はじめに ▶︎

市場価値を高めるには?お勧めの業界はどこ?市場価値を高める転職戦略を解説します!

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

「市場価値を高めるには業界選定が大事」と聞きました。

確かに、同じようなレベルの人でも
年収400万円の人と年収1,000万円の人がいます。

飲食店やサービス業の年収が低いことは知っていますが、
年収の高い業界はどこですか?

未経験でも市場価値の高い業界に転職したいと思っています。
どうすれば良いですか?


本ページに辿り着いた方は、

⚪︎市場価値を高めるために、業界はどこを選べば良い?

⚪︎年収の高い業界への転職方法を知りたい

という悩みを持っていることでしょう。

年収400万円と年収1,000万円の違いは「業界選定」と言われるほど、業界によって年収が決定します。

市場価値=年収と定義するならば、年収の高い業界、年収の低い業界は間違いなく存在します。

そこで本ページでは、

市場価値を高めるためのお勧めの業界や、年収の高い業界に転職する方法について具体的に解説してきます。

本ページの内容

1. 市場価値の高い業界とは?

2. 市場価値の高い業界に転職するには?

3. 市場価値を高める転職の戦略とは?


ずばり結論をお伝えすると、


『金融、コンサルティング、インフラ業界が年収が高く、それぞれに特化した転職エージェントであれば未経験でも応募できる』

です。

それでは、詳しく見ていきます。

また、具体的な行動を促進するために、キャリアのプロの力を借りるのも一つの方法です。

最近話題のキャリアコーチングは、キャリアのプロがあなたのキャリアに徹底したアドバイスをして貰えるサービスです。

初回相談無料のキャリア相談サービスもありますので、誰かに相談しながら進めたい人は、試しに相談してみるのも良いでしょう。

<無料で相談できるキャリア相談サービス>

✔️ 「どう生きるか」でキャリアを決めるポジウィル

Click here

ポジウィルを詳しく見る ▶︎

✔️ 納得の転職成功者が多いマジキャリ

Click here

マジキャリを詳しく見る ▶︎

給料が高い業界3選

給料が高い業界3選

1. 総合商社

2. 金融業界

3. コンサルティング業界

それぞれの業界について理解を深め、転職成功の可能性を探っていきます。

1. 圧倒的な高年収、総合商社

5大総合商社の特徴を徹底比較!各社の強みや社風を解説

高年収と言えば「総合商社」をイメージする人も多いのではないでしょうか。

高プレッシャーで地道な営業が求められる総合商社の印象がありますが、やはり年収は高いです。

業界別・平均年収ランキングでは、総合商社が1,298万円の1位です。

日本の正社員の平均給与が約405万円である事を考えれば、約3倍です。

総合商社は言わずと知れた高年収企業!

2. 年収の上がり幅が半端ない、金融業界

レポート:世界の銀行のAI活用はここまで来た…Citi、JPモルガン、HSBCほか | Business Insider Japan


安定の金融業界、

と言われるほど、銀行員は安定的に高年収です。

メガバンクに入れば、ある程度安泰できる生活を送ることができます。新卒で入行すれば、若い内から社員寮に入ることができ、生活費を抑えることができます。

しかし、20代の若手銀行員の場合は、予想以上に給与は高くない状態です。

新卒のメガバンクの給与は、20万5千円で、決して高くありません。

金融業界は20代では、そこまで高い給与ではない

金融業界の注目するべき点は「給与の上がり幅」です。

グラフを見れば分かるように、30代から40代にかけて大幅に給与が上がります。

特に40代は、メガバンク全てで年収1,000万円を超えています。

20代ビジネスパーソン
20代ビジネスパーソン

年齢が上がるに連れて圧倒的な給与の上がり幅がありそうね…

3. 若手でも高年収、コンサルティング業界

コンサルティングファームが上場・株式公開しない理由 | 【未経験者必見】コンサルティングファーム転職情報まとめ |  ハイクラス・エグゼクティブ人材専門の転職・求人情報ならキャリアインキュベーション


コンサルティング業界は、20代の若手でも1,000万円年収を達成する人も多くいます。

業界動向リサーチの「コンサルティング業界の現状・動向・ランキング・シェアを研究 – 業界動向サーチ」によれば、コンサルティング業界の平均年収は1,008万円となっています。

日本全体の平均年収が約405万円に比べると、とても高い

特にコンサルティング業界は、実力主義の組織が多く、日系製造業に比べて年功序列賃金制が薄い企業が多い印象を受けます。

外資系コンサルティング業界では、高年収であるが1年の契約社員であり、結果が出なければ即切られる、みたいな世界もあるようです。

基本的に、顧客重視のビジネススタイルのため長時間残業があるのも否めません。

しかし、20代から年収1,000万円を達成できる業界としては、非常に魅力的な業界と言えますね。

市場価値を高める転職の戦略とは?

市場価値の高い業界」は、平均年収が高い傾向にあり、

総合商社、金融業界、コンサルティング業界が平均年収が高いことが分かりました。

しかし、実際に他業界で働いている人からすれば、

そんなに簡単に転職できたら誰も苦労しないよ….

という風に思っていることでしょう。

確かに私自身も全く異なる人材業界で働いていますが、そんなに簡単には転職できないと思っています。
(そもそも望んでいない事もあるのですが)

悩める20代ビジネスパーソン
悩める20代ビジネスパーソン

簡単に市場価値の高い業界に転職できたら誰も苦労しない

市場価値の高い業界に転職するには、闇雲に転職活動を繰り返しても成功しません。

なぜなら、中途採用は即戦力を大前提としていて、自分がこれまで経験してきた業務が活かせる会社の方が簡単に転職できてしまうからです。

総合商社、金融業界、コンサルティング業界の経験がない人にとっては、面接に進むことすら難しいかもしれません。

そこで、具体的に市場価値の高い業界に転職する戦略について解説していきます。

例え、職歴に総合商社、金融、コンサルの業務経験がなくとも、これらの業界に転職を成功させる戦略です。

未経験でも市場価値の高い業界に転職を成功させる戦略を抑えていこう

具体的には、以下の3つです。

未経験から市場価値の高い業界に転職する方法

1. 関係性の高い業界から攻める

2. 市場価値の高い業界の顧客と繋がる

3. 中・長期的なプランに基づいて行動する

それぞれを詳しく見ていきます。

1. 関係性の高い業界から攻める

業界には、少なからず垣根が存在します。

近年では、業界の垣根は限りなく少なくなってきています。

アマゾンや楽天、ソフトバンクといったプラットフォーム型の企業はあらゆる業界に進出しています。

では、個人のキャリアという視点で見てみましょう。

平均年収の高い業界に転職するには、少なからず当該業界を理解しておく必要があります。

それぞれの関係する業界をラインナップしてみました。

・総合商社
→専門商社、メーカー、卸売り業、小売


・金融業界
→不動産金融、クレジットカード系、保険


・コンサルティング
→コンサルティング営業、専門性の高い職種


ざっと挙げてみました。

結論は、

『市場価値の高い業界から、即戦力と判断されうる経験とスキルを身に付けよう』

という事です。

そして、転職の面接で「こいつは即戦力だ!」と判断される為には、面接官に自分が活躍できるイメージを持たせることが大切です。

イメージを持たせる為にも、関連性の高い業界で、経験を積むという戦略です。

2. 市場価値の高い業界の顧客と繋がる


次の方法は、単純に顧客として繋がる方法です。

直接的な転職に繋がる可能性はそこまで高くはありませんが、業界理解も深まります。中には、仲良くなったお客様からスカウトを貰うケースもあります。

実際に何人かの友人は、お客様からのスカウトで転職に成功した人もいます。

お客様として繋がれば、業界理解も深まりますね


しかし、誰しもが総合商社・金融・コンサルのお客様がいるような職場にいる訳ではないでしょう。

そんな人には、オンライン社員訪問サービス「キャリーナ」がオススメです。

キャリーナはこれまで学生の就活時のみ行っていたOB訪問を、社会人でも出来るようになった画期的なサービスです。

また、ビデオ通話でのOB訪問になり、手軽に興味のある業界の人に、話を聞きに行くことができます。

<社会人OB訪問アプリ>

経験者からキャリアナレッジを聞こう

【ポイント】

・エース社員の話を手軽に聞ける

約3,000件のキャリアナレッジ

・興味のある分野の先輩に無料で相談

キャリーナ Careena|社会人同士の転職OB訪問

Click here


詳しく見てみる ▶︎

3. 中・長期的なプランに基づいて行動する


転職の戦略は、一朝一夕に成せるものではありません。

経験とスキル、時には人格形成から戦略に基づいて行っていく必要があります。

戦略」という言葉を使えば、それっぽく聞こえますが、定義は、

最短距離かつ最小労力で目的地に辿り着く

です。

人生は有限です。

限られた時間の中で、最高の結果を得るのが正しい「戦略」です。

戦略とは「最短距離かつ最小労力で目的を達成する」です


それでは、市場価値の高い業界への転職という「戦略」を立てていきましょう。

例えば、以下です。

目的地
▶︎ 金融業界への転職を成功させ、30歳までに年収1,000万円を突破する


現在
▶︎ 製造業の法人営業、新卒2年目、年収350万円



<戦略>

1. 金融業界への転職に必要な知識を理解する

→ 金融業界の友人や先輩に話を聞く
金融業界に特化した転職エージェントに登録する
コトラがお勧め)

→ 金融業界への転職ナレッジを集める
キャリーナがお勧め)




2. 現職で金融業界の顧客と繋がる

→ 上司に聞いてみる
→ 同僚で探してみる
→ 自ら開拓する


3. 金融業界へのアピール材料を集める

→ 現職で自分だけのアピールポイントを作る
→ 無形営業に近い営業スタイルを確立する
→ 金融業界への想いを言語化する


4. 金融業界で年収1,000万円に向けて

→ 実際に1,000万円に到達してそうな人に話を聞く
→ 必要な資格を把握する
→ 社内昇進する方法を把握する


ざっと言語化してみました。

これでも、まだまだ穴がありますが、ある程度はカバーされています。

金融業界への転職はゴールではなく、目的地は「年収1,000万円に到達す」です。

従って、転職した後が勝負になります。

この辺りの戦略はまだまだ希薄な気がしますね。

では、あなたの場合はどうしたら良いでしょうか?

今のあなたの状態に合わせて中・長期的なプランを立てる方法を以下にまとめました。


*関連記事*
▶︎ 自己分析でもう迷わない。就活・転職に使える本当の自己分析とは。


また、金融業界に特化した転職エージェントは、コトラ(KOTORA)がお勧めです。

実際に面談を体験した感想を以下にまとめています。

*関連記事*
▶︎ コトラ(KOTORA)のリアルな評判と200%使い倒す方法とは?

<ハイキャリア層向け>

製造業・コンサルに強いコトラ(KOTORA)


✔️ ハイクラス・プロフェッショナル向け

✔️ 製造業・コンサル向け求人多数


✔️ DXに特化した求人有り

Click here

今すぐに転職をしなくてもエージェントに登録しておくべき理由

転職エージェントに登録すれば「必ず転職しないといけない」と思っている人も多いのではないでしょうか。

全くそんな事はなく、転職エージェントとの関係性を深めておく事は、今後のキャリアを高めていく上でとても重要な指標になってきます。

理由はシンプルで

『良い求人は良いエージェントが保有しているから』

です。

さらに具体的なメリットは以下になります。

転職エージェントと繋がりを作るメリット

1. 正確な市場価値が分かる

2. 優良求人はいつ出てくるか分からない

3. いざ転職する時に焦らなくてよい

それぞれを詳しく見ていきます。

1. 正確な市場価値が分かる

エージェントと繋がりを持っておけば、求人情報を定期的に確保する事ができます。

職務経歴書をアップデートしておけば、有望な可能性のある求人を共有してくれます。アップデートを行うことで、自分の棚卸しにも繋がりますし一石二鳥です。

また、同業界・同業種の求人の内容や出るタイミングをチェックすることで、いざ転職をする時の参考情報としてストックしておく事ができます。

2. 優良求人はいつ出てくるか分からない

エージェントをしている僕からすれば、求人の発生タイミングは予測不可能です。

自分の条件に合致した求人が出てくるかかどうかはタイミング次第な所が多いのが事実です。求人情報を定期的に得ることで、優良案件を見逃さないようにすることができます。

3. いざ転職する時に焦らなくてよい

転職のタイミングは様々です。

ビジネス環境が変わった
お客様が変わった
上司が変わった
給与が下がった
ボーナスが下がった

などなど。

転職のタイミングはいつ訪れるか分からないので、いざという時のために備えておく事が大切です。

まとめ:市場価値は業界選定で決まる!

さて、いかがでしたでしょうか。

市場価値の高い業界として、総合商社・金融・コンサル業界をご紹介してきました。

最後に、それぞれの業界に特化した転職エージェントをご紹介します。

転職エージェントを活用することで、転職成功へ圧倒的に近づくことができます。

理由はシンプルで、転職エージェントを使えば、自分の転職活動を複数人が手伝ってくれる状態になります。

世の中に求人は山ほどあり、自分だけでスクリーニングをするのは非常に骨の折れる作業です。

転職エージェントを使えば、自分の代わりに合致する求人を提案してくれます。

<総合商社に強いエージェント>

✔️ 非公開求人数No.1のリクルートエージェント

Click here

リクルートエージェントはこちら ▶︎

<金融業界に強いエージェント>




✔️ 圧倒的ハイクラス求人が豊富にあるコトラ

Click here

コトラ公式サイトはこちら ▶︎

<コンサル業界に強いエージェント>



✔️ コンサル業界への転職実績No.1 のムービン

ムービン・ストラテジック・キャリアってどんな会社? 年収、働き方は? 採用についても徹底解説します! | マコプレス

Click here

ムービン公式サイトはこちら ▶︎

本ページが読者諸氏のキャリアの支えとなれば幸いです。

——–

今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでも、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA