はじめに ▶︎

【人間関係で悩まない】仕事の人間関係はドライで良い?割り切る5つの方法をご紹介

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

仕事の人間関係は、本当に面倒くさい。

どんな職場でも人間関係は切っても切れない問題だと理解はしているけど、人間関係に疲れました…..

仕事での人間関係を割り切る方法を具体的に知りたいです。
何かオススメを教えて下さい。


本ページに辿り着いた方は「仕事の人間関係が辛い」「職場での人間関係に疲れた…」などのお悩みを持っていることでしょう。

「全ての問題は人間関係に起因する」

という言葉があるように、人間関係から全ての問題が発生しています。

悩めるビジネスパーソン
悩めるビジネスパーソン

仕事の人間関係は本来どうあるべきなの?

人間関係の問題が無くなればストレスは随分減ると思います。



そこで本ページでは、

仕事での人間関係の理想状態、また人間関係を割り切るための具体的な方法や考え方を分かりやすく解説していきます。

本ページの内容

・仕事の人間関係の理想状態について

・人間関係を割り切るための具体的な方法

・職場での人間関係はもっとドライで良い


すばり結論をお伝えすると、

『職場での人間関係はもっとドライで良く、仕事を使ってスキルを身に付ける方が遥かに大事』

です。

それでは、詳しく見ていきます。

また、人間関係を解決するには、以下のような本から学べる事も非常に豊富にあります。

仕事の人間関係は本来ドライである


仕事の職場環境とは「価値の提供」であり、仲間作りではないはずです。

「価値」を出すためにチームワークが必要なことは言うまでもありませんが、一定以上の関係は逆にチームワークを乱します。

出身も生まれ育った環境、これまでの職歴も違う人が複数集まれば、人間関係の問題が発生するのは当たり前です。

複数人が集まれば人間関係の問題が出てくるのは当然の話


本来、仕事上の人間関係はもっとドライであるべきなのです。

「職場の人間関係は深めるな」が基本

うちの職場は人間関係がすごく良いんですよ

うちは人間関係の問題が全くありません

上記のような発言は余りみた事がありません。

一方で、離職・転職する理由の第一位は「人間関係の問題」です。

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

職場の人間関係問題って本当に終わりが見えない….


「すべての職場は人間関係がよくない」という前提で見た方が良いでしょう。

職場の人間関係は“好かれようとする”よりも、仕事上で必要最低限のコミュニケーションをする方が遥かに大事です。

もう一度言いますが、

会社は仲良しクラブを作ってる訳ではなく、お客様に「価値」を提供する場であるからです。

「職場の人間関係はよくない」がスタンダード

精神科医が「職場の人間関係は悪くて当然」と断言するワケ より引用

仕事の人間関係は所詮第3位

『対人関係の三重円』という考え方があります。

対人関係の重要レベルを図で表しています。

家族・恋人、親友が1番重要

2番目が友人や親戚

3番目が職場の人間関係



1日8時間の時間を費やす職場の人間関係は、

精神的に見れば第3位の重要性しかない


単純に時間の絶対量だけでカウントすれば、職場の人間関係は比重が重くなります。

しかし「幸福度」や「不安やストレスをなくす」という観点からすれば、

家族、恋人、親友との関係の方が重要だということです。

確かに思い返してみれば、

仕事で上手くいかない事があっても、家に帰って家族団欒があればストレスも軽減されますよね。

仕事の人間関係は、実はそこまで重要ではないと言えますね。

海外と日本の”人間関係”の比較

日本よりも複雑!? 海外で人間関係をスムーズにする方法 (2019年3月10日) - エキサイトニュース

筆者は現在、タイで仕事をしているが、海外と日本人の人間関係の違いはとても顕著に感じています。

日本人はウェットな人間関係を好むのに対して、海外は非常にドライです。

まるで乾いた砂漠のようにドライです。

タイに限らず、海外の人間関係は日本に比べてドライ。

「海外」という言葉で一括りにできるわけではありませんが、海外の人間関係は日本に比べてドライな傾向にあります。

人間関係の問題を恐れずに、真っ直ぐ自分の意見を言います。

一方で、日本人には「お茶を濁す」という表現があるように、ウヤムヤにして終わらせて後で大問題になる、という事が往々にして存在します。

なぜ違いが発生しているのか、については筆者も明確な答えを持っていませんが、言語・文化・慣習の違いから発生してきているのだと推測しています。

仕事の人間関係を割り切る具体的な3つの方法


それでは、具体的に人間関係を割り切る具体的な3つの方法をご紹介していきます。

人間関係を割り切る3つの方法

・仕事は価値を出すための場所と認識する

・仕事以外の時間を使わない

・自分の「スキル獲得」にだけ集中する

それぞれを詳しく見ていきます。

仕事は価値を出すための場所だと認識する

これは、思考の問題です。

人間関係の問題は基本的には、精神的なストレスに値します。

あー、上司と話しづらい

部下が何を考えているのか分からない

同僚がうざい….

などなど。

ほぼ全てが精神的なストレスです。

人間関係の問題は、精神的ストレスがほとんど



そこで『本来の仕事環境は、ドライな関係だ』という考え方を叩きこみます。

仕事の人間関係は、基本「ドライ」だ


人間関係の問題は「もっと皆んなと仲良くならなければいけない」という固定概念から生まれます。

他にも「自分だけ仲間はずれになりたくない」や「上司に気に入られたい」

という願望から発生します。

日本人の村社会からすれば、当然の発想ですが、仲間はずれになりたくなければ圧倒的な結果を出せば良いですし、上司から高い評価を得るには、圧倒的な結果を出せば評価されるわけです。

圧倒的な結果を出せば、人間関係の問題はない

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

成果を出したら、皆から嫌われませんか?

そもそも「嫌われてもOK」と思えば気持ちが楽になる

極論ではありますが、同僚に嫌われようがお客様に好かれれば仕事は全く問題無しです。

仕事以外の時間を使わない

例えば、飲み会やゴルフ。

接待や付き合い。

仕事以外の時間に行われる仕事のようなイベントは、基本参加しない事です。

職場での人間関係を割り切るためには、一定の距離を保つ必要があります。

悩めるビジネスパーソン
悩めるビジネスパーソン

誘われたら断りづらいんですけど、どうしたらいいですか?

遊びの誘いは3回断れば、以後誘われなくなります

人間関係を割り切るためには、ある一定の距離を保ちながら関係を維持していく事が求められます。

自分の「スキル獲得」にだけ集中する


仕事を「スキル獲得の機会」と捉えれば、人間関係など付随する一つの要因に過ぎません。

もちろん、チームワークを築くことも一つのスキルに該当しますが、人間関係の問題が発生するようなネガティブな関係であれば、作らない方がましです。

仕事の8時間を「スキル獲得の機会」と捉えてしまえば、その他は気にならなくなります。

仕事を「スキル獲得の機会」と捉える


現に、転職が主流になりつつある現代では、人間関係よりもスキルが重要です。

どこの業界、どこの会社に行っても通用する普遍的なスキルを身に付けることです。

結果的に、給与アップや役職アップに繋がります。人間関係の問題など、どこか遠い彼方に消え失せていくでしょう。

まとめ:仕事の人間関係はもっとずっとドライで良い

さて、いかがでしたでしょうか。

人間関係で悩む人に向けて、仕事での理想の人間関係や、割り切る方法についてご紹介してきました。

結論を申し上げると、

『職場での人間関係はもっとドライで良く、仕事を使ってスキルを身に付ける方が遥かに大事』

です。

人間関係に悩む時間ほど勿体無いものはない


人間関係よりも「スキル獲得」に向けて動きましょう。

どうしても人間関係が改善しないようであれば、転職を検討するのも有りでしょう。

そのために「普遍的なスキル」を身に付ける必要があります。

<おすすめの転職サイト・エージェント>

✔️ みんなが登録しているリクナビ

Click here

リクナビ公式サイトはこちら ▶︎

✔️ 非公開求人数No.1のリクルートエージェント

Click here

リクルートエージェントはこちら ▶︎



✔️ ベンチャー企業求人多数のキャリトレ

Click here

キャリトレ公式サイトはこちら ▶︎




本ページが読者諸氏のキャリアの支えとなれば幸いです。


——

今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでも、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA