はじめに ▶︎

【何がしたいか分からない50代向け】プロが伝授する50代の考え方と行動プラン!

50代・男性
50代・男性

50代になり「セカンドキャリア」を意識するようになりました

役職定年や年収ダウンから、待遇が悪化してしまい色々と不安が多い日々が続いています….

50代から挽回できますか?

本記事に辿り着いた方は、

⚪︎50代からのセカンドキャリアについて悩んでいる

⚪︎50代からのキャリアチェンジを模索している

⚪︎50代からできる転職活動やキャリアの方向性を探したい

といったお悩みをお持ちのことでしょう。

希望退職制度や定年制延長が叫ばれる中、50代以降のキャリアの不安は増え続ける一方です。

そこで本ページでは、50代からキャリアを挽回をする上で大切な考え方や具体的なオススメ行動プランをご紹介していきます。

50代はまだまだキャリアの折り返し地点です。

人生100年時代」を切り開いていくためにも、最後までご覧くださいませ。

50代以降のキャリア相談は「ライフシフトラボ」がオススメです

転職・起業・独立・復業など幅広い選択肢からキャリア相談が可能です!

Click here

<40代 50代に特化>
ライフシフトラボ に相談してみる ▶︎

※関連記事※
▶︎【爆発的人気】ライフシフトラボの評判と口コミ

【爆発的人気】ライフシフトラボの評判と口コミは?40代 / 50代から絶大な人気を得ている理由とは?

50代以降のキャリアで大切な考え方とは?

50代はキャリアの中間地点と言っても過言ではない年齢です。

新卒から勤め上げてきた方にとっては、20数年を捧げてきた仕事です。

今後、定年が65歳、70歳へと延長される兆しがある中で、老後人生も踏まえたキャリア設計が重要になります。

50代以降のキャリアで大切な3つの考え方をご紹介していきます。

実際に、Yahoo知恵袋に寄稿されていた議論をもとにご紹介していきます。

50代以降のキャリアで大切な3つの考え方

1. 現職でキャリアアップできる所まで挑戦する

2. 復業で起業・独立に挑戦する

3. 学び直しをする

それぞれを詳しく解説していきます。

1. 現職でキャリアアップできる所まで挑戦する

最初に重要な点は「現職でキャリアアップできる所まで挑戦する」という点です。

厳しい事実かもしれませんが、転職や復業・独立をするにしても、何かしら新しいことに挑戦する事実は変わりありません。

例え、50代からでも昇格や新しい分野へ挑戦する姿勢を忘れてはいけません。

転職先の採用担当者が、何も新しいことに挑戦せず、ただ働くだけの50代を今さら採用するでしょうか?

答えは否です。

まずは、現職でキャリアアップできる所まで挑戦することが大事です。

キャリアアップが難しければ、新しい分野の業務や後輩への育成、組織のマネジメントなど、何かしら他社でも通用する実績を作る必要があります。

Yahooニュースにも「まずはいけるところまでいってみる」という内容が記載されており、転職するにしても、独立するにしても中途半端な経験では通用しなくなってきます。

50代以降のキャリアを考える上で、まずは最大限チャレンジしてから考え始める事がスタートラインだと言えるでしょう。

Yahooニュースをより抜粋)

2. 復業や起業・独立に挑戦する

続いて「復業や起業・独立に挑戦する」という考え方です。

起業や独立は、少しハードルが高いと感じる人もいるかもしれませんが、50代まで一貫してキャリアを築いてきた人にとっては、そこまで難しい挑戦でもありません。

一つの目安として、Google検索で自分の名前を検索してみましょう。

自分の名前 専門領域」で検索してヒットするような人は、起業や独立を目指すと良いでしょう。例えば、講演会や本を執筆しているような人は、すぐにヒットします。

講演会の実績をもとに、専門領域に特化したコンサルティングや、アドバイス、コミュニティ運営など、事業を作るアイデアは正直無限に出てきます。

起業や独立のアイデアは無限にあります

「やるか」「やらないか」の違いがあるだけ

レバテックによるフリーランスエンジニアの調査結果では、50歳からフリーランスエンジニアになった人が27.9%を占めており、50代からでも既に挑戦している人がいることを示しています。

また、独立や復業をする上で「スモールビジネスを構築する」という考え方がオススメです。

筆者もいくつかのスモールビジネスを所有していますが、スモールビジネスならではの考え方や事業の作り方、アイデアを事業化する力は、大変参考になりました。

労働者から経営者・起業家のマインド」を手に入れるために「一万円起業」という良書があります。

独立や事業を起こすことが”ごく自然な事”だと理解できます。

是非、読んで頂きたいです。

合わせて読みたい
created by Rinker
¥139 (2022/12/07 11:15:35時点 楽天市場調べ-詳細)

3. 学び直しをする

最後に「学び直し」という考え方です。

近年は、学び直しの重要性がとても叫ばれていますよね。筆者の周りでも、ある程度年齢を重ねた人が仕事を一旦ストップして、学び直しをするケースが増えています。

よくあるパターンは、海外の大学院、MBA、大学への編入、が多いです。

専門領域の知見をさらに深めることで、更なる市場価値の向上が見込めるからです。

筆者オススメは手軽な「グロービス経営大学院」です。

仕事を継続しながらでもオンラインで受講が可能です。何よりNo.1の実績と多数の卒業生を輩出しており、ど安定の安心感があります。

MBA」という目に見える成果を得ることができ、将来的に起業や独立を目指している人であれば肩書きとしても活用できるでしょう。

実際に、50代以降の受講者が増えているという結果もあり「人生100年時代」の流れが確実に近づいてきています。

詳しくはこちら

50代からのキャリアチェンジが難しくない本当の理由

ここまで50代以降のキャリアへの考え方についてご紹介してきましたが、50代以降のキャリアチェンジに不安を抱えている人も多いでしょう。

しかしながら、そこまで難しくないのが実情です。

50代以降のキャリアチェンジが難しくない3つの理由を以下にまとめました。

キャリアチェンジが難しくない3つの理由

1. 少なからず、経験や繋がりが蓄積しているから

2. ある程度、お金に余裕があるから

3. 自分の時間が確保しやすいから

それぞれを詳しく見ていきます。

1. 少なからず、経験や繋がりが蓄積しているから

私なんて、長く働いているけどあんまり活躍してないし…」と思う人もいるかもしれませんが、実はそうでもありません。

これまでの経験は唯一無二の経験であり、誰1人として重なっている人はいないからです。

例えば、転職をした人であれば、前の会社から今の会社に全く同じ部署やポジションで転職した人はいるでしょうか。いないはずです。

また、一社で勤め上げてきた人でも、部署異動やポジションの変更はあったはずです。全てが同じ部署、ポジション、役割の人は絶対にいません。

もし、全て同じ場合でも、業務を通じて学んできた経験や実績は異なります。

これらの経験や繋がりは必ず活かすことができます。

誰しも活かせる経験や繋がりを持っています

使うか使わないか、はあなた次第!

しかし「どう活かせば良いのか分からない」や「何が強みなのか正直、ピンとこない」という人も多いでしょう。

そんな人は、プロと対話することで見えてくるヒントを手掛かりにしましょう。

ライフシフトラボ」では、45歳以降のビジネスパーソンに限定したキャリアサポートを行っています。通常の転職エージェントとは異なり、ただ仕事を紹介するのではなく、あなたのキャリア構築を手助けしてくれます。

「自分の強みが分からない」

「どこを活かせば良いのか分からない」

という人は、ライフシフトラボに相談してみましょう!

Click here

<40代 50代に特化>
ライフシフトラボ に相談してみる ▶︎

※関連記事※
▶︎【爆発的人気】ライフシフトラボの評判と口コミは?

【爆発的人気】ライフシフトラボの評判と口コミは?40代 / 50代から絶大な人気を得ている理由とは?

2. ある程度、お金に余裕があるから

転職や独立・復業をするにしても、ある程度のお金が必要になります。

特に、復業や独立の場合は、初期費用としてまとまったお金が必要になります。投資金として投下できる金額が多ければ多いほど、リターンも返ってきやすくなります。

筆者もこれまで多数の事業に投資してきましたが、ある程度お金を入れてぶん回せば、それなりに収支が安定する形になることを経験しました。

50代のビジネスパーソンの場合、これまでの貯金が少なからずあります。

ある程度まとまった金額があれば、復業や独立もスムーズに進みます。

また、転職をするにしても転職期間である程度のお金が必要になります。

50代の場合、金銭的余裕が少しあるお陰で、20代や30代に比べると色々なことにチャレンジしやすい環境があるといえます。

3. 自分の時間が確保しやすいから

3つ目の理由は「時間の確保」です。

20代は若気の遊び、30代は結婚生活、40代は子育てと、人生は時間との戦いです。

そんな中でも50代は、比較的時間に余裕が持てる時期です。

子育ても終了して夫婦でゆっくり働きながら生活する人も多いのではないでしょうか。また、独身の方であれば、さらに自分の趣味や好きな事に使える時間が確保できます。

50代からのキャリアを考える上で、転職・起業・独立・復業のいずれをするにしても「時間の確保」は極めて重要です。

比較的自分の時間を確保しやすい50代だからこそ、人生における大きな挑戦をする絶好のタイミングだと言えるでしょう。

キャリアチェンジの選択肢は無限大!

さてここまで、50代以降のキャリアを考える上で重要な考え方や、50代からでもキャリアチェンジが難しくない理由を解説してきました。

50代以降の大きなキャリアチェンジを以下にまとめることができます。

⚪︎転職

⚪︎復業

⚪︎起業

⚪︎フリーランス

⚪︎退職して余生を楽しむ

これらの組み合わせも可能です。

例えば、現職を続けながら復業を始める、現職を続けながらフリーランスの準備を始める、フリーランスとして実績を積んでから起業する。

キャリアの選択肢は「無限大」です。

人生100年時代」に乗り遅れないためにも、50代からのキャリアチェンジを頭の片隅に置きながら、仕事をしてみると良いでしょう。

今すぐに行動したい方は「ライフシフトラボへ相談」が圧倒的にオススメです

50代以降のキャリアに特化しており、転職や復業、起業経験を持ったコーチから直接アドバイスをいただくことができます

迷ったら『とにかく行動』です

Click here

<40代 50代に特化>
ライフシフトラボ に相談してみる ▶︎

本ページが皆様のキャリアの支えとなれば幸いです。

※関連記事※
▶︎【50代必見】キャリアプランが思いつかない!

【50代必見】キャリアプランが思いつかない…定年後を見据えた行動プランをご紹介!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA