とよく耳にするようになりました。


5年後、10年後のキャリアプランなど到底考えられません。

数十年後のキャリアプランを全て決める必要はありますか?
キャリアプランがない状態から打開する方法について知りたいです。



本ページに辿り着いた方は、

キャリアプランは本当に必要なの?

キャリアプランがない状態を手取り早く打開するには?


というお悩みを持っていることでしょう。

最近では、転職が一般的になり、個人に合わせたキャリアを考える必要性が高まってきました。

キャリアに悩むビジネスパーソン
キャリアに悩むビジネスパーソン

キャリアプランはありますか?
とよく質問されます….

社内研修や転職エージェントとの面談で聞かれますが、何と答えたら良いのか正直分かりません….



そこで本ページでは、キャリアプランがない状態は良いのか?悪いのか?、またどうやって打開するのか?について分かりやすく解説していきます。

本ページの内容

・キャリアプランは必要なのか

・キャリアプランがない人の打開方法

・キャリアプランより大事なもの


ズバリ結論をお伝えすると

『数十年先のキャリアプランを建てるより目の前に集中すること』

が大事です。

それでは、詳しく見ていきます。

キャリアプランは無くて当たり前


「10年後の未来はどう在りたいですか?」や「5年後は何をしたいですか?

という質問は、社内の面談や転職活動中によく聞かれるでしょう。

その時は、さもそれっぽいプランを話して終わっている人も少なくはないでしょう。

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

正直、キャリアプランなんて無いし思い付かない….

キャリアに悩むビジネスパーソン
キャリアに悩むビジネスパーソン

キャリアプランが無いと将来性に欠ける人材だと思われる….?


3年後や5年後、10年後の未来をきちんと言語化している人は、軸がはっきりしている人だと言えます。

しかし、世の中そんなにハッキリ決まっている人は多くなく、9割以上の人は、キャリアプランなんて設定せずに働いています。

アデコグループが実施したアンケートでは、将来のキャリアプランを描いていない人が約4割以上という結果が出ています。

明確なキャリアプランを築き、その実現へ努力している」と回答している人は1割程度の回答です。

回答した人の中でも、継続的な努力ができている人はほんのひと握りでしょう。


実はほとんどの人が明確なキャリアプランを持っていない

10年後の計画を建てることが無駄

10年後という長期的な目標を持つことが、そもそも無駄だと言えます。

シンプルに時代の流れが早いからです。

単純に10年先は全く読めない社会になっています。

経済学で、景気の循環を巡る「波」があるのをご存知でしょうか。

景気循環の4つの波

・キチンの波

・ジュグラーの波

・クズネッツの波

・コンドラチェフの波

それぞれ、以下のような要因で動きます。


これらの「波」が経済の流れを左右する要因になると言われていますが、近年の技術革新のスピードは長い歴史を見ても異常なスピードです。

10年後の未来を考えながら「今」を生きることはそもそも無理な話なのです。

大企業経営者も3年後すら分からない世の中



世界の不確実性は確実に上昇しています。


グローバルな現代社会において、政策を始めとした世界情勢の不確実性は右肩上がりを続けています。

「政策の不確実性」とは、簡単に言えば『国レベルで何が起きるか分からない』という事です。

新型コロナウイルス、ウクライナ侵攻、などなど。

個人レベルではどうしようもない大きな社会のうねりが世界のどこからでも湧いて出てきます。

このような状況では、日本を代表するような大企業の経営者達ですら、3年後すら予測することはできません。

誰にも予測できない現代で、個人の10年先のキャリアプランを建てて意味がありますか?



ただ一方で「2030年の社会・企業の未来シナリオ」という研究結果が2016年に未来教育会議から出版されていましたので、参考にしたい人はご覧ください。

※社会情勢から個人レベルのキャリアプランに落とし込むのは、ほぼ無理ゲーですが。

2030年の社会・企業の未来シナリオ

特に20代・30代の若手に長期のキャリアプランは必要ない


特に、20代・30代であれば、10年先のキャリアプランを一生懸命に練った所であまり変化はありません。

自己分析を必死に繰り返し、挙げ句の果てに出てきた答えは「英語学習」や「本を読む」程度で終了します。

長期の目標を建てるよりも、今目の前の仕事や事業にフォーカスをした方が良いのは明らかです。

それでも自己分析に悩んでいる」という人は、下記の記事を参照しながら自己分析を進めてみて下さい。

一生悩まない自己分析の方法を伝授しています。

1人で考えるが苦手な人は、キャリアコーチングサービスも良いでしょう。

キャリアのプロがあなたの悩みを徹底的に深堀りしてくれるサービスです。
1人で思い悩んでいる人は、試しに相談してみてください。

特に「マジキャリ」と「ポジウィル」は業界トップの評価を得ており、相談実績も豊富にあります。

各サービスの評判や口コミは以下にまとめています。

キャリアプランより「今」の方が遥かに大事


何度もお伝えしていますが、10年後のキャリアプランを捏ねくり回すより「今」を必死に働く・生きる方が遥かに大事です。

ここからは「今」の価値を最大化する方法・考え方をご紹介していきます。

「今」を最大化する考え方

・数十年先よりも「今」に集中する

・理想と現実のギャップを埋める

・キャリアに必要なのは〇〇戦略

それぞれを、詳しく見ていきます。

数十年先よりも「今」に集中する

少々、根性論かもしれません。

しかし、確実に効果があると断言できます。

ネットで「キャリアプラン」と調べれば、それっぽいキャリアプランを作り、社内面接や転職対策として掲載している記事が沢山あります。

(どれも転職サイト・転職エージェントへの広告が主流)

面接対策としてキャリアプランを作成すれば、それなりのキャリアプランが出来上がるでしょう。

しかし、それは企業理念を作って壁に立てかけて終了、している様なものです。

結局、理想の未来を語っても「今」がダメなら元も子もない

口酸っぱく言いますが「今」に集中することです。

理想と現実のギャップを埋める


さて「今」を大事に生きることが大事なことは分かりましたが「具体的に何をすれば良いのか分かりません」という人もいるでしょう。

そんな方には「理想と現実のギャップ」を考えて頂きたい。

少し先の小さな理想で十分OKです

例えば、こんな小さな理想の例があります。

・営業目標を達成する

・お客様に心から感謝される

・社内で何かしらの提案をする

・誰かを食事に誘ってみる

・副業で月1000円

・月2冊の本を読む

極論、何でもOKです。

自分で決めた目標に対して、責任を持って行動すること。


これだけで考え方が随分と変わります。

キャリアに必要なのは〇〇戦略です

最後にお伝えしたい事は、キャリアにおける戦略です。

ズバリ「出口戦略」が重要です。

5年先、10年先のキャリアプランを構築するのは難しい事ですが、例えば1年、半年といった短いスパンであれば目標設定はかなり大きな効果を生みます。

「いつかは転職したい」

と思っている人は多いでしょう。

しかし『〇〇を達成したら転職する』と明確に決めている人は少ないのが現状です。

何事にも出口、つまり終わりから逆算する思考が大切であり、キャリアにも応用することができます。

まとめ:キャリアの全てを決める必要は全くない

さて、いかがでしたでしょうか。

長期のキャリアプランは実は必要ない事や、社会・経済の状況が目まぐるしく変化している事実をお伝えしてきました。

重要なことは『キャリアプランを作り込むことではなく、現在である今の価値をどれだけ最大化できるか』です。

そのために、ほんの少しの小さな目標を設定して行動してみましょう。

具体的な行動を促進するためには、キャリアのプロの力を借りるのも一つの方法です。

初回相談無料のキャリア相談サービスもありますので、誰かに相談しながら進めたい人は、試しに相談してみるのも良いでしょう。

<無料で相談できるキャリア相談サービス>

✔️ 「どう生きるか」でキャリアを決めるポジウィル

Click here

ポジウィルを詳しく見る ▶︎

✔️ 納得の転職成功者が多いマジキャリ

Click here

マジキャリを詳しく見る ▶︎



本ページが読者諸氏のキャリアの支えとなれば幸いです。


今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでも、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA