はじめに ▶︎

「全然評価されない人」転職を考える前に実践しておきたい3つの対処法【優秀だが評価されない人の特徴】

死ぬほど頑張っているのに、なんで評価されないの…..?

なんで評価しないんだよ!!この野郎!!

あの上司はポンコツだから、ダメだよ


評価にお悩みの方へ。

会社の評価システムと、残酷で残念な社会の真実を話していきたいと思う。

残酷で残念な真実とは…..?

✔️ 評価されない

✔️ 結果がでない

✔️ 上司から謎に怒られる


お悩みの方は、まずは以下の社会人基礎力をチェックしていこう。

(本記事では、特に社内コミュニケーションに焦点を当て解説を進めます)


基礎の基礎!社会人としての基礎をチェックする10項目


まずは、当たり前の当たり前。

基礎の基礎を確認していきます。

これが出来ていなければ、評価されなくて当たり前、です。

面白い事に、基礎が確実に身に付いている人は成果が出ますし、身に付いてない人はいつまで経っても成果が出ません。

挨拶

挨拶は基本中の基本中の基本です。

しかし例えば、急いでいる時やバタついている時は挨拶できていますか?

「挨拶」はコミュニケーションの始めの一声です。
声色は明るい方が良いですし、ハッキリと話すのが良い事は言うまでもありません。

挨拶が良い営業マンは売れます。

時間への配慮

次に「時間」です。

『時は金なり、ではなく、時は金以上なり』です。

特に、仕事の場面で「時間への配慮が無い人」は致命的です。
僕だったら一生関わりません。

言葉遣い

次に「言葉遣い」です。

これも凄く当たり前の事で難しいのですが、日本語は絶妙なニュアンスで意味合いが異なってきます。
砕けた表現や方言は極力使わない事をお勧めします。(仕事の場面)

目上の人に「カチン」とされたら、そこで試合終了ですよ?

気を付けましょう。

身だしなみ

次に「身だしなみ」です。

身だしなみは努力です。顔色の明るさは努力です。肌の綺麗さも努力です。
優れたビジネスパーソンほど第一印象に拘り抜きます。

身だしなみがだらしない奴は仕事もだらしない。

完璧に比例します。

返事の仕方

次に「返事」です。

これ、以外に抜けますが、返事は大きくハキハキできてます?

テレワークで
あー、そーすね
んーあーはい
えーと、そーすね
みたいな会話を上司としてないですか?

「ギクリ」と気づいたそこのあなた。
明日からは気を付けましょう。すぐ実践です。

元気の良さ

仕事は価値の創造です。

元気が無くて指摘される事はありますが、元気がありすぎて指摘される事はありません。

元気を出すのはダサい?
クールにこなすのがカッコいい?

そう思ってるのが、既にダサいです。

暑苦しく泥水を啜るレベルの元気があれば、万人から好かれます。

相手への配慮

「時間への配慮」と被る箇所もありますが、

相手への配慮をしない人は、シンプルに嫌われます。

想いやりは「相手への優しさ」です。
自分がされて嬉しい事を相手にもしてあげましょう。

小学生から習ってるはずですよね。

バリューを出す

これはちょっと難しいですが、

あなたがそこに存在する意味はありますか?

に回答できますか?

主体性

お前はどうしたいの?

はい、これだけです。

主体性がない人はバリューも出せないし評価も当然されません。

周囲との協調性

最後に、協調性です。

鉄鋼王アンドリュー・カーネギーの墓に刻まれた文章をご紹介します。

己より賢き者を近づける術知りたる者、ここに眠る

アンドリュー・カーネギー

さて、10項目が完璧だと自負している方は、優秀だけど評価されない人の特徴を見ていきましょう。

優秀だけど評価されない人の3つの特徴


これまで沢山のビジネスパーソンを見てきましたが「優秀だけど組織では上手くいきそうにない」と感じた人は一定数いました。

単純に実力不足の人もいましたが、共通する以下のような特徴がありました。

上司へのアピール不足


少なからずアピール不足な人はいます。

上司に媚びる訳ではありませんが、優秀な人は特に自我流に走りがちです。

営業マンであれば、突出したコミュニケーション力や商品知識を活用して自我流で売上を伸ばす人もいます。

しかし、中間管理職の上司からすれば「売上を上げてくれるのは嬉しいけどスキルやノウハウは一般化して欲しい」という願いがあります。中間管理職の使命は、誰が仕事をしても同じクオリティの成果物を用意する事だからです。

つまり、商品・サービスの均一化です。

製造工場では品質の均一化が求められ、サービスを売る営業マンであれば誰が売っても同じ価値が提供できるような”仕組み”を作ります。

優秀だけど評価されない人に欠けているのは、この視点です。

優秀な人は優秀であるが故に、スキルやノウハウを共有しない

結果として、上司から評価されなくなります。

求められていない事もついやってしまう

お節介を焼ける人」を好む組織と好まない組織があります。

中堅企業に見られる特徴ですが、堅実に着実に利益を伸ばしていく会社は「別に拡大したくない」と考えている企業もあります。

実は上場企業の役員よりも、中堅企業のオーナー社長の方が裕福だったりする

事業を拡大したところで、人の問題、法律の問題、税金の問題、と様々な問題が発生します。

そのような組織に、何でも上手くこなしてしまう優秀な人がいたらどうでしょう。

上司からすれば「やらなくて良い事まで手を出して問題を広げる奴」というレッテルを貼られます。お節介が好きな会社もあれば、嫌いな会社もあるのです。

上司を見て上手く判断していきましょう。

好きな仕事・得意な仕事ばかりしている

本記事と若干関係があります

楽しい仕事ややりがいの仕事ばかり選んでいませんか?

人間、自分が好きな仕事には熱中できますが、嫌いな仕事には前向きに取り組むことは難しいと感じますよね。

好きな仕事や得意な仕事ばかりを好む人は、上司には好かれない

何度も言いますが、会社で評価するのは上司です。

自分自身ではありません。主観的評価と客観的評価が違う点は必ず抑えておきましょう。

転職を考える前に実践しておきたい3つの対処法

答えは簡単です。

上司に成りきってみる」です。

例えば、あなたの上司の目標や上司がどのように評価されているか知っていますか?

上司Aは上司Bに評価され、
上司Bは上司Cに評価され、
上司Cは上司Dに評価され、、、、

という風に「社長」にたどり着きます。

では、社長は誰に評価されるか?
上場企業であれば「投資家」です。

未上場の社長は自分自身で評価しているでしょう。

つまり、評価する人の立場になって考えましょう、という事です。

評価されない人は「評価する人」の視点が欠けている

では、詳しく見てきます。

評価される項目をバッチリと抑える



ほとんどの企業でKPIと呼ばれる評価項目があります。

例えば、営業マンでは契約数やお客様の数、アポ数、架電数などがKPIとして定められます。
これらのKPIを正しく抑える必要があります。

KPIはテストの点数のようなもの

学生が中間テストと期末テストの点数で評価されるように、社会人はKPIによって評価されます

※ちなみに、KPI=Key Performance Indicatorの略


評価者が何の数字を持って評価しているのか、まずは見極める必要があります。

中には、上司の主観100%という会社もあるが、今日はその話はしません。

”期待値”が全てを決める

期待値」という概念は非常に重要です。

お客様や上司に対して「期待値」を調整することは、ビジネスパーソンとして必須スキルと言えます。

例えば、金曜日までに提出予定と伝えていた書類を水曜日に提出されたらどうでしょうか?

お、早いな」と思いますよね。

この場合、金曜日を期待値に調整することで水曜日に提出したことが自然とプラスになるように働きかける事ができます。

このように、全ての場面で「期待値」を調整しましょう。

上司って僕に何を求めているの….?

売上です

どのくらいの?

という様に、上司との「期待値」を調整して、あなたに求められている基準を掴みにいきます。

自分の成果を定量化する

最後にオススメの方法は「定量化」です。

例えば、あなたが何か新しい施策に取り組んだとしましょう。

やりっ放しで終わらずに、
施策によってどのような効果が出たのか?
足りなかったポイントは何なのか?
次回やるならどうするのか?


という効果測定をします。

優秀な人でアイデアベースの施策を思い付き実行してみたけど、やりっ放しで評価されない、という人は結構います。

取り組んだ施策や工夫した点は”全て数字”に落とし込み、定量化してアウトプットしましょう。

主体的に取り組んだ施策なら尚更するべきでしょう。

自分の仕事を定量化して結果を残せば上司も評価せざるを得なくなる

まとめ どうしても評価されなければ転職を検討するのもアリ

さて、いかがでしたでしょうか。

「全然評価されない」と悩む人に向けて、社会人としての10個の基礎と評価されるために行うべき3つの方法をご紹介しました。

社会人の基礎10項目

1.挨拶
2.時間への配慮
3.言葉遣い
4.身だしなみ
5.返事の仕方
6.元気の良さ
7.相手への配慮
8.バリューを出す
9.主体性
10.周囲との協調性

評価されない人の特徴

✔️ 上司へのアピール不足

✔️ 求められていない事もやってしまう

✔️ 好きな仕事・得意な仕事ばかりしている

評価されない人が実践しておきたい3つの方法

✔️ 評価項目を明らかにする

✔️ 上司との期待値を調整する

✔️ 自分の仕事を定量化する


全部したけど、それでも評価されなかった…

どう頑張っても評価されない

「それでも評価されない….

とお悩みの方は、転職を検討してみるのも良いでしょう。

数字で評価されたい人は識学キャリアという転職エージェントがお勧めです。「識学」という組織マネジメントを取り入れた企業を紹介してもらう事ができます。

<正しい評価を求めている方へ>

成果主義のベンチャー企業へ転職したい方


✔️ 数字で評価される組織で働きたい

✔️ ベンチャー企業へ転職したい人

✔️ 裁量権のある仕事がやりたい

公式サイトはこちら ▶︎

成果主義のベンチャー企業へ転職したい人にズバリお勧めできる転職エージェントです。

紹介求人数は多くはないですが、紹介求人の角度が高く、個々人のキャリアに合わせた最適な求人をご紹介して貰えます。

識学」という組織マネジメントを取り入れている企業のみ紹介がありますので紹介求人に一定レベルが担保されています。

転職を繰り返してきた人にも十分チャンスがある求人を多く保有しています。

僕が実際に使用してみた体験レポートをまとめましたのでご参考ください。

【2022年最新体験談】識学キャリアの気になる評判と120%使い倒す方法をご紹介【20代転職】


「まずは求人を見てみたい」

「エージェントさんと話すのは少し….」

「自分のペースで進めたい」

という人にはキャリトレという求人サイトがオススメです。

成長したい20代に最もオススメするサイトです。登録するだけで1日5分で見ることができるレコメンド求人が届きます。

まずは求人を見ながら幅広い仕事を見ていきたい人にオススメです。

<評価に納得がいかない人へ>

20代の成長したい若手向け


✔️ 20代前半の若手向け

✔️ 右肩上がりのベンチャー企業求人

✔️ 第二新卒求人多数有り

公式サイトはこちら ▶︎

20代前半の若手向けの「キャリトレ」をおすすめします。

挑戦する20代」が主要ユーザーで、第二新卒向けの求人が多数掲載されています。


✔️ 右肩上がりに成長しているベンチャー企業で働きたい

✔️ 1日5分で見れるオススメの求人がリコメンドされる

キャリトレは忙しい20代向けに手軽にリコメンド求人が見れるように設計されています)

✔️ 転職ノウハウや面接で使えるネタを集めることができる

キャリトレには挑戦する20代を応援する多彩なコンテンツが用意されています



上司の主観100%の会社、評価基準がない会社、定期的な評価面談がない会社

世の中には、様々な会社があります。

本記事が、評価に悩み苦しむビジネスパーソンの支えとなれば本望です。









———-



今後も「平凡なサラリーマンが突き抜けるNo.1の思考ノウハウ」の発信を続けていきます。

しかし、本業と平行して執筆している故、不定期での更新になります。

それでも、本メディアのコンセプトや記事に共感頂けた方は是非、LINE@の登録をして頂きたい。私が執筆した最新の記事があなたに真っ先に届くようになっているからです。



それでは、以上です。
kou (@Kou_Survive

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA